トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

シンガポール ホテル宿泊記・レビュー

【客室: キングデラックス シティビュー】ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーン(Hilton Garden Inn Singapore Serangoon)宿泊記・ブログ的口コミレビュー!

投稿日:

今回は、シンガポールにあるヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーン(Hilton Garden Inn Singapore Serangoo)「キングデラックス シティービュー」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

予約・基本情報

予約・料金などは下記の通り。

  • 予約客室: キングゲストルーム - 19㎡
  • 宿泊客室: キングデラックス シティービュー - 21㎡
  • 料金: $115.35SGD = 10,738円(サ税込)/1泊
  • 予約: 公式サイト
  • 宿泊時期: 2018年4月

今回は、ヒルトンのセール時に予約をしたため、かなり安く宿泊することができました。

レセプションでチェックイン

ヒルトン会員でヒルトン公式からの予約したため、事前にヒルトンのアプリやWebサイトで、どの部屋にするか選ぶことができます。当日、部屋がアップグレードされた趣旨の案内が来たため、その部屋で指定しました。

13時頃ホテルに着き、そのままチェックインできるかなと思ったところ、事前にアプリで指定した部屋がまだ空いていなかったらしく、「部屋が空くまで待つか、他の空いている部屋にする?」とのこと。

すぐに出かける予定だったので、荷物を預けて部屋が空くまで(チェックイン開始時刻の15:00まで)外にでかけました。

チェックイン時の方はヒルトンゴールド会員であるためか、非常にしっかりと説明等をしてくれました。レセプションのスタッフは喋るのがめちゃくちゃ早くて、半分ぐらいしか理解できませんでした(苦笑)。

日本語ができるスタッフはおらず、ちょっと敷居が高いと感じる方もいるかもしれません。(適当にうなずいていれば、チェックイン可能ですけどね)

スタッフには、感じの良い人もいれば、そっけないなと感じる人も。ガーデン インという中級クラスのホテルなので、特に気にはならなかったですが、外から戻ってきてキーを受け取る時のスタッフはゴールド会員の特典などの説明も全くなく、こちらから「朝食は食べれる?」と聞きました(ゴールド会員はポイントか朝食無料となる特典があるため)。

思っていたより、スタッフにはバラツキがあり、やはり高級ホテルなどと比べると丁寧さなどは感じませんでした。

客室は事前に選んだ、アップグレードされた部屋に。ゴールド会員の特典の1つです。

また、レイトチェックアウトは14:00までOKとのことだったので、14:00までレイトチェックアウトをお願いしました。(ゴールド特典で、可能な限り対応)

客室まで

エレベーターはキーカードをタッチセンサー部分に翳すとボタンが押せるタイプ。セキュリティーも問題ないですね!

今回宿泊した13階のエレベーター前。エレベーターは3機。

新しくてカジュアルモダンな印象の通路。

ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーンの「キングデラックス シティビュー」を紹介!

今回宿泊したのは、キングデラックスのシティビューとなる「1314号」室です。

部屋は、明るい木目調の茶色(肌色)をベースに、灰色のソファーやカーペットなど淡い色使い&アクセントとして黄色と、上品なカジュアル感な客室という印象でしょうか。個人的に思った以上に好みです。

コンラッド シンガポールのように調度品に高級感はなどは感じず、どちらかと言うと簡素なカジュアル感という印象ですが、所々のポイントは押さえてあります。

今回宿泊した「キングデラックスシティビュー」は21㎡の部屋です。

客室自体狭いですが、窓側にロングソファー、テーブルなどをうまくまとめているため、同じ広さの他のホテルと比べて、あまり狭さを感じない空間でした。

ベッドは1.8mのキングサイズとなります。二人で利用するにはツインの方がいいかもしれません。

ベットはサータ(Serta)でした。ピロートップは付いていませんが、ぐっすり寝ることができました。

デスクは窓側に。
テーブルと言うより、ワーキングデスクと言ったほうがしっくりくるようなものです。しかも、広々しているし、木目調でオシャレなデスクですね。

椅子もワーキングチェアで、白ベースなところがオシャレです。座り心地もバッチリで、仕事を長時間しても問題無さそうです。

デスク横には、デスクを照らすライトのボタン、有線インターネット、USBポート付きのユニバーサルタイプコンセントが二つ。

窓側にロングソファー。その横に、一人用のソファーもあります。ファブリックがいい感じにオシャレ。

ディスクの上には各種案内がありました。

ルームダイニング。それほど高くないですね。

ディスク下には、シンガポールで利用されているBFタイプのコンセントがありました。

テレビは、日本語のものも映りました。

ベットサイド。ベッドランプだけではなく、読書灯もあります。

照明のマスターボタンの他に、ダウンライト、リラックス、ナイトというボタンがあり、その時の気分に合わせて照明を調節できます。

また、USBポート付きのユニバーサルタイプコンセント。USBポートがあるので、寝る時のスマホ充電に便利です。

反対側のベットサイド。

こちらには、ナイト、マスターの照明ボタンの他、USBポート付きのユニバーサルタイプコンセント。

時計も置いてあります。

ミニバー、クローゼット

客室入ってすぐにクローゼット(の棚)、ミニバーエリアがあります。バゲージラックはその隣に。

無料の水。

冷蔵庫の中は空。

無料のお茶やカップなど。

インスタントコーヒーとDilmahの紅茶、煎茶など。紅茶が1つしか無かったのは清掃スタッフの入れ忘れかな?

インド人街にあるので、スリランカのブランド「Dilmah」なのかな?

引き出しにドライヤー。

ハンガーラックは電気が着きます。ハンガーも十分な数があります。

セーフティボックスはハンガーラックの下に。

棚の中に予備のトイレットペーパー。

スリッパはタオル地のもの。意外にもペラペラのものではなく、良かったです。

アイロン、アイロン台。

ウェットエリア

クローゼットなどの反対側にはウェットエリアへの扉。この扉に全身鏡が。ドアは引き戸タイプ。

簡易的な作りのウェットエリア。

ハンドタオルと、ヒルトンでお馴染みの「クラブツリー&イヴリン」のボディークリーム。

タオルは他にフェイスタオル、バスタオルがあります。

「クラブツリー&イヴリン」の石鹸と歯ブラシ。

アメニティは歯ブラシのみです。くしやシャワーキャップ、綿棒などは一切ありません。

シャワーブースにはドアが無く、仕切りが半分までのタイプ。水が飛び散ってしまうタイプなので、洗面化粧台の床がびちょびちょになりがちです。

シャワーはハンドタイプのみ。水圧は問題なし!

「クラブツリー&イヴリン」のボディーウォッシュ、シャンプー、コンディショナー。

シャワールームは狭くてタイル二つ分です。日本人の私でも少し狭いと感じました。欧米人とかは大変そうですね...

客室からの景色

今回の客室はシティービュー。思った以上に景色がよかったです。

正面。

斜め右方向。

夜はこんな感じ。この日は日曜だったのでビル群が(会社休みで)暗いですが、平日だったらもっとキレイかもしれません。

Wi-Fi

Wi-Fiは無料の「スタンダードプラン」ですが、どの時間帯も快適に利用できました。

騒音

これは当たり外れがあるかもしれませんが、隣がインド系の方々で窓を開けて喋っていたためか、非常にうるさかったです...。

リトルインディアという土地柄、インド系の人が多く泊まっているので、うるさいのは致し方ないのかもしれません。

もう一つ懸念事項として、ホテル前にスリ ヴィラマカリアマン寺院があるのですが、朝早くから鐘の音?やら音楽などが聞こえました。朝起きるのが遅い人や音に敏感な人はちょっと厳しいかも...。

部屋の防音に関しては、比較的良いと思われます。部屋にいて隣のテレビの音が聞こえることもなく静かでした(窓を開けて大声でしゃべると聞こえるけど)。ただ、廊下(通路)を歩いている時に部屋の中の声などは聞こえました。

音にかなり敏感な人は、他のホテルも検討したほうがいいのかなというのが、正直な感想です。

ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーンの「キングデラックス シティビュー」まとめ

メリットと感じた部分はこちら ↓

メリット

  • 清掃バッチリ、新しいホテルなのできれい
  • 使いやすいワーキングデスク、チェア(ビジネスマンにも良いホテル)
  • 21㎡の部屋だけど、圧迫感があまり無かった
  • 景色が良かった
  • コスパ最高!

デメリットと感じた部分はこちら ↓

デメリット

  • 使い捨てアメニティは歯ブラシのみ(コームやシャワーキャップはない)
  • 早朝、寺院からの音がうるさい
  • リトルインディアという土地柄、(うるさい)インド系の人が多く宿泊

基本的にメリット部分が多く、宿泊費用が高いシンガポールでなるべく安くて安心できるホテルを選ぶならば、ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーンは候補の一つとなると思います。

私は今回アップグレードされて、キングデラックス シティービューになりましたが、元々のゲストルームであってもコストパフォーマンスはかなり高いと感じました。個人的には1万円前後であれば、確実に泊まるホテルの一つです。

以上、ヒルトン ガーデン イン シンガポール セラングーンの「キングデラックス シティビュー」宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-シンガポール, ホテル宿泊記・レビュー
-, ,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.