トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ハワイ ホテル宿泊記・レビュー

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのオーシャンフロント セレクトルーム宿泊記・ブログ的口コミレビュー!

投稿日:2017年5月13日 更新日:

2017年4月中旬に、ワイキキエリアの一番端にあるアストン ワイキキ ビーチ ホテル(Aston Waikiki Beach Hotel)のオーシャンフロント セレクトルームに宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います。

このホテル、オーシャンフロントの部屋の宿泊費が他のホテルに比べて割安で、部屋自体は若干古い感じがしますが、それなにり快適でした。それよりも何よりも、ワイキキの端にあるため、オーシャンフロントの眺めがなかなか素晴らしくてオススメです。

アストン ワイキキ ビーチ ホテルを選んだ理由は?オーシャンフロントの条件と割安感

まずは、アストン ワイキキ ビーチ ホテルを選んだ理由を少し述べたいと思います。

ワイキキエリアでは割安でオーシャンフロントに泊まれる!

ワイキキエリアの中で、オーシャンフロントがある部屋は限られてきます。また、ハワイのワイキキエリアにあるホテルのオーシャンフロント(海が目の前に見える部屋)の5星ホテルはかなり高額で、眺望の良さで宿泊料金が決まるといっても過言ではないでしょう。部屋はほどほどでも眺望が良ければかなり高くなる印象です。

私は、SPG、マリオット、IHG、ヒルトンの上級会員を持っているので、旅行先ではこれらのホテルを優先して選ぶことが多いのですが、今回はどのホテルも高すぎて手がでません(笑)ワイキキエリアのビーチ前は、SPG系ホテルが多く、シェラトンワイキキ、ロイヤルハワイアン、モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパと様々ありますが、SPGのゴールド会員資格をもっていても、どのホテルもオーシャンフロントの部屋が高すぎて、予算オーバーもいいところでした...。(残念すぎる...笑)

と言うことで、
「部屋は別にそれなりに快適で寝るためのところで構わない、それよりもオーシャンフロントで景色を楽しみたい。が、予算は抑えたい。」という条件で、予算をなるべく抑えながらオーシャンフロントがあるホテルを探していたところ、いくつか候補があったうちの一つが「アストン ワイキキ ビーチ ホテル」でした。

オーシャンフロントの中でも10階以上の部屋が予約可能なのが決め手に

その中でこのホテルに決めた理由は、10階以上の部屋を確約できる部屋カテゴリー(最上階は19階)があったため。

このホテルのオーシャンフロントの部屋は、「オーシャンフロントルーム」と「オーシャンフロントセレクトルーム」があり、セレクトルームは“10階以上”が確約された部屋カテゴリーなのです。

料金は、セレクトがつく方が割高となっています。

オーシャンフロントで低層階だと、目の前の木や建物で海が遮られる可能性があります。例えば、ヤシの木が結構な高さになれば、低階層では目の前が遮られてしまいます。

写真のように、アストン ワイキキ ビーチ ホテルの前のビーチ沿いにはヤシの木が生えている。

「ヤシの木があったほうが雰囲気でるじゃん!」という方もいると思うので好みの問題ですが、オーシャンビューを遮られる可能性があり、それをなるべく避けるには高層階に泊まる必要があるわけです。

もう一つ、アストン ワイキキ ビーチ ホテルは、目の前がビーチではなくカラカウアアベニュー(道路)があり、低層階になると騒がしいかもしれません。シェラトンやモアナサーフライダーのように目の前がビーチになっている場合は、低層階だとビーチの波音と鳥のさえずりなど、とても心地良くリゾート感が楽しめるかもしれませんが、このホテルは道を挟んでいるため、尚更高層階がオススメなわけです。

実際に泊まった部屋は16階で、ヤシの木も大分下の方に。
自動車などの騒音も然程気になりませんでした。

セレクトルームで予約しなくても、空いていれば、チェックイン時に高層階を希望すると10階以上の部屋を割り当ててくれるかもしれませんが、確約はないため運次第。オーシャンフロントを高層階から楽しみたいと思っている方は、予約時に10階以上が確約できる方が絶対安心です!

個人的な意見ですが、ワイキキのビーチは、高層階からビーチ全体を眺めるのが醍醐味で海の色の変化などを楽しめます。なので、高層階がオススメですよ!

ワイキキの端にあるホテルなので、ワイキキ中心部側のオーシャンビューが楽しめます!

オーシャンフロント セレクトルームが合計で約3万円前後

今回、私がAston Waikiki Beach Hotelを予約したのは、Amexトラベルから。参考記事はこちら ↓

リンクAmexトラベルの5000円オフコードを利用して予約してみた!最安値になるか?Amexトラベルを選ぶ理由は?

上記記事のように、宿泊料金は26,509円で前払いです。後ほど解説しますが、これ以外にアメニティーフィーで2,916円を現地で支払うことになり、総額は29,425円でした。(2017年4月18日の宿泊料金)

オーシャンフロントで10階以上の部屋が確約できる「オーシャンフロント セレクト」がこの値段は、ワイキキエリアではかなりコスパが良いと思います。

公式サイトやホテル予約サイトで予約しても同じような金額で宿泊できました。(私はAmexトラベルを使いたかったので、こそから予約しましたが、どの予約サイトからでもコスパが良いと思える金額で予約できると思います)

Aston Waikiki Beach Hotelの印象と外観は?

個人的にそれなりに年季が入っている印象で、2014年に改装しているそうですが、それほど大規模に改装してないのかもしれません。2014年に改装した割には...って感じでした。

全体的に非常にカジュアルなホテルです。

1階は、タクシーや車などの送迎エリアとソファーなどがあり、レセプション(フロント)は3階になります。サーフボードに「ASTON Waikiki Beach」と、ハワイらしくて良いですね!

エスカレーターで3階に上がると、サーフボードでチェックインの方向を教えてくれます。フロントはプールサイドの向かいにありました。

総客室数は645室あるそうですが、レセプションは2人で対応していました。ハワイのどのホテルでも、客室数が多くてもフロントの受け付けはさほど大きくない印象です。私がチェックインした時は、全く混み合っていませんでしたが、滞在中に列を作って待っている人がいるのを何度か見かけたので、並ぶ時はかなり並びそうです。

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのチェックインは15時から。13時からOKのプランもあるので、人によって異なりますが、私は通常通り15時からチェックインです。

ただ、飛行機がハワイアン航空のHA856で羽田23:55発 → ホノルル12:25着の便で、到着後すぐにチャーリーズタクシーでホテルに入りました。なのでホテル到着したのは13時30分前後と、チェックイン時間よりかなり早く着いてしまいました。

ダメ元でチェックインできるか聞いたところ、部屋が空いているためか、すんなりOK!
これは非常に助かりました!

また、部屋はオーシャンフロント セレクトルームで予約していたのですが、ダブルかツインかのどちらかは予約時には選択できませんでした。しかし、フロントの方が「ダブルがよいかツインがよいか?」と聞いてくれたので、「どっちでもよいから、できるだけ高層階の部屋をお願いしたい」と伝えたところ、「16階のツインがあるけどどう?」と。もちろん即答でOKしました(笑)

前述したように10階以上が確約な部屋カテゴリーで予約しており、その中で16階とかなり良い条件でした。オーシャンフロントの最上階が19階なので、オーシャンフロントの中でも最上階に近い16階の部屋を割り当ててくれたのは非常に満足でした。

フロントの方は、あまりやる気を感じない感じの人(笑)でしたが、このホテルに泊まる最大の理由がホテルからの景色(オーシャンフロントを楽しむ)だったため、高層階であれば他はどうでも良かった(笑)ため、かなり満足行く対応でした。

時間が早いチェックインはその時々の状況もあるでしょうから、何とも言えませんが、早く入れたらラッキー程度で、一度トライしてみるとよいと思います。

フロントの奥には、レモン水が置かれています。自由に飲んでよいもので、ハワイのホテルではこのように水が設置されているところが多く、外から帰ってきたり、プールサイドで飲むのに最適です。(フロントの目の前がプールになっています。)

エレベーターは6機あります(A〜F)。

エレベーターは、日本のものとちょっと異なります。まず、ホテルのカードをセンサーにかざして、何階に行くか番号(私の場合は16)を入れます。すると、どのエレベーターなのか(A〜F)表示されます。

エレベーターに乗る前に階数を選択しているので、エレベーターに乗った後は何もする必要がありません。ただ、指定されたエレベーターと違うのものに乗ってしまうと自分が行きたい階にはもちろん泊まらないので注意が必要です。ハワイのホテルではこのようなエレベーターをよく見かけました。

セキュリティという面では非常に良いかもしれませんが、日本では見かけないタイプなので、初めは戸惑うかもしれません。(すぐに慣れましたが。)

(宿泊する)16階のエレベーター。
こちらも同じく、ホテルのキーをかざしてから行きたい階数の番号を押す必要があります。 ただ、ロビー階に行くにはカードキーをかざす必要はありません。(私は初めロビー階に行くときもカードキーをかざしていて、めんどくさいな... と思っていましたが、そんな必要はありません)

廊下。ハワイ感というより、なんというか表現しづらい雰囲気です(笑)このホテル、赤を貴重としており、全体的に赤で統一している感があるのですが、微妙な感じも...笑

オーシャンフロントの部屋はどんな感じ?

今回の部屋は、1632号室です。

部屋に入って入り口付近から。真っ先に目に入るのは、ラナイ(ベランダ)の先に見える海!

ラナイからの景色は後ほど紹介するとして、まずは部屋の中を紹介・レビューします!

ツインの部屋。
オーシャンフロントの部屋で、324 square feet = 約30平方メートルの部屋です。ただ本当に「30平方メートル?」と思うぐらいの大きさで、ラナイも入れて30平方メートルかなという印象。2人で使うにはちょうどよいサイズで狭すぎるとは思いませんが、3人で利用するとちょっと窮屈かなと思いました。部屋自体はそれほど広くないと思っておいた方がよいかもしれません。

個人的に予約時に気になっていたのが、部屋の基調が赤いこと。口コミサイトやブログなどで写真を沢山見ていたのですが、「この赤い派手な部屋は嫌だよね...」と話していました。まあ、部屋よりもオーシャンビューを優先するため部屋は諦めて予約したのですが、実際に泊まってみると全く嫌な感じはなく、落ち着いた感じにまとまっており、写真よりも実際の方が全然マシでした!

テレビ周り。

コーヒーメーカーは、KEURIGが置いてあり、コナコーヒーのカプセルが2つ。ポットはなく、お湯を沸かすことができないのは注意が必要です。また、紅茶などはなく、このコーヒーメーカーとコナコーヒーのカプセルだけです。

また、注意したいのがコーヒーメーカーの横においてあるミネラルウォーター。これは有料で$2+TAXです。ABC Storeで1Lとかの水が$1前後で販売されているので、そちらで買ってくるのをオススメします。

テレビ台の(右)下には、冷蔵庫とガラスコップ、アイスペール(氷入れ)があります。

冷蔵庫の中には、飲みものが多少入っていました。金額が書かれた紙が見当たらず...。

テレビの横にはPS3が置いてあります。ハワイのホテルは、プレステ置いてあるところが多いようです。

ハワイのホテルでは(謎の)アメニティーフィーというものが設定されているホテルが多く、アストン ワイキキ ビーチ ホテルではホテル宿泊料金とは別で$25掛かってきます。その中の一つに、DVDがレンタルできるようになっています。

チェックインの際にキーカードと一緒にもらったレンタル用のカード(上の写真)をフロント近くにあるDVDレンタルの機械に差し込むとレンタルができます。

テレビボードのサイドには、カウンターテーブルぐらいの高さがあるテーブルがありました。

ラナイにテーブルがないので、この椅子をテーブル代わりに使ったり...笑

部屋の入り口の左手にはクローゼット、右手に鏡があります。

金庫は、アメニティーフィーに含まれており、無料で使えます(ハワイのホテルには、金庫を使うのに別途お金が掛かるところもあるとか...)

ハンガーとアイロン。

アイロン台と荷物置き。

クローゼットの上部には、枕と予備のトイレットペーパーが置いてありました。

ここで気になった人もいるかもしれませんが、国内のホテルなら大抵置いてあるスリッパはありません。このホテルが例外的にないわけではなく、ハワイではホテルにスリッパがないのが当たり前のようです。なので、スリッパは持参しましょう。

ハワイと言う土地柄、大抵の人はビーチサンダルを持ってきていると思います。ビーチサンダルでも全然問題なかったですが、やっぱりスリッパがあった方が安心しますね。

また、寝間着やバスローブもありません。

洗面所やバス・トイレは?

洗面所などは、部屋入口の鏡の横にあります。

洗面台には、石鹸だけが置かれています。

歯ブラシやコップはありません。コップはテレビ台の下に入っているものを利用しました。また、ブラシなどのアメニティは全くないので注意してください。このホテルがというより、ハワイのホテルはこれがデフォルトのようです。

初めてハワイに来た人はちょっとびっくりするかもしれませんね。

石鹸(FACIAK SOAP)は、ASTONホテルブランドのもの。

その他に、Body Bar、コンディショナー、ボディーローションがASTONブランドのもので、シャンプーだけHAWAIIAN Tropicでした。

Body Barはこんな感じです。

トイレとバスタブ。

写真を拡大(写真をクリック)して見てもらうとわかると思いますが、タイルの床が結構汚れています。気になる人は気になるかな...(綺麗に掃除はしてありますが、結構落ちない汚れやカビなどが多い感じです。)

バスタブは、お湯を溜めれる事ができるタイプ。ハワイでお湯を溜めれるタイプは少ないそうなので、日本人にとってこれはうれしいかも。私はシャワー派なので、全く使いませんでしたが、バスタブを好む人も多いのでは?

シャワーヘッドは固定タイプです。ハワイでは固定タイプが多く、個人的にはマイナスポイント。

水圧は決してよくありません。が、ハワイで4箇所のホテルに泊まったのですが、その中ではまだ良いようでした。

シャワーは吐水タイプが2パターンありました。

アメニティーフィーについて

少し触れましたが、ハワイのホテルでは、アメニティーフィーというものが設けられており、宿泊料金とは別で請求されます。これがある意味がイマイチ分からないというか、納得出来ないところではありますが、アメニティーフィーを設けているホテルでは、それぞれの独自色を出そうとしている模様です。

アストン ワイキキ ビーチ ホテルでのアメニティーフィーは、2017年4月時点で、1部屋/1日で$25+Tax=$26.18(1ドル=111.383で換算で2,916円)に設定されています。

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのアメニティーフィーに含まれアメニティーは、下記のように設定されています。

出典http://www.astonwaikikibeach.com/our-resort/

  • アクティビティディスク(ツアー予約など)
  • ブルーレイ/DVD(プレステ3)
  • ドライクリーニング($)
  • フィットネスセンター
  • 1日毎に補充されるコーヒー
  • セキュリティボックス
  • Wi-Fi
  • フリーコール
  • ミーティングルーム($)
  • ストアやレストラン
  • セキュリティ(24時間)
  • ビーチバック
  • スイミングプール
  • バレットパーキング(係員付き駐車場)($)

($)は、別でフィーが適用されます(別途料金が掛かる)。

リンクWaikiki Accommodations | Features | Aston Waikiki Beach Hotel

正直言って、「こんなんで金取るのか...」と思うレベルのものばかり。ちょっと愕然とします...。
ただ他のホテルでも似たような内容でアメニティーフィーを取るので、アストン ワイキキ ビーチ ホテルだけがと言う訳ではありません。ハワイのホテルは、無駄にお金が掛かると思っておいた方がよいでしょう。

ただ一つ、アストン ワイキキ ビーチ ホテルの特徴として良かったのはビーチバックに入っていたCOOLA製品です。

ビーチバックに入っているCOOLA製品は実用的だった!

アメニティーフィーに含まれているビーチバックは、部屋に置いてあるそうです。
しかし、私の部屋には置いて無くフロントに言ったところ、「部屋になかった?」と言われ「ない」と返答。部屋番号と名前を伝え、フロントで貰えました。部屋に置いてない場合はフロントに言いましょう!

なかには、COOLAのボーチと、トランプ、うちわがありました。

COOLAのポーチの中には、日焼け止め、日焼け止め(フェイス用)、リップ、アフターサンローションが入っており、これは実用的で非常によかったです。

COOLAのポーチ、全く同じものは売って無さそうでしたが、似たような製品はそれなりに高くてちょっとビックリ。COOLA製品のリンクはこちら ↓

リンクSORT PRODUCTS - COOLA

Wi-Fiの快適度

Wi-Fiはかなり快適に利用できており、非常に助かりました。Wi-Fiはその時々の状況にもよりますが、混雑しやすい夕方以降の時間帯でも快適でした。

オーシャンフロントからの眺めは最高!

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのオーシャンフロントに宿泊した最大の理由は眺め。
本当によかったので、ワイキキのビーチ風景を楽しみたい人にはオススメです!

私が泊まった部屋は16階の1632号室。部屋の位置は赤丸のところです。

では、オーシャンビューをお楽しみ下さい!

↑ スマホ(Huawei P9)で、パノラマモードで撮影してみました。

クイーンズビーチやワイキキ水族館、カイマナビーチ方面

オーシャンフロントの部屋は同じ階に「6部屋」あります。その中でも私が宿泊した部屋はワイキキビーチ方面のから3番目、ワイキキ水族館側からは4番目の部屋で、16階の中で丁度真ん中のあたりの部屋です。

クイーンズビーチやワイキキ水族館、カイマナビーチ方面のオーシャンビューは最高に良いのですが、部屋が真ん中のためか、ダイヤモンドヘッドは見えませんでした...。

一番端っこ(ダイヤモンドヘッド側)の部屋だとダイヤモンドヘッドが見えたのかもしれません。(ちょっと分からないですが...。)

ホテル正面のクセオビーチ

ワイキキビーチ方面

日が落ちるのもバッチリ見えます。

夜景もなかなか良い!

ラナイからの眺めは、本当に満足できる絶景!ワイキキエリアのホテルはかなり高いですが、アストン ワイキキ ビーチ ホテルなら手頃な価格でオーシャンフロントビューを楽しめますよ!

ラナイは小さめ、椅子の座り心地はよかった!

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのラナイはあまり大きくなく、ラナイには椅子が2つだけ置いてあります。

ラナイは二人で利用するとやや狭い程度。

二人で利用していて、狭すぎるとは思わなかったけど、やや狭いかなという印象。広いと感じることはないでしょう。

ただ、このホテル以外にも泊まりましたが、ラナイの椅子の座り心地は一番良かったです。

多少クッション性のあるもので、座り心地は非常によく、オーシャンビューを長時間楽しみましたが、長居してもお尻が痛くなったりはしませんでした。

このオーシャンビューでコーヒーを飲みたいけど、テーブルがなくて残念...。

オーシャンフロント以外の部屋の場合、ラナイに1つだけしか椅子がないところもある模様です ↓

オーシャンフロント以外の部屋は写真のような椅子も

ラナイの残念ポイントは、テーブルがないこと。
ラナイでコーヒーを飲んだり、食事をしたりする際に不便でした。

ただ、部屋の中にあったテーブルの椅子が丁度良い感じの高さで、ラナイに持ってきてテーブル代わりにして問題解決(笑)

部屋から椅子を出してきました

もう一つの残念ポイントは、お隣さんと「こんにちは状態」になること(仕切りがないこと)。

オーシャンフロントの部屋は写真の様に、端から1、2、2、1部屋区切りとなっており、2部屋部分のところはラナイに仕切りがありお隣さんとは鉢合わせになりませんが、それ以外は、お隣さんと「こんにちは状態」になるので若干気まずい時も...(笑)

右側は仕切りがあり、隣は見えない

しかし、左側は完全に隣が見える

個人的には、特別気にせずに予約をしてしまいました。実際に宿泊してみて、仕切りがあるのと無いのでは気になる度合いが全く異なるとの印象。ラナイで長時間過ごすことを目的とした人などは、ラナイがどんな感じなのかをよく検討した方がよいかもしれませんね。

プール

プールはそれほど大きくないものが一つだけあります。ハワイのホテルのプールは基本的に小さめのものが多いですが、アストン ワイキキ ビーチ ホテルも他のホテル同様、あまり大きくありません。ハワイでプールと言えば 、ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチ リゾートが一番ではないでしょうか。

客室645室と巨大ホテルの割には、プール自体も小さいですし、利用している人はかなり少ないです。目の前がビーチなので、皆さんボーチに行かれるのだと思われます。

プールサイドでビーチバスタオルの貸出、ビーチチェアの貸出をしています。

プールサイドには、飲み物などが買える売店もあります。

プール周りにチェアデッキがそれなりの数置いてあります。

ワイキキの外れだけど、飲食店やビーチ、バスなど利便性は それなりに良かった!

アストン ワイキキ ビーチ ホテルの場所は、こちら ↓

ワイキキの一番端っこということもあり、中心部までは歩いていけるにしても(歩きましたが結構疲れます)少し遠い印象です。ただ、ワイキキ動物園は徒歩5分、スタバ、ABCストアもすぐそこ、ジャンバジューズ(ハワイ産のジュース屋ではないけどオススメ)、サブウェイ、テディーズバーガーなどがあり、飲食に困ることはありませんでした。

ホテル1階にはテナントが入ってる。

暑いハワイで飲むと最高!

Rainbow Drive-In(ロコモコで有名)やオノ・ハワイアン・フードなんかにも行くにはちょうどいいかもしれません。(歩いてもいける距離だけど、少し距離はあります...)。

ホテルの裏側にレンタルサイクル屋(Hawaiian Style Rentals and Sales)もあるので、ホテルからサイクリングに行くのにも便利。バス停もスタバの近くにあり、JCBカード提示で無料で乗れるピンクラインもホテルの正面(車寄せ場)前に止まります。

と、ワイキキの端と言えど、不便は全くありませんでした。

もう一つ、このホテルの良いポイントを上げておくと、ビーチが子供連れにもオススメだし、大人にもオススメできるということ。 ワイキキエリアのビーチは、本当に人が多くかなりゴミゴミしています。ロイヤルハワイアンやアウトリガーあたりはもう惨事というぐらいです(笑)

クイーンズ ビーチ。ワイキキ中心部のビーチよりは人が少なくて落ち着いてる。

ホテルからワイキキ水族館の方面には「クイーンズ ビーチ」があります。ワイキキの端ということもあって、このビーチは人が少なくて、人混みが苦手な人にもオススメです。

クイーンズ ビーチ

そして、ホテルの前のビーチは防波堤のある「クヒオ ビーチ」。このビーチは防波堤があるおかげで高波がこないため、子供を遊ばせるにもピッタリです。

子供を遊ばせるにも最適なクヒオ ビーチ

と、ワイキキ中心部ビーチの人混みが避けれる(中心部よりは少ないとは言え、人はそれなりにいますが...)という利点もあり、個人的にはこのホテルの位置が非常に気に入っています。

また、クイーンズビーチからワイキキ水族館、カイマナビーチまで散歩するのにも最適で非常にオススメです。

カイマナビーチ

カイマナビーチは小さいビーチですが、人が少ない上にかなり綺麗なビーチなので、是非、散歩がてら行ってみると良いと思います!

アストン ワイキキ ビーチ ホテル オーシャンフロント セレクトまとめ

アストン ワイキキ ビーチ ホテルのオーシャンフロント、本当にすばらしいオーシャンビューでした。ワイキキエリアとしては、比較的割安な料金でオーシャンフロントに泊まれるということもあり、個人的には大満足でした。

建物や部屋は多少古めかしさを感じますが、それを差し除いても、オーシャンビューがすばらしかったです!

確かに、シェラトンワイキキからのオーシャンビューなどは、ダイヤモンドヘッドも見えて、個人的にもワイキキエリアナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。が、お値段も超一級品なので、私と同様、なかなか手が出せない人も多いのではないかと思います。

そう思うと、アストン ワイキキ ビーチ ホテルは本当にコスパが良いオーシャンフロントだったと思います。

また、ビーチがクイーンズビーチ、クヒオビーチの両方楽しめる点、ワイキキエリアの端でも利便性がよく、飲食店で困ることがないのもよいところだと思います。

オーシャンフロントの部屋を求めてアストン ワイキキ ビーチ ホテルに宿泊しましたが、その他にもベネフィット・メリットが沢山あり、とておもよい滞在になりました!

ハワイのホテル選びの参考にしてみてください!

アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
2570 Kalakaua Avenue, Honolulu, HI 96815
TEL : (808) 922-2511 FAX : (808) 923-3656

・チェックイン…15:00、チェックアウト…12:00
・階数…25階建て
・建築…1968年(改装2014年)

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ハワイ, ホテル宿泊記・レビュー
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.