サッポロ割、るるぶトラベル、JTBで6月15日までに延長!楽天トラベル、JTB、るるぶトラベルで残りあり!詳細はこちら

ジェットスター国際線、事前指定したスタンダード席がチェックインの時に“無料”で「エクストラ・レッグルーム」シートにアップグレード!忘備録と体験レビュー!

  • URLをコピーしました!

今回は、ジェットスター(Jetstar)で成田から香港へ行った際に、座席が足元広々の「エクストラ・レッグルーム」シートに“無料”でアップグレードされたので、その詳細や体験レビュー、忘備録として残しておきたいと思います。参考になるかは分かりませんが、こんなことがあったという意味でも含めて。

私は国際線のジェットスターは初めてです。

チェックインカウンターでアップグレードの話をされた時は「LCCでもこんなことがあるんだな〜」とびっくり。シートに追加料金が掛かったりと何かとお金にシビアなLCCで非常に「驚きの体験」でした!

それに加え、LCCでもエクストラ・レッグルームシート(非常口席)は、とても快適ということが分かりました!

目次

エクストラ・レッグルーム シートとは?

「エクストラ・レッグルーム」シートとは、通常のスタンダード座席より足元のスペースが広い座席のことを指しています。

今回登場したGK23便は、A320型機でスタンダード席より20cm足元が広くなっています。

この座席を事前指定すると、2,200円掛かります(成田-香港路線の場合)。

アップグレードされるまでの状況など

まずは、アップグレードされる前までの詳細な状況を追っていきたいと思います。

細かい状況をまとめてみました ↓

  • サプライスからセール中のものを予約、片道発券(しかも格安)
  • 私と妻で別々で発券(サプライスの各アカウントで予約)
  • 座席指定は、サプライスで予約した後、ジェットスター公式サイトで行う
  • 私と妻で各620円の「スタンダード席」を並び席で予約
  • 預け入れ荷物はなし
  • 2時間前にチェックインカウンター
  • ジェットスターの有料会員制度「Club Jetstar Japan」に入会していない

個人的には、よくこんな状況でアップグレードされたなと思います…。

では詳細を追ってみましょう!

サプライスで格安で発券

ちょうどジェットスターの香港路線がセールになっている時期に予約しました。

それに加え、サプライス(Surprice)で3,000円オフのキャンペーンが行われており、(いつも対象外なのですが)ジェットスターもそのキャンペーン対象に。ただ、後々、ジェットスターの予約は対象外になり、対象中に発券できたのがラッキーでした。

ジェットスターのセール価格とサプライスの3,000円オフを適用すると、サーチャージなどを含めた片道の総額は、なんと「1,540円」と激安です!

サプライスの3,000円オフは1アカウント毎に3,000円オフなので、今回は私と妻の2人での旅行でしたが、各自のアカウントで発券したほうが安くなります。

ということで、各自のアカウントで発券し、2人での総額は3,080円でした!安いと言うより破格値すぎてびっくりします。

と、このように、格安でチケットを取っているにもかからず、2人とも(並び席)非常口席の足元が広々している「エクストラ・レッグルーム」席に無料でしてくれたことにびっくりした訳です。

座席指定は公式サイトで事前に

サプライスでの予約の場合、追加で座席指定したり、預け入れて荷物を予約時に選択できません。本当は事前にシートを指定したかったのですが、格安で乗れることを優先するためサプライスから予約し、予約時のシート指定は諦めました。

ただ、チケットを発券後に予約番号がもらえ、そちらを利用してジェットスターの公式サイトから座席指定できるようになっていることに気づき、座席指定をしました。

ただ注意点もあります。
サプライスから予約しているので、サプライス(HIS)からジェットスターに予約していることになります。なので、予約に登録されているメールアドレスや電話番号はサプライスの予約担当者(地域担当者?)の番号となっており、そちらに座席指定のメールが送らることになります。

なので、座席指定のメールなどは自分のメアドに届くことはありません。
また、サプライスの予約画面で反映されるのかなと思っていましたが、反映もされていませんでした。(ジェットスターのサイトにはもちろん反映されているので安心してください)

指定した座席は620円の「スタンダード席」。私と妻で個別で予約していますが、横並びになるように指定しました。個別発券の場合、チェックインカウンターでは自動割り振りで並び席にならない可能性があると思っていたので、これで一安心ですね。

ただ、これがびっくりすることに「エクストラ・レッグルーム」席になりました。

2時間前にチェックインした

今回搭乗したのは、成田→香港のGK23便です。ジェットスターは成田空港第3ターミナルです。2時間前にチェックインをしました。

チェックイン前に、手荷物の検査があります。私達は預け入れ荷物はなく手荷物だけ。ここで手荷物7kgまでの検査があります。

その後、チェックインカウンターのスタッフに、予約が別々である趣旨を伝えて2人のパスポートを渡したところ、

「足元の広いスペースがご用意できますが、いかがですか?」

いやいや、LCCだからチェックインで有料のアップグレードの話か...と思っていたところ「無料」とのこと!

通常、予約時に指定すると2,200円掛かります。それが2人分無料とは….

厚かましくも「非常口席ですよね?12列目と13列目ですか?」と聞くと「13列の通路側からの並び」とのこと。事前指定の席が8列目の通路側からの並び席だったため、事前指定した席より少し後ろになっただけ(深夜到着だったので、なるべく前方座席で早く降りたかった)だったので快く承諾しました!

豆知識ですが、ジェットスターでは12,13列目はエクストラ・レッグルーム席ですが、12列目は座席シートを倒すことができません。13列目はシートが倒せます。

何故、無料でエクストラ・レッグルーでシートにアップグレードされたのだろうか?

これが謎すぎます。
今まで色々と詳細を説明してきましたが、どう見てもアップグレードされる要素はないですよね?逆に「こんなに格安でチケット取りやがって!お前の席はないぞ!」と言われてもおかしくないレベルだと思います(笑)。

普通なら格安でチケットを取っている(しかも夫婦で別々に発券)客をアップグレードしたりしないでしょう。また、ジェットスターの有料会員制度「Club Jetstar Japan」などにも入会していません。

よくアップグレードの基準として言われている服装に関しては、非常にカジュアルで重たそうなリュック(預け入れて荷物はないので、手荷物の7kg以内に詰め込んだw)を持っており、全くスマートではありませんでした。

ただ、2時間前にチェックインしたことが一番大きかったのかもしれません。

非常口席には欧米系の方も座っていたので、特別日本人だけを優遇しているわけでもなさそうです。(非常口席は非常事態時にCAの支持に従って、操作する必要があるので、CAがしゃべる言語などが分からない方はこの席には座れない。)

チェックイン時に「今日は満席ですか?」と聞いたところ、「満席」との返答があったので、スタンダード席がオーバーブッキングで誰かをエクストラ・レッグルーム席にアップグレードしなくてはならない状況だったのかもしれません。

あと、私はここ数ヶ月は1ヶ月に1回以上は海外に行っているので、パスポートチェック時に海外渡航歴が多くて、飛行機に乗りなれている乗客と思われたのかなとも(そんな理由でアップグレードすることはないかな?)

かなり謎ですが、アップグレードされる体験をしたので、皆さんもアップグレードされる可能性はあると思います。

実際に搭乗してみて、エクストラ・レッグルームシートはかなり快適だった!

非常口席だったので、優先搭乗がありました。が、沖止めだったのでバス移動であまり意味がありません。

シートは黒で統一、ヘッドレストはありません。

13列目の非常口席。

175cmの私が座っても、軽々と足を組めるぐらいのスペースがあります。

足を伸ばしても、これぐらい空きがあります。発着陸時は手荷物はすべて収納しなければならず、前方座席の下には置けません。

今回の機材はA320-200です。

今回始めて非常口席となるエクストラ・レッグルーム席を体験しましたが、LCCであっても非常に快適でした。これ「今後、LCCで非常口席を指定したほうがキャリアフラッグに乗るより良いかも」と思うぐらいです。

正直、「LCCの狭い座席で香港まで大丈夫かな?」と思っていた矢先の出来事だったので、本当にありがたかったし、めちゃくちゃ快適でした!!

ありがとう、ジェットスター!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる