トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

Tips

【安い】香港国際空港から深セン(羅湖)へバス+MTRで行く方法、時間、料金など

投稿日:2017年8月27日 更新日:

香港国際空港からバスとMTRを乗り継いで「羅湖」のイミグレから深センに行ってきました。

羅湖のイミグレへはバスとMTRを利用すると安い!

香港国際空港から深センに入国するイミグレも3箇所あり、また方法も何種類かあります。その中で、非常に安く深センに行けるのはこの方法です。

料金は、香港のSuicaやICOCA、PiTaPaのようなICカード「Octopus(オクトパスカード)」を利用して、下記の通りでした。

  • バス(A43/A43P): 30.9香港ドル
  • MTR(上水→羅湖): 24香港ドル

※ 利用したのは2017年8月末。
最新のMTR料金はこちらのサイト(http://www.mtr.com.hk/en/customer/main/index.html)、
バス料金はこちらのサイト(http://www.hongkongairport.com/eng/transport/to-from-airport/bus_from_hkia.html)で確認できます。

合計で54.9香港ドル(1香港ドル14円換算で770円)でした。

ただ注意してほしいのは、これはオクトパスカードを利用した場合。オクトパスカードを利用しない場合は若干料金が高くなります。

香港国際空港から羅湖のイミグレまでの行き方

まずは、香港国際空港からバスに乗るためにバス停に向かいます。

香港国際空港のバス乗り場はどこ?

入国して、預け荷物を受け取り、アバイバルエリアに着いて、バス停に向かいます。香港国際空港に到着時は、ターミナル1の到着エリアにいるので、そこから、まずは看板を探しましょう。

「BUS」などの記載はなく、「To City」に電車やバス、タクシーのマークがあります。まずは、この「To city」の方向へ向かっていきます。もし分からなかったらターミナル2の方向へ行くと手っ取り早いでしょう。

方向的の目印としては、マクドナルドの近くにターミナル2やバス停方面へ抜ける道があります。目印としてマクドナルドが見えるところまで来て、その近くにある看板を見るのがベストです。(マクドナルドが日本人に馴染みがあるので、マクドナルドと記載していますが、中華のクリスタルジェイドなどの近くでも問題ありません)

マクドナルド近くの看板を見上げるて「To city」の方向へ。

この方向へ進んでいくと、赤枠のように、遂に「Bus(巴士)」だけの看板がでています。ここで右方向へ曲がります。

ただ、その前に、緑枠部分のところに「オクトパスカード」が購入・チャージできるサービスセンターがあるので、オクトパスカードが非必要な方はここで買っておくと良いでしょう。正直、今回のようなバス+MTRでの移動ではオクトパスカードがあったほうが断然便利です。また、オクトパスカードで支払うと多少割引になります。

しかし、オクトパスカードを購入するには、デポジットとしてHK$50(オクトパスカードを返却すると返ってきます)と入金額HK$100が最低限必要なので、HK$150を用意しておく必要があります。

あとは、直進していくと、バス停につきます。

バスが見えてきました。バス停は目の先です。

直進していると、ここに出ます。バス停の案内が書いてあり、非常に分かりやすいです。ここで自分が乗るバス停がどこにあるか確認します。

バス停の地図はこちら。今回はA43かA43Pに乗るため、左側に進んでいきます。

A43・A43Pのバス停は同じ乗り場からとなります。

A43とA43Pの時刻表。

ちょっと分かりにくいですが、基本的に20分に1本ぐらいはどちらかが来るような形です。なので、どちらか早く来た方に乗ればOK。

香港国際空港からA43またはA43Pのバスで上水駅前まで!

A43かA43Pのどちらにのっても目的地の上水駅前に行きます。私の場合、A43Pの方が来たので、こちらに乗り込みました。A43Pの方が、A43と比べて新しい車体となっています。

2017年8月末現在、料金はHK$30.9の一律なので、どこまで乗っても同じ金額です。前払いとなるため、バスに乗り込む時に支払います。

最新のバス料金は下記で確認できます。

参考http://www.hongkongairport.com/eng/transport/to-from-airport/bus_from_hkia.html

A43Pの設備紹介

A43Pは比較的新しい路線(A43の路線+落馬洲に立ち寄る)で、バス自体も新しい印象でした。

2階席の一番前には、シートベルトがあります。

座席の両サイドには手持ちがあります。何気にコレ使いやすいです。

足置き場。

ネットの小物入れ。

窓側サイドにUSB充電端子がついています。5V/2.1Aもあるので、充電するには非常によいですね。

無料Wi-Fiもあり、「LWB Free」というやつ(SSID)に接続します。

Wi-Fiの速度は、非常に快適でした。

約50分程度で上水駅へ

バスは香港らしい風景や田舎が楽しめます(笑)

空港からしばらく走ると、香港らしい風景が沢山みれます。

上水駅では結構多くの人が降りるので、降りるタイミングも分かるはずです。また、掲示板にしっかりと次の駅名が中国語、英語(sheung shui railway station)の順に表示されるので誰でも降りるところは分かると思います。

私が乗ったバスは、12時35分発のもの。上水駅に付いたのが13時20分あたりだったので、約40〜50分程かかりました。思っていたよりもスムーズです。

この風景が見えたら降りる準備を。前のバスが止まっているところがMTR上水駅前のバス停となります。(ちょっと気が早いですが、初めてなら高速を降りたら、バスから降りる準備をしてもいいかもしれません。)

バス降り立つと、バス インターチェンジの大きなバスの看板がありました。バスがひっきりなしに来ます。色々なところからここに集まるのでしょうね。

上水駅から羅湖駅へはMTRで1駅

上水駅からはMTRで羅湖駅に向かいますが、1駅だけの乗車です。

バスを降りると、もうそこは上水駅前です。こちらの階段とエスカレーターを上がり、2階へ。

2階に上がると、羅湖駅は下に降りるように案内板が出ているので、それにそって階段を降ります。

下に降りると「どこ?」となるかもしれませんが、下ってからUターンする方向に進むと、羅湖駅方面の乗り場が現れます。

1駅だけですが、上水駅で乗り場を間違える(2階の改札から入る)と違う方向へ行ってしまうので注意。

羅湖駅では、多くの方が降りるので、同じ方向へ向かえばOK!

イミグレや荷物検査を受けて深センへ

まずは香港を出国します。

ビジター側に並び、香港を出国します。

次に、中国(深セン)へ入国します。外人側(Foreign Visitors)へ。

入国手前に「ARRIVAL CARD」を書くところがあるので、こちらでカードに記入してからイミグレを通ります。

イミグレ後に荷物検査とパスポートのコピーを取られました。

イミグレなどを抜けた後。羅湖駅からここまで約40分ほどで非常にスムーズな方でした。(ほとんど並ばずに入国できました。)

香港国際空港からイミグレを抜けるまでに掛かった時間は、約1時間30分。かなりスムーズに行けば、これぐらいで深センに行くことができます。聞いた話によると、イミグレは香港から深センへは比較的スムーズな時が多いらしいですが、深センから香港は激混みの時が多いようです。その時々なので、あまり参考になりませんが、知り合いは深センから香港へ抜けるためのイミグレで約2時間ぐらい掛かった時があったと言っていました。

このまままっすぐ突き進むと、外に出ます。

地下鉄やタクシーステーションは下へ、バスは真っすぐ行って右への案内板があります。このあたりで声をかけてくる人がいますが、全部無視しましょう。ぼったくり系の人たちだらけです。

地下鉄やタクシーステーションはここから下へ。

下に降りずにそのまま外に出てみると ↓

深セン羅湖の「シャングリ ラ ホテル」などが見えます!右側の大きな建物は、ニセモノやコピー品が沢山売ってる「羅湖商業城」です。

羅湖商業城に以前行ったことがあるのですが、堂々とニセモノが売られているわけではないようで、警察などが巡回チェックしにくると、ニセモノが売られてれているお店はバタバタし始めます(笑)。ちょうどその時、居合わせたのですが、今時こんなところがあるんだな...と思うほどでした。是非、一度見てみるとよいと思います。一気に中国感を感じられる場所の一つです(笑)。

反対を振り返ると、今、通ってきた羅湖口岸の建物(イミグレ)!立派ですね!

まとめ

香港国際空港から羅湖へ行くには、バスとMTRを利用すると安く行くことができます。若干時間が掛かりますが、なるべく移動費用を抑えたい方にオススメです。

個人的な感想としては、非常にスムーズに深センまで行けたこともあり、今後もこのルートは積極的に使っていきたいと思えるほどです。もっともっと体力的にも、時間的にも色々と消耗するものが多いかなと思っていましたが、難所などは全く感じれませんでした。

ただ、リムジンバスのスカイリモはリムジンバスに一回乗れば、乗り換えなどもなく到着できるので、それらと比べるとやはり面倒くささは若干あるのは事実です。費用面でどのルートにするのか決めるとよいと思いますが、なるべく安く済ませたい人にはオススメできるルートの一つです。

以上、香港国際空港から深セン(羅湖)へバス+MTRで行く方法でした!
料金は日本よりも変動する率が高いので、その時々でよく調べてみてくださいね!

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-Tips
-

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.