トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本

【客室:シティルーム】コンラッド東京 宿泊記・ブログ的口コミレビュー!

投稿日:2017年7月24日 更新日:

今回は、2017年6月末に「コンラッド東京」(CONRAD TOKYO)のシティールームに宿泊してきたので宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

コンラッドは、ヒルトンが世界的に展開しているホテルブランドの一つ。
ヒルトンの最上位ブランドとして、「ウォルドルフ=アストリア・コレクション」がありますが、その次の上位ブランドとして「コンラッド」となっています。また、ヒルトンより上位のブランドとなります。

そんなコンラッド東京に宿泊してきたのですが、流石に良いホテルであるのは間違いなかったです。部屋の内装やインテリア、天井の高さやアメニティなど、どれをとっても満足できる内容で最高のホテルステイになりました。

では早速、紹介したいと思います。

コンラッド東京の基本情報

コンラッド東京の基本情報は下記の通り。

基本情報:

  • ホテル名: コンラッド東京
  • ホテルランク: ★★★★★(5つ星)
  • 住所: 東京都港区東新橋1-9-1
  • TEL: 03-6388-8000

コンラッド東京は「東京汐留ビルディング」の28F〜37Fに入居しています。

私の予約した価格などは下記の通り。

  • 予約サイト: ヒルトン公式サイト
  • 客室: シティーキングルーム
  • 価格: 25,040円
  • 宿泊時期: 2017年6月末

コンラッド東京は、通常5万円前後の価格帯が多いのですが、私が予約した時はヒルトンのセールを行なっており、40%オフセールの時に予約したため非常に安く宿泊できました。

ホテルお篭りステイを楽しみたいと思っている方は、ヒルトンが定期的に行っているセールを狙うとコストパフォーマンスがよいですよ!

入り口からレセプションまで

エントランス。

中に入ると、斬新なオブジェがあります。

ポーターやベルマン、荷物の預かりなどはここで行われる模様です。

エレベーターで28Fまで行きます。

レセプションは天井が高く開放的!

レセプションエリア。あまり広くはないですが、天井が高いため、開放感があります。

レセプションの向かい側にはバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」があります。どの時間帯でも比較的利用者がいました。アフタヌーンティーなども人気のようです。

チェックインとゴールド会員の特典は?

私はヒルトン オナーズ会員で、ゴールドステータスです。ゴールド会員の主な特典は下記の通り。

主なゴールド特典

  • レイトチェックアウト(可能ならば)
  • 部屋のアップグレード(空きがあれば)
  • 朝食が無料(2人まで)

私がチェックインした時は、かなり混雑しており、10分程待ちました。ただ、私より遅く来た人で先にフロントに通されている方もいたので、ダイヤモンドメンバーでしょうか。ヒルトンのホテルでは、チェックインカウンターがヒルトンオナーズ専用のものがあったりしますが、ここでは全くありませんでした。

レセプションはそれほど広くないのですが、チェックイン待ちの方が結構いたので、それなりに混んでいる印象でした。チェックイン時に、「本日満室」とのことで部屋のアップグレードもレイトチェックアウトもできないと説明がありました。

海外のお客様にも部屋が満室と案内していたので、本当に全然空きがないようでした。部屋のアップグレードやレイトチェックアウトは、ホテルの都合で変ってくるので致し方ありません。(ゴールド会員だと、どこまでアップグレードあるのか試しの宿泊でもあったので、ちょっと残念でしたが、お試しはまた次回に持越しですね!笑)

朝食はゴールド会員特典で無料です。朝食会場は「コラージュ」と「セレーズ」を開放していました。また別記事でレビュー予定ですが、非常に美味しいものが多くて、満足度が高かったです。

パブリックスペースは、和を意識している感じです。

今回のお部屋は3528号室です。

一番下のクラスでも、広々空間

では、部屋内を見ていきましょう。

入り口付近には、和を意識したような松の木(?)が植えてありました。

全体的にシックでありながら、シックすぎずモダンさもある部屋といったところでしょうか。ライトやソファーなど、全体的に非常に素敵な内装です。流石と言ったところですね!

キングベットは横幅180cmのもの。壁紙や絨毯は日本を意識したような柄です。

バスルームはベット側から丸見えですが、ブラインドで見えないようにすることができます。

窓側一面に大きなソファーが設置されています。

チョコレートなどが置かれていました。このチョコレート、全体的に美味しい!ブールドネージュ的なものも非常に美味しかったです。

無料の水が2本ありました。また、急須や湯呑みはお洒落ですね。外人ウケが良さそうです。

コップや湯沸かし器などは、こちらに収納されています。

無料の飲み物は、コーヒー、紅茶(イングリッシュブレックファースト)、ウーロン茶、緑茶がありました。

コーヒーはインスタントではなく「コーヒーの粉」です。コーヒープレスがあり、それで淹れます。ネスプレッソマシーンなどはありませんが、美味しいコーヒーを飲むことができます。

箱の中には、ミニボトルのウイスキーなどが入っています。

クローゼットは入り口付近、バスルームの入り口の反対側にあります。

上の写真で左端のクローゼットには、金庫とアイロンなどが入っています。金庫が大きくてよいですね。

ハンガーは沢山。

スリッパがサイドに置かれています。

スリッパはフカフカです。

寝間着が入っています。

ターンダウン

ターンダウンが終わると、コンラッドベアが置いてありました。

テレビが「ごゆっくりおやすみください」と表示されていました。

バスルームも広々

洗面台が2台あるのは使い勝手が非常によいですね。一番下の部屋カテゴリーですが、2台あることには驚きました。

この洗面台の下にあったカゴ(茶色いやつ)が大きいものと小さいものがあり、小さいほうがゴミ箱なのかちょっと悩みます。ゴミ箱として利用する人もいれば、衣類を入れるカゴとして利用する人もいそうで、ちょっと衛生面が気になりました。

アメニティーなど。シャンプーなどは、デフォルトでイギリスのアロマブランド「アロマセラピーアソシエイツ」のもの。コンラッドでは、4つの中から好きな物を選べます。(宿泊時にリクエストしていてもよいし、ゲストサービスに電話して変えてもらうこともできます)。

リンクご宿泊のお客様へ 4つより選べるコンラッドバスアメニティ

私の場合、宿泊時に室内電話でゲストサービスに電話して「換えて下さい」とお願いしたところ、元々デフォルトで置いてあった「アロマセラピーアソシエイツ」はそのまま部屋に残したままで、頼んだ「シャンハイ・タン」のものを置いていってくれました。

アメニティの交換を頼んだ際に、バスソルトもお願いしました。

3つの箱の中に入っている、その他のアメニティと歯ブラシ。

お洒落な浴槽。男性にはちょっと小さいかも。

タオル類やバスローブ。

バスタブの他に、シャワールームがあります。レインシャワーとハンドシャワーがあり、もちろん水圧もgood!

シャワールームは広くない

ただ、若干、シャワールームが狭いとも感じました。

ウォッシュレット付きのトイレです。

シティービューはイマイチ...

シティービューは、周りのビルに囲まれています。

窓から下を覗いてみると、モノレールが走っていました。

ビルに入居していることもあって、窓は非常に大きく開放的です。シティー型のホテルで大型ビルに入居しているホテルは窓が大きくて天井が高いところが多いですが、コンラッド東京もその一つです。

コンラッド東京 シティールームまとめ

コンラッド東京 シティールームの評価は下記の通り。

総合評価:9 out of 10 stars (9.0 / 10)
インテリア・内装:9 out of 10 stars (9.0 / 10)
眺望:6 out of 10 stars (6.0 / 10)
ルームファシリティ(客室設備):9 out of 10 stars (9.0 / 10)
清掃・クリーンアップ:10 out of 10 stars (10.0 / 10)
ソフト面:10 out of 10 stars (10.0 / 10)
コストパフォーマンス:8 out of 10 stars (8.0 / 10)
アクセス面:8.5 out of 10 stars (8.5 / 10)

部屋は48平米と、最低ランクの部屋でも広いこと、インテリアはシックでありながらもモダンさを感じます。多くの方が好みと感じるのではないでしょうか。また、ファシリティも良く、引きこもりホテルステイするにも素敵な空間です。

スタッフの質はあまりサービスを利用していないので分かりませんでしたが、ルーム清掃の方でも廊下ですれ違えばしっかりと笑顔で挨拶してくれます(なんで、サービス対応も、スタッフの質も良いと思います)。

清掃は完璧でした。非常に清潔感ある客室でした。

アクセス面に関しては、特別良くもなく悪くもないでしょう。歩いていける距離に汐留駅や新橋駅があるため、比較的、飲食で困ることはありません(ただし、少し歩かなくてはいけないのが面倒くさい)。スタバやコンビニは同じビルの中にあるので、周りの利便性はよいでしょう。

海外の方からすると、銀座、築地も徒歩圏内と言えば徒歩圏内です。浜離宮も歩いていけるので、アクセス面に関してはなかなかよいとおえるのかなとも。

比較として、国内の大阪のホテルで部屋が非常に良いところが多く、似たような構成のホテルの一つである「インターコンチネンタル大阪」の一番下のクラスの部屋と比べた場合、個人的にはインターコンチネンタル大阪の方が良かったかなと思います。

東京エリアで言うと、マンダリンオリエンタルやシャングリラなどが競合となると思います。私はヒルトン会員であるため、コンラッドを選びますが、一番下の部屋ランクで言えば、マンダリンオリエンタルやシャングリラの方が良い気がしますし、眺望もそれらのホテルの方がよいでしょう。

とは言え、コンラッド東京も文句のつけようがないぐらい良いホテルで、個人的にお気に入りのホテルの一つ。今後も泊まりたいと思う内容でした!

以上、コンラッド東京のコンラッド東京 シティルーム宿泊記・ブログ的クチコミレビューでした!

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.