トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ハワイ ホテル宿泊記・レビュー

ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチリゾート レインボータワーのオーシャンフロント宿泊記・ブログ的口コミレビュー!

投稿日:2017年5月28日 更新日:

今回は、2017年4月中旬頃に、ハワイ オワフ島のワイキキにある「ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチリゾート (Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort)」のレインボータワーに宿泊してきたので、宿泊記・レビュー・ブログ的口コミをしたいと思います。

このホテル名称が長いですね...。
今後は「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」と記載します。

ハワイのワイキキと言えば、「ヒルトン!」と思う方も多いのではないでしょうか。

このレインボータワーの写真をよく見かけますよね!

ホテル名に“ビレッジ(=村)”と付いているだけあって、本当に“村のような巨大リゾートホテル”。また複数のタワー練があり、「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」と言えど各タワーで内装など雰囲気が全く異なります。

今回は、「レインボータワー」に宿泊してきたので、主にレインボータワーの室内と景色を中心にレビューしたいと思います。

ヒルトン・グランド・バケーションズ(HGVC)の3泊無料宿泊特典を利用!

少し話がズレるのですが、ヒルトン ハワイアン ビレッジに宿泊した理由を簡単に記載したいと思います。

今回のハワイはヒルトンだけでなく、色々なホテルに泊まっていました。6日間の滞在で4つのホテルを利用しています。
その中でも3日間滞在したのがこの「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」です。

3泊した理由は、「ヒルトン ハワイアン ビレッジ」の3泊分の無料宿泊券を持っていたからなのです。

というのも、日本の空港や商業施設など、ヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェアの勧誘があり、成田空港で引っかかり、説明会に参加すると、(タイムシェアを購入しなくても)ヒルトン ハワイアン ビレッジに平日ならば3泊無料(祝日ならば2泊分)で宿泊できるバウチャーが貰えるという話にのっかったからです。(今もやっているかは不明です)

この3泊無料宿泊券があったので、リゾートフィーなども全く掛からずに3泊できたのです!

ヒルトン・グランド・バケーションズの「勧誘がしつこくないか、本当に3泊無料なの?」など色々不安はありましたが、実際に利用してみて、大満足というか「まじでスゴい!太っ腹すぎる!」というのが正直な感想です!(プロモーション費用にいくらかけてるのか...と心配になるほど 笑)

このヒルトン・グランド・バケーションズのタイムシェアの参加特典「3泊無料宿泊券」に関しては、こちらに詳しくまとめています ↓

ヒルトン オナーズ ゴールド会員のため、アップグレードでレインボータワーに!

前述のように、私はヒルトン・グランド・バケーションズ(以下、HGVC)の3泊無料宿泊券を利用します。予約はHGVCに電話での予約となります。これ以外の方法はありません。

この3泊無料宿泊券で予約できる部屋クラスは、一番下のクラスの「部屋指定不可」のみです。

そして、私はヒルトンの公式会員である「ヒルトン オナーズ」会員ですが、HGVCで予約したため、ヒルトン オナーズの会員とは紐付けはされていません(ヒルトン オナーズ番号を聞かれなかったので紐付けされていないだけで、もしかすると、オナーズ番号を伝えれば紐付けされて公式サイトで予約履歴が見れるかもしれません)。

ヒルトンの公式サイトから宿泊予約をすれば、公式サイトやアプリに宿泊履歴が表示されますが、HGVCからの予約なので反映されることはなく、チェックインするまではどんな部屋なのか分かりません。(公式サイトで予約すると事前にどんな部屋か確認できます。)

当日、ヒルトン ハワイアン ビレッジに着いたら、すぐにHGVCのカウンターに立ち寄り、宿泊バウチャーを貰いに行きました。ここで少しタイムシェアの勧誘を受けますが、お断りすると、「そのままフロントへどうぞ」と言われ、宿泊バウチャーはもらうことがありませんでした。

フロントに付くと、チェックインの人達で大行列です...。チェックインに時間が掛かるのは間違いないので、皆さんも宿泊時には覚悟しましょう(笑)。

フロントで名前と宿泊日数などを伝えると、予約が取れていました。まずここで一安心です。(ちゃんと予約が取れてるか不安でした...。)

ただ、先ほど述べたように、ヒルトン オナーズと紐付けされていません。

ここで公式アプリの会員証を見せて、ヒルトン オナーズのゴールド会員であることをフロントの方にチェックしてもらいました。

すると、しばらくPCをカチャカチャと...2、3分以上は待ったと思います...あまりにも遅いので、部屋を探してることは容易に予想がつきました。

それにしても遅いので、若干不安でしたが「かなりすばらしい部屋」を提案してくれました!

「アイリタワーなら1泊あたり+$50(3泊するので総額で$150)、レインボータワーならダイヤモンドヘッド側のツインルームであれば開いてる」とのこと。

「えっ、無料宿泊なのに...レインボータワー?アイリタワー?本当に?ゴールド会員でここまでやってくれるの?」

と、心躍りました!(笑)

予約時には「まあ、HGVCの3泊無料宿泊券での宿泊で、一番下のクラスの部屋指定不可の部屋なので、それなりの部屋だと思っておこう。良くなってもちょっとのアップグレードぐらいかな?淡い期待は持たないように...」と考えていただけに、相当うれしかったです。

後ほどまとめますが、ヒルトン オナーズ会員のゴールドの方で予約カテゴリーが一番下の部屋でもレインボータワーなどに泊まれる可能性があるということが照明されましたね!

アイリタワーかレインボータワーか?

1つ目に提案された「アイリタワー」は、ヒルトン ハワイアン ビレッジで最高級とされているタワーです。かなり魅力的な提案。

一度泊まってみたい気もしますが、今回は特典無料宿泊で無料で泊まり、あまりお金を使わずにハワイ旅行をするのが目的の一つでもあり、3泊分で+150ドルはちょっと痛手(にしても安いですが)です。しかも、アイリタワーの場合はオーシャンビューではない可能性も。

そこで、「レインボータワーならば、何階が空いているの?」と聞いたところ、「17階」とそこそこの高層階でした。これならオーシャンビューが期待できそうです。ただ、アイリも魅力的で迷っていたら「レインボータワーはオーシャンフロントだからオーシャンビュー、ラナイから花火も部屋から見れるよ。」と言われたことで、レインボータワーにしました!

チェックイン時に言われたゴールド会員の特典は?

私はヒルトン オナーズのゴールド会員だったため、「ホテル内での朝食1泊につき10ドル分のダイニングクレジットか、ヒルトンオナーズの1,000ポイントのどっちが良い?」と聞かれました。

「特典無料宿泊でもゴールド特典が付くのか...」と思い、「ゴールド会員は朝食無料ではないの?」と聞いたところ、「ヒルトン ハワイアン ビレッジでは、朝食無料の代わりにダイニングクレジット10ドル分しかやってない」と言われました。

このクレジット10ドル分と言うのは、1泊につき、1人10ドル分になるようです。2人なら1泊で20ドル分、3泊すると合計で60ドル分のダイニングクレジットとなります。ゴールド会員本人以外でも宿泊者であれば10ドル分貰えます。

また、朝食に限らず、ヒルトン内の指定のレストランなどでは、いつ使っても問題ないようです。チェックアウトの際に部屋付けした料金から差し引かれる形になるようですが、ヒルトン内の店舗全てが対象ではないので、対象店舗で使うようにする必要性があります。

私は、ヒルトン内で飲食するつもりが全く無かった&無料宿泊なのでゴールド特典が後々無効と言われても困るな...と思ったことから、ポイントを選んでおきました。

HVGCの特典宿泊とちょっと特殊だったので、こちらにしておいて正解でした。宿泊してから1ヶ月経ちましたが、1000ポイントx3泊分は未だに付与されていないことから、今後付与されることはないでしょう。ダイニングクレジットを選んでいたら、どうなったのでしょうか....

チェックインは早い時間帯でもしてくれた

ヒルトン ハワイアン ビレッジに着いたのは12:00前で、チェックインの時間は15:00〜でしたが、すぐにチェックインしてくれました。

部屋が空いていなかったりした場合は、待つことになり、「結構待った...」という口コミも見かけるので、完全に運次第だと思います。本当に今回はラッキーでした。

常に激混みのフロント

ホテルのフロントでこれほどの人混みは人生初でした...。

↑ ヒルトンオーナーズ会員専用のチェックイン・チェックアウトもこの通り長蛇です...。

このフロントの混み具合は本当に半端じゃないですね...。常に人が並んでいます。

夕方以降はあまり並んでいる人はいませんでしたが、午前中〜夕方までは、並ぶことを覚悟しておいたほうがよいと思います。

フロントの印象は?

ヒルトン ハワイアン ビレッジは、フロントの対応があまり良くないとは聞きますが、個人的な印象としては「人による...」って感じでした。

チェックイン時は非常によい方だったのですが、後日、レイトチェックアウトしたい事をフロントに伝えにいった時、対応した方はかなり雑な感じでした。この時、「人によって差がありすぎでは?」と感じたので、人によってアタリハズレがあるというのは本当のようです。

ヒルトン オナーズ ゴールド会員の特典まとめ

ヒルトン ハワイアン ビレッジでのヒルトン オナーズ ゴールド会員の主な特典をまとめておきます。

  • 部屋のアップグレード(空きがある場合)
  • 1人1泊につき10ドルのダイニングクレジット(最大2人まで)、またはヒルトン オナーズ 1,000ポイント/1泊
  • レイトチェックアウト(可能ならば)

※ 2017年4月現在の特典です。

レイトチェックアウトに関しては、レイトチェックアウトをしたいことを伝えにフロントに行ったのですがフロントの対応が雑で、「当日にならないと分からない」としか言われませんでした。だったら、当日どうなったのか教えてくれるようにすればよいものの、そう言った対応は全くなし。

何を言ってもだめなので、その場では諦めました。その後、部屋に戻り、電話でホットラインサービスにレイトチェックアウトの趣旨を伝えるとすんなりOK。一体あのフロントは何だったのか...。

ホットラインサービスに「レイトチェックアウトしたい」と伝えると、「調べますので少々お待ち下さい」と言われ、しばらく待つと「ゴールド会員ですね。ありがとうございます。14時まで無料でOKです」と、問題なくレイトチェックアウトでき、ゆっくり過ごすことができました。

レイトチェックアウトは部屋の埋まり具合などで、状況が変ってくるとは思いますがゴールド会員で良かったと思える特典の一つです。

あとは、フィットネスが無料だったりとか(会員じゃないと無料じゃないの?)、水が1日につき1本貰えたりします。

チェックイン時にハワイアンスプリングウォーターのバウチャーを貰いました。

この「CONCIERGEご案内」のところで水をゲット!

水に関しては、チェックインの時にバウチャーを1人1枚貰え、それを指定のところに持っていくと水と交換してくれるのです。フロントで1日1本と説明されたのですがバウチャーは1人1枚のみ。

「2日目、3日目はどうするの?」と思い、水を貰ったところで聞いてみると、「毎日ほしければ、フロントでバウチャーを貰ってくれ」とのこと。めんどくさすぎる...。

330mlのペットボトルの水が貰えます(1人1本)。

ABCストアで、1.5L(または2L)の水が安くて$1前後で販売されているので、わざわざ貰いにいくほどでもないでしょう。

レインボータワーの客室を紹介!

部屋のレビューまで非常に前置きが長かったですが...。早速レビューしたいと思います。

今回宿泊した客室は「R1725」室。客室番号の前に付く「R」は、レインボータワーのRのようです。

部屋の広さは、二人で泊まるにはちょうど良いぐらいでしょうか。

内装はやや古めかしい感じがします。家具なども結構ボロボロでした...。

ベットサイドには時計があり、この時計にUSBの差込口があり、携帯などを充電できます。これは便利。

テレビは37型、プレステが置いてあります。

ベットからテレビを見ると、ちょっと遠いかな...と。

ソファーはなく、チェアーが一脚だけ置いてありました。

ワークデスクは十分な大きさがあり使い勝手は良かったです。

電源もワークデスクに付いています。

コーヒーメーカー、氷入れ(茶色のカゴ)、コナコーヒーが2種類x2、紅茶などがあります。クリーニングの際に利用した分はリフィルされていました。

冷蔵庫の中は空っぽです。

入り口方向。ドアの横にクローゼットがあります。

クローゼットには、金庫とハンガー、アイロン、アイロン台のみ。クローゼットのドアの左側には鏡がついていました。

スリッパはないのでご注意!ハワイのホテルでスリッパを用意しているところはほとんどありません。ヒルトンという大手ホテルチェーンでもスリッパはありません。

部屋のクリーニングがイマイチ。

チェックイン後に入室して、部屋が少し古めかしい印象を受けたのは致し方ないにしても、それよりも部屋の清掃が甘いのが気になりました。

一応写真も撮ったのですが、汚いので控えます(笑)

床にはゴミが落ちていたり、ガラス窓は指紋跡があったり...。もうちょっとしっかりクリーニングした方がよいと思います。ただ、滞在中のバスタオル交換などは全く問題ありませんでした。

洗面所、トイレ、バスルーム

至って普通の洗面台。

鏡は大きい。ハンドタオルが3枚、フェイスタオルが3枚ありました。

洗面台の下には、バスタオルが4枚ありました。使用した分は部屋のクリーニングの際に取り替えてくれました。

トイレットペーパーも十分に予備がありました。

アメニティーは、Peter Thomas Roth(ピーター・トーマス・ロス)のMEGA-RICHシリーズです。ヒルトンの多くのホテルでこれを採用していますね。

リンクhttps://www.peterthomasroth.com/category/mega-rich-hair-and-body

MEGA-RICHシリーズのコンディショナー、シャンプー、ボディーローションが2本ずつと、マッサージバー(石鹸)、シャワーキャップが1つずつ置かれています。

好き嫌いは分かれそうな匂いですが、使用感は非常によかったです。

フェイシャルバー(石鹸)は、石鹸置きのところに。

シャンプーなどのアメニティは、部屋クリーニングの際に全てリフィルされており、3泊したのでかなり余りました。お持ち帰りです。

バスタブがあり、お湯を溜めることができます。日本人にはうれしいですね。私はシャワー派なので、利用せず。

シャワーヘッドは手持ちタイプです。ハワイのホテルは固定式のところも多いので、これだけで高ポイント(笑)。

ただ、水圧はあまり強くなく、快適とは言い難い...。むしろ、残念レベル。

ハワイのホテルで水圧が良いホテルが一つもなかったので、水圧が弱いのはハワイでは当たり前なのかもしれません...。残念。

部屋まとめ

部屋は、正直、古めかしい感じがして、イマイチ...。第一印象はあまり良くなかったのが事実です。家具などの傷みも結構あったので、そろそろ改装した方がよいのでは?と思うほどでした。

ただ、3泊してみて部屋は快適そのものでした。特にベットは非常に快適でぐっすりと眠れたことが一番良かったです。3泊目の頃には「なかなか良い部屋じゃん!」と思えるようになりました(笑)

とは言え「レインボータワーの高い宿泊料金は、オーシャンビューのため」と思って自分を納得させるのが一番です(私今回無料だったので文句はありません!)。

メリット・ポイントまとめ

  • 思った以上に快適に過ごせた
  • 部屋の広さは2人でちょうどよいぐらい
  • ベットが快適だった
  • ハンドシャワーが使いやすかった(ハワイは固定式が多い)

残念ポイント、デメリット

  • 部屋は若干古いと感じてしまうレベル
  • スリッパや歯磨き、くしなどのアメニティはない(ハワイではないところが多い)
  • 清掃がイマイチだった
  • シャワーの水圧が弱い

ラナイは広くて快適!

ラナイは快適そのものでした。
オーシャンフロントの部屋なので、景色も最高です。

ラナイは二人で利用するには、十分の広さ。

また隣のラナイとは壁があるので、お隣さんとこんにちは状態(顔合わせ)にはなりません。

ラナイの椅子に座った状態で撮影

ラナイからのオーシャンビューは最高!

ラナイから正面側

ラナイからのオーシャンビューは最高の一言!!!

少し補足すると、この部屋はオーシャンフロントの中でも、ビーチに対して遠い(内陸側)の部屋なので、オーシャンフロントの中でも景色は悪い方の部屋なのです。

それでもこの景色です!すばらしい!

私の部屋からの景色は、アイリタワーでダイヤモンドヘッドが多少見切れてしまっていますが、もっとビーチ側の部屋やもっと高い階の部屋に泊まれば、ダイヤモンドヘッドももうちょっと見切れずに見ることができると思います(とは言っても、シェラトンなどのホテルで見切れるのですが)。

ラナイから右側を撮影

ラナイから右側を撮影。

この景色、一日中眺めていられますね。

ラナイで飲むビールは最高!

ラナイでキレイなビーチを眺めながら、ビールを飲み、ダラダラ過ごすのは最高ですよ(笑)

その他の景色

ラナイから左側

ラナイからの景色で、左側にはタパタワーやグランドアイランダー バイ ヒルトン グランドバケーションズが見えます。

ラナイの真下には、ヒルトン ハワイアン ビレッジのメインプールである「スーバープール」が見えます。ここで金曜日の夜(19:00〜)にフラショーが行わていました。真上から見ることができます(17階の部屋なので、遠いですが...)。

他のホテルのオーシャンフロントとの景色は全く異なる!

オーシャンフロントビューの他のホテルにも泊まってみました。

そのお陰で、オーシャンフロントの部屋を比較して見ることができたので、オーシャンフロントの部屋に泊まりたいと思っている方は、部屋からの景色がどんな感じか参考にしてみてください。

オーシャンフロントの部屋の宿泊記・レビューはこちら ↓

ヒルトン ワイキキ ビレッジのオーシャンフロントビューも良いですが、上記2ホテルのオーシャンフロントビューもかなり良かったです。ホテルの位置的に、ヒルトン ワイキキ ビレッジのオーシャンフロントビューの眺めはここからしか味わえないので、是非、オーシャンフロントビューの景色を比較しながら見てみてください!

ラグーンは?

レインボータワーの近くにラグーンもあります。ここではアクティビティーをやっている方が沢山いました。

魚が沢山いました。

アクティビティーは、全て有料だと思います(無料のもあるのかな?)。しかも、パドルボートが1時間で40ドルなど意外と高かった...。

有料のLagoon Services & Towelsというステーション以外に、ルックJTB アウアウ・ステーションが隣りにあり、こちらはオリオリカード(JTBのハワイツアー参加に渡されるカード)とルームキーを見せると、無料でアクティビティーがレンタルできるようです。

参考リンクhttp://www.oliolihawaii.com/beach

レインボータワーから花火も!

ヒルトンワイキキビレッジでは、金曜日の夜19:45から花火が上がることでも有名です。

私は木金土曜日の3泊だったので、運良く花火を見ることができました。

私が宿泊した部屋はレインボータワーですが、ビーチから遠い方向(内陸側でタパタワーなどに近い方)でしたが、ラナイから花火を見ることができました。なので、オーシャンフロントのダイヤモンドヘッド側の部屋ならどの部屋でも花火をラナイから見ることができると思います。

しかも、ラナイから見る花火は、とても近くて大迫力です!これは良い体験でした!

部屋がビーチ側から遠い部屋のため、ラナイの椅子に座っていると、ちょっと見切れてしまう。

ラナイから少し身を乗り出すと、綺麗に見えました。

ビーチで見ている人がバラバラと。(数時間前に雨が降ったので、ビーチにいる人は少なかったのかもしれません。)

このレストランから花火が綺麗に見える

アイリタワーの前にあるレストランで見ている人が多いみたいで、レストランのビーチ側の席は早くから満席状態でした。

このレストラン、どの時間帯でも結構人が入っており、人気店です。

花火は雨だと中止?

私が宿泊した時、花火の時間の1時間前あたりから、雨が降ってきました。

花火の時間は19:45からです。その前の19:00からはプールサイドでフラダンスショーが行われていましたが、雨足がかなり強くなってきたこともあり、途中で中止されました...。

「これは花火も中止かな...」

と、かなり残念に思っていましたが、その後、雨が徐々に弱くなりました。ハワイの雨はスコール的なものが多く、すぐに止むことが多いのですね。花火があがる10分前ぐらいにはパラパラと降っているぐらいまで雨足が弱くなりました。

ただ、30分前ぐらいはかなり強かったこともあり、「これじゃ準備できないでしょ...?」と思っいたので「やはり中止かな...」と思っていたところ、花火が打ち上がり、テンションはマックスに!非常に楽しみにしていたので花火が上がった時の嬉しさは半端じゃなかったです(笑)

この花火のために金曜日に宿泊するという方も多いのではないでしょうか。ヒルトン側としても、ちょっとやそっとのことで中止にはしたくないはずです。楽しみにしている人が多いですしね。

今回は、そういったホテル側の意地を感じる事ができました(笑)

まあ、何が言いたかったかと言うと、「直前に雨が降っても花火が開催される可能性が高いので諦めずに!」ということ。

私は花火が中止になるだろうと思い、夕食でも食べに出かけようかなと思っていましたが、開始時間まで留まって正解でした。

※ 状況によっては中止になるかもしれませんので、その点ご了承を。

場所がちょっと不便と感じるかも

ヒルトン ハワイアン ビレッジは、ワイキキエリアで食事をしようにもアラモアナに行くにも、歩いて行くには若干しんどいと感じる距離です。バスやUberでの移動をオススメします。

参考ハワイでUberを利用!超絶便利&安くて、移動には最適!特に2人以上でのワイキキからホノルル国際空港に向かう移動費が安い!

宿泊中はランチやディナーを買いに、バスでアラモアナショッピングセンターに、ワイキキ中心部のロイヤルハワイアンセンターにはビーチ沿いを歩いて行きました。歩きはいい運動になりますが流石に疲れました(笑)

食事やちょっとした買い物などはホテル内で事足ります。レストランも多いし、ABCストアもあるし、スタバも2箇所あります(ただ朝のスタバは行列です)。ホテルの敷地内ですべてを賄って過ごす方にはよいかもしれませんが、ワイキキ中心部などに出かけようとすると多少距離があるので不便かなと感じました。

ヒルトン ハワイアン ビレッジ まとめ

ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチリゾートの評価は下記の通り。

総合評価: (8.0 / 10)
インテリア・内装: (6.0 / 10)
眺望: (10.0 / 10)
ファシリティ(設備): (7.0 / 10)
清掃・クリーンアップ: (5.0 / 10)
ソフト面: (7.0 / 10)
コストパフォーマンス: (5.0 / 10)
アクセス面: (6.0 / 10)

ハワイの巨大リゾートホテルと言えるヒルトン ハワイアン ビレッジ。
本当に“村”と言えるくらいの規模で、全てを紹介しきれないぐらい(笑)。そして、村が成り立つぐらい人が多く、かなり賑わっている印象でした!

レインボータワーのオーシャンフロントビューの景色は最高で、これのためだけにこの部屋に泊まる価値は多いにあります!シェラトンワイキキや、他のビーチフロントがあるホテルからとは、また一味違ったオーシャンフロントを楽しめます。

私の場合は、無料宿泊だったのでコスパが最高としか言いようがありませんが、実際にオーシャンフロントの部屋に泊まると約4.2万円(2017年5月31日のオーシャンフロントは$380、1ドル111円)ぐらいで、部屋の古めかしさなどから言えば、コスパが悪いとしか言いようがありません。

この金額の割には、部屋の清掃が甘かったり、高級感とは無縁の部屋。ただ、オーシャンフロントからの眺めは素晴らしいの一言で、この景色を見るための宿泊料金と思えば、納得できます!(付け加えておくと、高級感などと無縁の部屋ですが、シャワーの水圧が弱いこと以外は快適に過ごすことはできました。)

施設は相当広く、プールは4箇所、動物がホテル内にいたりと、ホテルの中だけでも十分楽しめます。全体的に子供連れが多く、まさしく子供連れで楽しめるリゾートホテルです。プライベート感を重視する方にはあまり向いていません。カジュアルに家族で楽しむには最適なリゾートホテルと言えると思います。

以上、ヒルトン ハワイアン ビレッジ ワイキキ ビーチリゾート(Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort)のレインボータワー、オーシャンフロントの宿泊記・レビューでした!参考にしてみてください!

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ハワイ, ホテル宿泊記・レビュー
-, ,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.