トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 中国

【パブリックエリア】セントレジス 深セン 宿泊記・ブログ的口コミレビュー!

投稿日:2017年9月22日 更新日:

今回は、2017年8月下旬に「セントレジス 深セン(深圳)」(The St. Regis Shenzhen)に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的クチコミレビューをしたいと思います。この記事では、ロビーやレセプションエリアなどの「パブリックエリア」を紹介していきます!

セントレジスは、ウェスティンやシェラトンと同じSPGグループ、またその中でも最高級ブランドとなります。日本人にあまり馴染みがないかもしれませんが、国内では大阪にセントレジス大阪があります。東京にはありません。

そんな最高級ブランドのセントレジスですが、セントレジス深センは、中国・深センのホテルでトップクラスでオススメしたいホテルです。お篭りステイにも最適なホテルで、とても居心地のよい空間で「もう一度泊まりたい!」と思えるホテルでした!

まずは基本情報から解説したいと思います。

深センで二番目に高いビル「京基100」の75階〜100階にある!

深センのイミグレ「羅湖口岸」からもセントレジス深センが入居しているビル「京基100」が見える。
(写真の赤枠部分)

セントレジス 深圳は、深センの中で二番目に高いビル「京基100」の75階〜100階に入居しており、深センで一番高いところにあるホテルです。ちなみに、現在一番高いビルは「平安国際金融中心」で2016年1月に完成しました。よって、一番高いビルではありませんが、深センで一番高いところにあるホテルというのは変わりありません。

セントレジス深センの開業は「2011年」です。

最寄り駅は「大劇院駅」。駅から地下道でショッピングモールの「KKmall」まで繋がっていますが、その途中にあるため、雨に濡れずにセントレジスまで行くことが可能で、非常に利便性の良い位置にあります。

きらびやかだけど、上品で高級感を感じる

セントレジス深圳のレセプションエリアは、きらびやかな印象ですが、悪い印象はなく、きらびやかさと上品さをうまくとりいれているなと言う印象で、日本人でも好みの方が多いと思います。

個人的には、「もう一度泊まりたい!」と思える内装・インテリアで、かなり気に入りました。

このホテルの最大のウリはやはり超高層階からの景色だと思います。ただ、レセプションエリア周りから一望できる景色はもちろんすばらしいのですが、それ以上にインテリアが素敵なホテルと感じました!(まあ、セントレジスですからすばらしいのは当たり前かも...)

宿泊した日は、ちょうど台風が来ていた日(台風13号/hato)で、香港やマカオは非常に大きな被害が出ました。ホテル宿泊前に台風が直撃することは分かっており、キャンセル可能での予約でしたが、「台風の日に、こんな高いところにあるホテルに泊まる機会は少ない!良い体験だ!」と思い敢えて泊まってきましたが、雨などで景色が残念でも“お篭りステイ”したくなるホテルで、誰にでもオススメできるホテルの一つです。

エントランス。非常に小じんまりしています。

車寄せエリア。

1階正面には、大きなシャンデリア(?)と、花が飾ってあります。

そのサイドにコンセルジュがいましたが、ポーターなどは宿泊客だと気づいても荷物を運ぶ気配はありません...。(荷物は少なかったということもありますが)この辺の対応は、「リッツカールトンなどと比べるとサービスでは落ちるかな...」と思わざる得ないレベル。

あと、このホテルは場所柄、宿泊客だけではなく上から景色を眺めるだけのためにホテルのレセプションエリアに上がってくる人や、アフタヌーンティー目的で来ている人が非常に多いようです。なので、ポーターもスーツケースを持ってる人などしか声をかけないのかもしれませんね...。にしても、もうちょっと気を使えないかな...。

また、このホテルは宿泊客以外の人が上に上がってくるにはお金が必要になります。

単純にホテルのレセプションやアフタヌーンティーが楽しめるラウンジがある96階上がるだけで100元、または、アフタヌーンティーなどで利用できる食事用のデポジットとして230元のどちらかが選べるようです。私は知り合いと合う約束があったので、セントレジスのバーを利用しましたが、宿泊している人に会いに来るのであればデポジットなどは必要なく96階まであがることができます。

このエントランスエリアを横から撮影。この時、VIPが来るのか、この時間帯だけこれだけスタッフが立っているのか分かりませんが、非常に沢山のスタッフが出迎えていました。

1階からレセプションのある96階までは、エレベーター(4機あり)で上がるのですが、まあ、96階という高層階ということを差し引いても、「ちょっと遅い...」と感じるぐらいのエレベーターです。ちなみに三菱製のエレベーターでした。

96階にあがると、ロビー・レセプションエリアがあり、目の前には大きなオブジェが置かれています。

ロビーの全体像。

写真スポットとして、多くの(明らかに宿泊者ではない客)方でごった返してる時がありました。

結構ラフな格好の方が多く、Tシャツに(スポーツする時用などの)ハーフパンツ姿の人も多く、なんだかちょっとゲンナリ....(これが中国かと思えば、なんてことないのですが、宿泊以外の一般の人が写真を取りに来るスポット的なところになっているからか、客層が5星ホテルという印象は全く受けません...中国だから許せる部分もありますが、こういうのが嫌な方は、リッツカールトンなどの方が良さそうです。)

セントレジス 深圳のロビーエリアは、夜の方が雰囲気があってよいです。

きらびやかなオブジェ、その上には龍のようなオブジェがあり、非常にゴージャス感がありますが、ロビー周りのソファーなどは比較的シックで落ち着いた印象のもので、非常に調和が取れており、きらびやかさの中にん上品さを感じる(中国らしくない)印象です。

レセプションエリア。
レセプションは一気に4人までしか対応できない広さ。見ての通り、かなり小じんまりしていますが、座ってチェックイン・チェックアウトすることが可能です。ただ、1箇所のチェックインエリアに一人しか座れないので、二人での宿泊の際には、一人は立ちっぱなしとなります...。(もうちょっと配慮があるつくりにするとよかったのに...)

ロビーラウンジ「閑逸廊&セントレジスバー」

96階にあるロビーラウンジは、真ん中は吹き抜けになっており、ビルの窓側を囲む形で、席が配置されています。なので、どの席からも景色を楽しむことができます。

このラウンジ、どの時間帯も利用率が高く、多くの人がアフタヌーンティーなどを楽しんでいました。個人的には、アフタヌーンティーは美味しくないという情報を得ていたので利用せず(笑)。

夜の雰囲気は一段と良し!

夜は、少し薄暗いと思えるぐらい照明が暗く、雰囲気は抜群です。(ただし11時以降(?)などあまり遅い時間帯に行くと、100階のバーがクラブ的な感じになり、ガンガン音楽鳴らして雰囲気はぶち壊し...)

ピアノの生演奏もあり、非常に雰囲気がよい「閑逸廊&セントレジスバー」。カクテルなどを注文しましたが非常に美味しかったです(お酒が強い気がしました)。

吹き抜けなど

96階の真ん中は吹き抜けに。

SOCIALは、朝食会場にもなるダイニング。

下の方に見えるのは客室です。客室エリアも真ん中が吹き抜けになっており、窓側周りが客室となります。

景色は?

正直言って、台風の日に宿泊したので、景色はあまり期待していなかった(というよりは、台風で雲の流れが速い&雲が下に見えるのを期待していた)のですが、昼間は思ったよりも良い景色でした。

香港、羅湖口岸側。

深センの東側。

深センの北側。

私が宿泊した日は、若干霧がかかったような感じ(PM2.5?)でしたが、晴天であれば、深センの風景や香港が一望できて非常によいと思います。

夜景を期待していたが、結構ガッカリ夜景!

中国の夜景は暗いと言われていますが、深センも例外ではなく、暗くてガッカリ夜景です(笑)。香港の夜景と比べるまでもなく、夜景を期待すると非常に落ち込みます(笑)

夕方から夜になる時間帯に撮影しましたが、夜になってもこれ以上ネオンは付きません...。

一番期待していた、深センの西側。全体的に暗いですね...。これなら大阪の「あべのハルカス」からの夜景の方が断然綺麗です。

正直、夜景よりも昼間などの明るい時間帯の時の眺望の方が良かったです。

上層階を見学!

最上階を体験してみたくて、色々と回ってきたので紹介したいと思います。100階には、Decanterというバーがありますが、17:00~2:00(土日は14:00~2:00)の営業時間となっており、この階にはスタッフすらいませんでした。

DECATERというバーがあります。

一番上では、タバコが吸えるようになっているのでしょうか。どのテーブルにも灰皿が置いてあります。

個室的なスペースもいくつもありました。

「MALT Oyster And Sushi Bar」という日本料理?がありました。店員さんが仕込みをしていたので、「写真を撮ってもよい?」と聞くと「どうぞどうぞ!」とのことで、快く快諾してくれました。日本酒の「獺祭」が置いてありました。

深センで二番目に高い位置まで来てみました!

セントレジス 深セン パブリックエリアまとめ

思っていたよりも素晴らしく、ロビーやロビーラウンジなどの雰囲気は非常に素敵です。ビルの中のホテルなので、小じんまりしている感じではありますが、個人的にはシティー型ホテルとしてはトップ5にはランクインするぐらいです。

ただ、「深センで2番目に高いところ」ということもあり、宿泊客以外の人が多く見受けられ、結構鬱陶しいと感じる方もいるかもしれません。ロビーラウンジなどもかなり盛況している感じでした(ただ、アフタヌーンティーや食事は美味しくないとのこと)。

是非、参考にしてみてください。
以上、セントレジス 深圳のロビー周りなどのレポートでした!

セントレジス深センの宿泊記・レビュー記事

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 中国
-, , ,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.