サッポロ割 第3弾が販売中!第4弾は8/18から!最新情報・詳細はこちら

【ハリウッドツイン】ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にあるONSEN RYOKAN 由縁 札幌の「ハリウッドツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

こちらは2020年9月に宿泊した時の内容です。

目次

「サッポロ割」の第3弾がぞくぞく販売開始!

「サッポロ割」の第3弾が色々なところで販売され始めました!各旅行予約サイトで売り切れ続出しているので、お早めにどうぞ!

サッポロ割はキャンセルされたものが即座に反映されるOTAが多く、楽天トラベルやじゃらん、JTBなどでは時々キャンセル分のクーポンが復活します!定期的に各サイトを巡回するのがオススメです。

サッポロ割が販売開始!

居住地制限がなく、全国の方が利用できる「サッポロ割」の第3弾(9月15日チェックアウトまで分)が販売中です。1人1泊5,000円以上で3,000円割引、地域クーポン2,000円が貰えます!

宿泊のみ

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】定期的に復活

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】販売中!

【第3弾】完売

【第3弾】販売中!

【第3弾】完売

【第3弾】完売

【第3弾】完売

【第3弾】完売

ツアー(ホテル+飛行機/JR)など

【第3弾】販売中!

【第3弾】販売中! ホテル+飛行機

【第3弾】販売中! ホテル+JAL飛行機

【第3弾】販売中!ホテル+飛行機

【第3弾】販売中! ホテル+飛行機

【第3弾】完売! ホテル+飛行機、ホテル+JR

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を残しておきます。

予約状況など
  • 宿泊日: 2020年9月
  • 料金: 9,555円 / 1名利用 / 朝食付き(サ・税込)
  • 予約: じゃらん
  • 予約した客室: ハリウッドツイン – 24㎡
  • 宿泊した客室: ハリウッドツイン – 24㎡

チェックイン

レセプション

内装は和のテイストが満載で雰囲気も洗練された旅館という印象でした。ただ、レセプションやロビーとなるような空間はそれほど広くはなく、宿泊特化型ホテルだなと思わせる広さです。

エレベーター

1階のエレベーター前

エレベーターは全部で3基あります。この規模のホテルとしては3基あれば十分かなという印象です。

1Fのエレベーターのボタンのところにキーのタッチセンサーがあり、キーカードをかざすとエレベーターのボタンが押せるようになっています。セキュリティも問題ないと言えそうです。

エレベーターにセキュリティあり!

温泉は2F、自販機は6Fと10F、コインランドリーは5Fと9Fとなっています。

宿泊階

エレベーター前には和のテイストの置物。雰囲気がかなりよく、気分が上がりますね!

宿泊した8階のエレベーターホールと通路。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の「ハリウッドツイン」の詳細レビュー!

今回宿泊したのは810号室、ハリウッドツインで24㎡の客室になります。

客室はキーカードを入れると電気系がオンになるタイプ。キーカードが入っていない状態でもエアコンやUSBポート、コンセントは利用可能でした。

部屋見取り図

今回宿泊した部屋はハリウッドツインで上の写真で赤く塗り潰された部屋でした。その左側がコーナーダブルで一番景色がよい部屋です。景色は左側の方が植物園が見やすいので、景色を重視するなら上の写真の左側寄りの部屋をおすすめします。

なので、ハリウッドツインで810号室はハリウッドツインの中でも一番景色がよい客室になります(ただ、景色が良いと言いっても….って感じですが)。

入り口からの写真

客室内は靴を脱いで入るスタイルになっています。外に出る時は下駄が用意されており、温泉大浴場などには下駄のまま行くことが可能です。部屋内は畳の部分もあり、内履き用のスリッパなどはなく素足となります。

ハリウッドツインの全体像

客室は和テイストで宿泊特化型ホテルに泊まりに来たという感覚よりもどちらかというと温泉旅館に来たという感覚の方がちかいかもしれません。

まあ、温泉旅館としては狭い感じはしますが、24㎡の部屋の広さの割には2人で利用してもちょうどよいぐらいの空間だと感じました。

窓側にテーブルなどがあり、こちらでくつろいで過ごすことができました。

宿泊特化型ホテルとしては、和テイストの個性があり、他の宿泊特化型ホテルよりも特徴的です。名称がONSEN RYOKAN(温泉旅館)と付くだけあって、旅館テイストでありながら洗練された空間でかなり好印象。このホテルの最大の特徴は温泉大浴場ですが、客室もしっかりとこだわっているのが見て分かりますね!先程も述べましたがONSEN RYOKAN 由縁 札幌の最大の特徴は温泉大浴場であり観光客やお籠りステイする方をターゲットにしている印象が強く残りました。

先程も述べましたがONSEN RYOKAN 由縁 札幌の最大の特徴は温泉大浴場であり観光客やお籠りステイする方をターゲットにしている印象が強く残りました。

テーブルやミニバーなど

部屋の一番奥にはテーブルとソファーのセット。座り心地が良いとは感じない作りですが、ここで寛いで過ごすことができました。

この客室というよりもONSEN RYOKAN 由縁 札幌にはPC作業ができるようなデスクがある客室はありません。なので、ビジネスマンはそのあたりを考慮した方がよいでしょう。

ミニバーはソファーの横にあります。入口側に障子紙が貼っていない障子があり、邪魔だな…と思っていました…。

ティーアメニティは緑茶ととうきび茶が用意されていました。紅茶やコーヒーはありません。また、お茶受けとしてお菓子が用意されており、くるみ餅とごぼうさんというのがあり、どちらも美味しかったです。

また、ミネラルウォーターも客室内に有りました。今回は1人での宿泊でしたが、ツインの客室のためか、2本用意されていました。

ミネラルウォーターの提供あり

コンセントは2口。テーブルやソファの近くにあるコンセントがこちらのみなので、配線がかなり長くないとソファーでくつろぎながらスマホの充電やPC作業は難しいかなという印象です。

USBポートやもう少しソファー側に配置してほしかったというのが本音。まあ、このホテルはビジネスマンというより、観光やホテルお籠りステイする方をメインターゲットとしていると思われるので、このような感じなのかなという印象も受けます。

しばらく冷蔵庫がどこにあるのか探しました…よく見ると、ティーアメニティなどが置いてある下側に….

この障子、デザインではなく扉でした…障子としてはここにあるのは邪魔だし、横にスライドもできないし、ただの飾りだと思っていましたが、まさか手前に引いて開けるタイプ(ドアと同じ)の扉となっていました。(分かりにくい…)

障子風デザインの扉を開けた時

正直、デザイン優先しすぎて、ユーザビリティが全くない仕様だと感じます。

冷蔵庫とポット

障子のような扉を開けると中にポットと冷蔵庫があります。

テレビ

テレビは32インチと新しいホテルの割には小さめ。また、部屋の割には小さめだと感じました。首振り機能などもなく、HDMI端子も使えません。

ベット周り

ひょうたん型の読書灯が特徴的

ベットは100cm幅のものが2台並べて配置(ハリウッドツイン)されています。

枕は一人1個、シーツは和の紋様があります。ナイトウェアは温泉旅館らしく浴衣スタイルです。足袋も置いてありました。

ベットのメーカーは不明。で、このベット、個人的には同時期にオープンした新規ホテルの中でも一番ダメでした…。スプリングがないような感覚の寝心地で、同時期にオープンした新規ホテルで採用されているシモンズなどのベットのスプリングと比べるとかなりヘナヘナな印象でした…。

ベットサイドにティッシュ。また、ベットボードに電話が取り付けてあります。正直言ってこの場所に電話を付ける必要あった?と思うほど(モーニングコールのため?)。正直、寝ている時に受話器を落としてしまう方もいるのでは?と感じました。

電話機があるベッドボードに電気のコントロールとコンセントx1口、USBポート1口があります。また、反対側のベットボードにはコンセントx1口がありました。こちら側にもUSBポートを付けてもよいのでは?と感じましたが…

コンセント

掃除用途などのコンセントという印象ですが、部屋が和室であることもあり、こちらのコンセントでデバイスの充電などをしたりしました。

クローゼットなどはむき出しタイプ

鏡、ブラシ、靴べら、消臭スプレー
ハンガーラック
温泉大浴場にいくための籠

温泉大浴場に持っていける籠が用意されており、この中にバスタオル、ボディタオルがセットされています。客室内にはバスタオルはここにしかないため、もう完全に部屋のシャワールームを使うのではなく、温泉大浴場を利用することを前提とした配置ですね!

トイレは独立型だけど、導線があまりよくないかも…

トイレは部屋への入り口前にあります。

ウォシュレット(シャワートイレ)付きの最新のもので、何も不満はありません。

が、このトイレの位置が少し使いにくいな…と感じました。というのも、入り口側は草履(ぞうり)や靴を履かないと行けないエリア。トイレに行くためにわざわざ草履をはかなくのはめんどくさい…。また洗面台は素足エリアにあるので、あまり使い勝手がよい部屋とは言えない印象でした…。

一部の客室は、トイレが素足で行けるエリアにあったりするので、そちらの部屋を選ぶのが良いかなと…

ウェットエリア(水回り)

引き戸を開けると洗面台とシャワーブースエリアとなっています。

洗面台は非常に使い勝手がよいものでした。

特に広いわけでもないですが、洗面台が左寄りになっており、右側に物を置けるスペースがあるので小物を置いたりと使い勝手が良かったです。

フェイスタオルやバスタオルはここにはありません(籠の中にバスタオルと体を洗うためのボディタオルがあり)。

ハンドタオルとアメニティ

この洗面台に置いてあるのは、ハンドタオルのみ。フェイスタオルは全くありません。個人的にはフェイスタオルもほしかったかな…。

アメニティ

アメニティは必要最小限でした。歯ブラシ、カミソリ、くし、綿棒のみ

洗面台下部分

洗面台下にはタオル掛けやドライヤーがあります。

ドライヤーはモッズヘア MHD-1244-K。風量は1.8㎥/分で、申し分ない風量でした。

バスタオル掛け

多くのホテルでバスタオル掛けが1つしか無くて困ったことはありませんか?ここはしっかりと2つあったのが好印象。

シャワーブース

洗面台の横にシャワーブース。温泉大浴場を利用することを前提としているため、シャワーブースのみとなっています。

シャワーブースは1.2m x 0.9mぐらいの広さで、狭くもなく広くもなくという感じです。

シャワーはハンドシャワーの他にレインシャワーも備えています。

シャンプーなどのアメニティは備え付けタイプ。

ハンドシャワーのモードはなし(1種類のみ)。水圧もよく、かなり快適なシャワーでした。レインシャワーも最高です。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

このホテルのエアコンは個別調整できるタイプ。冬場であっても冷房、夏場であっても暖房をつけることが可能です。

エアコンは個別管理タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能。

窓は残念ながら取っ手がとりはずされており、開けることができません。

窓は開けることができない

景色

景色は特に良いとは思わず。

左側には北海道大学の植物園が広がっていました。

天井

天井高は約2.4m窓側(テーブル上)と部屋の真ん中にスポットライトが各1個ずつあります。全体的に夜は少し暗めな印象でした。

スペース

ハリウッドツインは24㎡の客室です。程よい広さで過ごしやすいと感じました。

空きスペースは、写真の通り、無いわけではないがスーツケースが複数あると少し狭っ苦しく感じるかなという印象。機内持ち込みサイズのスーツケースであれば、部屋の入り口部分で広げることが可能です。

荷物が多いとちょっと狭い印象でハリウッドツインはおすすめしませんが、2〜3泊分(機内持ち込みサイズのスーツケース)ぐらいの荷物であれば問題ないでしょう。

Wi-Fiは混雑する時間帯が遅かった…

誰も使っていないような時間帯は快適に利用できる速度がでていましたが….

混雑する時間帯はかなり遅くなります。スマホで動画などを見ていると、ちょっと遅すぎるかな?と思うような場面もあり、正直、使い勝手が悪く、Wi-Fiをオフにしたりしていました…。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌「ハリウッドツイン」まとめ

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌「ハリウッドツイン」をレビュー紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
メリット、デメリットをまとめてみました。

メリット・良かったところ
  • 和風のデザインが凝っている
  • ミネラルウォーターやお茶受けとしてお菓子が用意されている
  • 程よい広さ
  • 新しいホテルなので全体的にきれい
デメリット・残念ポイント
  • バスアメニティは最低限(温泉大浴場があるため?)
  • デスクはなし(大きなテーブルがあるが近くにコンセントがないため、延長コードなどが必要な方もいると思う)
  • デザイン優先で使い勝手が無視された設計(冷蔵庫がどこにあるか分かりにくいなど)
  • 時計がない
  • 空気清浄機が備え付けではない
  • トイレに行くときには一旦、草履を履く必要性があり、めんどくさい
  • 個人的にベットがダメだった…

築浅なホテルなので水回りや清潔感などは問題ないですが、個人的にはベットがダメだったという点に加え、ハリウッドツインはトイレの位置など、あまり使いやすい部屋というのが本音です。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の最大の特徴は「温泉大浴場」なので、この大浴場を目当てに宿泊するなら客室の多少のデメリットは問題ないかなという感じではありますが…。

札幌でもかなり話題となっているONSEN RYOKAN 由縁 札幌ですが、個人的にハリウッドツインの客室は「う〜ん…」という評価。多くのメディアなどで絶賛されていたり、インスタグラムの投稿でよく見かえたりしますが、「そんなに良いかな?」といった感じたったので、あまり期待を高く持ちすぎると期待はずれかもしれません。また、ハリウッドツイン以外の客室の方がよい気がしました。

温泉大浴場や朝食は大満足だったので、それらを考慮して宿泊検討するのが良さげです。

以上、ONSEN RYOKAN 由縁 札幌「ハリウッドツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

「サッポロ割」の第3弾がぞくぞく販売開始!

「サッポロ割」の第3弾が色々なところで販売され始めました!各旅行予約サイトで売り切れ続出しているので、お早めにどうぞ!

サッポロ割はキャンセルされたものが即座に反映されるOTAが多く、楽天トラベルやじゃらん、JTBなどでは時々キャンセル分のクーポンが復活します!定期的に各サイトを巡回するのがオススメです。

更新情報
サッポロ割が販売開始!

居住地制限がなく、全国の方が利用できる「サッポロ割」の第3弾(9月15日チェックアウトまで分)が販売中です。1人1泊5,000円以上で3,000円割引、地域クーポン2,000円が貰えます!

宿泊のみ

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】定期的に復活

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】定期的に復活!

【第3弾】販売中!

【第3弾】完売

【第3弾】販売中!

【第3弾】完売

【第3弾】完売

【第3弾】完売

【第3弾】完売

ツアー(ホテル+飛行機/JR)など

【第3弾】販売中!

【第3弾】販売中! ホテル+飛行機

【第3弾】販売中! ホテル+JAL飛行機

【第3弾】販売中!ホテル+飛行機

【第3弾】販売中! ホテル+飛行機

【第3弾】完売! ホテル+飛行機、ホテル+JR

サッポロ割のポイント!
  • ホテル割引:1人1泊につき5,000円以上で3,000円割引
  • クーポン:1名1泊につき2,000円分のスマイルクーポン(地域クーポン)
  • 販売開始:4月18日12:00より(予約サイトによって販売開始時期が異なる)
  • 対象期間:2022年4月25日チェックイン〜2022年10月31日チェックアウトまでを段階的に販売
  • 対象者:全国の方(居住地制限なし)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次