【レビュー評価まとめ・基本情報・館内施設】ホテルネッツ札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

北海道・札幌にあるホテルネッツ札幌」に宿泊してきたので宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビューをしたいと思います。

この記事では、基本情報や館内施設や全体のレビュー評価などをまとめてみました。宿泊検討の際に参考にしてみてください!

この記事は「2019年11月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

目次

札幌のおすすめ情報!

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ホテルネッツ札幌の基本情報

ホテルネッツ札幌の基本情報
  • 開業: 2017年7月1日
  • 住所: 〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西4丁目2-1
  • 電話: 011-522-2111
  • URL: ホテルネッツ札幌 公式サイト
  • 総部屋数: 144室(シングル、セミダブル99室 / ダブル9室 / ツイン35室)
  • チェックイン時間: 15:00〜
  • チェックアウト時間: 11:00〜
  • 喫煙部屋: なし

チェックインが15時〜、チェックアウトが〜11時で最大滞在時間が20時間です。札幌のホテルの中では、最大滞在時間が平均的なホテルといえます。

場所

場所は、ホテルネッツ札幌は地下鉄の南北線「中島公園駅」から徒歩約6分、「すすきの駅」から徒歩約5分ほどです。どちらの駅からも中間ぐらいの位置にあり、駅からは少し歩きます。

近くにはローソンや飲食店が多くあります。

冬季の札幌は「アクセスしやすいホテル」を優先的に選ぼう!

冬季に雪がかなり積もる札幌では、「無理なくホテルにアクセスできるか?」というのがホテル選びの重要なポイントです。

冬の期間(11月後半〜3月下旬あたり)は、歩道に雪が積もった状態やアイスバーン状態になり、かなり滑ります。雪で凸凹になった歩道でスーツケースを引いて歩くのは本当に大変です。

なので、冬季のホテル選びは、立地や利便性を優先的するとより快適で移動が楽になります。

札幌には長い地下道や屋根付きの商店街(狸小路商店街)があり、これらをうまく利用すれば、雪道を歩くことなくアクセスできます。また、悪天候でもアクセスしやすいことは間違いありません。

ホテルネッツ札幌はどうだった?

冬季は若干アクセスしにくい場所かなという印象です。徒歩の場合、すすきの駅、中島公園駅から雪道を歩くことになるため、通常よりも大変です。

ただ、雪が積もっても大通り沿いの歩道は基本的に除雪されている場合が多いため、「札幌駅前通」沿いに歩けば、ほぼ雪道ではない状態だと思います。ただ、すすきのは横断歩道がかなり凍結していることが多いので要注意。

そういった意味でも冬場はあまりおすすめできる場所ではありません。

ホテルネッツ札幌のフロント、ロビースペースなど

ロビースペース、フロント

ロビーエリアはほれほど広くないですが、宿泊特化型ホテルとしてはそれなりにソファもあり、ロビースペースとしても利用できるぐらいの広さでした。

ロビースペース
ロビースペース(フロント側から撮影)

ロビースペースには新聞なども置かれていました。

ホテルネッツ札幌は、エレベーターにセキュリティはなし

エレベーターは2基。全144室に対して2基なので、多くもなく少なくもなくと言ったところでしょうか。

残念なことにエレベーターにセキュリティはありません。

エレベーターにセキュリティはなし!

ホテルネッツ札幌の追加アメニティ

フロントには入浴剤が置いてあります。ホテルネッツ札幌はどの客室も洗い場付きバスルームがあり、自宅感覚でお風呂に入れます。入浴剤があるのは非常に高ポイントです。

また、客室内にはティーアメニティ以外は置いてありません。エレベーター横にあるアメニティバーから必要なものを持っていくスタイルです。

アメニティバー
カミソリ、ヘアブラシ、ボディタオル
歯ブラシ
乳液、化粧水、洗顔フォーム、メイク落とし、綿棒、ヘアバンド

アメニティはリーズナブルな宿泊特化型ホテルですが充実しています。このクラスのホテルで入浴剤やヘアバンドまで用意されているのはかなり珍しいです。

アメニティが充実!入浴剤もあり

ホテルネッツ札幌のフロアガイド

普通の宿泊特化型ホテルということで、2階〜10階が客室、1階がフロントや朝食会場になるレストランとなっています。

ホテルネッツ札幌は、エレベーターにセキュリティはなし

エレベーターは2基。全144室に対して2基なので、多くもなく少なくもなくと言ったところでしょうか。

残念なことにエレベーターにセキュリティはありません。

エレベーターにセキュリティはなし!

ホテルネッツ札幌にはウェルカムコーヒーあり!

朝食会場になるANELAでウェルカムドリンクを提供しています。

ウェルカムドリンク 概要
  • 提供時間:15:00~21:00
  • 備考:コーヒー、アメリカンコーヒー、烏龍茶、オレンジジュースを提供

強いて言えば、朝の時間帯にコーヒーを飲みたい方もいると思うので、朝も提供してくれたら尚良かったかなと思います。

ウェルカムドリンク
提供はブレンドコーヒー、アメリカンコーヒーの2種類
烏龍茶とオレンジジュース

その場で飲んでもいいし、客室に持ち帰りも可能です。

ホテルネッツ札幌の設備(ファシリティ)など

コインランドリー

コインランドリーは2台ありました。ドラム式の洗濯+乾燥が一体型を採用。

洗剤は自動投入タイプで、3kgで500円(洗濯+乾燥)となっています。

自販機

自販機にはアルコールの販売もありました。

製氷機や電子レンジ

コインランドリーと同じ場所に製氷機や電子レンジが設置されています。

製氷機
電子レンジ

新聞

朝刊はエレベーター横で無料で配布していました(2023年5月現在)。

ホテルネッツ札幌の客室タイプ

ツイン

客室概要

客室タイプ一覧
  • シングル:15.3㎡
  • セミダブル:15.3㎡
  • ダブル:17.1㎡
  • ツイン:23㎡
  • ユニバーサル:23㎡

全部で5タイプの客室があります。ホテルネッツ札幌の最大の特徴は、ユニバーサル以外の客室では「3点独立型」となっており、個室トイレ、独立した洗面台、洗い場付きバスルームが完備されており、水回りはかなり快適なところです

シングル、セミダブル

シングル、セミダブルは15.3㎡の客室。3点独立型の水回りが特徴的で、札幌にあるシングルルームの中でかなりおすすめできる客室です。

ツイン

ツインは23㎡の客室。3点独立型の水回りに加え、大きなソファベットもあり、寛いで過ごせるのが高ポイント。

ホテルネッツ札幌の朝食

ホテルネッツ札幌の朝食 基本情報
  • 朝食会場:ホテル1階「アネラ」
  • 朝食料金: 大人1,430円、小学生1,100円(未就学児は無料)
  • 朝食時間: 6:30~10:00
  • 種類:約35品の和食・洋食のバイキング

正直、朝食はイマイチ…という感想です。料金は1,430円ですが、種類は少なく、味も…。利用している方もかなり少なかったのが納得でした…。

正直なところ、ホテルネッツ札幌に宿泊する時は素泊まりがおすすめです。

ホテルネッツ札幌の口コミや評価は?

口コミ評価をまとめてみました。どのサイトでも高評価なものが多く、人気が高いホテルという感じがします。

  • 全室禁煙なのも嬉しい
  • 洗面、トイレ、バスルームが独立していて使いやすかった
  • 先に荷物だけ預けたら部屋にまで運んでくれた
  • 朝食はすごく豪勢というわけではありませんが、シンプルで必要十分なもので満足できるもの
  • 品数も少なくお客さんも少なく・・朝食はおすすめできません
  • 騒音が気になりました
  • クラブがすぐ近くにあるので、夜中は多少騒がしい → 2023年5月27日でキングムーは閉店。周辺ビルからも音が聞こえるらしいので問題解決にはなっていない模様

洗い場付きバスルーム、トイレ、洗面台が独立した点に感心が高いようで、口コミ評価もこの内容が非常に多かったです。

また、騒音に関しての意見が結構見受けられました。

周辺ビルの飲食店(クラブ)やテーマパーク型ダンスクラブのキングムーなどから聞こえるようです。私は何度も宿泊していますが、耳を済ませると微かに聞こえる感じでで騒がしくて寝れないという感じではなかったです。部屋の位置や宿泊階が低層階だと聞こえやすいのかもしれません。

朝食に関しては、札幌のホテルの朝食はかなりレベルが高いので、それらと比べると断然劣る印象で個人的にも素泊まりでいいかなという印象です。約50種類となっているので、ビジネスホテルの朝食と考えるとそれなりに良いと感じる人もいると思います。味に関しては可もなく不可もなしという感じです。

ホテルネッツ札幌の基本情報・館内施設、評価レビューまとめ

ホテルネッツ札幌
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 2017年1月に新規オープンでまだ新しい
  • ウェルカムドリンクの提供あり
  • アメニティが充実!入浴剤もある
デメリット
  • エレベーターにセキュリティなし
  • 大浴場や温泉施設はない(その代わり洗い場付きバスルームがある)
  • 朝食は素泊まりでいいかなレベル
  • すすきの周辺以外への移動には立地がまありよくない
客室の共通ポイント
  • 洗い場付きバスルーム、個室トイレ、独立した洗面台と3点独立型の水まわり
  • 空調は個別調整タイプで冷暖房を
  • 洗い場付きバスルームに桶と椅子はない
  • 無料のミネラルウォーターの提供はない
  • 部屋にセーフティボックスはなし

ホテルネッツ札幌の最大の特徴は、どの客室でも3点独立型の水回りを採用していること。特にシングルルームで3点独立型の水周りを採用しているホテルは少ないため、貴重だと思います。これが最大のウリです。

ホテルの設備やスタッフ、その他の要素に関しては、至って普通のビジネスホテルという印象でした。

個人的に、特にオススメしたいのは「シングルルーム」。上記でも説明しましたがシングルルームで「洗い場付きのバスルーム」があるホテルは少なく、すすきのエリアだとホテルネッツ札幌ぐらいしかありません。

ツインルームになるとすすきの周辺でも洗い場付きバスルームを備えているホテルがあり、洗い場付きバスルームがホテルネッツ札幌のものよりも広かったりするのでここが断然オススメとは言い切れません。が、快適であることには間違いないせす。

デメリットとしては、周辺ビルから騒音(夜中にカラオケなどの音や音楽)が聞こえることもあるということ。この辺が気にある方は検討時点で避けた方がよいかもしれません。個人的に今まで数回宿泊していますが、一度もうるさかったりすることはなく、時と場合によるのかなと思います。また、ホテル側も把握しているので、そういった客室は避けるように部屋割りをするようにしているのかもしれません。さらにしっかりと静かな部屋とリクエストを出しておけば、基本的にそのような騒音が聞こえる客室は避けてくれると思われるので、気になる方はリクエストしておくのがよいでしょう。

個人的には、ホテルネッツ札幌はかなりお気に入りのホテルです。やはり洗い場付きバスルームがあるのは快適で、他の宿泊特化型ホテルよりも快適に過ごせます。

以上、ホテルネッツ札幌の紹介・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

楽天トラベル

楽天トラベルでは、多数のクーポンが配布されています。また、ポイントがアップするような施策も行われています。

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次