トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【スーペリアツイン】JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:2019年4月6日 更新日:

今回は、北海道・札幌にあるJR東日本ホテルメッツ札幌の「スーペリアツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

2019年2月1日にグランドオープンしたJR東日本ホテルメッツ札幌。札幌駅北口から徒歩2分と札幌駅近のホテルなので観光等にもおすすめできる立地です。

また、アースカラーを取り入れた落ち着いた雰囲気ながらも北欧デザインをベースとしたセンスある客室が魅力的。それに加え、洗い場付きバスルームなので一般的なビジネスホテルよりも快適な滞在ができます。

今回の記事では、JR東日本ホテルメッツ札幌の「スーペリアツイン」をレビューしていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください!

JR東日本ホテルメッツ 札幌の記事一覧

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を残しておきます。

  • 宿泊日: 2019年3月
  • 予約: 7,800円/ツイン1名利用/朝食込(サ・税込)
  • 料金: るるぶ
  • 予約した客室: スーペリアツイン - 21.0㎡
  • 宿泊した客室: スーペリアツイン - 21.0㎡

ツインを1名で利用しました。開業で朝食が無料となるプランのようです。

チェックインはセルフチェックイン機で操作

驚いたのが、チェックインを自分で機械操作で行うセルフチェックインだったこと。チェックアウトを機械で行うことは今まで経験があったのですが、チェックインがセルフなのは初めての経験だったので少し戸惑いました。

画面がタッチパネルになっており、名前の入力などを各自で行います。正直、「ちょっとめんどくさいな...スタッフがやってくれたほうがよいな...。」というのが本音です。また、タッチパネルに慣れていない方などは時間がかかりそうな印象でした。

とはいえ、スタッフも数名おり、一人ひとりしっかりとサポートしている印象でした。

また、チェックインの際におしぼりのサービスがありました。細かいことですが、こういったところがサービスの質の良さを感じます。

レシートに部屋番号や注意事項などが書かれたものとキーカードが機械から出てきたらチェックイン完了です。

アメニティはフロント横に

部屋にアメニティは歯ブラシぐらいしかなく、レセプションの横にあるアメニティステーションから自分の好きなものを持っていく形式です。

アメニティステーションには、カミソリ、ヘアーブラシ、ヘアゴム、メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液コットン、綿棒、入浴剤(全部で8種類あるらしい)、お茶(緑茶、ほうじ茶)、アロミストが置いてあります。

メリット・良ポイント

  • アメニティは豊富!

エレベーターにセキュリティあり!

エレベーターは写真に写っている2機+向かいに1機あり合計3機。

キーカードをかざさないと宿泊フロアに行けないようになっており、セキュリティも問題ありません。

メリット・良ポイント

  • エレベーターにセキュリティあり!

宿泊階

宿泊した8Fのエレベーターホール。コンクリート打ちっぱなしの壁など、ビジネスホテルというよりデザイナーズホテルに来たかのような空間でおしゃれです。

JR東日本ホテルメッツ 札幌の「スーペリアツイン」を紹介!

今回宿泊したのは「813号室」、スーペリアツインで21㎡の客室です。

部屋の電源はキーカード入れに入れると付けることができるタイプ。

スーペリアツインの全体像

21㎡の客室ですが、ウェットエリア(バスルーム)が広いためか客室は思っていたよりも狭い印象。体感で19㎡ぐらいしかないような感覚で、思ったよりも狭い印象が残りました。

ただ、内装デザインがめちゃくちゃ素敵です!北欧デザインのようなライトやチェア、淡いブルー系がアクセントになっており、ビジネスホテルというよりデザイナーズホテルのような空間です。

写真からは部屋が若干暗く感じるかもしれませんが、窓が上から下まで壁全面のタイプなので朝などはしっかりと光が入り、それなりに明るいです。

夜の雰囲気はこんな感じです。部屋が暗いビジネスホテルも多いですが、この客室は夜もライトで意外と明るいと感じました。

スッキリしていますが、温かみも感じる北欧モダンの客室といったところでしょうか。

テレビは約40インチぐらいの大きさです。大きいのはよいですね。

ベット周り

JR東日本ホテルメッツ札幌は「心地よい眠りにこだわった寝具」を利用していると記載されており、寝具にはこだわりがあるようです。

枕は2種類(各2個)あり、西川リビング社のものらしいです。

掛け布団はコンフォートアライアンス社の特製掛ふとんを採用しています。

ベットはシモンズのビューティーレストシリーズ。JR-EAST HTEL METSと記載があるので共同開発のものでしょうか。

ピロートップはついていませんが、ビジネスホテルとしてはかなり上々な寝心地でした。ぐっすりと眠ることができました。ただ、最近のビジネスホテルはシモンズなどの有名メーカーのベットを採用していたりするため、このホテルだけが特別寝心地が良いとは感じません。シーツの質などはビジネスホテル並です。

ベットサイドテーブルは真ん中に1つ。このテーブル、少し小さすぎるかなという印象がありました。(スマホ2台やメガネなどを置くと、スペースが埋まります)

各コントローラーとコンセントx2口、USB充電端子x2口ありました。コンセントの他にUSB端子もあるので使い勝手は非常に良かったです。

テーブルやソファー

スーペリアツインの客室にはデスクがありません。なので、PC作業などをしたい方やビジネスマンには不向きの客室で、どちらかというと観光客向けの客室です。

ソファーやテーブルがあるのはよいですが、ちょっと狭いところに無理やり置いた感じがします。

ミニバーやチェストなど

部屋の一番奥にチェストがあり、電話や冷蔵庫、ティーアメニティなど。

電話やコンセトント、メモ帳など。無料スマホのhandyもありました。

バスルーム用の温度計も置いてあります。

コンセントx2口、USB充電端子x1口もあります。コンセントは日本で採用されているAタイプ。

カップや湯沸かし器。緑茶やほうじ茶は2Fのロビー横のアメニティステーションに置いてあり、部屋には全く置いていません。引き出しの中には、ランドリーサービスのメニュー表や携帯ライト、折りたたみ鏡、有線LANケーブルなどがあります。

持ち運び可能なライトがあるのはよいですね!

冷蔵庫の中は空です。ビジネスホテルでミネラルウォーターのサービスがあったりするところもありますが、ここはありませんでした。

ソファーの後ろには加湿機能付き空気清浄機があります。この状態でコンセントに繋がっており、このまま起動できます。(このスペースに無理やり置いてる感がありすぎますが...)

クローゼットなど

入り口の通路部分にハンガーラックが配置されており、クローゼットはなくむき出しタイプ。入り口付近は電気が付いていても非常に暗いのがちょっと気になりました。

ハンガーラックや消臭スプレー、靴べら、ブラシ、スリッパ、バゲージラックなど。ハンガーもおしゃれな感。写真には全部で4本しか写っていませんが、ウェットエリアに予備が2本置いてあり、合計で6本あります。

スリッパはウォッシャブルタイプですが共用スリッパを採用。使い捨てスリッパよりも履き心地はよいですが、ウォッシャブルタイプだとしても衛生面で嫌だな...と感じる人も多そうです。

デメリット・残念ポイント

  • スリッパは(ウォッシャブルだが)共用タイプ

ハンガーなどの反対側に全身鏡があります。

ウェットエリア

ウェットエリアのドアは引き戸タイプ。

それほど広いわけではないですが、普通に不満ない広さです。

洗面台。

洗面台周りにはちょっとしたものを置けるぐらいのスペースがあるので、使い勝手も悪くないです。アメニティは2Fのアメニティステーションから持ってくるので洗面台周りのアメニティは歯ブラシのみです。

タオルやナイトウェア、ドライヤーなど。下の段には予備のハンガーとカゴがあります。カゴは着替えを入れたりと使い勝手が良いですね。

タオルはバスタオルとフェイスタオルに加え、ボディタオル(素材は少し違うフェイスタオルぐらいの大きさのもの)がありました。(フェイスタオルはなし。)

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は上下でセパレートタイプ。

ドライヤーはパナソニックのEH-NE18。風量は普通です。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)で暖房便座機能付き。

少し使い勝手が悪いと感じたのはトイレットペーパー。トイレットペーパーホルダーの上の部分が重すぎるためか、トイレットペーパーを使おうとするとすぐに切れてしまい、ちょっとイライラ...(苦笑)

洗い場付きバスルーム

バスルームのドアはすりガラスタイプでタオルハンガーが付いています。

バスルームは洗い場付きバスルームでバスルームに関しては文句なしに快適でした。

アメニティステーションに入浴剤が3種類あり、入浴剤を入れて、部屋にあったバスルーム用の温度計を使いながら入浴しました。

洗い場用とバス供給用の蛇口があり使い勝手もよいです。また、椅子や桶もあるのがGood!

バスアメニティは備え付けタイプでポーラのエステロワイエシリーズ。

シャワーのモードは1種類のみ。若干水圧が弱いと感じました。洗い場付きの快適なバスルームなだけに水圧がちょっと残念ポイント。

Wi-Fi

Wi-Fiは上り(アップロード)、下り(ダウンロード)ともにどの時間帯でも快適に利用できました。。

風景

眼の前はビルで、特に良い景色は望めません。

窓は壁の上から下までガラス窓になっており大きいので部屋が明るいです。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ところかなり多いです。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開閉で自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがかなり多いです。特に古いホテルはこのような傾向があります。

ということで、

空調で確認したいポイント

  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整、換気できるか)

が、快適に滞在できるかどうかのポイントです。
では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

このホテルのエアコンは、冬場であっても冷房を付けることが可能です。館内空調の関係で部屋が暑すぎると感じましたが、冷房を入れることですぐに部屋の温度が下がりました。

なので自分の適温にすることが可能で快適に過ごせます。

窓は開けることができないため、空気を入れ替えなどはできません。ただ、冬場に部屋が暑すぎると感じても冷房を入れることができるので温度調整の問題はないでしょう。

冬場に暑すぎると感じるぐらい空調を効かせているホテルがありますが、客室内で冷房をいれることができ部屋単位で適温に設定できるのが非常にポイント高いです。

メリット・良ポイント

  • エアコンは個別管理タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能。
デメリット・残念ポイント

  • 窓は開けることができない

天井や柱について

メリンエリアの天井は約2.6mで天井に柱などが見られず、すっきりした印象です。

客室は狭い?スーツケースを広げられるスペースは?

スーペリアツインは21㎡の客室。2人で宿泊するうと少し狭さを感じます。どちらかと言うと、「寝るだけのために利用する客室」というような広さです。

通路スペースに約70Lのスーツケースを広げることは可能でしたが、足の踏み場がなくなるぐらい邪魔になります。べットがあるメインエリアも空きスペースが少ないため、スーツケースや荷物が多い方にはあまりオススメできません。

ツインで21㎡は、通常のビジネスホテル並の広さですが、JR東日本ホテルメッツ札幌は洗い場付きバスルームで多くの面積を占めているため、ベットエリアや空きスペースが少ない状況です。

騒音

騒音は他のビジネスホテルとさほど変わらないと思います。外からは電車の音が聞こえます。

エレベーターホールの前の部屋だったので、うるさいかなと思っていましたが、全くうるさいこともなく快適に過ごすことができました。

JR東日本ホテルメッツ札幌の「スーペリアツイン」まとめ

JR東日本ホテルメッツ札幌の「スーペリアツイン」をレビュー紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?メリット、デメリットをまとめてみました。

メリット・良ポイント

  • 北欧モダンな客室(ビジネスホテルとは思えない内装)
  • 清潔感あり、清掃はバッチリ
  • 洗い場付きのバスルーム
  • 部屋の温度調整がしやすいエアコン(冬場でも冷房可能)
デメリット・残念ポイント

  • デスクはないためPC作業などはしにくい
  • 使い捨てスリッパなし
  • シャワーの水圧が若干弱い
  • (欲を言えば)もう少しメインエリアが広いと良かった

使い捨てスリッパではなかったり、セーフティボックスが無かったりと、ちょっとしたデメリットはあります。一番デメリットかなと感じたのは、少し部屋が狭いかなということ。もう少し広く、空きスペースが多いとより快適になると感じました。ただ、寝るだけの客室としては十分すぎる快適さです。

客室のデザインはかなりおしゃれで北欧デザインのような感じ。印象としてはホテルJALシティ札幌 中島公園や京王プレリアホテル札幌と同じように上質でその辺のビジネスホテルと比べるとワンランク上の高級ビジネスホテルやミドルアッパーな宿泊特化型ホテルという印象です。

洗い場付き独立バスルーム

特にバスルームが洗い場付きで独立しているので、水周りが非常に快適に利用できるのが最大のメリットかなと思います。ただ、シャワーの水圧が少し残念でした。

ワークデスクがないためPC作業などはやりにくいため、ビジネスマンにはオススメしません。また、個人的な印象としては、周辺の宿泊特化型ホテルと比べて若干割高な印象があり、もう少し部屋が広ければなという感想です。正直、もう少し広いと良かったかなと感じました。

以上、JR東日本ホテルメッツ 札幌「スーペリアツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

JR東日本ホテルメッツ 札幌のブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

JR東日本ホテルメッツ 札幌の記事一覧

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

3

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2020 All Rights Reserved.