【プレミアムツイン】JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

北海道・札幌にあるJR東日本ホテルメッツ 札幌の「プレミアムツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

2019年2月1日にグランドオープンしたJR東日本ホテルメッツ 札幌。札幌駅北口から徒歩2分と札幌駅近ホテルです。観光やビジネス利用のどちらでも便利な立地なのが魅力的です。

また、アースカラーを取り入れ北欧デザインをベースにしたセンスある客室が上質。ビジネスホテルらしくないデザインの客室も魅力の一つ。更に「洗い場付きバスルームを完備」しており、滞在をより快適にしてくれます。

今回の記事では、JR東日本ホテルメッツ札幌の「プレミアムツイン」をレビューしていきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください!

予約サイトで料金を確認!
目次

チェックインはセルフチェックイン機で操作

チェックインはセルフチェックイン機で行います。スタッフも数名おり、サポートしていました。

レシートに部屋番号や注意事項などが書かれたものとキーカードが機械から出てきたらチェックイン完了です。

アメニティはフロント横に

部屋にアメニティは歯ブラシぐらいしかなく、レセプションの横にあるアメニティステーションから自分の好きなものを持っていく形式です。

アメニティステーションには、カミソリ、ヘアーブラシ、ヘアゴム、メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液コットン、綿棒、入浴剤(全部で8種類あるらしい)、お茶(緑茶、ほうじ茶)、アロミストが置いてあります。

アメニティは豊富!入浴剤もあり!

JR東日本ホテルメッツ 札幌のエレベーターにはセキュリティあり!

エレベーターは全部で3基。206室に対して3基なので、69室に対して1基の計算になります。100室に対して1基のホテルもあるので、エレベーター数は必要十分な設置数だと思います。

どちらかと言えばビジネス用途の方が多い印象だったので、朝の時間帯は多少エレベーターが来るのが遅いということもあるかもしれませんが、これだけ設置数があれば、比較的問題ないと思います。

エレベーターにタッチキーがあり、こちらにキーカードをタッチすると宿泊フロアのボタンが押せる仕組み。セキュリティも問題ありません。

エレベーターにセキュリティあり

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊フロア

11階のエレベーターホール

コンクリート打ちっぱなしの壁など、ビジネスホテルというよりデザイナーズホテルといえるぐらいオシャレな空間でした。

JR東日本ホテルメッツ 札幌の「プレミアムツイン」を紹介!

今回宿泊したのは1110号室のプレミアムツイン。26㎡の客室となります。

客室配置図(避難経路図)

プレミアツインは1フロアに1室のみで角部屋となります。

カードキーを差し込むと電源がONになるタイプ。

入り口から撮影

プレミアムツインの全体像

欧米のナチュラルテイストなデザインで全体的に淡い色でまとまっており、かなりオシャレです。家具類もしっかりと質の良いものを揃えている印象で普通のビジネスホテルと言うより、デザイナーズホテルと言ってよいほどオシャレです。

客室は26㎡ですが、ベッドがあるメインエリアは狭い印象です。

ベッド周り

枕は2個

ナイトテーブルはベッド間に簡易的なものがあり、時計が置いてあります。もう少し大きめのナイトテーブルだと使い勝手がよかったかなと感じました。

ベッドボードにコンセントx2口、USBx2口。

ベッドはシモンズとホテルメッツの共同開発。120cm幅、ピロートップはありません。ビジネスホテルのツインルームは約100cm幅のベッドのところも多いので、幅広のベッドを求めている人にはおすすめです。

ベッド幅は120cmを採用!

デスク周り

スーペリアツインとの違いの1つは「デスクがある」こと。

椅子

デスク周りはシンプルなデザインですがスタイリッシュでオシャレ。

バスタブで利用する温度計や小物置き、無料で利用できるスマホ「handy」。 → 現在、handyはありません。

引き出しには携帯ライトや折りたたみ鏡、携帯充電器など。

デスクにはコンセントが2口、USBポートが1口。

携帯の充電器が客室に設置されています。折りたたみ鏡、折りたたみライトもあります。

携帯電話の充電器が部屋に置いてある!

ミネラルウォーター(2022年6月宿泊時、写真はスーペリアのもの)

以前はミネラルウォーターの提供はありませんでしたが、現在はミネラルウォーターの提供があります。

ミネラルウォーターの提供あり

ティーアメニティは全く置いておらず、フロント階のアメニティバーから持ってくるスタイルです。アメニティバーには緑茶とほうじ茶が置いてあります。

フロント横にあるアメニティ ↓

また、終日ドリップコーヒーや紅茶が利用できます。

無料のコーヒーマシン ↓

加湿機能付き空気清浄機

テレビ

テレビは壁掛けタイプで40インチ。首振り機能はありません。

ソファやテーブル

デスクや椅子もオシャレ。ただ、チェアは座り心地は良いのですが、この狭いスペースによくこの大きなチェアを置いたな…という印象。また、1脚しかないし、デスクの椅子とは反対側の位置にあるので、2人でお茶を飲んでくつろぐようなことができないのは残念。

クローゼットなど

クローゼットは通路部分に。引き戸タイプのドアで、それほど広くないです。

ハンガーラック上にはラックがあり、使い勝手もよいです。ハンガーは全部で6本、オシャレです。消臭スプレーもあります。

靴べらやシューポリッシュ、ブラシ、バゲージラック、共用スリッパ。

スリッパはウォッシャブルタイプですが共用スリッパを採用。使い捨てスリッパよりも履き心地はよいですが、ウォッシャブルタイプだとしても衛生面で嫌だな…と感じる人も多そうです。

スリッパはウォッシャブルタイプだけど共用スリッパ。

ウェットエリア

ウェットエリアはテレビ横のドアから。

ドアは引き戸タイプ。開けるとすぐに洗面台があり、その向かい側にバスルームとトイレ(の扉)。

洗面台の使い勝手はよく、洗面台周りに空きスペースがあるため、化粧品などちょっとしたものを置くのに便利。

アメニティはフロント階にあるアメニティ置き場からもってくるタイプなので、歯ブラシ以外は置いてありません。

フロント横のアメニティバー ↓

ヘアブラシ、入浴剤、スキンケアセット
コットン、ヘアゴム、綿棒、カミソリ

洗面台下には、バスタオル、フェイスタオル、ナイトウェア(部屋着、パジャマ)、体を洗うタオル、ドライヤー、着替えなどに使えるかごなどがあります。

ドライヤーはパナソニックのEH-NE18。ビジネスホテルによくあるタイプです。

洗面台の壁面はガラス張りになっており、ブラインドがついています。そのブラインドを開けたり閉めたりすることができ、そのコントローラー。

正直、この位置のブランドを開け閉めする意味はあるのか?と感じました(別にいらない機能だと感じました)。ブラインドを開けたところで狭い通路が見えるだけで、なぜこの位置にこの機能を付けたのか謎でした…。

トイレは個室タイプ

トイレは洗面台のエリア内にありますが、ドアで仕切りがあり、個室タイプです。これもスーペリアツインとの違いです。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで暖房便座機能付きです。自動で流れます。

洗い場付きバスルーム

バスルームのドアはすりガラスタイプ。タオルなどを掛けて置けるラックもあります。

バスルームは洗い場付きバスルーム。バスルーム内に窓があるため、日中はかなり明るい印象です。(正直、景色がいいわけでもなく、窓が必要か疑問ですが…)

洗い場付きバスルームのサイズは「1.6m x 1.6m」(縦x横)で、洗い場付きバスルームを採用している札幌のホテルの中では、広い方のバスルームです。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

洗い場付きバスルームを完備!

椅子や桶、鏡なども完備しています。

椅子や桶、鏡なども完備!

アメニティは共用ボトルタイプで、ポーラのエステロワイエシリーズ。

シャワーモードは1種類。シャワーの水圧は少し弱めの印象。

シャワーの水圧は少し弱め…

ただ、後日、スーペリアの客室に宿泊した時は水圧がかなり良かったので、水圧を改善したのか、客室によって異なるのかは不明です。

バルコニーや景色

この客室にはバルコニーが付いていますが、バルコニーにでることはできません。

窓を開ける事が可能だが、これが限界

バルコニーの鍵は開けることができ、窓は少しだけ開けることができました。

もう一方の窓は開けることができません。

景色は特に言うことはない感じ。景色を期待するのはやめましょう。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

エアコンは冷暖房が自由に設定できるタイプ。0.5度単位で温度調整もできます。なので、適温で快適に過ごせます。

空調は個別管理タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能!

一部の窓(バルコニー側)は少しだけ開けることができます。温度調整や空気の入れ替えが可能です。

冬場に暑すぎると感じるぐらい空調を効かせているホテルがありますが、客室内で冷房をいれることができ部屋単位で適温に設定できるのが非常にポイント高いです。

一部の窓を開けることができる

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間帯も快適に利用できました。

天井

天井高は約2.6m。

天井はスポットライトの他に間接照明があり、全体的に明るいです。

空きスペースはある? スーツケースを広げられる?

かなり上品な客室でかなりオシャレですが、個人的に一番のデメリットだと感じたのは客室の広さ。

プレミアツインは26㎡の客室でビジネスホテル(宿泊特化型ホテル)のツインルームとしては標準以上の広さでが、洗い場付きバスルームや独立したトイレなど、ウェットエリア部分に面積を多く使っているためか、ベッドがあるメインエリアが思った以上に狭い印象でした。

通路やデスク前は人が一人通れるかどうかぐらいしか空きスペースがありません。

ベッド前も狭い…ソファやテーブルがあるところに若干のスペースはありますが、それにしても狭く、大きなスーツケースがあるとどこで開ければよいか悩むほどです…。

機内持ち込み可能サイズのスーツケースなら、通路などに広げることは可能ですが、かなり邪魔になります。大きなスーツケースがあると足の踏み場がなさそうです。

全体的に空きスペースが少なすぎる…

スーペリアツインとプレミアツインの違いは?

JR東日本ホテルメッツ札幌のツインルームは、スーペリアツインとプレミアツインがあります。主な違いは下記の通り。

違いスーペリアツインプレミアツイン
客室の広さ21㎡26㎡
トイレのタイプウェットエリアにある個室トイレ
デスクなしあり
客室の位置角部屋ではない角部屋
開けれない一部開けれる

ビジネス利用でツインルームを利用するならデスクがあるプレミアムツインの方がオススメです。観光利用でもプレミアムツインの方がオススメであることは間違いないですが、寝るだけであればスーペリアツインでも全く問題ないと感じました。

JR東日本ホテルメッツ札幌の「プレミアツイン」まとめ

JR東日本ホテルメッツ札幌の「プレミアツイン」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 北欧モダンな客室(ビジネスホテルとは思えない内装でオシャレ)
  • 洗い場付きのバスルームが快適
  • 個室トイレあり
  • 空調は個別調整可能。冷暖房の入れ替えがいつでも可能
  • 窓を開けることができる
  • ミネラルウォーターの提供あり
デメリット
  • ベッドがあるメインエリアが狭い
  • シャワーの水圧が若干弱い
  • 使い捨てスリッパなし(ウォッシャブルタイプの共用スリッパ)
  • セーフティボックスなし

客室のデザインはかなりオシャレ。北欧デザインのようなテイストでセンスは抜群です。

JR東日本ホテルメッツグループの個人的な印象としては、JR駅周りにあり利便性が高い、普通よりも少し良いぐらのビジネスホテルという印象を持っていましたが、JR東日本ホテルメッツ札幌の内装、インテリアに関しては上質でミドルアッパークラスの宿泊特化型ホテルという感じです。

使い捨てスリッパではなかったり、セーフティボックスが無かったりとあまり気にならない程度のデメリットはありますが、大きなデメリットとしてはベッドがあるメインエリアが思った以上に狭かったという点。またバルコニー付きなのにバルコニーに出ることができないのはちょっと残念でした。

その反面、独立(個室)のトイレや洗い場付きバスルームは快適です(シャワーの水圧が若干弱いのが残念ですが)。

家具は上質、上品で北欧スタイルのデザインはかなりオシャレ。部屋が狭いため、1〜2泊ぐらいの荷物の少ない方にはかなりおすすめです。荷物が多いと少し狭苦しいと感じるので、他のホテルを検討した方が良さそうです。

以上、JR東日本ホテルメッツ 札幌「スーペリアツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次