トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記・ブログ的口コミレビュー!【朝食@Source72】

投稿日:

札幌にある「JR東日本ホテルメッツ 札幌」に宿泊してきました。この記事では、JR東日本ホテルメッツ 札幌の「朝食」をブログ的口コミレビュー・レポートしたいと思います!

札幌のホテルはビジネスホテルであっても朝食のクオリティが高いホテルが多い印象です。では、JR東日本ホテルメッツ 札幌はどうだったのか見ていきましょう!

JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記・レビュー記事はこちら ↓

JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記・ブログ的口コミレビュー

札幌にあるビジネスホテルは朝食のレベルが高い!ただ、値段も高め

まずは札幌にあるホテルの「朝食」について、感じていることなどをお話したいと思います。

札幌にあるホテルの朝食はかなりレベルが高いです。シティホテルはもちろんのこと、ビジネスホテルであっても「種類が多くて美味しいし、札幌(北海道)らしいもの沢山ある!」と感動する人も多いと思います。

札幌の色々なビジネスホテルで朝食を食べてきました。
「種類の豊富さ、質の高さ、北海道らしさ」などホテルによって特色や特徴はありますが、総合的にレベルが高いと感じており、ビジネスホテルのレベルを超えて、シティホテル並の朝食が楽しめるところが多いです。

ただその反面、札幌にあるビジネスホテルの朝食料金は「大体1,500円前後」と、若干高いのも事実です。

ビジネスホテルで朝食料金が2,000円前後に設定されているところもあり、ビジネスマンなどの方には(味や種類は多いけど)料金設定がちょっと高すぎない?と感じる人もいるかもしれません。

解説してきたように料金は高めですが、質や種類が素晴らしいところが多いので、この記事では

  • 札幌市内のビジネスホテルと比べてどうなのか?
  • 北海道らしい(海鮮丼、カレースープなど)朝食は食べれる?
  • 味や種類はどうなのか?
  • 総合的にどうなの?朝食はつけた方がよい?

ということを紹介・レビューしていきたいと思います!

基本的に値段よりもコストパフォーマンスや味が良いところが多く、「このホテルに泊まるなら絶対朝食を食べろ!」と思うホテルも多いですが、たまにハズレなホテルもあります...(苦笑)

JR東日本ホテルメッツ 札幌の朝食基本情報

JR東日本ホテルメッツ 札幌の朝食会場はSource72というレストラン(イタリアン)です。このレストランと同系列として東急ステイ札幌にSource11というレストランがあります。

朝食の基本情報は下記の通り。

朝食の基本情報

  • 朝食会場: Source72(ホテル1F)
  • 朝食料金: 1,800円(税込)
  • 朝食時間: 6:30~10:00(L.O. 9:30)

朝食料金は1,800円(税込)と札幌のビジネスホテルの中もで高めの設定です。また、予約時の「朝食ありプラン」と「朝食なしプラン」での差額も1,800円となっているので、朝食ありプランを選んでも割引はありません。

JR東日本ホテルメッツ 札幌の朝食を紹介!

朝食の会場はホテルの1階にある「Source72」。Source72は朝食時以外は通常のレストランとして運営されています。特にディナーなどは雰囲気が非常に良さそうでした。

朝食券を持って朝食会場に行きます。混雑する時間帯には若干待ちができていました。席数は多くはありません。

朝食はビュッフェスタイルです。

味噌汁とコーンスープ。

パンはクロワッサンとフレンチトーストのみ。ちょっと少なすぎでは...

そのとなりに、スクランブルエッグやソーセージ、ベーコン。

サラダは野菜などの種類豊富で高評価。ひよこまめやオクラもあります。

フルーツやヨーグルト、ジャムなどもここに。この朝食会場は配置が「なぜここに?」というものがありました。

イワシのオーブン焼き、揚げ芋、シュウマイ、ナスの煮浸し、やきとり。

揚げ芋ややきとりは北海道らしい朝食ですね。

肉じゃが、湯豆腐、筑前煮。

ご飯は北海道のななつぼしでした。お粥もあります。また、黒カレーというものがあり、夕張にある石炭カレーをモデルにしていると書いてありました。

松前漬けや烏賊の塩辛などの小物6品。このあたりは北海道らしいと言えそうですね。

ここの目玉だと思われるのが、「海鮮ひつまぶし」。

同系列のお店で「小樽海鮮丼エン」というところがあり、ここは海鮮ひつまぶしが有名のようです。そのミニ版ってところでしょうか。

納豆やラーメンサラダ。ラーメンサラダは札幌名物(?)らしいです。

シリアルやコーヒー、紅茶など。

牛乳(北海道産)、オレンジ、野菜ジュース、水、緑茶。

味に関しては個人的な意見となってしまいますが、全体的に美味しいですがこれといったものはなく...可もなく不可もなくといったところでしょうか...。

個人的に一番美味しいと感じたのが海鮮ひつまぶしでした。

ご飯に具材をのせて出汁をかけていただきます。

出汁をかけて食べるのは初めての体験でしたが、これは美味しかったです!オススメ!

最後にフルーツとコーヒーを。

コーヒーはお持ち帰りできるところも多いですが、ここは紙コップがありませんでした。ホテルのロビーに無料のコーヒーがあるので別によいのですが、(ロビーまで取りに行くのがめんどくさいので)ここで持ち帰れたらよかったなと感じました。

JR東日本ホテルメッツ 札幌の朝食はどうだった?

朝食のポイントをまとめてみました。

  • 朝食が1,800円と高い割には種類が少ない
  • 北海道らしい品はそれなりにある!
  • 味は全体的に普通から美味しいにかけての中間ぐらいかな...の印象。海鮮ひつまぶしは美味しかった!
  • 敢えてオススメすることはないという印象

値段の割には種類がちょっと少ないかなという印象と、味は悪くないのすが、「これで1,800円は少し高すぎでは?」というのが正直な感想です。

普通のビジネスホテルと比べると種類が多いと感じるかもしれませんが、札幌で1,800円前後の朝食であれば、もっと種類が多くてパンもデザートも豊富だったりする印象です。JR東日本ホテルメッツ 札幌は「思ったより食べたいものがないな...」と感じてしまいました。

例えば、ホテルグレイスリー札幌(朝食1,900円)は種類豊富で海鮮丼も作れます。ラ・ジェント・ステイ札幌大通(1,944円)では種類は多くはないですが味・質がよく美味しいですし、ANAホリデイ・イン札幌すすきの(2,000円)は種類豊富で北海道らしいものも多く、シェフが日替わり料理を作ってくれて、これらのホテルはどれもオススメできる朝食でした。

北海道らしいものを取り入れているのはよいですが、札幌のビジネスホテルの中で言えば、コストパフォーマンスはあまり良くなく割高感を感じる方です。1,400円前後が妥当ではないかな?というのが個人的な意見です。

ということで、JR東日本ホテルメッツ 札幌で朝食を付けるかどうかと言われれば、「種類も少ないし、コスパも悪いし、あまりオススメはしない」というのが正直な感想です。

客室がすごく良いのでJR東日本ホテルメッツ札幌をリピートするのは確実ですが、今後は朝食なしプランで予約することが多くなりそうです。

以上、JR東日本ホテルメッツ 札幌の朝食レビューでした!

JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記・レビュー記事はこちら ↓

JR東日本ホテルメッツ 札幌の宿泊記・ブログ的口コミレビュー

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.