【レビュー評価まとめ・基本情報・館内施設】ホテルWBF札幌中央の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

北海道・札幌にあるホテルWBF札幌中央」に宿泊してきたので宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビューをしたいと思います!

この記事では、基本情報や館内施設や全体のレビュー評価などをまとめてみました。宿泊検討の際に参考にしてみてください!

この記事は「2024年4月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。写真は「2022年12月」に宿泊したものをベースにしています。

予約サイトで料金を確認!
目次

ホテルWBF札幌中央の基本情報

ホテルWBF札幌中央の基本情報
  • チェックイン時間: 15:00〜
  • チェックアウト時間: 〜11:00
  • 総部屋数: 80室
  • 喫煙客室:なし
  • 住所: 〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西1丁目2-2
  • 電話: 011-290-3000
  • URL:ホテルWBF札幌中央 公式サイト
予約サイトで料金を確認!

場所

立地は大通とすすきのの中間ぐらいにあり、立地は良くもなく悪くもなくといったところでしょうか。

また、屋根のあるアーケード街「狸小路商店街」から徒歩2~3分に位置しています(ホテル目の前は交差点になっていますが、横断歩道がないため、ビスポークホテル前からアクセスする形になります)。

二条市場が徒歩2分ぐらいで行ける距離にあります。近くにはセブンイレブンやダイソーなどがあり、ホテル生活で必要なものは揃いやすい環境です。

ただ、電車でのアクセスだと駅までそこそこ歩きます。近場の駅は「大通駅」か東豊線の「豊水すすきの」です。

冬季の札幌は「アクセスしやすいホテル」を優先的に選ぼう!

冬季に雪がかなり積もる札幌では、「無理なくホテルにアクセスできるか?」というのがホテル選びの重要なポイントです。

冬の期間(11月後半〜3月下旬あたり)は、歩道に雪が積もった状態やアイスバーン状態になり、かなり滑ります。また雪が凍結して凸凹になった歩道で、スーツケースを引いて歩くのは本当に大変です。

スクロールできます
大通公園近くのカナモトホール前周辺の歩道(除雪なし)
中島公園駅周辺の歩道(除雪なし)

歩道をしっかりと除雪しているところもありますが、除雪されない場所も多くあります。

なので、冬季のホテル選びは、立地や利便性を最優先しましょう。移動で苦労することがなくなるため、より快適になります

札幌には長い地下道や屋根付きの商店街(狸小路商店街)があり、これらをうまく利用すれば、雪道を歩くことなくアクセスできます。また、悪天候でもアクセスしやすいことは間違いありません。

ホテルWBF札幌中央はどうだった?

冬季で雪が積もった時などは、屋根付きのアーケード街「狸小路商店街」を上手く利用すると途中まで雪道や悪天候を避けられておすすめです。

ホテル目の前の交差点に横断歩道がないため、狸小路商店街 → ビスポークホテル札幌前の交差点 → ホテルへのルートが一番ベストだと思います。

狸小路商店街からホテルまでは歩道を数分(信号待ちもある)歩くことになりますが、スムーズに行けると徒歩2分もかからずにホテルに行けます。

ただ、個人的には冬場に積極的に検討はしないホテルかな…と感じました。決して悪すぎるということはないのですが、第一候補となることはないという感じでしょうか。

立地の利便性は?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い
電車や徒歩でのアクセスの良さは?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い
雪が積もる冬季や悪天候時のアクセスは?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い

ホテルWBF札幌中央のフロント周り

フロント

元々WBFグループはインバウンド向けのホテルという印象が強く、ホテルWBF札幌中央もインバウンド客御用達のホテルという印象です。

コロナ前に何度か宿泊しましたが、日本人がほとんどいない印象でアジア圏の海外客が多く騒がしいので、あまり利用したくないと感じていました。

ただ、コロナ禍でインバウンド客が全く来ないことから、日本人にも宿泊してもらえるような制度やサービスを整えて、以前よりもかなりサービスが充実した印象です。

コロナ禍でWBFを運営していた会社が民事再生手続きをしました。WBFホテル自体消滅するかなと思っていましたが、星のリゾートとスポンサー契約を締結し、札幌ではホテルWBF札幌中央はそのままの名称で営業を続けています(札幌にはWBFホテルが4店舗ありましが、1店舗のみとなりました)。

フロント

ホテルWBF札幌中央の口コミでスタッフが素晴らしいとの口コミが多く、個人的にもこちらのホテルはソフト面(サービスや接客)が良いホテルだと感じています。

フリーチェックアウトボックス

客室の鍵は物理キータイプでした。また、深夜はホテル入口にセキュリティがかかり、カードキーが必要です。深夜に出かける予定の方はカードキーも貰っておきましょう。(カードキーはほしい方にのみ渡されます。)

アメニティコーナーで必要なアメニティなどを持っていくスタイル

エレベーター前にアメニティコーナーがあり、必要なアメニティはこちらから持っていく形となります。また、貸出やシャンプーバーなども備わっていました。

ただ、以前はかなり充実していたアメニティやシャンプーの貸出などは規模を縮小した模様で少し残念…

ヘアゴム、ヘアブラシ、綿棒、ネイルキット、シューポリッシュ
歯ブラシ、カミソリ
入浴剤
貸出品
貸出品
シャンプーバーは2種類

以前の追加アメニティやシャンプーバーなど↓

入浴剤が数種類、マウスウォッシュ、ヘアオイル、ネイルキット、コットン、便座シート(便座に暖房便座機能なし)。また、シャンプーバーもあり、好きなシャンプーが借りれます。

以前はかなり充実しており、入浴剤も種類多め、マウスウォッシュや便座シートなどもあったりしましたが、これらは無くなっていたり規模を縮小していました(2024年4月現在)。

ホテルWBF札幌中央のフロアガイド

客室は3階~9階まで。以前は2階に朝食会場になるレストランがあります。

ホテルWBF札幌中央のエレベーターはセキュリティなし

エレベーターは全部で2基。このエレベーター、ボタンが連動していなくて、片方のボタンしか押さないと押した方のエレベーターしか来ません…。このタイプはホテルでは初めて見ました…。

エレベーターにセキュリティはなく、誰でも客室フロアに行くことが可能です。

エレベーターにセキュリティなし

ホテルWBF札幌中央の設備(ファシリティ)

大浴場はなし

ホテルWBF札幌中央には大浴場はありません。

札幌では「大浴場」や「温泉大浴場」があるホテル、「洗い場付きのバスルーム」を備えたホテルが多数あります。

なので、ユニットバスしかなかったりするホテルや客室はデメリットかも…。洗い場付きバスルームがある客室や大浴場があるホテルを選ぶとより快適なホテルステイになるでしょう。

無料ドリンクサービス

コーヒーサービスは5:00~26:00まで。朝の時間帯も利用できるので、朝にコーヒーがほしい方にもおすすめです。(ホテルによっては無料ドリンクサービスがあっても、朝の時間帯は提供していないところが意外と多かったりする)

緑茶、ほうじ茶、玄米茶(ほうじ茶の後ろにある)
ティーバー

以前よりも選べるお茶の種類は増えており、いろいろなお茶が選べます。

以前あった味噌汁↓

味噌汁

以前の朝食はお弁当スタイルで、それをフロントに取りに来て客室内で食べるというスタイル。一緒にフロントにお味噌汁のマシンがあり、自由に使えましたが、現在は撤去されています。

ラウンジで種類豊富なアルコールが飲み放題(30分限定)

WBFホテルの最大のウリがラウンジサービスです。その中でもホテルWBF札幌中央のラウンジはなかなか素晴らしいと感じました。

フロント前にラウンジがあり、宿泊者は全員無料で利用(30分間)でアルコールやソフトドリンクが飲み放題のラウンジサービスがあります。

ラウンジ 概要
  • 時間:16:00~23:00
  • 備考:利用は30分間まで、子供は20時まで

ラウンジサービスというとマリオットやインターコンチネンタルホテルのクラブラウンジのようなものを想像してしまう方もいると思いますが、全く異なります。スーパーホテルのウェルカムバーに近い印象です。

ただ、アルコール類は意外にも充実しており、思ったよりも素晴らしい内容でした。

スタッフはおらず利用するには入り口にある利用記録用紙に部屋番号と人数を記入します。ラウンジはかなり狭く、3組もいれば窮屈感があるかなという印象でした。

スタッフはいませんが目の前にフロントがあり、そこからしっかり見ている模様で、利用後の片付けはすぐにスタッフがやっていました。

ドリンク類

セイコーマートとコラボをしており、セイコーマートのワインが置いてあります。

セイコーマートのG7シリーズ

セイコーマートで販売されているG7シリーズが置かれています。

冷蔵庫の中には冷えたグラスと、この時はセイコーマートのきんぴらごぼうがありました。こちらは定期的に変更になる模様です。グラスが冷えているのは嬉いですし、セイコーマートの惣菜おつまみも嬉しい方が多いのではないでしょうか。

ソフトドリンク、チーズ

ソフトドリンクはオレンジジュース、緑茶、Ribbon(ナポリン)、トマトジュース。またチーズもあります。

炭酸水とミネラルウォーター、予備のお酒。

ビール

ビールはサッポロクラシックでした。

お酒類

また、お酒類はウィスキーから芋焼酎、日本酒、ワインなど思っていた以上に色々な種類が揃っています。

おつまみ

おつまみは数種類置かれています。無くなりそうになるとスタッフがすぐに補充しに来ていました。

思っていたよりも充実しており、個人的には良いサービスだなと感じます。WBFはどこでもこのラウンジサービスを行っていますが、ホテルWBF札幌中央のラウンジサービスはドリンクの種類が多くて、お酒好きな人にはかなりよいと思います。

製氷機代わりに本格的なロックアイスあり! → 撤去されました

ホテルWBF札幌中央では製氷機の代わりに「氷やの橘さん」の純粋かち割りピッケルアイスが置いてあります。 → 撤去されており、氷がほしい場合はフロントに申し出ると普通の氷をもらえます。

まさかのピッケルアイスがあるとは思っていませんでした。これは嬉しい方が多いのではないでしょうか。こういった小さいことにもしっかりと拘っているのは良いなと感じました。

現在(2024年4月現在)は、フロントでアイスペースに入れてもらえます。

電子レンジ

電子レンジはフロント前に設置されています。箸やスプーン、フォークも揃っています。

コインランドリー、自販機

コインランドリーや自販機はホテル内にありません。宿泊特化型ホテルですが、コインランドリーがないのは珍しいかも…。

ホテルWBF札幌中央の客室

スーペリアツイン
ホテルWBF札幌中央の客室タイプ一覧
  • ツインルーム:19㎡ – 26室
  • スーペリアダブル:19㎡ – 12室
  • スーペリアツインルーム:29㎡ – 20室
  • ハリウッドツインルーム:19㎡ – 13室
  • ハリウッドキャビンルーム:29㎡ – 6室(3F)
  • ファミリーキャビンルーム:40㎡ – 1室(3F)
  • スイートルーム:60㎡ – 1室(9F)
  • 和室:49㎡ – 1室(9F)
予約サイトで料金を確認!
ホテルWBF札幌中央の客室ポイント
  • 窓を開けられる
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • ナイトウェアはセパレートタイプ
  • 空調は一括管理タイプ
  • スリッパは共用スリッパ。しかもウォッシャブルタイプではない
  • トイレに暖房便座機能なし
  • セーフティボックスなし

ツインルーム

ツインルーム

ツインルームは19㎡の客室。特に良くも悪くもない普通のビジネスホテルの客室という印象です。

スーペリアツインルーム

スーペリアツイン

スーペリアツインルームは29㎡の客室。全体的にゆとりある客室で、思った以上に快適でした。

ホテルWBF札幌中央の朝食

ホテルWBF札幌中央の朝食 基本情報
  • 朝食会場:ホテル2階
  • 朝食料金:1,500円
  • 朝食時間:7:00~10:00(L.O 9:30)
  • 種類:ビュッフェ形式

※記載内容は「2024年4月」時点のものです。全て税込。

予約サイトで料金を確認!

朝食は普通のビジホ朝食という印象です。特にこれが美味しいというよりは他のビジホと同じレベルといったところででしょうか。

特にここでしか食べれないというようなものもないため、素泊まりにして、近場の二条市場などに食べに行くのもよいと思います。

ホテルWBFグループはキャンセル規定に注意。7日前からキャンセル料が発生することが多い

ホテルWBFはどのホテルも7日前からキャンセル料が発生します。ホテルWBF札幌中央も例外なく7日前からキャンセル料が発生します(プランやOTAによってはキャンセル規定が異なることがありますが、公式サイトや個人で調べたかぎりでは7日前から発生しました)。

飛行機の機材トラブルや天候の影響でフライトがキャンセルされてしまったり、体調不良で行けなくなってしまった場合など、直前にキャンセルがしたいということは多々あります。特に7日前には直前にどうなるかは予想できません。

少し辛口になってしまいますが、個人的には7日前からキャンセル料が発生するホテルは全くおすすめしないので、この点だけが残念です。

ただ、7日前~4日前は宿泊料金の10%なので、それほど高いわけではありません。それでもキャンセル料が7日前から発生するのは個人的には嫌ですが…。

ホテルWBF札幌中央の基本情報・館内施設、評価レビューまとめ

ホテルWBF札幌中央
総合評価
( 3 )
メリット
  • 無料のホットドリンクサービスあり
  • ラウンジサービスでアルコールやソフトドリンク飲み放題(30分)
  • ハードは古いが、ソフト面(スタッフの対応など)がよく、素晴らしい
デメリット
  • エレベーターにセキュリティなし
  • キャンセル規定が厳しめ。7日前からキャンセル料が発生
  • 全体的に古さはある
ホテルWBF札幌中央の客室ポイント
  • 窓を開けられる
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • ナイトウェアはセパレートタイプ
  • 空調は一括管理タイプ
  • スリッパは共用スリッパ。しかもウォッシャブルタイプではない
  • トイレに暖房便座機能なし
  • セーフティボックスなし

ホテルWBF札幌中央に宿泊する最大のメリットは「充実した無料サービス」だと感じました。特にラウンジサービスは、アルコールが充実しているのが良かったです。

ただ、今までかなり充実していたアメニティなどの種類が減り、シャンプーバーや入浴剤の選べる種類も減り、無料のロックアイスも無くなり、少しコストを意識し始めたのかなという印象で、以前ほど充実しているとは言い難い状況でした。

ホテルWBFはどの店舗もラウンジサービスがありますが、ホテルWBF札幌中央は特にアルコールが充実していると思います。また、セイコーマートとのコラボでワインや惣菜1品あるのが嬉しい!

客室数は80室しかないため規模は小さめですが、ファミリーで宿泊できる2段ベッド付きの客室やビジネス利用も可能な客室など、幅広い客層に対応できます。特に札幌のホテルで2段ベッドがある客室はほとんどないので、ファミリー層に人気のようです。

客室に関しては、水回りはユニットバス、空調は一括管理タイプ(窓が開けられるのが救い)と、全体的に設備が古い印象で、特徴らしいものと言えば、天井が高くて開放感があることです。

個人的には「スーペリアツイン(29㎡)」が2人で利用するにはちょうどよい広さと感じました。

客室だけでホテルを選ぶなら、他のホテルを選ぶかなという印象ですが、全体的なサービスを含めると全然悪くない、むしろ好みの人は多いのかなという印象です。

以上、ホテルWBF札幌中央のブログ的口コミ・レビュー評価でした!参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次