【レビュー評価まとめ・基本情報・館内施設】ザ ノット 札幌(The Knot SAPPORO)の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

北海道・札幌にある「ザ ノット 札幌(The Knot SAPPORO)」に宿泊してきたので宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビューをしたいと思います。

この記事では、基本情報や館内施設や全体のレビュー評価などをまとめてみました。宿泊検討の際に参考にしてみてください。

目次

ザ ノット 札幌(The Knot SAPPORO)の基本情報

ザ ノット 札幌(The Knot SAPPORO)の基本情報は下記の通り ↓

  • チェックイン時間: 15:00〜
  • チェックアウト時間: 〜11:00
  • 開業・改装:2020年8月1日にオープン
  • 住所: 〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西3丁目16-2
  • 電話: 011-200-5545
  • 公式: ザ ノット 札幌
  • 総部屋数: 総客室数140室

形態としては、「普通の宿泊特化ホテル〜高級宿泊特化型ホテルの中間ぐらいかな」という印象です。ビジネスホテルというよりも観光客を重視したこだわりある内装、朝食もシティホテルに引けを取らない内容、立地の良さなど申し分ないホテルで、個人的にも一押しのホテル。

全年代層にオススメというよりは、20〜40代ぐらいまでの方におすすめかなという印章でした。

場所・アクセス

立地は抜群によく、すすきの駅から2〜3分の場所。狸小路商店街もすぐで24時間営業のドン・キホーテも目の前なので、お土産やホテルで利用する日用品や食料、水などを購入するにも便利。

冬季の札幌は、「アクセスしやすいホテル」を選ぼう!

冬季に雪が積もる札幌では、「無理なくホテルにアクセスできるか?」と言うのが、ホテル選びの重要なポイントです。

冬の期間(11月後半〜3月下旬あたり)は、歩道に雪が積もった状態やアイスバーン状態でかなり滑ります。雪で凸凹になった歩道でスーツケースを引いて歩くのは本当に大変です。なので、冬季のホテルは立地や利便性を優先的にホテルを選ぶとより快適になります。

札幌は長い地下道(札幌地下歩行空間)があるので、これをうまく利用すると雪道を歩くことなくアクセスできるホテルも多くあります。冬期はこのようなホテルを選ぶのがオススメです。

ザ ノット 札幌はどうだった?

ザ ノット 札幌は冬場でもおすすめできる立地です。というのも、地下道とホテルが直結しているため、札幌駅から歩いても、すすきの駅から歩いても一歩も外を歩かず、地下道だけを通ってホテルにアクセスすることが可能です。

地下道から南3条西3丁目の出口はザ ノット 札幌に直結

ザ ノット 札幌の外観など

外観の下の方はレンガ造り。

地下からの入り口

地下道から南3条西3丁目の出口はザ ノット 札幌に直結

前述しましたが、ザ ノット 札幌は地下からアクセスすることができます。雨にも濡れず、雪道も通らなくてよいのでかなり便利です。

駅はすすきの駅が最寄りですが、札幌駅までも地下道で続いているので本当に便利です。立地の良さという点においては、すすきの、大通り、狸小路商店街周辺ではNo.1かなと思うほどです。

ホテルロビー周り、レセプション

レセプションは2Fに。ロビー周りは天井は木目で温かみを感じながらも、こだわりある椅子などでかなりおしゃれな印象です。

2Fには朝食会場にもなる「LES BOIS」があり、ランチタイムやカフェタイムも比較的混雑している印象でした。ランチやカフェも美味しいと評判。

レセプションはこじんまりとしていました。2020年に宿泊した時と2021年に宿泊した時とはいくつか変更点がありました。

以前はアメニティは全て部屋に用意されていましたが、2021年12月に宿泊した際にはフロントから持っていくスタイルに。

またチェックインより早く着いた時に(部屋に空きがあれば)そのまま客室に案内してくれていましたが、2021年12月に訪れたと時は、15時手前に行くとチェックイン待ちをしている人でロビー部分が大混雑。14時50分ぐらいからチェックインスタートで、それまでは待機という形でした。運営の仕方が変わったのかな?

スタッフに関しては宿泊特化型ホテルですが、対応はよいと感じます。チェックインで混み合っていましたが、しっかりと誘導するスタッフなどを設け、一人ひとりの名前と顔を覚えているのか、順番通りにしっかりと呼びに来てくれます。全体的に対応は素晴らしいと感じました。

アメニティはレセプションで持っていくスタイル

前述通り、2021年12月に宿泊した時にはアメニティをレセプションから持っていくスタイルになっていました。

ザ ノット 札幌のアメニティは最低限という形です。部屋には歯ブラシのみ用意されており、その他のアメニティはレセプションから持っていくことになっています。

レセプションにおいてあるのは、ドリップコーヒー、デカフェのドリップコーヒー、シュガー・クリーム・マドラー、カミソリ、ヘアブラシ、コットン・綿棒のみ。シャワーキャップやボディータオル、緑茶や紅茶などはありません。

札幌はドリップコーヒーを置いているホテルが結構多いですが、デカフェまで置いているところはほぼありません。

エレベーターはセキュリティあり

エレベーター内にタッチセンサーがあり、こちらにキーカードをかざさないと宿泊フロアにはいけません。B1、1Fから宿泊階に行く時は必ずレセプションのある2Fで一度泊まります。宿泊階からB1、1Fの時は2Fには泊まりません。

エレベーターにセキュリティあり!

1階にはセイコーマート、千秋庵、ギャラリー

1階にはセイコーマートと千秋庵の店舗があり、セイコーマートは重宝すると思います。

セイコーマートは広くてホットシェフも充実しています。セイコーマートのホットシェフは店舗によっては時間帯によっておおいてない(作っていない)ところもありますが、ここのセイコーマートはどの時間帯でも比較的充実している印象でした。

ランドリー

ランドリーは運用が変更になっており、以前はルームキーでランドリールームの扉を開けれたのですが、現在はランドリーを利用する際はレセプションに鍵をもらいに行く必要があります。

ランドリーは洗濯・乾燥機が一体型のドラム式。洗濯+乾燥の標準コースで500円です。

ザ ノット 札幌の客室

ザ ノット 札幌の客室カテゴリー一覧

  • スタンダードダブル – 16㎡
  • モデレートダブル – 18㎡
  • スタンダードツイン – 20㎡
  • モデレートツイン – 22㎡
  • スーペリアツイン – 23㎡
  • デラックスコーナーツイン – 30㎡

現時点でスタンダードツイン、モデレートツイン、スーペリアツイン、デラックスコーナーツインに宿泊したことがありますが、デラックスコーナーツインは格別に快適です。

スタンダードツイン

スタンダードツインは20㎡の客室。

部屋はスッキリとしており、20㎡の割には使いやすいですが大きなスーツケースを広げると足の踏み場に困るかなという印象です。

旅行で利用するのであれば、もうワンランク以上の部屋をおすすめ。ただ、ベットがすごく快適なホテルなので寝るだけの部屋とては快適!

モデレートツイン

モデレートツインは22㎡の客室。作りはスタンダードツイン変わらず、広さに余裕がある感じです。ただ、ベットがあるメインエリアがスタンダードツインと比べて少し広いだけで、メインエリアではなくクローゼットやウェットエリア前のスペースがわりかし広くなっています。

なので、スタンダードツインと比べて広いといえば広いですが、すごく広くなったという感覚はないかも….

スーペリアツイン

スーペリアツインは23㎡でトイレが独立しているのが特徴。

トイレは独立していてよいのですが、洗面台とバスタブは一緒になっています。なので、独立した洗い場付きのバスルームがよい方はデラックスコーナーツインを選びましょう。

とは言え、トイレが独立していることだけでも使い勝手は向上するので、スタンダードツインなどよりはおすすめできますが、デラックスコーナーツインと大差ない料金ならば確実にデラックスコーナーツインがおすすめです。

デラックスコーナーツイン

デラックスコーナーツインは30㎡の客室で、ザ ノット札幌で一番上位の部屋。

独立した洗面台、個室トイレ、洗い場付きのバスルームは広くて快適。

部屋も快適に利用できる広さで、空きスペースもあるのでスーツケースなども広げややすかったです。最上位カテゴリーの部屋だけあって、個人的に一番おすすめの客室です。デラックスコーナーツインは客室数が少ないため、売り切れて切ることが多いので早めの予約をおすすめします。

ザ ノット 札幌の朝食は絶対食べるべき!

朝食は2Fにあるミシュランガイド 一ツ星獲得「日本料理 みえ田」の三枝氏が監修する「LES BOIS」です。

基本的に和食御膳、数量限定で「洋食」が選べます。筆者も何度か食べていますが、洋食は数量限定ということもあり洋食の案内が無い時(すでに売り切れ)が多々あったので、洋食を食べたい人は早めに行くのがおすすめです。

出典:https://hotel-the-knot.jp/sapporo/information/562/

筆者はミシュランガイド 一ツ星獲得「日本料理 みえ田」の三枝氏が監修していることもあり、いつも「和食御膳」一択ですが、この和食御膳、朝食のセットメニューとしてはかなりレベルが高いです。

どれも味付けがよく、ボリュームもあり、十分満足できる朝食。特に焼き魚のふっくら感は素晴らしかったです。ザ ノット 札幌に宿泊するのであれば、ぜひ、朝食を付けることをオススメします。

ザ ノット 札幌の基本情報・館内施設、評価レビューまとめ

札幌の宿泊特化型ホテルとしては、立地の良さ、そして寝心地の良いベット、美味しい朝食、内装のオシャレさが特徴的なホテル。大浴場(温泉)はありません。

立地の良さは個人的に素晴らしいと感じました。この周辺のホテルとしてはNo.1と思うほど。とにかく観光で来ているなら立地に関してはかなりオススメです。

また、デラックスコーナーツインは申し分ない快適さ。その他の客室も快適ではありますが、洗い場付きバスルームや大浴場を備えたホテルと比べると快適性が多少劣るかも。なので、このホテルに宿泊するなら、洗い場付きバスルームが札幌のホテルの中でもトップクラスの広さである「デラックスコーナーツイン」がオススメです。

また、朝食は本当に美味しかったので、ここに泊まるなら、ぜひ、朝食も食べてみてください!

以上、ザ ノット 札幌のブログ的口コミレビューでした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる