【スーペリアツイン シティビュー】ザ ノット 札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるザ ノット 札幌(THE KNOT SAPPORO)の「スーペリアツイン シティビュー」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

ザ ノット 札幌は2020年8月1日にオープンしたホテル。感度の高い若者におすすめできるオシャレな内装と寝心地の良いベッドが特徴。全体的に温かみのある色使いの中にレトロだったりモダンだったりするインテリアをうまく取り入れており、このホテルがお気に入りという人も多いはず。筆者もその一人です。

そして、なんといっても立地の良さが最高なホテル。この周辺のホテルでは立地はNo.1といえるぐらい良い立地環境で、すすきの方面、狸小路商店街、大通り方面へのアクセスは抜群。

この記事では、そんなザ ノット 札幌の「スーペリアツイン シティビュー」をレビューしていきます。この客室の特徴は程よい広さの客室、個室トイレです。

ぜひ、参考にしてみてください!

目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ザ ノット 札幌のアメニティは、レセプション横にあるアメニティバーから持っていくスタイル

ホテル業界でもSDGsなどの取り組みの一環として、アメニティは客室に一切置かずに、全て客室が選んで持っていくスタイルに変更しているホテルが多くなってきました。ザ ノット 札幌でもそのような形に変更となっています。

歯ブラシ
バスソルト
コットン&綿棒
カミソリ
ヘアブラシ

残念なことに、ティーアメニティは全くありません。以前は美味しいドリップコーヒーとデカフェが提供されていましたが、それは無くなっています。かなり残念…。

アメニティに関して
  • アメニティはレセプション・フロント横にあるアメニティバーから自由に持っていくスタイル
  • 以前あったドリップコーヒーやデカフェコーヒーの提供は取りやめ。ティーアメニティは一切なし。
  • 以前なかったバスソルトがアメニティに追加
  • 全体的にアメニティは最低限レベル

ザ ノット 札幌は、エレベーターにセキュリティあり!

2階のエレベーター前

エレベーターは全部で2基。全140室のホテルなので2基あれば必要十分以上だと思います。

エレベーター内にタッチセンサーがあり、こちらにキーカードをかざさないと宿泊フロアに行けません。

エレベーターにセキュリティあり!

地下1階または1階から宿泊階に上がる時に、必ずレセプションのある2階で停止します。少し煩わしいですが、セキュリティ上そのような仕様になっているものだと思います。ただ、宿泊階から1階や地下1階に下がる時はフロントがある2階に停止しません。

ザ ノット 札幌の宿泊フロア

宿泊した10Fのエレベーターホールと通路。

雰囲気重視のオシャレな通路。ただ、少し薄暗くて文字は見にくいし、若者向け感という印象です。年配層には暗すぎてザ ノット 札幌は居心地が悪そうです。

ザ ノット 札幌の「スーペリアツイン シティビュー」を紹介!

今回宿泊したのは1010号室の「スーペリアツイン シティビュー」。23㎡の客室です。

下二桁が10、09号室がスーペリアツイン シティビューとなります。

部屋に入ると真正面に洗い場付きバスルーム、右奥の入り口がベッドがあるメインルーム、左側の引き戸は個室トイレという構成でした。

スーペリアツイン シティビューの全体像

スーペリアツイン シティビューの備品などは「スタンダードツイン シティビュー電車通り」と同じため、詳細はスタンダードツインを参照してみてください。

スーペリアツイン シティビューのレビューは、ポイントを絞って紹介していきます。

内装はナチュラルな色合いながらもおしゃれで色々とこだわりを感じられます。10〜30代ぐらい向けかなという印象でした。

「スーペリアツイン シティビュー」は23㎡の客室です。

客室タイプがツインタイプで一番下のクラスである20㎡の広さの「スタンダードツイン シティビュー電車通り」ではスーツケースや大きな荷物があると「2人での利用はちょっと狭すぎるかな…」という印象でした。

しかし、23㎡ある「スーペリアツイン シティビュー」では、ちょうどよい広さだと感じました。

ベッド周り

ベッドはスランバーランドで横幅120cm幅、厚みが30cmほどのマットレス。ピロートップもついており、寝心地も抜群によいです。寝心地は素晴らしく、ベッドに関しては宿泊特化型ホテルでは最高峰です。

ベッドの寝心地は最高!ピロートップ付きでシティホテルよりも快適かも!

ベッド周りにはUSBポートと電源もあり、充電なども問題なく可能です。

デスク周り

部屋の一番奥にデスクがあります。

デスク周りには色々と置いてありますが、奥行きがしっかりとあるデスクなのでPC作業などもしやすく使い勝手も悪くないです。コンセントが2口、USBポートが1口と電源や充電周りも問題ありません。

今回は1人での宿泊です。ミネラルウォーターは1本のみ。(以前はツインの部屋だと2本用意されていましたが、宿泊人数分の用意に運営が変更になっています)。

ミネラルウォーターの提供あり

ミネラルウォーターはありますが、ティーアメニティは一切提供されていません。

ティーアメニティは一切なし

セキュリティボックスも備わっています。

セキュリティボックスあり

今回紹介しているスーペリアツイン シティビューの備品は「スタンダードツイン シティビュー電車通り」と同じため、詳細は「スタンダードツイン シティビュー電車通り」を参照してみてください。

スーペリアツイン シティビューにはテーブルセットあり!

スタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)、スーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)との違いとして、テーブルセットが完備されています。

ただし、テーブルは小さく、ソファーは1脚のみ。スペース的にも少し狭いかな…という印象がありました。

クローゼットはメインエリアに

スタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)、スーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)はクローゼットが通路部分にありましたが、この客室にはベッドがあるメインエリアに設置されています。

メインエリアと通路部にドアがある

ベッドがあるメインエリアと通路部分はドアで仕切ることができます。これによって宿泊フロアの廊下からの騒音などをカットできますね。

個室トイレも特徴の1つ

左側の引き戸がトイレ
トイレ内で手が洗えるようになってる
シャワートイレはINAXを採用

スーペリアツイン シティビューは「個室トイレ」となっているのが最大の特徴です。

ザ ノット 札幌で個室トイレを採用している客室は、今回紹介している「ススーペリアツイン シティビュー」と「デラックスキング パノラミックシティビュー」のみです。

バスルームは洗面台と一緒で、洗い場付きではない

トイレは個室ですが、洗面台とバスルームは同じエリアにあります。できれば洗い場付きバスルームであれば、よかったですが…。ザ ノット 札幌で洗い場付きバスルームがあるのは「デラックスキング パノラミックシティビュー」のみです。

ウェットエリアの広さは「1.8m x 1.4m」。スタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)やスーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)とウェットエリアの広さは同じですが、トイレがない分使い勝手がこちらの方が上です。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

トイレが別なため、ゆとりがあります。洗面台の位置がスタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)やスーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)とは少し異なりました。

1人での宿泊時はタオルなどが1つのみ

アメニティは歯ブラシ以外は置いてなく、フロントにあるアメニティボックスからもらってくる形です。

追記すべてのアメニティを1階のアメニティバーからも持っていくるスタイルに変更になっています。

アメニティバー

アメニティは歯ブラシ、バスソルト、コットン&綿棒、ブラシ、カミソリがあります。

シャワーの水圧は問題ないレベル。通常モード、マッサージモード、蛇口から水がでているような感じの3パターンで変更可能です。シャワーヘッドの固定は可動式なので、背の低い方や高い方にも使いやすいでしょう。

通常のユニットバスよりもトイレがない分、広々としている。

景色や窓

今回の宿泊したの「スーペリアツイン シティビュー」です。名称に“シティビュー”と記載されていますが、景色は「すすきの方面」でした。

特に景色がよいとは言えず….今回宿泊した10階からの景色だと目の前がひらけてますが、低層階だと目の前にビルがある形になりそうです。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は個別調整可能タイプ。冷暖房の切り替え、温度調整が可能です。

空調は個別タイプで冷暖房の切り替えや温度調整が自由に可能!

窓は開くタイプの窓ですが、取っ手部分が取り外されており、個人であけることはできません。

窓は開けることができない

天井、ライト

天井にはスポットライトが4個。それなりの数のスポットライトがありますが、全体的に部屋は暗めになっており、どちらかというと雰囲気重視の客室です。

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

約70Lのスーツケースを広げてみた

この「スーペリアツイン シティビュー(23㎡)」の客室は、「スタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)」や「スーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)」の客室と比べて比較的ゆとりがあります。

約70Lのスーツケースを広げてみましたが空きスペースに余裕があります。ただ、部屋の真ん中以外に広げるスペースがないため、置く場所に少し困ります…。

大きなスーツケースを広げられるぐらいの空きスペースあり!

ザ ノット 札幌「スーペリアツイン シティビュー」の評価レビューまとめ

ザ ノット 札幌「スーペリアツイン シティビュー」
総合評価
( 4 )
メリット
  • ツインルームの中で一番空きスペースがある。大きなスーツケースなどある場合はこの客室がおすすめ
  • 個室トイレになっている
  • 空調は個別調整可能。冷暖房の入れ替えがいつでも可能
  • セーフティボックスあり
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • オシャレな内装。若者受けはよいと思う
  • 寝心地のよいベッド
デメリット
  • ティーアメニティは一切なし(以前はあったが…)
  • うるさい車の音が聞こえる時も…
  • 窓が開けられない

ザ ノット 札幌の「スーペリアツイン シティビュー(23㎡)」の特徴は、適度な広さ、個室トイレになっているところ。個人的にはザ ノット 札幌のツインルームの中で一番気に入っている客室です。

特に大きなスーツケースがある人はこの客室がおすすめです。

部屋の広さ、個室トイレでスタンダードツイン シティビュー電車通り(20㎡)やスーペリアツイン シティビュー電車通り(22㎡)よりも快適度はグッとあがります。また、寝心地の良いベッドはこのザ ノット 札幌ならでは。新しめのホテルということで空調や清潔感もよく、そしてこのオシャレ感は若者でドツボにハマる人が多いと思います。

ホテル全体としては、立地の良さは抜群。目の前にドン・キホーテ、狸小路商店街なので、飲食や足りないものの買い出しにも便利。すすきの、大通方面へのアクセスもよいのもメリット。すすきの、大通り周辺のホテルの中でもかなり上位にくるぐらいアクセスはよく、地下道からホテルにつながっているので雪が降ってもかなりアクセスしやすいです。

立地が良い反面、目の前の大通りにやたらうるさい車などが夜遅くに走っている音が聞こえたり、たまには奇声も…(苦笑)しっかりと防音の高い窓を利用していますが、それでも音は聞こえる時がありました。立地をとるか静寂を取るかのどちらかですが、ちょっとでもうるさいと寝れないという方は他のホテルをおすすめします。

ザ ノット 札幌はビジネス用途というよりも観光客向けな「ミドルアッパークラスの宿泊特化ホテル」という印象。札幌には観光客向けな高級宿泊特化ホテルが増えてきていますが、その中でもトータルにはなかなか素晴らしいホテルで、個人的には気に入っていますが、客層を選ぶホテル(若者向け)だと感じます。

以上、ザ ノット 札幌「スーペリアツイン シティビュー」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次