【デラックスキング パノラミックシティビュー】ザ ノット 札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるザ ノット 札幌(THE KNOT SAPPORO)の「デラックスキング パノラミックシティビュー(旧:デラックスコーナーツイン)」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

以前は「デラックスコーナーツイン」とツインの客室でしたが、名称が「デラックスキング パノラミックシティビュー」と変更になり、部屋はベッドがキングサイズに変更となりました。

ザ ノット 札幌は2020年8月1日にオープンしたホテル。感度の高い若者におすすめできるオシャレな内装と寝心地の良いベットが特徴。全体的に温かみのある色使いの中にレトロだったりモダンだったりするインテリアをうまく取り入れており、このホテルがお気に入りという人も多いはず。筆者もその一人です。

そして、なんといっても立地の良さが最高なホテル。こaの周辺のホテルでは立地はNo.1といえるぐらい良い立地環境で、すすきの方面、狸小路商店街、大通り方面へのアクセスは抜群。

この記事では、そんなザ ノット 札幌(THE KNOT SAPPORO)の中でも最上位カテゴリーの部屋となる「デラックスキング – パノラミックシティビュー -(旧:デラックスコーナーツイン)」を詳細にレビューしていきます。

正直言って、かなりおすすめできます。この周辺のホテルの客室でもNo.1では?と思うぐらいすばらしく、洗い場付きバスルーム、個室のトイレ、部屋の広さ、ベットの寝心地のよさなど、すべてが揃っている客室でした!

目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ザ ノット 札幌のアメニティは、レセプション横にあるアメニティバーから持っていくスタイル

ホテル業界でもSDGsなどの取り組みの一環として、アメニティは客室に一切置かずに、全て客室が選んで持っていくスタイルに変更しているホテルが多くなってきました。ザ ノット 札幌でもそのような形に変更となっています。

歯ブラシ
バスソルト
コットン&綿棒
カミソリ
ヘアブラシ

残念なことに、ティーアメニティは全くありません。以前は美味しいドリップコーヒーとデカフェが提供されていましたが、それは無くなっています。かなり残念…。

アメニティに関して
  • アメニティはレセプション・フロント横にあるアメニティバーから自由に持っていくスタイル
  • 以前あったドリップコーヒーやデカフェコーヒーの提供は取りやめ。ティーアメニティは一切なし。
  • 以前なかったバスソルトがアメニティに追加
  • 全体的にアメニティは最低限レベル

ザ ノット 札幌は、エレベーターにセキュリティあり!

2階のエレベーター前

エレベーターは全部で2基。全140室のホテルなので2基あれば必要十分以上だと思います。

エレベーター内にタッチセンサーがあり、こちらにキーカードをかざさないと宿泊フロアに行けません。

エレベーターにセキュリティあり!

地下1階または1階から宿泊階に上がる時に、必ずレセプションのある2階で停止します。少し煩わしいですが、セキュリティ上そのような仕様になっているものだと思います。ただ、宿泊階から1階や地下1階に下がる時はフロントがある2階に停止しません。

今回は10階のお部屋でした。

ザ ノット 札幌の宿泊フロア

宿泊した10Fのエレベーターホールと通路。

雰囲気重視のおしゃれな印象。ただ、少し薄暗くて文字は見にくいし、若者向け感という印象で、年配層には暗すぎてザ ノット 札幌は向いていないと感じました。

また、エレベーターホールはなく、エレベーター前には客室があります。エレベーター前の客室の場合、人の出入りで多少騒がしいかもしれません。

ザ ノット 札幌の「デラックスキング パノラミックシティビュー」をブログ的詳細レビュー!

今回宿泊したのは10階にある1008号室。「デラックスキング パノラミックシティビュー」で 30㎡の客室です。ザ ノット 札幌では一番広くて最上位カテゴリーの客室となります。

客室見取り図

フロアはL字型になっていますが、ちょうどL字の角部分の客室でした。

以前はカードキーを差し込むと電源がONになる仕様でしたが、現在、すでにキーカードのような黒いカードが挿された状態になっており、キーカードを入れなくても電気や空調が使える仕様になっています。シティホテルや高級ホテルと同じ感覚で利用できます。

部屋に入ると真正面に洗い場付きバスルーム、右奥の入り口がベットがあるメインルーム、左側の引き戸は個室トイレという構成でした。

デラックスキング パノラミックシティビューの全体像

内装はナチュラルな色合いながらもおしゃれで色々とこだわりを感じられます。10〜30代ぐらいの世代向けかなという印象でした。

30㎡の客室ですが、ベットがあるメインエリアはそれほど広くはありません。2人利用で狭すぎるということはありませんが、広すぎるというよりは「ちょうどよい広さ」という感じでしょうか。後ほど紹介しますが、個室トイレ、洗い場付きバスルームがあるので、そちらに面積を割いている感じです。

以前のデラックスコーナーツイン時

以前はデラックスコーナーツインという客室でツインルームの客室でした。

ベット周り

ベッドは200cm幅。札幌のホテルで200cm幅を採用している客室はなかなか少ない(180cmまでが多い)ので、貴重な存在です。

ベッドの左右にコンセントが各1口、USBポートが各1口あります。

元々開業した時はツインルームだったので、ツインルームに合わせた作りをしていますが、それをキングルームに変更したことにより、このベットボード周りが使いにくい印象です。

と言うのも、キングベッドに変更でツインベッドの時よりも横幅が小さくなったことにより、ベッドボードにあるコンセントやUSBポートがかなり遠くなりました。寝ながら使うのは無理で、一度起おきないと使えないような距離…。これだとここにある意味がない…

ナイトテーブルの天板は「札幌軟石」を採用。ただ、この天板がザラザラしており、携帯などをそのまま置くとキズが付きそうで恐る恐る利用していました…。

枕は各ベットに2個ずつ。片面がストローでもう片面が綿の枕が1つ、羽毛の枕が1つ。

ベッドはフランスベッドを採用。ザ ノット 札幌はこのデラックスキング以外の客室はスランバーランドのベッドを採用していますが、デラックスキングではフランスベッドとなっています。

ベッドにはピロートップがないですが、トップ部分にかなりクッションが入っているので実質ピロートップがあるような感覚でした。ただ、他の客室で採用されているスランバーランドのベッドの方が寝心地は好みでした。

デラックスコーナーツインの時

ベットはスランバーランドで横幅110cm幅、厚みが約19cm、ピロートップがないマットレス。は120cm幅で厚みが約30cm、ピロートップがあるマットレスを採用しているので、それらよりもデラックスキング – パノラミックシティビュー -(旧:デラックスコーナーツイン)のベットは劣るスペックです。

寝心地が素晴らしく良いという感じではないですが、それでも宿泊特化型ホテルのベットとしてはかなり快適です。

デスクまわり

部屋の一番奥にデスクがあります。

デスク周りには色々と置いてありますが、奥行きがしっかりとあるデスクなのでPC作業などもしやすく使い勝手も悪くないです。コンセントが2口、USBポートが1口と電源や充電周りも問題ありません。

冷蔵庫はそれほど大きくないですが、中板を外せば2Lの水を入れることが可能です。

今回は1人での宿泊ですが、ミネラルウォーターは2本ありました(現在は1人だと1本のみになっています)。

ミネラルウォーターの提供あり

セキュリティボックスも備わっています。

セキュリティボックスあり

テレビ、ソファなど

テレビは50インチで首振り機能がついており、どこの位置からも見やすいです。

首振り機能あり

加湿機能付き空気清浄機を完備。

ソファセットもあるので、寛いで過ごせます!

メインエリアと通路部にドアがある

ベットがあるメインエリアと通路部分はドアで仕切ることができます。これによって宿泊フロアの廊下からの騒音などをカットできますね。また、お風呂に入っている人がいる時にしっかりと仕切れるので、着替えなどの際にちょうどよいです。

洗面台はぬくもりある木目の壁でデザイン性の高いオシャレな印象。他の客室とは違い、独立洗面台はポイント高いですね。

アメニティは、2階にあるアメニティバーから持ってくる形です。以前はフェイスタオルの他にハンドタオルも置いてありましたが、ハンドタオルは置かない仕様になった模様です。

ハンドソープはHAJIMARIシリーズ。以前はかなり使い勝手が悪い容器に入っていましたが、変更になり、普通に使えるものになりました。

タオル掛け

ドライヤーはパナソニックのEH-NE18を採用していましたが、現在はSALONIAに変更になっています。

洗い場付きバスルームが超快適!かなり広い!

洗面台の横に洗い場付きバスルームがあります。この洗い場付きバスルームがあるのはザ ノット 札幌の中ではこのデラックスキング パノラミックシティビュー だけ。スーペリアツイン シティビューはバス・トイレ別ですが、洗面台とバスタブが一緒なユニットバスタイプを採用しています。

洗い場付きバスルームの広さは「1.8m x 1.6m」。札幌のホテルの中でも最上級です。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

バスタブは約134cm x 65cm x 深さ50cmとなっており、175cmある筆者でも足が伸ばせるぐらいです。かなり快適です。シャワーヘッドホルダーは可動式で自分好みの高さに変更できるのもよいところです。

洗い場とバスタブ側にカランがあり、洗い場の方は座って利用できる高さ(基本的にシャワー利用を意識してか、高い位置に水道口がついているところもある)。桶や椅子もしっかりと完備しています。

以前のディスペンサー

以前のディスペンサーがかなり使い勝手が悪く、かなり酷評されていました。現在は変更になりました。

現在のバスアメニティ

バスアメニティはHAJIMARIシリーズ。オーガニックで個人的には結構好みです。以前からこのシリーズを採用していますが、ディスペンサーのみ変更になりました。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

シャワーは通常のシャワー、マッサージモード、あとは水道口から出しているようなモード?の3パターン。水圧はほんの少しだけ弱いかなという印象でした。(他の部屋に宿泊した時は普通だと感じたので、この部屋だけ?)

洗い場付きバスルームで、広さ、使い勝手の良さは抜群!桶や椅子も完備しており、札幌にある洗い場付きバスルームの中でも一番といってよいほど素晴らしい!

ほんの少しだけ水圧が弱いかなという印象が…(不快とは全く思わないけど、もう少し強いとより快適だと感じた)

クローゼットなど

クローゼットは通路部分に。引き戸タイプのドアで、それほど広くないです。

デラックスキング パノラミックシティビューは30㎡ありますが、クローゼットエリアはすごく狭いです…

また、ハンガーが全部で4本しかないため、冬場でコートやダウンなどがあると本数がちょっと足りないかなと思います。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は、上下セパレートタイプ。

スリッパは使い捨てスリッパを採用しています。

景色や窓

この部屋の特徴の一つでもあるのが窓の大きさ。壁一面が窓なので採光は抜群。

景色は特段と良いとは思いませんが、ビルが多い札幌市内の中では良い方で、観覧車などを見ることができます。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

このホテルのエアコンは個別調整できるタイプ。冬場であっても冷房、夏場であっても暖房をつけることが可能です。

エアコンは個別調整可能タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能

一番端っこの窓は開けることが可能でした。他の客室(ではこの取っ手部分が取り外されており勝手に窓をあけることができなかったので、デラックスキング パノラミックシティビュー の客室だけが窓が開けられます。

窓を開けることができる。換気や温度調整可能!

Wi-Fi

20時〜22時はダウンロードが少し遅くなる傾向でしたが、スマホで利用している分には特に問題なく利用可能でした。過去に数回宿泊していますが、その時も特にWi-Fiで気になることはなかったので、比較的快適な方だと思います。

強いていうならば、ダウンロードが10Mbps前後はPC利用では少し厳しいかもしれません。もう少し速いと嬉しいところですね。

Wi-Fiは時間帯によっては速度が落ちるが、基本的に速度が落ちても問題なく利用できる

天井、ライト

天井高は約2.6m。天井はスポットライトが2つのみで、部屋は雰囲気重視という印象。夜は少し暗めかなという感じです。

空きスペースは?

デラックスキングは30㎡の客室です。ただ、思っていたよりも空きスペースは少ない印象でした。

上記の写真では機内持ち込みサイズのスーツケースですが、広げられるスペースはありました。ソファーセットを少し移動すれば、大きなスーツケースも難なく広げられるスペースは確保できるぐらいの広さです。

広すぎるということはないが、スーツケースを広げられるぐらいの空きスペースはある

通路でスーツケースを広げられる広さはありません。スーツケースを広げるならば、ベットがあるメインエリアで広げるしかなさそうです。

また、この客室にはバゲージラックがありません。バゲージラックは貸し出しで借りることができるので、必要な方はフロントにお願いしましょう。

ザ ノット 札幌(THE KNOT SAPPORO)「デラックスキング パノラミックシティビュー」まとめ

ザ ノット 札幌(THE KNOT SAPPORO)の「デラックスキング – パノラミックシティビュー -(旧:デラックスコーナーツイン)」をレビュー紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?メリット、デメリットをまとめてみました。

ザ ノット 札幌「デラックスキング パノラミックシティビュー」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ちょうどよい広さ
  • 洗い場付きバスルームあり。また、札幌のホテルの中でも広くてバスタブが大きい
  • 独立した洗面台
  • 個室トイレ
  • 空調は個別調整可能。冷暖房の入れ替えがいつでも可能。窓も開けられる
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • セーフティボックスあり
  • ナイトウェアはセパレートタイプ
  • 使い捨てスリッpを採用
デメリット
  • うるさい車の音が聞こえる

ザ ノット 札幌のデラックスキング パノラミックシティビューは、ほぼ満点というぐらい素晴らしい客室でした。不満点はほとんどなく、誰でも快適だと感じると思います。

また、新しめのホテルということで空調や清潔感もよく、そしてこのオシャレ感は若者でドツボにハマる人が多いと思います。

特徴的なところは、洗い場付きバスルームや個室トイレなど水回りが超快適な点と200cmのキングベッドがある点。200cmのキングベッドがあるホテルは札幌では珍しいので貴重な存在です。

ホテル全体としては、立地の良さは抜群。目の前にドン・キホーテ、狸小路商店街なので、飲食や足りないものの買い出しにも便利。すすきの、大通方面へのアクセスもよいのもメリット。すすきの、大通り周辺のホテルの中でもかなり上位にくるぐらいアクセスはよく、地下道からホテルにつながっているので雪が降ってもかなりアクセスしやすいです。

立地が良い反面、目の前の大通りにやたらうるさい車などが夜遅くに走っている音が聞こえたり、たまには奇声も…(苦笑)しっかりと防音の高い窓を利用していますが、それでも音は聞こえる時がありました。立地をとるか静寂を取るかのどちらかですが、ちょっとでもうるさいと寝れないという方は他のホテルをおすすめします。

程よい広さ、洗い場付きバスルーム、独立した洗面台、個室トイレなど基本的に快適に過ごせる空間に仕上がっており、特に観光などできている旅行者にはかなりおすすめできます。個人的にもかなりお気に入りの客室です。

ザ ノット 札幌はビジネス用途というよりも観光客向けなミドルアッパークラス(または高級)の宿泊特化ホテルという印象。札幌には観光客向けな高級宿泊特化ホテルが増えてきていますが、その中でもトップクラスで素晴らしいと感じたホテルでした。

以上、ザ ノット 札幌「デラックスキング パノラミックシティビュー」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

楽天トラベル

楽天トラベルでは、多数のクーポンが配布されています。また、ポイントがアップするような施策も行われています。

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

都道府県、地方、地域で開催されているキャンペーン

北海道・東北

関東

東海

北陸

関西

山陰

四国

九州・沖縄

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次