【シングル プレミア】クロスホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるクロスホテル札幌「シングル プレミア」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

この記事は「2022年12月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

予約サイトで料金を確認!
目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

クロスホテル札幌のロビーやフロント周り

フロント・レセプション

宿泊特化ホテルの中でも“高級”宿泊特化型ホテルに分類されるクロスホテル札幌は、スタッフも非常に丁寧で案内もスムーズ。

ロビースペース

全体的にスタイリッシュなホテルで、年配層というよりは20〜40代ぐらいの年代層に好まれそうな印象です。

クロスホテル札幌はアメニティを「アメニティバー」から持っていくスタイルに変更

客室内に一部のアメニティ(ドリップコーヒーや紅茶)は置いてありますが、その他のアメニティはフロント前にあるアメニティバーから持っていくスタイルになっています。

アメニティバー全体像

アメニティバーには、ボディタオル、歯ブラシ、ブラシ、カミソリ、ヘアゴム、綿棒、コットン、シャワーキャップが置いてありました。

クロスホテル札幌は高級宿泊特化型ホテル(高級ビジネスホテル)に分類されますが、アメニティの質はかなり安いビジホレベルまで質が低下しました…。歯ブラシやボディタオルなどの質が以前よりもかなり劣化しており、正直、残念ポイントです。

クロスホテル札幌はエレベーターにセキュリティあり!2階で必ず一度停止する…

エレベーターにセキュリティあり

クロスホテル札幌のエレベーターにはタッチセンサーがあり、カードキーをかざすとエレベーターのボタンが押せるようになる仕組みで、セキュリティがしっかりとあります。

エレベーターにセキュリティあり!

ただ、自分の客室があるフロア以外のボタンも押せるので、セキュリティが高い訳ではないですが、他のホテル同様にセキュリティは問題ないでしょう。

フロントは2階にありますが、エレベーターは上り下り共に2階で一度停止する仕様になっています。ちょっとめんどくさい印象でした…。

必ずフロントがある2階でエレベーターが一度停止する…

クロスホテル札幌の宿泊フロア

アート&スタイリッシュなエレベーターホール前です。

通路

クロスホテル札幌の「シングル プレミア」を詳細レビュー!

今回宿泊したのはスタンダードフロアの「シングル プレミア」で18㎡の客室です。

のぞき穴はカバーあり
部屋配置図(避難経路図)
カードホルダー

客室内の電気などはカードキーをホルダー入れると利用できるタイプで一般的な宿泊特化型ホテルと同じです。

カードキーを抜いた状態でもテレビ、空調は利用できますが、ほとんどのコンセント(テレビ下の片方、空気清浄機裏のコンセント以外)、USBポートが利用できませんでした。

シングル プレミアの全体像

プレミア シングルは18㎡の客室です。18㎡で大きなベッドを採用しているためか、かなり狭い印象でした。

内装は2022年4月にアートルームとしてリニューアルしており、壁面にアート作品を取り入れた客室となっています。他のホテルではあまり見かけないような客室です。

夜は雰囲気重視のライティングで少し暗い印象が残りました。

ベッド周り

ベッドは160cm幅を採用、デュベスタイルです。

枕は全部で2個

ベッドのマットレスはシモンズのピロートップ付きのものを採用。寝心地は同レベルの高級宿泊特化型ホテルと比べてもトップクラス。

サイドテーブル

ベッドの両サイドにコンセント、USBポートが各1口ずつあります。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプを採用。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレート!

デスク、ミニバー周り

デスクやミニバー
デスク

デスクは奥行きもしっかりとあり使いやすい大きさでした。

デスク上にはコンセントが1口、USBポートが1口あります。

また、デスク下のコンセントが利用可能です。

テーブル下にサイドテーブルが収納されていました。ベッド脇で使ったり補助デスクとしても使い勝手が良さそうです。ただ、この周りがあまりスペースが無く、使えるところが限定的になるのが残念…。

ミニバー

ミニバーのところにもコンセントが1口、USBポートが1口ありました。

ティーアメニティ

ティーアメニティはドリップコーヒーとルピシアの紅茶。緑茶はありません。

冷蔵庫
ミネラルウォーター

冷蔵庫の中にミネラルウォーターが入っていました。

ミネラルウォーターの提供あり

セキュリティボックス(セーフティボックス)

セキュリティボックス(セーフティボックス)も完備しています。

セキュリティボックス(セーフティボックス)あり!

加湿機能付き空気清浄機

テレビ

テレビは50インチで首振り機能はなし。

HDMI端子
テレビ下にコンセント

HDMI端子は利用できそうですが、接続しづらい感じです。テレビ下にコンセントがありました。

通路、クローゼット

クローゼットはなく、ハンガーラックなどは壁掛けタイプ。ラック部分の穴のどこにでもハンガーが掛けられるので便利でした。

ブラシや靴べら、使い捨てスリッパなど
スリッパ

使い捨てスリッパは一般的な宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)と比べて厚みがあり良いです。

使い捨てスリッパはふかふかしている!

全身鏡

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア

ウェットエリアは広くはないですが、必要最低限レベルの広さが保たれており、使い勝手も問題なし。

トイレ

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで、暖房便座機能あり。トイレットペーパーはシングルです。

洗面台

使い勝手も悪くない洗面台でした。アメニティ類はフロント階にあるアメニティバーから持ってくるスタイルです。

2階にあるアメニティバー

アメニティバーには、ボディタオル、歯ブラシ、ブラシ、カミソリ、ヘアゴム、綿棒、コットン。

タオル類

タオルはフェイスタオル、バスタオルに加え、ハンドタオルが各1枚ずつありました。

ハンドソープ

ハンドソープはペリカン石鹸のPROVINSCIA(プロバンシア) 。また、アルコール消毒液も置いてありました。

洗面台下側

洗面台下にはバスタオルや足ふきマットなどがあります。

ドライヤー

ドライヤーはテスコムのTID190を採用。

シャワーブース

シングル プレミアの客室はバスタブはなく、シャワーブースのみとなります。クロスホテル札幌は大浴場があるため、多くの方が問題ないと思いますが、バスタブがほしい場合はダブル以上でバスタブを備えた客室を予約しましょう。

シャワーブース

シャワーブースは一般的なホテルのシャワーブースよりも高級感があり、レインシャワーも備わっています。

バスアメニティ

バスアメニティはペリカン石鹸のPFOVINISCAを採用。

シャワー

ハンドシャワーの種類は1種類のみ。水圧は少し弱いかな…という感じで大浴場の方が水圧が良かったです。

水圧が少し弱い印象で残念…。

他の客室ではシャワーが快適な水圧だったので客室によって異なるのかな?という印象です。

クロスホテル札幌には大浴場があるため、シャワーやバスタブは使わない方が多いでしょう。大浴場の情報はこちら↓

札幌では「大浴場」や「温泉大浴場」があるホテル、「洗い場付きのバスルーム」を備えたホテルが多数あります。

なので、ユニットバスしかなかったりするホテルや客室はデメリットかも…。洗い場付きバスルームがある客室や大浴場があるホテルを選ぶとより快適なホテルステイになるでしょう。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

空調は一括管理タイプ?それとも個別管理タイプ?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

エアコンは個別タイプかと思いましたが、なんと一括管理タイプ。この時は真冬で暖房のみで冷房を入れることはできませんでした。

空調は一括管理タイプ。冷暖房を自由に切り替えできず。

また、クロスホテル札幌では窓を開けることができません。

窓が開けれず、換気や窓を開けての温度調整ができない

何度もクロスホテル札幌に宿泊していますが、空調で気になるのは季節の変わり目。以前に秋ぐらいに宿泊した時、気温が20度以上でしたが暖房しか入らず、客室内が暑すぎて快適さを失っていました。他の宿泊者も同じように暑かったみたいで、窓が開かない代わりに、部屋の入り口ドアを開けている人が多数いました…。

と、季節の変わり目は特に要注意です。

景色

景色はギリギリ遠くが見渡せるかな…という感じですが、半分はまだビルが目の前にある状態でした。景色を楽しむなら、クロスフロアの方が良さそうです。

空きスペースはどれくらい?スーツケースを広げらる?

シングル プレミアの客室は18㎡です。宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)のシングルルームとしては広めにはなりますが、高級宿泊特化型ホテル(高級ビジネスホテル)やシティホテルのシングルルームとしては標準的な広さといえそうです。

ただ、このシングル プレミアの客室はかなり狭い印象でした。というのも一番の要因は160cm幅のベッドを採用しているため。客室内に空きスペースは少なく、寝るだけの客室という感じです。

個人的に高級宿泊特化型ホテルでこの空きスペースの無さは不快すぎるな…と感じました。

約70Lのスーツケースは空気清浄機を移動させて通路で広げましたが、通路をほとんど塞いでしまって歩きにくい…正直、機内持ち込みサイズのスーツケースも結構厳しい感じだなという印象でした。

空きスペースが無さすぎて、スーツケースを広げるのに苦労する…

このシングル プレミアは荷物が身軽な方にしかおすすめしません。

Wi-Fiは快適か?遅くなりがちな時間帯も快適に利用できる?

Wi-Fiはどの時間帯も問題なく利用可能でした。

クロスホテル札幌「シングル プレミア」の評価レビューまとめ

クロスホテル札幌「シングル プレミア」
総合評価
( 3 )
メリット
  • 寝心地の良いベッド。シティホテルよりも格上かもと感じるぐらい良い
  • 全体的に上質なものを使っている
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • ナイトウェアはセパレートタイプ
  • セーフティーボックスあり
デメリット
  • とにかく空きスペースが無さすぎる…
  • 空調が一括管理
  • 窓が開けられないため、空気の入れ替え、温度調整ができない

クロスホテル札幌の「シングル プレミア」は、全体的に上質でアートな内装など、普通のビジネスホテルと比べてワンランク上であることは確実です。その中でも特に良かったのがベッド。寝心地の良いシモンズのピロートップ付きマットレスに加え、シーツなどの質も良く、寝るだけの客室としては最高です。

その反面、18㎡と元々それほど広くはない客室ですが、実際に利用してみるとそれ以上に狭く感じる客室で、空きスペースが殆どないのがデメリット。快適な環境が揃っている客室ですが、空きスペースの少なさが一気に快適さを格下げします。正直、これはかなりもったいないな…と感じました。

個人的には高級宿泊特化型ホテルでこの狭さはないかな…という印象で確実にリピートはなしだなと感じます。

クロスホテル札幌の客室全体に言えることですが、空調が一括管理、窓が開けられないのがデメリット。

正直、クロスホテルに宿泊するなら23㎡以上の客室をおすすめします。デスクがあるのがシングル プレミアしかないため、ビジネス利用などでデスクがほしい場合は他のホテルをおすすめします。

以上、クロスホテル札幌「ツイン ラグジュアリー」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてださい。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次