【デラックスツインルーム】狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

北海道・札幌にある狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの「デラックスツインルーム」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

目次

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

予約情報など

今回の予約状況は下記の通りです。

予約情報
  • 宿泊日: 2018年11月
  • 予約: エクスペディア
  • 料金: 12,591円(サ・税込み/朝食付き/1人で利用)
  • 予約した客室: デラックス ツインルーム – 25㎡
  • 宿泊した客室: デラックス ツインルーム – 25㎡

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXのツインルームは、「デラックスツイン」の他に「ツインルーム」もありますが、ツインルームは18㎡とかなりコンパクトなので今回は25㎡あるデラックスツインを利用しました。

エレベーターにセキュリティあり

エレベーターは2機。エレベーターのボタンを押すためには、キーカードをかざす必要があり、セキュリティは問題なし。

エレベーターにセキュリティあり!

宿泊階

エレベーター前
宿泊フロア

9階のエレベーター前や廊下。木のぬくもりあるテイストで館内はデザインされています。

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの「デラックスツインルーム」を紹介!

今回宿泊したのは947号室の「デラックスツイン」で24.8㎡〜27.4㎡の客室です。

客室見取り図

デラックスツインは各フロアに2部屋しかない模様です。

入り口にいきなり洗面台、クローゼットスペース

入り口を入るとすぐに洗面台があります。

今回宿泊したのは私のみです。アメニティは全て1人分しか置いてありません。

1人でツインルームの宿泊の場合、アメニティやバスタオルなどが2人分置いてあるホテルが多いですが、狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXは1人分しかなく、かなりコスト意識が徹底されている感がありました。

現在、アメニティは1階にあるアメニティバーから必要なものを持ってくるスタイルに変更されています。

アメニティバーなどの詳しい情報はこちらを参照してください↓

洗面台の下には冷蔵庫、カップやポット、お茶(現在、アメニティバーから持ってくるスタイルに変更)など。

洗面台の反対側はクローゼットスペース。タオル類などがあります。スリッパは使い捨てタイプではありません。ハンガーが沢山あるのは非常に良かったです。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプで上下別々になっています。

スリッパはウォッシャブルタイプですが共用スリッパを採用。使い捨てスリッパよりも履き心地はよいですが、ウォッシャブルタイプだとしても衛生面で嫌だな…と感じる人も多そうです。大浴場があるため、使い捨てではないものを採用していると思われます。

スリッパは、使い捨てではなくウォッシャブルな共用スリッパ。

メインエリアは広々、自宅にいるような感覚

デラックスツインルームは、快適に過ごせる十分なスペースがあり、自宅で過ごしているような感覚になれる客室でした。

ソファーはベットにもなるタイプのもの。スペースも十分にありますね。

客室はなんとも表現しにくい感じ(笑)のインテリアで、木のナチュラルテイストなものをベースに茶色のソファや紫色のカーテンと、なんとも不思議な組み合わせです…。

べットがあるメインルームは二人掛けソファやテーブルがあっても十分に空きスペースがあり、狭苦しさは皆無です。

テレビ周り

デスクは高さがないため作業がやりにくい印象です。ドーミーインといえば、ビジネスホテルという印象も多いかもしれませんが、ビジネスマン向けではないかな…(ドーミーイングループはどのホテルもデスクは重視していない模様)

椅子もデスク作業をするような椅子ではないため、ビジネス用途だと辛いと思います。テレビは大型で40インチ?ぐらいで見やすいです。首振り機能はありません。

小さいですがセーフティボックスがあります。

セーフティボックス完備

電話機やメモ帳、コンセントは2口、有線LANケーブル。

ベット周り

ベットは約1.2m幅、サータ社のものを採用。

ピロートップはないですが、寝心地は上々です。

ベットサイドテーブルには時計やティッシュ、携帯の充電器が置いてあります。

充電器はType-Cにも対応していました。多くのホテルでは貸し出し扱いで充電器があるところはありますが、部屋に置いてあると充電器を持ってきてもらったり取りに行ったりする必要がないため、使いたい時にすぐに使えるのがよいですね。

部屋にスマホの充電器あり!

なぜかデラックスツインの客室には、エアコンが2台あり、ベットボードに2台分のコントローラーが配置されています。また、USBポートx1口、コンセントx1口あります。

反対側のベットボードにもUSBポートx1口とコンセントx1口あります。

加湿空気清浄機とバゲージラック。

トイレとシャワールーム

トイレとシャワーは同じ入口から。

トイレのスペースは狭く、目の前はシャワーブース。もう少し広さがあると良いかなと思います。

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXは大浴場の施設があります。大浴場を利用することを前提としているためか、部屋にはバスタブはなくシャワーブースのみです。

部屋でお風呂に入りたい人は他のホテルを選んだほうがよいでしょう。ドーミーインのウリは大浴場でもあるので、多くの方にはシャワーブースだけしかなくても利用しないため問題ないでしょう。

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの大浴場情報などはこちらを参照してください↓

札幌には「洗い場付きバスルーム」や「大浴場」があるホテル・客室が沢山あります。こちらを参考にしてみてください↓

景色

景色は隣のマンション?ビューです。ちょっとカーテンは開けづらいですね…。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

エアコンは2台あります。個別調整可能タイプで、冷暖房の切り替え、温度調整が可能なタイプです。

エアコンは個別管理。冷暖房は各部屋で設定できるので、適温に設定すれば快適に過ごせる!

窓は開けることができます。窓が開けれると自分の好きな温度に調整しやすいのです。

窓も開けられる!

Wi-Fi

Wi-Fiの速度は特に速いわけではないですが、不満なく使えるレベルでした。ただ、もう少し速いといいかなとも。

天井は若干の圧迫感あり?

天井が一番高いところで約2.4m。他のホテルよりは若干低い(平均で約2.5〜2.6m)です。

また、部屋の真ん中で低くなっている(約2.1m)ところがあり、これがあるために多少の圧迫感を感じます。柱でもあるのでしょうか、ちょうどメインルームの真ん中あたりにあり、これがなかったらもっと部屋が広く感じるんだろうなと強く感じました。

空きスペースが十分にあり、スーツケースも余裕で広げられる

デラックスツインルームには、空きスペースがそれなりにあるため、大きなスーツケースを広げたままの状態でも狭さを感じません。

空きスペースも十分!大きなスーツケースを広げても快適に過ごせる!

防音は?

個人的には至って普通のビジネスホテルと変わらないという印象でしょうか。

デラックスツインルームの客室はエレベーターから遠い、奥まった位置にあることに加え、客室に内扉があるためか、比較的静かでした。ただ、他部屋のドアを閉める音が聞こえたりはしていました。

外からの音は殆ど聞こえませんでした。

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの「デラックス ツインルーム」まとめ

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの「デラックス ツインルーム」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 広さもちょうどよく、ゆったり寛げる!
  • スーツケースを広げられるスペースが十分にある
  • 客室内にスマホなどの充電器あり
  • セーフティボックスあり
  • 清掃が行き届いており、清潔感あり
デメリット
  • 内装のセンスが気になる…(筆者だけ?)
  • 客室の真ん中に柱があり、天井が低いため、多少の圧迫感を感じる
  • トイレスペースが狭い
  • ミネラルウォーターはなし
  • 使い捨てスリッパなし(備え付けタイプのみ)

今回、「デラックス ツインルーム」に宿泊した印象としては、メリット・良いところの方が多いと感じました

広さは十分で、2人での宿泊でもちょうどよいぐらい。清潔感あり、ベットも寝心地よくて、誰もが快適に利用できる環境は整っており、大きなデメリットは感じられませんでした。

強いて言えば、内装のセンスが…(紫のカーテンがどうも…)。あとは、部屋の真ん中の天井が低くなっているので、若干の圧迫感がありました。

デラックスツインルームは、多くの方が快適に過ごせると思いますし、狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの中では一番おすすめの客室です。

また、大浴場や朝食など、狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXは客室だけでなく総合的に素晴らしいのでそれらを考慮すると申し分ないと思います。

以上、狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEXの「デラックス ツインルーム」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンや格安情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次