【レビュー評価まとめ・基本情報・館内施設】プレミアホテル 中島公園 札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

北海道・札幌にあるプレミアホテル 中島公園 札幌」に宿泊してきたので宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビューをしたいと思います!

この記事では、基本情報や館内施設や全体のレビュー評価などをまとめてみました。宿泊検討の際に参考にしてみてください!

この記事は「2022年12月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

目次

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

プレミアホテル 中島公園 札幌の基本情報

プレミアホテル 中島公園 札幌の基本情報
  • 住所: 〒064-8561 北海道札幌市中央区南10条西6丁目1-21
  • 電話: 011-561-1000
  • URL: プレミアホテル 中島公園 札幌
  • 開業: 2016年4月1日にプレミアホテル 中島公園 札幌にリブランド(以前はノボテル札幌、開業はホテルアーサー札幌として1988年に開業)
  • 総部屋数: 228室
  • 喫煙部屋: なし
  • チェックイン:15:00~
  • チェックアウト:~11:00

チェックインが14時〜、チェックアウトが〜11時で最大滞在時間が21時間です。札幌のホテルの中では最大滞在時間が長いほうで、14時からチェックインできるのはうれしいですね。(札幌の宿泊特化型ホテルでは15時からが多い)

札幌のホテルの中では、最大滞在時間が長い方!

場所

場所はすすきのエリアで地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」から徒歩1〜2分です。すすきのエリア内にはもっと立地がよいホテルがありますが、ダイワロイネットホテル札幌すすきのも立地が悪いわけではありません。ただ、すすきのの中心部よりも少し離れた場所にあります。

ホテルに近い地下鉄の地上階出口は「階段」しかありません。なので、大きなスーツケースや重たい荷物を持っていると少し大変です。地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」の6番出口にはエレベーターがありますが、そこからだとかなり遠くなってしまいます。

冬季の札幌は、「アクセスしやすいホテル」を選ぼう!

冬季に雪がかなり積もる札幌では、「無理なくホテルにアクセスできるか?」というのがホテル選びの重要なポイントです。

冬の期間(11月後半〜3月下旬あたり)は、歩道に雪が積もった状態やアイスバーン状態でかなり滑ります。雪で凸凹になった歩道でスーツケースを引いて歩くのは本当に大変です。なので、冬季、札幌のホテル選びは立地や利便性を優先的にホテルを選ぶとより快適になります。

札幌には長い地下道があり、これを利用すると雪道を歩くことなくアクセスできるホテルも多く存在します。うまく利用できるホテルを選ぶと、ホテルまでのアクセスがかなり快適で、冬場は絶対にこのようなホテルを選ぶ方が無難です。

プレミアホテル 中島公園 札幌のはどうだった?

プレミアホテル 中島公園 札幌は、地下鉄南北線「中島公園駅」からホテルまで徒歩5分ほど。なので、雨風や冬季の雪が積もった時は歩いてのアクセスはよくありません。

雨風や冬季の雪が積もった時はタクシー・車でのアクセスがおすすめです。

プレミアホテル 中島公園 札幌の外観

ホテル入口:0:p-oiiupki-[[@-oiuiuc.0ckj[0p^^-
エントランス

プレミアホテル 中島公園 札幌のレセプション・フロント

レセプション・フロント
レセプション・フロント

プレミアホテル 中島公園 札幌の1階部分

入り口すぐにちょっとしたロビースペース
ロビースペース

ロビースペースはシティホテルとしてはコンパクトな印象です。ソファー類などもほとんどありません。

プレミアホテル 中島公園 札幌のエレベーターには、セキュリティなし

エレベーターは全部で4基。 全228室なのでエレベーター数は十分かと思います。

エレベーターにセキュリティはありません。プレミアホテル 中島公園 札幌は宴会会場やレストランがありますが、宿泊者以外でも宿泊フロアに来れてしまうのが残念ポイントです。

エレベーターにセキュリティなし

シャトルバス

現在、シャトルバスは運休中です。

プレミアホテル 中島公園 札幌では無料シャトルバスを運用しています。区間は下記の通り。 → 現在は運休しています。

  • 札幌駅北口→ホテル
  • プレミアホテル 中島公園 札幌→すすきの南5西3付近→大通公園3丁目→札幌駅北口

プレミアホテル 中島公園 札幌のフロアガイド

客室フロアは6階〜23階まで。その他の階はレストランやチャペル、宴会会場などがあります。

プレミアホテル 中島公園 札幌の宿泊者専用ラウンジ、ドリンクバー

プレミアホテル 中島公園 札幌には宿泊者専用ラウンジがあり、13:00~19:00の時間帯でオープンしています。またドリンクバーもあります。このラウンジは一般の方も有料で利用できるラウンジです。

この宿泊者限定ラウンジは現在のところ期間限定となっており、2023年4月30日までとなっています(以前に一旦終了しましたが延長されて現在も宿泊者専用ラウンジとして利用できているので、この期間が過ぎてもまた延長される可能性はあります)。

ラウンジ「カフェ・セゾン」

ラウンジは広々とした空間です。

ドリンク類
コーヒー
アッサムティー、宇治玉露入り煎茶、ハーブティ
オレンジジュース、りんごジュース

17~19時にはワインやスープの提供あり!

今まで紹介したソフトドリンク類に加え、17:00~19:00の時間帯限定でワインやスープが提供されます。

ワインはフランス産の白ワインと赤ワインの2種類。

21CLUB特製コンソメスープ(ポルチーニ入り)

21CLUB特製コンソメスープも提供されています。

宿泊者ということが分かるように、テーブルにあるカードホルダーにカードキーを差し込んで利用します。

白ワインとコンソメスープ

プレミアホテル 中島公園 札幌の客室一覧

プレミアホテル 中島公園 札幌の客室カテゴリー
  • スタンダード
    • スタンダードシングル:17.8㎡ / 6〜7階
    • スタンダードダブル:17.8㎡ / 6〜14階
    • スタンダードツイン:22.0〜22.3㎡ / 6〜14階
    • スタンダードダブル:22.0㎡ / 15〜22階
  • デラックス
    • デラックスダブル:33.4㎡ / 15〜19階
    • デラックスツイン:39.3㎡ / 15〜21階
    • ファミリー:61.4㎡ / 15〜22階
  • プレミアフロア
    • プレミアダブル:33.4㎡ / 23階
    • プレミアツイン:41.4㎡ / 23階
    • プレミアデラックスツイン:61.4㎡ / 23階
  • スイート
    • スイートダブル:78.6㎡ / 22階
    • スイートツイン:78.6㎡ / 22階
    • オリエンタルスイート:95.8㎡ / 22階

客室は多種多様でいろいろな利用シーンに対応しています。特にデラックスフロア以上になると客室もぐっと広くなるため、かなり快適なホテルステイが楽しめそうです。

スタンダードツイン

年季が入っている部分もありますが、全体的に古い高級宿泊特化型ホテル(高級ビジネスホテル)と変わらない印象です。

ミネラルウォーターの提供やピロートップ付きのシモンズのベッド、景色などはメリットですが、その他ではビジネスホテルと何ら変わりがありません。

正直なところ、客室だけの印象なら最新の高級宿泊特化型ホテルの方が快適に過ごせる印象で、近くにできたダイワロイネットホテル札幌中島公園のスタンダードツインの方が洗い場付きバスルームや個別調整の空調など、快適要素が上です。

プレミアホテル 中島公園 札幌はサービスや朝食など総合的に考慮するとおすすめですが、スタンダードツインだけの評価なら、特に大きな特徴はなく、わざわざこの部屋に宿泊する理由はあまり見つかりません。ただ、紅葉の時期などは景色がすばらしいのでおすすめです。

プレミアデラックスツイン

ベッドルーム

プレミアデラックスツインは61.4㎡の客室。部屋の広さは快適としか言いようがない客室です。

リビングエリア

景色の良さ、ウェットエリアの快適さ、広さなどがメリットですが、空調が一括管理、部屋に入った時に少し埃っぽい感じがしたのが残念ポイント。

ウェットエリア

リビングルームとベッドルームで部屋が分かれているので自宅感覚で過ごせます。

プレミアホテル 中島公園 札幌の朝食は素晴らしい!絶対に食べるのがおすすめ!

プレミアホテル 中島公園 札幌の朝食 基本情報
  • 朝食会場:ホテル5F 「ラ・プロヴァンス」
  • 朝食料金(外来): 3.000円
  • 朝食料金(宿泊者):2,500円
  • 朝食時間: 7:00~10:30(L.O 10:00)
  • 種類:メインプレート+セミビュッフェスタイル

※記載料金は「2022年9月」時点のもの。全て税込。

プレミアホテル 中島公園 札幌の朝食はホテル5階にある「ラ・プロヴァンス」で提供されています。メインプレート+セミビュッフェスタイルとなっており、メインプレートは日替わりです。

この朝食がかなりクオリティが高くてオススメです。メインプレートはもちろんのこと、セミビュッフェの料理も美味しくて、他のホテルでは見かけないメニューが多く、 プレミアホテル 中島公園 札幌ならではの朝食が楽しめます。ただ、北海道らしい朝食ではなく、刺し身などの海鮮系はなく、北海道らしいメニューは少なめです。

プレミアホテル 中島公園 札幌に宿泊するなら絶対に朝食付きがおすすめです。というよりも「朝食のために泊まりたい」と言っても過言ではないぐらいおすすめです。

札幌のホテル朝食をランキング形式で紹介しています。

実際に食べてレビュー・ランキング化しているので、こちらも参考にしてみてください↓

朝から「いくらのかけ放題・食べ放題」が楽しめるホテルはこちら↓

プレミアホテル 中島公園 札幌の設備(ファシリティ)

大浴場はなし

大浴場はありません。

コインランドリーはなし

コインランドリーはありません。洗濯したい方は候補から外れるでしょう。ここ最近、札幌のシティホテルでもコインランドリーを導入しているホテルが増えてきています(ニューオータニイン札幌やホテルモントレエーデルホフ札幌など)。

自販機

自販機

自販機はソフトドリンクとアルコール飲料が販売されていました。

プレミアホテル 中島公園 札幌の基本情報・館内施設、評価レビューまとめ

プレミアホテル 中島公園 札幌
総合評価
( 4 )
メリット
  • 宿泊者限定ラウンジ、フリードリンクあり(2023年4月30日までの期間限定)
  • 朝食がかなり美味しくて、朝食のために泊まりたいホテル
  • デラックスフロア以上は部屋がかなり広い
  • 目の前が中島公園(紅葉の季節などは特によい)
デメリット
  • 立地は観光、ビジネス共にそれほどよいとは感じない
  • 大浴場なし
客室の共通ポイント
  • スリッパは使い捨てタイプ
  • 客室にセキュリティボックスあり
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • 年季を感じるぐらい傷んでいる家具などがある
  • 空調は一括管理で冷暖房の切り替えはできない
  • 窓は開けれない(温度調整や換気ができない)

プレミアホテル 中島公園 札幌は良いかどうかの意見が分かれるホテルという印象です。全体的なサービスや朝食を含めると総合的な評価は良いと思いますが、宿泊する部屋によって印象はかなり異なるかなという感じでしょうか。

特にデラックスフロア以上であれば部屋も広くて快適なホテルステイになると思われますが、スタンダードフロアだと最新の高級宿泊特化型(高級ビジネスホテル)の方が快適だと思います。と、どの客室に宿泊するかで評価が分かれるホテルだなと感じました。

立地がそれほどよくない、空調が一括管理、窓が開けれない、年季を感じるのがデメリットでしょうか。

古いホテルなので空調が一括管理であることは致し方ないとしても、スタンダードフロアの客室は、結構年季を感じる部分があり、もう少し補修したりした方がいいのでは?と感じるところがあります。

正直なところ、スタンダードフロアに宿泊するなら他のホテルがおすすめといいたいところですが、客室だけではなく、全体的(スタッフ、朝食、サービスなど)に考慮すると思った以上に良いです。というのも、個人的にはスタンダードフロアの客室は微妙とは感じますが、朝食は札幌の中でもトップクラスですし、全体的なサービスも悪くありません。

個人的には、朝食のために泊まりたいホテルの一つという印象でした。

以上、プレミアホテル 中島公園 札幌のブログ的口コミ・レビュー評価でした!参考にしてみてください。

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンや格安情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次