【レビュー評価まとめ・基本情報・館内施設】京王プラザホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

北海道・札幌にある「京王プラザホテル札幌」に宿泊してきたので宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビューをしたいと思います。

札幌のホテルを検討しているけど、どこがよいのかしら?

札幌のホテルはほぼ全て宿泊したから、どこがよいかは自信を持って教えれるよ!

あと、何度も泊まってみないと「本当に良いホテル」なのか分からなかったりするよね…。1度目は印象が良くても次はかなり悪かったり…

そうそう!1度目は清掃が完璧たったけど、2回目の宿泊時はイマイチだったという経験があるわ…

何度も宿泊するから、その点もしっかりレビューしていくよ!

京王プラザホテル札幌ってどうなの?

京王プラザホテル札幌は今までに5回ほど宿泊したけど、ここは安定していて素晴らしいホテルだよ!おすすめ!

この記事では、基本情報や館内施設や全体のレビュー評価などをまとめてみました。宿泊検討の際に参考にしてみてください!

この記事は「2023年11月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

予約サイトで料金を確認!
目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

京王プラザホテル札幌の基本情報

京王プラザホテル札幌の基本情報
  • チェックイン時間: 14:00〜
  • チェックアウト時間: 〜11:00
  • 開業・改装:2015年以降に改装済み
  • 住所: 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西7丁目2-1
  • 電話: 011-271-0111
  • サイト:公式サイト
  • 総部屋数:493室

1982年開業の京王プラザホテル札幌。札幌では老舗のシティホテルです。

コンフォートフロア、プレミアフロアを2015年、スーペリアフロアは2017年、スタンダードフロアは2019〜2020年に改装リニューアルしています。

場所・アクセス

立地は札幌駅から徒歩5〜7分程度。比較的アクセスしやすい場所ですが、札幌駅周辺の繁華街とは離れた場所にあります。そこまでアクセスがよいと感じません…。

そのため比較的静かな環境で周りにはあまりお店などがありません。

冬季の札幌は、「アクセスしやすいホテル」を選ぼう!

冬季に雪がかなり積もる札幌では、「無理なくホテルにアクセスできるか?」というのがホテル選びの重要なポイントです。

冬の期間(11月後半〜3月下旬あたり)は、歩道に雪が積もった状態やアイスバーン状態でかなり滑ります。雪で凸凹になった歩道でスーツケースを引いて歩くのは本当に大変です。なので、冬季、札幌のホテル選びは立地や利便性を優先的にホテルを選ぶとより快適になります。

札幌には長い地下道があり、これを利用すると雪道を歩くことなくアクセスできるホテルも多く存在します。うまく利用できるホテルを選ぶと、ホテルまでのアクセスがかなり快適で、冬場は絶対にこのようなホテルを選ぶ方が無難です。

京王プラザホテル札幌はどうだった?

京王プラザホテル札幌は札幌駅から徒歩圏内です。

札幌駅からホテルまで歩いてのルートはいくつかありますが、王道なのは札幌駅南口から出て、ロイヤルセンチュリーホテル、三井ガーデンホテルなどの前を通って、京王プラザホテル札幌に行く方法。夏場や雪道、雨が降っていない時はこのルートがおすすめです。しかし、このルートは雪が積もると雪道を歩くことに…

三井ガーデンホテル札幌前の歩道はしっかり除雪してありましたが、三井ガーデンホテル札幌ウエスト前の歩道は雪道のままで全く除雪していないことが…。ホテルなら普通は入り口周辺はしっかり除雪しているところが多いのですが…

京王プラザホテル札幌周りはしっかりと除雪してあり、冬場で雪が積もっても、そこまで苦労せずに行けるかなという印象でしたが、冬場にアクセスが良好とはいえません。

多少の雪道が嫌であれば、札幌駅からタクシーを利用するのも手です。

札幌の老舗シティホテルである札幌グランドホテルやセンチュリーロイヤルホテルは地下道でホテルまで直結しています。なので、それらのシティホテルと比べると冬場のアクセスは確実に悪いと思っておきましょう。

京王プラザホテル札幌のエントランス

タクシーだとワンメーターの距離内だと思いますし、京王プラザホテル札幌のエントランスは屋根付きで広々しています。

地下道で繋がっているホテルよりもアクセスは悪い。悪天候などではタクシーなどがおすすめ。

立地の利便性は?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い
電車や徒歩でのアクセスの良さは?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い
雪が積もる冬季や悪天候時のアクセスは?
悪い
悪すぎ
少し悪い
普通
そこそこ
抜群
良い

京王プラザホテル札幌の外観など

札幌のホテルの中でもなかなかの規模。車寄せも広々。

クリスマスの時期
お正月の時期

さすがのシティホテル。ホテル規模は札幌の中ではかなり大きく、全体的にゆとりある広さ。

ホテルの1階の一番奥には、朝食会場にもなるグラスシーズンズペストリーブティック ポピンズなどがあります。

京王プラザホテル札幌のロビー、レセプション・フロント周り

ホテルに入って右側にレセプションエリア。

レセプションはゆとりがある広さ。スタッフの対応も良いし、全体的にすばらしいです。

クイックチェックアウト
予約サイトで料金を確認!

京王プラザホテル札幌のフロアガイド

5階〜21階が宿泊フロア。1階がフロント、ロビー、朝食会場にもなるグラスシーズンズ、プレミア以上が利用できるクラブラウンジ、売店などがあります。地下1階にフィットネスやレストラン。

京王プラザホテル札幌は、一部客室フロアのみセキュリティがある

エレベーターは全部で4基ありました。

エレベーター内にタッチセンサーがあります。ただ、このタッチセンサーを利用するのは、プレミアフロア以上に宿泊する人のみ。その他のフロアはキーカードをタッチしなくてもどのフロアにでも行けてしまいます。

なので、セキュリティがあるのは「プレミアフロア」と「ラグジュアリーフロア」のみ。コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアにはセキュリティはありません。

ラグジュアリーフロア、プレミアフロアのみセキュリティあり

京王プラザホテル札幌は22階にもレストランがあるため、一般の方もこのエレベーターを利用します。できれば、コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアでもセキュリティがあると安心だなと感じました。正直、こんなところで差をつけないでよいのでは?と感じました….。

コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアにはセキュリティなし

京王プラザホテル札幌の客室タイプ

スーペリアラージツイン
京王プラザホテル札幌の客室タイプ一覧

スタンダードフロア(5〜11階)、2019〜2020年にリニューアル

  • スタンダードシングルルーム – 18.7㎡
  • スタンダードダブル – 18.7㎡
  • スタンダードツイン – 24.3㎡
  • スタンダードラージツイン – 33.2㎡
  • スタンダードトリプル – 31.4m²
  • スタンダードファミリー – 37.1m²
  • スタンダードアクセシブル – 33.2m²

スーペリアフロア(12〜14階)、2017年5月リニューアル

  • スーペリアダブル – 18.7㎡
  • スーペリアツイン – 24.3㎡
  • スーペリアラージツイン – 33.2㎡
  • スーペリアクイーンダブル – 24.3m²
  • スーペリアトリプル – 31.4m²

コンフォートフロア(15〜17階)、2015年5月リニューアル

  • コンフォートシングル – 18.7㎡
  • コンフォートツイン – 24.3㎡
  • コンフォートラージツイン – 33.2㎡
  • コンフォートデラックスツイン – 37.1㎡
  • コンフォートクイーンダブル – 24.3m²
  • コンフォート4BED – 52.6m²

プレミアフロア(18〜20階)、2015年5月リニューアル

  • プレミアシングル – 18.7㎡
  • プレミアツイン – 24.3㎡
  • プレミアラージツイン – 33.2㎡
  • プレミアクイーンダブル – 24.3m²
  • プレミアキングダブル – 31.4m²
  • プレミア4BED – 52.6m²

ラグジュアリーフロア(21階)

  • ビューバススイートヨーロピアン – 18.7㎡
  • ビューバススイートニューヨーク – 24.3㎡
  • ビューバススイートイタリアン – 33.2㎡
  • ラグジュアリースイートツイン タイプA – 24.3m²
  • ラグジュアリースイートツイン タイプB- 31.4m²
  • ラグジュアリースイートダブル – 52.6m²
  • ラグジュアリーコーナースイート 4BED
  • インペリアルスイート

客室タイプはビジネスから家族旅行まで幅広く対応できるほど多いです。その中でも、「洗い場付きバスルーム」「個室トイレ」はコンフォートフロアのラージツイン以上から。スーペリアやスタンダードフロアのラージツインでは洗い場付きバスルームではありません。

個室トイレや洗い場付きバスルームが良い人はコンフォートフロア以上のラージツインを選びましょう。

正直なところ、スタンダードフロア、スーペリアフロア、コンフォートフロアの違いは内装の違いの他、階層の違いぐらいで大きな違いはありません。(コンフォートフロアのラージツインだけ洗い場付きバスルームや個室トイレになります。)

プレミアフロアになるとクラブラウンジが利用できたり、アメニティが豊富になったりと変化が見受けられますが、それ以下の客室は「何が違うの?」というぐらいの印象でした。

スタンダードフロアも改装してあり十分キレイな客室なので、客室が低階層でもよければ、スタンダードフロアでも特に問題ないと思います。

スーペリアラージツイン

スーペリアラージツインは33.2㎡の客室で「ベッドがあるメインエリアが広い」のが特徴。バスルームはユニットバスとなっており、トイレと洗面台、バスルームが一体型。その他に、独立した洗面台を備えた客室です。

「ベッドがあるメインエリアが広い」と記載した理由は、ワンランク上のコンフォートラージツインは同じ平米数の客室ですが、メインエリアがスーペリアラージツインよりも狭くなります。

コンフォートラージツインは洗い場付きバスルーム、独立した洗面台、個室トイレとなっており、これらで占有率が高くなっっているため、ベッドがあるメインエリアがスーペリアラージツインと比べて少し狭くなっているのです。

正直、スーペリアラージツインを選ぶ要素はあまりないかもしれませんが、ベッドがあるメインエリアが広いというのが一番のポイントかなと思います。2人での宿泊であればスペース的にもかなり余裕があるのでゆったりと過ごせますし、子供連れなどにはちょうどよい広さです。(ベビーカーやベビーベッドを入れても余裕がある広さです。)

コンフォートツイン

ちょうどよい広さのコンフォートツインは24.3㎡の客室。スーペリアフロアとの違いとして、コーヒーマシンがあったりと多少の違いはありますが、スーペリアやスタンダードフロアと大きな差は感じません。

ウェットエリアはユニットバスなので、高級宿泊特化型ホテルとあまり大きな違いはないですが、ちょうどよい広さで使いやすい客室でした。

プレミアシングル

プレミアシングルは18.7㎡の客室。スイートがあるラグジュアリーフロアを除くと一番上のカテゴリーとなるプレミアフロアの内装は高級感があり、アメニティも充実していました。

ただ、プレミアシングルは18.7㎡と高級宿泊特化型ホテルのシングルルームと変わりない広さが残念です。あと同じ系列の高級宿泊特化型ホテルである京王プレリアホテルのプレミアダブルの方がプレミア感があるかな….という感じでした。決してこの客室も悪くはないのですが…。

充実したアメニティはさすがのプレミアフロアという印象。また、シーツはビシッと高級ホテル並に綺麗でリネン類は良かったし、寝心地も抜群でした。

ただ、ユニットバスがデメリットで、プレミアフロアならもう少しなんとかしてほしかった印象。これならスタンダードシングルでもよいかな…と感じました。

個人的にプレミアフロアに宿泊するなら、洗い場付きバスルームや個室トイレがあるプレミアラージツイン以上の部屋が良いかなという印象でした。

客室の最大のデメリットは「壁が薄いこと」

京王プラザホテル札幌は1982年創業のホテル。2022年で創業40周年。

京王プラザホテル札幌に限らず、札幌のシティホテルのデメリットはとにかく壁が薄いこと。京王プラザホテル札幌も例外なく壁が薄いと感じました。

他のシティホテルであるロイヤルセンチュリーホテル、ANAクラウンプラザホテル札幌、札幌グランドホテル、札幌パークホテルも全て壁が薄いと感じました。

これは運としか言いようがないですが、隣の客室がうるさいと最悪です…。(ある程度、品格あるホテルなので客層もそれなりによいと思いますが)

本当に筒抜けというぐらい声が聞こえてきたり、テレビの音、ドアを閉める音などが響くので、そういったことが気になる方は(古いホテルより防音効果が高いため)新しくオープンしたホテルを選んだ方が、まだ快適に過ごせると思います。

これは古いホテルの宿命ですね…

客室の壁が薄い…

京王プラザホテル札幌の朝食はかなり素晴らしい!

ビュッフェ台

朝食は「ビュッフェスタイル」か「和膳定食」の2種類から選ぶことができます。

京王プラザホテル札幌の朝食
  • モーニングブッフェ – 3,000円( ホテル1F グラスシーズンズ)
  • 和食御膳 – 3,000円(ホテル22F ペガサス)
  • 料金は宿泊者料金。
  • 和食御膳は宿泊者のみに提供されています(外来は利用できません)。

ビュッフェスタイル – グラスシーズンズ

ビュッフェスタイルは1Fにある「グラスシーズンズ」で提供されており、こちらは大人気の朝食です。

京王プラザホテル札幌の朝食@モーニングビュッフェ 基本情報
  • 朝食会場: ホテル1階「グラスシーズンズ」
  • 朝食料金 (宿泊者):3,000円 / 6歳~12歳 1,500円 / 5歳以下無料
  • 朝食料金 (外来者):3,400円 / 6歳~12歳 1,700円 / 5歳以下無料
  • 朝食時間: 平日 6:00~10:30 (L.O.10:15)、土・日・祝日 6:00~11:30 (L.O.11:15)
  • 種類:ビュッフェ形式、種類豊富

※記載内容は「2023年11月」時点のものです。全て税込。

朝食は絶対に付けることおすすめします。個人的に札幌のホテルNo.1の朝食です。

朝食は詳しくレビューしているので、こちらを参考にしてみてください。(メニューは毎月変更があるので、その時のメニューを公式サイトで確認してください。)

朝から北海道産素材の寿司!
デザートも充実
スパークリングワインあり

種類の多さ、料理のクオリティの高さなど総合的に断然で良く、ぶっちぎりのNo.1だと感じました。ビュッフェで有名なセンチュリーロイヤルホテルも素晴らしい内容ですが、個人的には京王プラザホテル札幌の方がおすすめです!

和食御膳

和食御膳
京王プラザホテル札幌の朝食 基本情報
  • 朝食会場: ホテル22階「ペガサス」
  • 朝食料金 (宿泊者):3,000円 / 6歳~12歳 1,500円 / 5歳以下無料
  • 朝食料金 (外来者):利用できません
  • 朝食時間: 7:00~10:00(L.O.9:45)
  • 種類:セットメニュー

※記載内容は「2023年11月」時点のものです。全て税込。

京王プラザホテル札幌の朝食といえば、寿司ネタがあるビュッフェスタイルの朝食が有名すぎますが、和食御膳もあなどれません。

道産素材で北海道らしいメニューが満載な和食御膳は、札幌で和定食を提供しているホテルの中でもトップクラスのすばらしい内容でした!

紅鮭石狩漬け 鱒いくら醤油漬け
刺し身

海鮮ネタも少し楽しめます。また、22階からの景色がすばらしいく、景色を眺めながらゆっくりと朝食を食べたい方にはおすすめです。

22階からの景色

札幌のホテル朝食をランキング形式で紹介しています。

実際に食べてレビュー・ランキング化しているので、こちらも参考にしてみてください↓

朝から「いくらのかけ放題・食べ放題」が楽しめるホテルはこちら↓

札幌のホテル朝食レビュー記事リスト↓

京王プラザホテル札幌の設備(ファシリティ)

京王プラザホテル札幌には大浴場はなし

札幌には大浴場や温泉を備えたホテルが多数ありますが、京王プラザホテル札幌には大浴場施設はありません。一応、会員制のスポーツ&フィットネス「ペント・セプト」にはスパとして浴室があります。

大浴場のあるホテルは下記にまとめてあります。 

京王プラザホテル札幌大浴場はないですが、洗い場付きバスルームがある客室がいくつかあります。

洗い場付きバスルームがある客室
  • コンフォートラージツイン
  • コンフォートデラックスツイン
  • コンフォート4BED
  • プレミアラージツイン
  • プレミアキングダブル
  • プレミア4BED
  • ラグジュアリーフロア

基本的に客室が広い部屋に洗い場付きバスルームがある形ですが、スタンダードフロア、スーペリアフロアのラージツインなどには洗い場付きバスルームがない点にご注意。

洗い場付きバスルームのあるホテル、客室は下記のまとめてあります。

ホテル内に売店あり

ホテル1階部分に絵留夢という売店があり、お土産やソフトドリンク、アルコール類、旅行の際に必要な生活日用品などが揃っています。

スポーツ&フィットネス〈ペント・セプト〉

出典: 会員制スポーツ&フィットネス〈ペント・セプト〉

京王プラザホテル札幌には会員制のスポーツ&フィットネス「ペント・セプト」が地下1階にあります。天然地下水を使用した25mプールや最新のイタリア製「テクノジム」のフィットネスマシンを完備しており、札幌のホテルの中では最大級のジムだと思います。

宿泊者の利用料金はプール・ジム・サウナ利用で1回3,300円となっています。

以前はプール・サウナ利用で1,000円、更にジムを利用で1,500円でした。

自販機、製氷機

自販機

自販機にはアルコールの販売もありました。

製氷機

近くにセブンイレブンやファミリーマートあり

徒歩1分圏内にはファミリーマートやセブンイレブンがあり、ホテルで必要な生活用品や食品・飲料の買い出しは便利です。

予約サイトで料金を確認!

プレミアフロア、ラグジュアリーフロア宿泊者は専用のクラブラウンジあり

1階にプレミアフロア、ラグジュアリーフロア宿泊者のためのクラブラウンジが2021年の春にオープンしました。

クラブラウンジ内

ティータイムにはホテルメードのお菓子類やサンドイッチ、フルーツなど。バータイム時間帯には、サッポロクラシックやスパークリングワインなどのアルコール類と、そのお供にちょっとしたものが置いてある程度のものです。

ただ、よくある外資系高級ホテルのクラブラウンジのように、バータイム時間帯に料理が充実しているという感ではないので、クラブラウンジといっても「そこまで大したものもではない」という感じです。ただ、その分、料金も安いので個人的には満足でした。

ティータイム
スパークリングワイン(カクテルタイム)
カクテルタイム
カクテルタイム

北海道のフードやアルコール類、ホテルメイドのお菓子など、どれも質はよく、美味しいと感じるものが多いです。

料金を考慮するとこれでもかなりコスパがよいと感じましたが、ラウンジで朝食が食べれるわけでもなく、カクテルタイムも数少ないフード類が残念と思う方はいると思います。

京王プラザホテル札幌の基本情報・館内施設、評価レビューまとめ

京王プラザホテル札幌
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アクセス、立地はすこぶる良いわけではないが良い方
  • シティホテルと感じる広々とした館内
  • 朝食がすばらしい!絶対食べることをオススメ!
  • 多様な客室があり、観光からビジネスまで幅広い層に対応できる
デメリット
  • 大浴場はなし
  • 無料のラウンジやウェルカムドリンクなどはなし

札幌のホテルの中でもかなり評判の高い「京王プラザホテル札幌」。実際に宿泊してみると分かりますが、全体的にかなりレベルが高い印象でした。

朝食ビュッフェが2021年から復活、2023年からは和膳定食の提供も開始し、どちらの朝食も朝食は確実に食べたほうが良いと感じるぐらい素晴らしい内容です。朝食のためだけにも京王プラザホテル札幌を選びたいぐらい

全体的には王道のシティホテルという印象でした。札幌で人気の大浴場やラウンジ、ウェルカムドリンクなどはありませんが、全体的に質が高いサービスやスタッフ、広々とした共用部分など、札幌の中でもトップクラスです。個人的には、札幌にあるシティホテルの中では一番好きなホテルです。

客室はスタンダードフロアが2019~2020年、スーペリアフロアが2017年、コンフォートとプレミアが2015年にリニューアルしていることもあって、どのフロアの客室もかなりきれいになっています(ウェットエリアを除く)。古めかしい印象はほぼなく、快適にホテルステイを楽しめると思います。

周辺のシティホテルといえば、JRタワーホテル日航札幌、センチュリーロイヤルホテル札幌札幌グランドホテルANAクラウンプラザ札幌ホテルモントレエーデルホフ札幌などがありますが、個人的には京王プラザホテル札幌がトータルでNo.1かなと感じました。

以上、京王プラザホテル札幌のブログ的口コミ、評価レビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次