【プレミアシングル】京王プラザホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にある京王プラザホテル札幌の「プレミアシングル」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

この記事は「2023年10月」に宿泊した時の宿泊記・レビュー内容です。

【ホテル】予約サイトで料金を確認!
目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

京王プラザホテル札幌のレセプション・ロビー周り

ロビースペース
レセプション・フロント

さすがのシティホテル。レセプションも広々しおり、全体的にゆとりある感じです。チェックインもスムーズでした。

パブリックスペースなどはこちらに詳細を記載しています ↓

京王プラザホテル札幌は、一部客室フロアのみセキュリティがある

エレベーターは全部で4基ありました。

エレベーター内にタッチセンサーがあります。ただ、このタッチセンサーを利用するのは、プレミアフロア以上に宿泊する人のみ。その他のフロアはキーカードをタッチしなくてもどのフロアにでも行けてしまいます。

なので、セキュリティがあるのは「プレミアフロア」と「ラグジュアリーフロア」のみ。コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアにはセキュリティはありません。

ラグジュアリーフロア、プレミアフロアのみセキュリティあり

京王プラザホテル札幌は22階にもレストランがあるため、一般の方もこのエレベーターを利用します。できれば、コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアでもセキュリティがあると安心だなと感じました。正直、こんなところで差をつけないでよいのでは?と感じました….。

コンフォート、スーペリア、スタンダートフロアにはセキュリティなし

今回利用したのはプレミアシングルのため、エレベーターにセキュリティがある客室です。

京王プラザホテルの宿泊フロア

エレベーター前

プレミアフロアのエレベーター前は高級感があると言えばあるのかもしれませんが、妖気な雰囲気(紫色?)がちょっと気になる不思議な雰囲気でした。

通路

京王プラザホテル札幌の「プレミアシングル」を紹介!

2024号室

今回宿泊したのは20階のプレミシングルの客室です。18㎡の客室となります。

2024号室に宿泊したのですが、エレベーターホールに一番近い客室で、うるさいかなと思っていましたが、さすが京王プラザホテル札幌のプレミアフロアだけあって客層も良いためか、全くうるささは感じませんでした。

客室配置図(避難経路図)

カードホルダーはなく、そのままで電気などが使えるタイプです。

のぞき穴にはカバーなし
入り口から撮影

入ってすぐの通路部分はフローリングになっていました。

プレミアシングルの全体像

プレミアシングルは18.7㎡の客室。広さは1人での宿泊なら十分なスペースがあり、思ったほど狭苦しさはありません。ただ、プレミアフロアであることを考えると、もうちょっと広さがあった方がプレミア感があるかなと言う印象でした。

内装に関しては思った以上に高級感があり、古さは(バスルームを除いて)全く感じません。プレミアフロアは2015年にリニューアルしており、そこからもう数年経過していますが、それでもまだ古さは感じませんでした。

プレミアフロアは和を意識した落ち着きのある空間とのことですが、当にその通りでした。

窓側に大きなペンライトとソファを設置されています。

ベッドサイドの壁面は桜吹雪のようなものがデザインされたものとなっていました。雰囲気はかなり良いです。

夜(カーテンを閉めた状態)では、少し暗めで雰囲気重視な印象でした。

ベッド周り

ベッドは120cm幅で、デュベスタイルを採用しています。また、シーツに折り目がなく、ビシッと綺麗にメイキングされており、このあたりは普通の宿泊特化型ホテルと比べものにならないぐらい綺麗です。

また、シーツもよくありがちなガサガサ感などなく、肌触りが良かったです。

シーツは普通の宿泊特化型ホテルなどと比べてもワンランク上

枕は2種類
マットレス

ベッドのマットレスはシモンズを採用。見た目も新しめの印象でした。ピロートップが付いているタイプを採用しており、寝心地も良かったです。

ベッドはピロートップ付きで寝心地も良い!

ベッド横にサイドテーブル、ヘッドボード上にちょっとしたものが置けます(時計などが置いてある)。

コンセントが1口あります。

冷蔵庫、チェスト

この置かれているチェストは回転します。正直、回転する意味は…と感じますし、回転する分回りにスペースを取っているので無駄では…とは感じます。

冷蔵庫
ミネラルウォーター

ミネラルウォーターの提供があります。

ミネラルウォーターあり!

加湿機能付き空気清浄機

ソファ

ソファ

窓面にソファが設置されています。ソファは座り心地がよいわけではないですが、窓から景色を眺めるにはちょうどよい感じです。周りに荷物を置けるスペースがあるのも良かったです。

デスク周り

デスク周り

デスクはUの字タイプ。

椅子

椅子は座り心地もよく、デスクワークもしやすい印象でした。

UCCのDRIP POD

客室にはUCCのDRIP PODがあります。ドリップコーヒーが飲めます。

ドリップコーヒー(カプセル型)があり!

DRIP PODはコンセントに繋がれており、そのまま利用可能です。

折りたたみ鏡やティッシュ、案内などなど
コンセントなど

コンセントは日本仕様のものが2口、ユニバーサル仕様のものが1口あります。また、USBポートと有線LANがあります。

コンセントなどは机の中に埋め込まれた形で設置されており、USB充電器などは形状によっては利用できない時があるので要注意。

ゴミ箱は大きめ

ゴミ箱後ろにコンセントがあり、こちらも利用可能です。

メモ帳、ランドリーメニュー、充電器など
携帯電話の充電器

携帯電話の充電器が完備されています。持ってくるのを忘れても大丈夫です。

携帯電話の充電器

テレビ周り、ミニバーなど

テレビは40インチを採用。HDMI端子も利用可能です。

首振り機能があり、自由に角度を調整できます。ただ、ソファやデスクに座っていて見やすい角度にはできず…。もう少し首振りができればよかったかなとは感じました。

ミニバー周り
ティーアメニティなど

ティーアメニティは緑茶とDRIP PODのカプセル型コーヒーでシティーローストのみ。ワインオープナーもありました。

ズボンプレッサー
バゲージラック

通路

全身鏡

クローゼット

クローゼット
クローゼット
ハンガー、消臭スプレー

ハンガーは全部で6本と十分にありました。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)、ガウン、傘など

セキュリティボックス(セーフティボックス)を完備。

スリッパ

スリッパは使い捨てタイプを採用。普通のビジホと変わらない質です。プレミアフロアならもう少し良い質のものがよかったかなと…。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプを採用。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプ!

ガウン

ガウンは袋に入った状態で置かれています(衛生面的に袋に入っている方が個人的に好み)。

ガウンあり!

ただ、このあと紹介しますが、ウェットエリアは普通のユニットバスです。ユニットバスの客室でガウンなんて…と多少違和感がありました…(苦笑)

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリアの入り口は多少段差はありますが、気にならないぐらいのもの。

ウェットエリアは1.8m x 1.4mと他の宿泊特化型ホテルと変わりなし。プレミアフロアでユニットバスか…と、個人的にはプレミアシングルの客室で一番の残念ポイントだと感じました。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
  • スマイルホテルプレミアム札幌すすきの(スタンダードツインルーム):1.6m x 1.2m
  • 札幌ワシントンホテルプラザ(シングル):1.6m x 1.2m
  • ウィンダムガーデン札幌大通(スタンダードツイン ):1.6m x 1.2m
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
  • マイステイズプレミア札幌パーク(スタンダードツイン / スーペリアツインハイフロア):2.0m x 1.4m
  • 札幌ビューホテル(モデレートフロア シングル/セミダブル):2.0m x 1.4m
  • リッチモンドホテル札幌駅前(ハリウッドツイン):1.8m x 1.6m
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで、暖房便座機能付きです。

タオル類

フェイスタオル、バスタオルに加え、ハンドタオルもあります。

タオル類は全て今治タオルで質も良かったです。

タオル類は今治タオルを採用!質もよい!

アメニティ
アメニティ

アメニティはボディタオル、綿棒x2、ヘアキャップ、コットン、ヘアゴム、くし、ブラシ、歯ブラシ、入浴剤、男性用スキンケアセット、女性用スキンケアセットと充実しています。

アメニティは充実!

バスアメニティ

バスアメニティはミニボトルでミキモトのもの。コンフォートフロア以下は違うものなので、プレミアフロア以上のみの対応です。

バスアメニティはミキモト!

洗面台
ハンドソープ

洗面台には蛇口が2つあり、こちらは給水用でしょうか。水だけ出てくる蛇口があります。こちらの蛇口の方が水量が多くて、普通の蛇口は水量が少ない印象でした。

バスタブ

ユニットバスということもあり、バスタブも普通のサイズ。

シャワーヘッドは2点固定式。

古さを感じる…

シャワーの水圧は普通レベル。ただ、水が変な方向に飛び散っていくため、あまり使い勝手が良いとは言えず。もう少ししっかりと手入れした方がいいかなと感じました。

シャワーカーテンはUの字タイプ

景色

紹介しているプレミアフロアは18階~20階にある客室です。またプレミアシングルは北側の景色が見える客室のみです。

北海道大学など
札幌駅方面
時期によっては北海道大学の紅葉も楽しめそう

景色は素晴らしいですね。北側の景色は目の前に大きな建物がないため、遠くまで見渡せます。路線側になるので、電車も見ることができます。

プレミアフロアのメリットの1つがこの景色と言えそうです。

景色は最高!

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は冷暖房を自由に設定できる個別調整可能なタイプでした。

空調はどの時期でも冷暖房を自由に変更できる個別調整可能なタイプ。

窓は開けることができません。

窓を開けることはできない

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

プレミアシングルは18.7㎡の広さ。普通のビジネスホテルのシングルよりは広いですが、20㎡以下なので広すぎるといことはありません。

空きスペースは思った以上にありました。

ソファ周りにははカバンなどが置けるようなスペースがありました。

機内持ち込みサイズのスーツケース

機内持ち込みサイズのスーツケースはこの場所に置いてもそれほど邪魔にならずに利用できました。

また、大きなスーツケースは少し足の踏み場がなくなる印象ですが、ソファ前などに広げられるスペースがあります。

空きスペースは意外とある感じで、スーツケースを広げられるスペースは確保できる

Wi-Fiは快適か?遅くなりがちな時間帯も快適に利用できる?

Wi-Fiはどの時間帯も快適に利用できました。

プレミアフロアは朝刊のサービスあり

プレミアフロア宿泊者はクラブラウンジが利用可能

クラブラウンジ

プレミアフロアに宿泊している方はクラブラウンジが利用できます。これのためにプレミアフロアを選ぶ方もいるでしょう。

ただ、プレミアフロアでもクラブラウンジが利用できないプランも販売されているので、クラブラウンジを利用したい方は利用できるプランで予約しましょう。

それほど広いわけではないですが、利用者もかなり少なくて、筆者が利用した時の最大利用者は3組でした。

フードやドリンク類も種類は少なめですが、料金を考慮すれば、納得できる内容です。

京王プラザホテル札幌「プレミアシングル」まとめ

京王プラザホテル札幌「プレミアシングル」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 老若男女だれにでも使いやすいデザインの部屋
  • 客室はリニューアルされており綺麗!
  • ベッドの寝心地がよい
  • タオルは今治タオル
  • シーツ、ベッドメイキングがよい
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • バスアメニティ(シャンプーなど)は個別タイプでミキモトコスメティックスを採用
  • ドリップコーヒー(DRIP POD)あり
  • セーフティボックスあり
デメリット
  • ウェットエリアは普通のユニットバス
  • 壁が薄い

京王プラザホテル札幌のプレミアシングルはメリットが多数ありましたが、デメリットだなと感じる部分もあり…正直、「プレミアというには少しうーん…」と感じました。

まずメリット・良かったのは、クラブラウンジが利用可能、ベッドの寝心地、リネン類の質の良さ、高層階から景色、充実したアメニティ、タオルやシーツの質などでしょうか。良いところは多数あります。

ただ、「ユニットバス」というのが本当に残念で唯一のデメリットだと感じました。ユニットバスは宿泊特化型ホテルと同じサイズの広さということに加え、更にユニットバスが年季が入っています…。

また、客室は18.7㎡で広くはないですが、狭すぎるとも言えないので大きなデメリットではないですが、プレミアフロアで一番ボトムの部屋でももう少し広さがあるとよいかなとは思いました。

プレミアフロアでもユニットバスというのが個人的には本当に残念で、プレミアフロアであっても洗い場付きバスルームがあるのはプレミアラージツイン以上からとなっています。プレミアフロアでもユニットバスであれば、「プレミアフロアじゃなくて、スタンダードフロアや他のホテルでいいかも….」というのが本心です。

筆者はプレミアシングルに2回宿泊したことがありますが、プレミアシングルの部屋を好んでるというよりも、クラブラウンジが使いたいがためにプレミアシングルに宿泊しており、客室自体に魅力があって宿泊しているわけではありません。

全体的には素晴らしいとは思いますが、やはりユニットバスが…というのが本音。

札幌駅周辺でシングルの客室ではJR東日本ホテルメッツ 札幌スーペリアが洗い場付きバスルームでかなり快適です。京王プラザホテル札幌の方が総合力では上ですが、客室はJR東日本ホテルメッツ 札幌のスーペリアの方がいいかな…という印象でした。それぐらいプレミアシングルのユニットバスは残念でした…。

また、ANAクラウンプラザホテル札幌の上位カテゴリーであるデラックスダブルはリニューアル時にウェットエリアも綺麗に改装しており、ユニットバスとは言え思った以上に快適に利用できます。そういった意味でも京王プラザホテル札幌のプレミアシングルでもウェットエリアをしっかりと改装していればまた違った印象になったのになと感じました。

以上、京王プラザホテル札幌「プレミアシングル」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

【ホテル】予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次