トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【朝食@大磯】レンブラントスタイル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:2019年12月21日 更新日:

札幌にある「レンブラントスタイル札幌」に宿泊してきました。この記事では「朝食」をブログ的口コミ・評価レビューをしていきたいと思います!

レンブラントスタイル札幌は、二条市場にある大磯が運営しており、ここの朝食のメインは海鮮丼(勝手丼)です!

札幌のホテルで海鮮丼を提供しているところはいくつかありますが、その中でもナンバーワンといえるぐらい素晴らしいものでした!

まさに、朝食のために泊まりたいホテルの1つと感じてしまうぐらい、朝食はオススメです!

※この記事は「2019年12月」時点の朝食内容となります。日替わりメニューや内容変更がある可能性もあるので参考程度としてください。

レンブラントスタイル札幌のブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

札幌にある宿泊特化型ホテルの朝食はレベルが高い!ただ、朝食料金は高め...

このホテルの朝食を紹介する前に、札幌にあるホテルの「朝食」について感じていることなどをお話したいと思います。

ビジネスホテルなどの宿泊特化型ホテルでも朝食が充実!

まず知ってほしいことは、札幌のホテルは朝食が種類豊富で美味しいところが多いと言うことです。

ベッセルホテルカンパーナすすきのの朝食会場。海鮮丼が作れるホテルも多い。

シティホテルや高級ホテル・高級旅館では朝食の種類も豊富で美味しいのは当たり前のことかもしれませんが、札幌では

宿泊特化型ホテルでも朝食がめちゃくちゃ凄い!

ところが多いのです。

※宿泊特化型ホテルとは - ビジネスホテルなど宿泊に関した施設しかないホテルのこと。シティホテルは宴会場などがあるため宿泊特化型ホテルではない。

特に、いくらなどが食べ放題で自由に海鮮丼(勝手丼)が作れるホテルが人気です。

また、「種類は多いし、どれも美味しい!札幌(北海道)らしいもの沢山ある!」と感動する人も多いと思います。私も初めてビジネスホテルを利用した時、種類の豊富さと美味しさにかなり感動しました。

「種類の豊富さ、質の高さ、北海道らしさ」などの特色・特徴はそれぞれのホテルにありますが、全体的にレベルが高いところが多く、宿泊特化型ホテルでもシティホテル並の朝食が楽しめるところが多いです。

ベッセルイン札幌中島公園で海鮮丼

宿泊特化型ホテルでも朝食料金が高め

ただ、「朝食料金が高いと感じるホテルが多い」というのも事実です。

札幌の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)の平均的な朝食料金は、「1,600円前後」となります。高額なところになると2,000円以上となってきます。シティホテルだと平均で「2,700円前後」です。

種類豊富で素材の質がよかったり、味のクオリティが良かったりするのでコストパフォーマンスは良く感じるところが多いのですが、宿泊特化型ホテルの朝食に2,000円はなかなか高いと感じる人もいると思います。

特にビジネス利用だったり、朝はササッと済ませたい人にとってはなかなか現実的ではない料金設定だなと感じることもしばしばあります。

朝食込みプランであれば、割安になったりするホテルも多いので、よく確認してみることをおすすめします。

朝食の注目ポイントは?

この記事では特に下記の内容を注視して紹介・レビューしていきたいと思います↓

  • 味や種類はどうなのか?
  • 北海道らしい(海鮮丼、カレースープなど)朝食は食べれる?
  • 札幌市内の宿泊特化型ホテルと比べてどうなのか?
  • 朝食料金とコストパフォーマンス
  • 総合的にどうなの?朝食はつけた方がよい?

「このホテルに泊まるなら、絶対朝食を食べたほうが良い!」と思うホテルが多いですが、たまにハズレなホテルもあります...(苦笑)

では、口コミレビュー・評価をしていきたいと思います!

レンブラントスタイル札幌「二条市場 大磯」の朝食情報

朝食の基本情報は下記の通り。

朝食の基本情報

  • 朝食会場: ホテル1F ラウンジエリア
  • 朝食料金(税込): 【宿泊者】 大人:2,200円、子供(6歳~12歳):1,100円 ※5歳以下無料
    【通常料金(外来)】 大人:2,530円、子供(6歳~12歳):1,265円
  • 朝食時間: 6:30~10:00
  • 種類: 約80種類

2,200円(税込)は、宿泊特化型ホテルの中では、かなり高い朝食となります。

ただ、高くても(種類はそれほど多いとは思わなかったですが)、海鮮丼(勝手丼)が作れること&クオリティがよいことを考えると、個人的にはコストパフォーマンスはなかなか良いと感じました。

レンブラントスタイル札幌「二条市場 大磯」の朝食を紹介!

朝食会場は、昼夜はラウンジとして無料開放されているエリア。

朝食券を渡して入場。

プロジェクタースクリーンがあった裏側がメインのビュッフェ台になっていました。席数は88席。席の間隔も比較的ゆったりした感じで、おしゃれ感もあり、ビジネスホテルの朝食会場としてはすごくよい印象です。

サラダなど

ドレッシング類は、市販されているキューピーのパックのもの。ベーコンチップなどもありました。

サラダはそれほど種類が多く無い印象でした。ミニトマト、きゅうり、レタス、コーン、ポテトサラダ、マカロニサラダ。

ただ、札幌名物のラーメンサラダもあり、ラーメンサラダ用の具材にはえびや蒸し鶏などもあり、なかなか充実している印象。

さつまいものホイル焼き、紅しぐれ大根のマリネ、かぼちゃとクリームチーズのメランジェ、玉ねぎのロースト。

一品料理は北海道らしいものも!

ミニハンバーグ、スパゲッティ、ミートソースなど。

ハンバーグ用のソースとして、シャリアピン、ポン酢、デミグラス。

ウインナー、ベーコン、スクランブルエッグ。

フライドポテト、ザンギ、コロッケ。やはり皆さん、お目当ては海鮮丼らしく、このあたりは手をつける人があまりいない模様...笑

焼売は大きいサイズ。個人的にはジューシーで美味しかったです。

自家製ジンギスカン。北海道らしい一品ですね。

温野菜。温野菜は種類も多く、8種類ほどありました。

スープカレーもあり、北海道らしさを感じます。温野菜が種類が多いので野菜たっぷりのスープカレーが作れます。

味噌汁、コーンスープ、白米。ご飯はななつぼし。

塩辛、なめたけ、漬物、のり。

豆腐、納豆。

ザーサイや岩のり佃煮、鮭フレーク梅干しなど。

お粥と海鮮丼用に酢飯。普通のご飯(白飯)と酢飯が置いてあるのは、嬉しい方も多いと思います。

札幌のホテル朝食で一番よかった海鮮丼(勝手丼)

これがこのホテルのメイン!海鮮丼コーナー!ネタは6種類とホームページに記載されていましたが、それ以上に沢山のネタがありました!

ホタテ、いか、たこ、ホッキ貝、カレイ、つぶ、とびっこ。

まぐろ、サーモン、甘海老、カニ、しめ鯖、マグロの中落ち?

最後にいくら。全部で14種類!!!これはすごすぎ!朝食からかなり豪華な海鮮丼が食べれてしまいます!!!

ネタも厚めにカットされており、ホタテなども食べごたえがありました!

焼き魚も充実!

マグロの角煮、茄子といんげんの和風生姜あんかけ、きんぴらごぼう、だし巻き卵、塩サバ、塩秋刀魚。

鮭、糠サンマ、北海道産本ししゃもはオスとメスの2種類。鮭の切り身は朝食としては大きい部類。

味噌ラーメンもありました。

パンやデザート類

ジャムやメープルシロップなど。

パン類は6種類ほど。やはり海鮮丼がメインといえる朝食なので、日本人で手を付けてる人はほとんど見かけませんでした。

バルミューダのトースターも完備。

デザートはロールケーキが3種類とケーキが3種類。他のホテルの朝食会場でも同じものがあるのでどこかから仕入れているものだと思われます。

フルーツはぶどう、キウイ、バナナ、パイナップル、オレンジ、グレープなどなど。盛り方もきれいで種類も多いと思います。それにフルーツポンチ。

自家製プリンとシャインマスカットゼリー。

飲料など

ソフトドリンク、水は10種類ほど。

ソフトカツゲンや札幌市産牛乳。

グラノーラやコーンフレーク、自家製ヨーグルト。ソースは市販のものが3種類。

アールグレイ、ダージリン、煎茶。

コーヒー、ストロングコーヒー、カフェオレ。

海鮮丼のクオリティは、札幌のホテル朝食でNo.1!また、他の料理も美味しいものが多かった!

二条市場の大磯が運営ということで、海鮮丼はかなり期待していたのですが、他の料理は全く期待していませんでした。しかし、思った以上に全体的にクオリティが高く、どの料理も安定して美味しかったです!

海鮮丼に関しては、鮮度が悪いとの口コミもあったので若干心配していましたが、個人的には大満足のクオリティでした。

札幌のホテル朝食で海鮮丼(勝手丼)を提供しているところは多いですが、その中でもダントツで美味しかったですし、鮮度もよいと感じました。

カニ&いくら丼でおかわり!美味しくいただきました!

刺し身でいただきました。つぶ貝やホタテも鮮度が良くて美味!ホタテは分厚くて食べごたえがありました。しめ鯖も美味しかった!

その他の料理もなかなか美味しくて、満足度がかなり高かったです。焼売は大きくてジューシー、玉ねぎのローストも素材の味が良くて気に入りました。

スープカレーは温野菜などの具材が沢山あり、味も良くてgood!

最後にデザートを食べて終了。お腹いっぱいです。

料理切れ、ネタ切れの心配はない?補充がすばらしかった!

しっかりと料理のなくなり具合を確認しているスタッフがおり、海鮮丼のネタが無くなる心配は不要だと感じました。

無くなりそうになると、すぐに補充していましたし、しっかりと見ている印象でした。海鮮丼目当てで朝食を食べにきているのにネタ切れがあったら悲しすぎますよね。そんな心配は無用でした。

また、他の料理もしっかりと補充しており、個人的には好印象でした。(宿泊特化型ホテルで朝食の補充が追いついてなかったり、料理が切れて30分以上も放置しているホテルも見てきているので、そういった点では安心できる印象です。)

レンブラントスタイル札幌の朝食を評価、レビューまとめ

レンブラントスタイル札幌の朝食を紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

朝食のポイントをまとめてみました ↓

朝食のポイント

  • 海鮮丼は札幌のホテル朝食でナンバーワン
  • 質が良いものが多く、美味しいものが多かった
  • 北海道らしい朝食が多いかった
  • 食べ物が品切れになることはほとんどなく補充も早い!
  • 種類は約80種類となっているが、体感としては若干少なく感じるかも
  • コストパフォーマンスはかなり良い!

個人的にはかなり満足度が高い朝食でした。全体的に料理のクオリティが高く、特に海鮮丼は鮮度抜群で、ホテル朝食で出されているネタとしては札幌で一番良かったです。(オークラ札幌の朝食で、杉ノ目のイクラ丼、イクラウニ丼などの一品料理は除く)

ネタに関しては、種類の多さもレンブラントスタイル札幌が一番多かったです。流石、大磯が運営しているだけのことがあると感じました。

このホテルに宿泊している日本人のほとんどが海鮮丼を目当てにしているのか、みんな海鮮丼を食べており、他の料理は食べない方も多い印象でいたが、ほかも美味しいのでぜひ食べてみてください。(とは言え、海鮮丼でお腹いっぱいになるんですよね...)

北海道の食材かどうかは不明ですが、北海道らしい朝食が食べれる朝食だと感じました。海鮮丼を筆頭に、ザンギ、スープカレー、ジンギスカン、味噌ラーメンなどなど。

レンブラントスタイル札幌の朝食と競合するとしたらベッセルホテルカンパーナすすきのの朝食(2,000円)

海鮮丼に関しては、ネタの鮮度、美味しさ、分厚さなどトータルで見てもレンブラントスタイル札幌の圧勝だと思います。ただ、種類の多さやジュースなども含めた全体的に見ると、ベッセルホテルカンパーナすすきのの方が良いかなと感じました。

特に種類はベッセルホテルカンパーナすすきのは満足できるほど多く感じましたが、レンブラントスタイル札幌は思っていたよりも少ないかな?という印象です。

ただ、海鮮丼のネタや焼き魚などの充実度はレンブラントスタイル札幌はすばらしいので、海鮮丼や焼き魚を目的にしている方は、レンブラントスタイル札幌の方がオススメだと感じました11。

個人的には、かなり満足度が高く、コストパフォーマンスもかなり良い朝食で、今後も朝食目当てでこのホテルに泊まりたいと思うほどでした!

こちらも参考にしてみてください↓

以上、レンブラントスタイル札幌の朝食の紹介・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください!

レンブラントスタイル札幌のブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

レンブラントスタイル札幌のブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-, ,

Copyright© トラベルハック! , 2020 All Rights Reserved.