トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【ツインルーム】JRイン札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:2019年7月30日 更新日:

今回は、北海道・札幌にあるJRイン札幌の「ツインルーム」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

JRイン札幌のツインルームの特徴は、洗い場付きバスルームがあること。コスパが良く、立地もよく、部屋の広さも十分で、快適なステイとなりました!札幌にあるツインルームの中でもかなり高評価です!

JRイン札幌の基本情報

JRイン札幌の基本情報は下記の通り ↓

  • チェックイン時間: 15:00〜
  • チェックアウト時間: 10:00〜
  • 喫煙部屋: あり
  • 朝食: 無料
  • 開業: 2008年10月16日
  • 住所: 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西6丁目
  • 電話: 011-233-3008
  • URL: JRイン札幌 公式サイト
  • 総部屋数: 189室(シングルルーム171室/ツインルーム8室/ダブルルーム9室/ユニバーサルルーム1室)

チェックインが15時〜、チェックアウトが〜10時で最大滞在時間が19時間と札幌にあるホテルの中では短い方です。

デメリット最大滞在時間が短い!

このホテルはシングルームが多く、ツインルームは8室しかありません。札幌にはインバウンド向けの宿泊特化型ホテルも多いですが、このホテルはビジネスマンをターゲットにしたビジネスホテルかなという印象の方が強いです。海外のゲストもいましたが日本人の方が多かったです。

ツインルームは8室しかないので、すぐに埋まってしまう可能性があることに注意したいですね。

場所

場所は、札幌駅周辺で駅からのアクセスも非常に良いです。

札幌のホテルでは立地がかなり重要です。と言うのも「冬場の雪が積もった時、ホテルへのアクセスが容易かどうか?」が重要ポイントとなります。数時間で雪がかなり積もる札幌では、スーツケースを持って移動するのがかなり大変です。

雪の積もる冬場にこのホテルを利用するのは結構おすすめです。というのも、ホテル前まで屋根のある高架下の通路を使ってアクセス可能で、スーツケースなどがあってもアクセスしやすい環境となっています。

近くにはコンビニや家電量販店(ヨドバシカメラ)があり、大丸も歩いて1分もかからない距離です。。

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を残しておきます。

  • 宿泊日: 2019年4月
  • 予約: 6,700円(サ・税込)/ツインシングルユース
  • 料金: Yahoo!トラベル
  • 予約した客室: ツイン - 26㎡
  • 宿泊した客室: ツイン - 26㎡

宿泊したのは2019年4月のローシーズンです。そのため非常に安く宿泊できました。

レセプション周り

2008年オープンのホテルですが、思っていたよりもキレイな印象でした。

反対側から撮影。

レセプションでは追加のアメニティを配布しています。

共用施設(ラウンジやランドリーなど)

JRイン札幌には10:00〜24:00の時間帯で自由に利用できるラウンジがあります。ただ、フリードリンクなどはありません。

JRインの特徴の一つでもある枕コーナー。自由に好きな枕を使うことができます。

自販機や製氷機。PCとプリンタ。

洗濯機。

エレベーターや宿泊階

エレベーターは2機。

残念ながら、エレベーターにセキュリティがありません。

デメリットセキュリティがない

宿泊階のエレベーター前。

通路。

JRイン札幌のツインルームを紹介!

今回宿泊したのは1201号室。ツインルームで26㎡になります。

キーカードをかざすと電源がONになるタイプ。

客室見取り図。1021号室は変則的な形をしていますね。

部屋に入ると、右側に全身鏡が付いたクローゼットの扉、正面にミニバー。ミニバーの左側がべットがあるメインエリアです。

全体像を紹介

客室は26㎡ですがメインエリアはそれほど広く感じません。

部屋は古ぼけた感じは受けませんが、若干、調度品などが傷んできているところがありました。清潔感はバッチリでしたです。

夜はこんな感じ。

べット周り

JRインは枕を掛け布団の下に置くベットメイキング。

枕は1つだけですが、枕コーナーから自由に持ってくることができます。1つだと低いと感じいる方や他の種類の枕を利用したい人にもバッチリですね。

べットはシモンズでした。ピロートップはありません。

べットとべットの真ん中にテーブル。メモ帳や電話など。残念なことに、電源がべット周りにはありませんでした。

デメリットべット周りに電源がない

テレビ、デスク周り

デスク周りは使い勝手が良かったです。

TVは32インチ。もう少し大きなテレビだと嬉しいで。また、首振り機能があります。

デスク下には加湿機能付き空気清浄機。蛍光灯は色温度を変えれるもので使いやすかったです。

コンセントx2口と有線LAN。USBポートはありません。

引き出しの中には、折りたたみ式の鏡と充電器、ランドリーメニューなど。充電器はType-Cにも対応しています。

チェア。

窓側に1人用ソファとテーブル。

テーブル下にはコンセントx2口あります。

ミニバー

ミニバーはウェットエリアの入り口手前に。

アメニティはお茶のみです。フリードリンクなども提供していないので、ちょっと寂しい感じがします。

冷蔵庫はかなり小さいですが、2Lのペットボトルをいれることができます。

クローゼット

クローゼットの扉には全身鏡。

バゲージラック、使い捨てスリッパ、ハンガー6本、消臭スプレー、ズボンプレッサーなどが置いてあります。ビジネスホテルの割にはクローゼットが広いと感じました。また、上に棚もあるので、物を沢山置いておけます。

スリッパは使い捨てスリッパ。

メリット共用スリッパではなく、使い捨てスリッパあり!

ウェットエリア

ウェットエリアはかなり明るくて良かったです。また、清潔感もバッチリで気持ちよく過ごせました。

スペース的にはそれほど広くないですが、十分実用的な広さです。

洗面台の横にスペースがかなりあるので利用しやすかったです。

タオル類は、フェイスタオルとバスタオルのみ。ハンドタオルはありません。ドライヤーと各アメニティは歯ブラシ、カミソリ、くしのみ。シャワーキャップや乳液などはフロントでアメニティを取ってくる形になります。

トイレはウォシュレット付き。

浴室は洗い場付きです。洗面台やトイレのエリアはかなり明るいのですが、バスルーム内はちょっと暗めでした(電球が切れかけてた?)。

洗い場付きなのでお風呂はかなり快適です。バスタブの大きさは約54(高さ)x68x120cm。

洗い場付きでも桶や椅子が置いてなかったり、鏡がないところもありますが、このホテルはバッチリでした。

バスアメニティは備え付けタイプで、ポーラのエステロワイエ。シャワーは1種類。

メリット浴室は洗い場付きでかなり快適!

風景

風景は全く何も見えず、隣のビル?が見えるだけでした。

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間も快適に利用できました。

広さ、空きスペースは?

ツインルームは26㎡と、それなりに快適に利用できる広さですが、べットがあるメインエリアはそれほど広く感じませんでした。

空きスペースとしては、スーツケースを広げられるスペースはあるけど、ちょっと邪魔になるかな?という印象が強いです。

ただ、クローゼットが広いし、クローゼットを開けた状態で通路にまたがるようにスーツケースを広げると部屋の中はスッキリと使えるかなと感じました。

またべットの横にちょっとしたスペースがあるので、物を置いたりするにはよいかもしれません。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ことが多々あります。また、部屋の方角によっては日が当たるなどの理由で、部屋が暑くなりすぎることもあります。またまた、季節の変わり目は冷暖房の設定が難しいため、暑すぎる・寒すぎるということが多々あります。

このような時に冷暖房を入れたり、窓を開けたりして、自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房が一括管理でどうすることもできなかったり、窓が開けられないホテルが多いのです。

なので、季節の変わり目の時期や冬場の宿泊に

  • 空調が一括管理ではなく個別なのか?
  • 窓が開けられるのか?

という点が、ホテル選びで重要ポイントの1つになります。では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

エアコンは個別空調となっており、冷暖房を自分で設定可能です。自分にあった温度に細かく調整することができます。

エアコンの風は、天井のちょっとした隙間からでてきているようです。

窓は開けることはできません。

メリットエアコンは個別管理。冷暖房は各部屋で設定できるため、自分に合った快適温度に!

天井

天井高は約2.6m。圧迫感などは感じませんでした。

騒音などは?

JRイン札幌はJR函館本線の目の前にあるホテルですが、ツインルームは線路側と反対側の部屋になるため、電車の音などは聞こえませんでした。

海外のゲストもいましたが、静かにゆっくり休むことができました。

朝食

JRイン札幌では、軽い朝食が無料で付いてきます。

朝食会場はラウンジスペース。

パンは5種類ほど。

水、オレンジジュース、サツラク牛乳、お茶類は6種類ほど。

コーヒーとスープはコーンスープ、ビーフコンソメ、クリームチャウダー、トマトクリームスープ、枝豆のクリームスープ。

ミルクプリン、サツラクヨーグルト、期間限定でサツラクヨーグルト北海道のメロン味、ゆで卵。

ホテとサラダとキャベツ。トースターもありました。

超軽食という感じなので、ここでサクッと食べるのも良いですし、ここでは食べずにどこかに食べに行くのもアリですね!

JRイン札幌の「ツインルーム」まとめ

JRイン札幌の「ツインルーム」をレビュー・紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「ツインルーム」のメリットは下記の通り↓

ツインルームのメリット

  • 洗い場付きバスルームがある
  • 客室は26㎡と広め
  • 個別に温度設定可能なエアコン
  • 部屋全体に清潔感あり!水回りもキレイ
  • 使い捨てスリッパあり

「ツインルーム」のデメリット(あまりよくなかったところなど)は下記の通り↓

ツインルームのデメリット

  • セキュリティボックスがない
  • ミネラルウォーターの提供はなし
  • 26㎡の客室の割にはメインエリアがそんなに広くない
  • 眺めはなし

JRイン札幌のツインルームの特徴はやはり「洗い場付き浴室」があることだと思います。それに加え、26㎡とわりと広めの客室であることでしょうか。

26㎡の部屋で、クローゼットや洗い場付き浴室で面積を多くとっているためか、ベットがあるメインエリアはあまり広いとは感じませんでした。とは言っても、快適に利用でき、個人的には大満足です。

2008年オープンのためか、若干、補修したり手入れをしたほうがよいのでは?と思う部分もありましたが、シンプルな客室はキレイに掃除されており、不快感や古臭さなどは感じませんでした。

滞在してみて、水回りの綺麗さや洗い場付きバスルームはやはり快適で、個人的に、宿泊特化型ホテルの中でもかなり上位にランクインする客室でした!

JRイン札幌の全体(共用部分などの)ポイントをまとめてみました↓

ホテルネッツ札幌の全体ポイント

  • 札幌駅周辺で立地が良い
  • 無料朝食あり(超軽食)
  • 枕コーナーあり。種類豊富で自分に合った枕を利用できる!
  • 自由に使えるラウンジあり
  • 最大滞在時間が短い
  • エレベーターにセキュリティなし
  • 大浴場はない
  • ウェルカムドリンクやフリードリンクはなし

施設としては枕コーナーがあることが特徴でしょうか。立地の良さであったり、ラウンジが使えたり、無料の朝食があったりと、満足度は高いと思います。ただ、セキュリティがないのが残念ポイント。

札幌にはJRイン札幌の他にJRイン札幌駅南口があります。南口の方は、大浴場、ラウンジ、フリードリンクなどがありますが、浴室はシャワーブースのみになります。個人的には、札幌駅南口の方が総合的に好みでした。

総合的に満足度が高いビジネスホテルでした!コスパも非常に良いので、今後も札幌滞在時の候補となりそうです。

以上、JRイン札幌「ツインルーム」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.