【シングルルーム】JRイン札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるJRイン札幌の「シングルルーム」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

JRイン札幌の「シングルルーム」ってどうだろう?

JRイン札幌のシングルルームは基本的にビジネスマン向き。大きなデスクが特徴的だよ!

この記事は「2023年4月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

予約サイトで料金を確認!
目次

JRイン札幌にチェックイン!

レセプション / フロント

一度でも宿泊したことがある場合、住所などに変更がなければ名前の記入だけでよいので楽にチェックイン可能です。しっかりと顧客情報を管理していますね。

JRイン札幌の追加アメニティはフロント前に

アメニティバー

JRイン札幌の客室には歯ブラシ以外のアメニティは置いていません。フロント前にあるアメニティバーから必要なものを持っていくスタイルです。

入浴剤2種類、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液、ヘアターバン、コットンセット(綿棒&コットン)

普通の宿泊特化型ホテルで入浴剤が置いてあるのは珍しいと思います。またヘアターバンがあるのもなかなか珍しいですね。アメニティは必要十分揃っていると思います。

JRイン札幌はエレベーターにセキュリティなし…

エレベーターは2基。全部で189室なので3基ぐらいあると快適かなと感じました。時間帯によっては混み合うかも…

残念ながら、エレベーターにセキュリティがありません。

エレベーターにセキュリティがないのがデメリット!

JRイン札幌の宿泊フロア

エレベーター前
通路
部屋見取り図(避難経路図)

JRイン札幌の「シングルルーム」を紹介!

紹介するのはシングルルームで15㎡の「1002号室」と「214号室」。1002号室の写真を中心にレビューしていきます。

客室案内図(避難経路図)

カードキーホルダーにカードキーを入れると電源がONになるタイプ。

入り口から撮影

シングルルームの全体像

1002号室

シングルルームは15㎡の客室。ダークブラウンをベースにした客室で、使いやすそうなシングルルームという印象でした。ベッドは140cm幅を採用しており、思った以上にベッドは幅が広く、デスクは大きくて、空きスペースが少ないという印象でした。

214号室

シングルルームは客室によって少し異なりました。客室内に柱があるとテレビが壁掛けタイプ。また、椅子がゲーミングチェアだったり普通のビジネスチェアだったりと多少異なります。

夜の雰囲気

ベッド周り

ベッドは140cm幅を採用。シングルルームですが、ダブルベッドを採用しています。

ベッドはシモンズを採用。ピロートップはありませんが、寝心地は普通に良かったです。

枕は1個

枕が合わない場合は1階にある「枕コーナー」から好きな種類の枕を持ってくるとよいでしょう。

1階にある枕コーナー ↓

枕コーナー

ベッド周りにはコンセントがないのがデメリット。

ベッド周りにコンセントなし…

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はワンピースタイプ。

デスク周り

この客室は、室内に柱がなく、デスク周りが広くなっていました。

メモ帳や電話、案内など。

コンセントx2口、有線LANポート。

ティーアメニティは1階にあるアメニティバーに緑茶があります。

1階にあるアメニティバー ↓

アメニティバー
折りたたみ鏡、ランドリーメニュー、有線LAN,充電器
充電器

携帯電話の充電器は客室内に備えてあります。

携帯の充電器あり

冷蔵庫
加湿機能付き空気清浄機
デスクは広々
デスクチェア(1002号室)

デスクチェアはなぜかゲーミングチェアでした。一部の客室のみのようです。

ビジネスチェア(214号室)

ほとんどの客室はビジネスチェアのようです。このビジネスチェア、座る部分はメッシュで座り心地はいまいち…

デスクライト
USBポートあり

デスクライトの背面にはUSBポートがあり、こちらからスマホの充電などが可能です(こちらのデスクライトも一部の客室のみです)。

テレビ

テレビ(1002号室)

シングルルームの客室はテレビが壁掛けタイプの客室が多いですが、この客室は直置きタイプでした。

首振り機能あり
HDMI端子

壁掛けタイプの場合、首振り機能なし、HDMI端子は利用できません。

クローゼットはなし。ハンガーなどがむき出しタイプ

クローゼットはなく、ハンガーラックは壁掛けタイプです。

ハンガーは全部で4本、ブラシ、消臭スプレーが掛けれらています。全身鏡の下には使い捨てスリッパ、シュープリッシュなどがありました。

スリッパは使い捨てタイプを採用

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア(バスルーム)の扉下に段差がないタイプ。

ユニットバス

ウェットエリアは普通のユニットバスタイプです。 広さは1.8m x 1.4m。シングルの客室としては平均的な広さです。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

このユニットバス、他のホテルよりも暗めな印象で、正直もう少し明るいといいかなと感じました。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで、暖房便座機能付き。

2023年4月現在、客室内には歯ブラシのみが置いてあり、その他はフロント前にある「アメニティバー」から持ってくる形に変更になっています。

洗面台
ハンドソープ

洗面台の水の出ですごくよくて快適です。

ドライヤー
バスタブ
アメニティ

シャンプーなどの雨イニティは、ポーラの「ESTHE ROYER(エステロワイエ)」を採用しています。

シャワーヘッド

シャワーは2箇所で固定タイプです。」シャワーは3種類ありました。

シャワーの水圧はよく、快適レベル。

シャワーの水圧よし!

シャワーカーテン

シャワーカーテンは直線レールタイプです。Uの字タイプの方が体に張り付かないので、Uの字タイプの方がよいかな…と感じました。

シャワーカーテンは体に張り付きやすい(レールは直線タイプでUの字タイプではない)

タオル掛け
洗濯紐

空調は一括管理タイプ?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

暖房
冷房

空調は自由に冷暖房が切り替え可能なタイプでした。

空調は個別調整可能タイプ。どの時期でも冷暖房の切り替えが可能

窓は開けることができません。

窓は開けられず。窓を開けての換気はできない

景色はトレインビュー

今回宿泊したシングルルームは10階の1002号室。トレインビューの客室でした。

電車好きな方には景色が良いと感じるかもしれません。

音対策

窓にはロールカーテンがありますが、それとは別に引き戸がついています。目の前がJRが通っているため、このような対策をしているものと思います。

完全に締めても音は聞こえますが、個人的にはそれほど気になる騒音はありませんでしたが、無音になることはないので音に敏感な方は気をつけた方がよさそうです。

扉を閉めても電車の音は多少聞こえる

空きスペースはある?大きなスーツケースは広げることができる?

シングルルームは15㎡の客室。そこに140cm幅のベッドが導入されていることもあり、空きスペースはほとんどありません。

見ての通り、大きなスーツケースなら広げて置いておくとかなり邪魔になるぐらいの空きスペース。人が通るスペースぐらいしかありません。

機内持ち込みサイズのスーツケース
約70Lのスーツケース

機内持ち込みサイズのスーツケースを横に置いてみると、通路幅がかなり狭くなって横歩きでしか通れないほど。約70Lのスーツケースの場合は足の踏み場がない状態に…

約70Lのスーツケース

70Lのスーツケースは、デスク前に置くのも無理そうです…。

大きなスーツケースも工夫すると広げたまま置ける!

ただ、デスクがかなり横長でその下にスペースがかなりあります。

空気清浄機を除けると、それなりの空きスペースが!

約70Lのスーツケース

この部分に約70Lのスーツケースを広げられます!ここに広げれば、スーツケースが邪魔になりません!デスクも広いので、デスクチェアに干渉することないのでデスクも問題なく利用可能です。

大きなスーツケースがあると広げるスペースはないかも…と思ったが、大きなデスクの下にスペースがあり、ここを活用するのがおすすめ!これなら大きなスーツケースも広げたまま置ける!

バゲージラックはなし

客室内にバゲージラックはありません。今回はフロントにバゲージラックの貸し出しを頼みました。

JRイン札幌の「シングルルーム」宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューまとめ

JRイン札幌の「シングルルーム」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 大きなデスクと作業しやすい椅子がよい
  • 個別に温度設定可能なエアコン
  • 使い捨てスリッパを採用
  • 携帯電話の充電器が置いてある
  • 大きなスーツケースも工夫すると広げたままで置ける!
デメリット
  • 枕元にコンセントがない
  • ウェットエリア(バスルーム)がかなり暗め
  • 窓は開かない
  • ティーアメニティは緑茶のみ。コーヒー、紅茶は一切なし
  • 空きスペースは少ない(ただ、うまく活用すると大きなスーツケースも広げられる)
  • セキュリティボックスがない
  • ミネラルウォーターの提供はなし
  • 客室内にバゲージラックがない

ビジネス利用だとデスクと椅子が使いやすく、かなり作業が捗るなと感じる客室でした。また、格安ビジホのような安っぽい雰囲気ではなく、男性が好みそうなダークブラウンでまとまっている客室は、多少の古さは感じるにしても、このテイストが好みの方が多いのではと思います。

JRイン札幌のシングルルームで「ここが宿泊するポイント」と感じるところは特にないですが、料金面でコスパがよく、清掃レベルも高いので定宿にしている人も多いのかなという印象でした。

札幌にはJRイングループのホテルがここも含めて3箇所ありますが、ここ以外は大浴場の施設があります。なので、大浴場がなくシングルルームはユニットバスというのは、他のホテルと比べてもデメリットですし、洗い場付きバスルームを備えているシングルルームも増えてきていることから、第一候補でJRイン札幌を選ぶ理由があまりありません。

なので、シングルルームを選ぶ基準としては、料金が安くてコスパが良い時かなという気がします。

ただ、一般的なビジネスホテルの基準と比べても非常に高いため、安くても安心して泊まれるホテルです。なので個人的にはシングルルームが安い時はよく予約を入れています。

JRイン札幌 共通ポイント
  • 立地が良い
  • 朝食(軽食)無料
  • 枕バーがあり、自分好みの枕を選べる
  • ラウンジスペースあり
  • フロント前に「アメニティバー」があり、化粧水や入浴剤などが置いてある
  • 漫画なども置いてある
  • ウェルカムドリンクやフリードリンクはなし
  • エレベーターにセキュリティなし
  • チェックアウトは10時

JRイン札幌の特徴は、「枕コーナー」があること。立地の良さであったり、ラウンジが使えたり、無料の朝食があったりと満足度は高いと思います。

無料の朝食は軽食程度ですが、札幌にあるJRイングループの中でも無料なのは、JRイン札幌のみです。

札幌の宿泊特化型ホテルでも宿泊費が安くて、コストパフォーマンスが非常によい時が多く、総合的にはかなり満足度が高い宿泊特化ホテルだと思います。

以上、JRイン札幌「シングルルーム」の宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次