トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【スーペリアツイン】ホテルJALシティ札幌 中島公園の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:

今回は、北海道・札幌にあるホテルJALシティ札幌 中島公園の「スーペリアツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を記載しておきます。

  • 宿泊日: 2019年11月
  • 宿泊料金: 10,020円(サ・税込)/ツイン2名利用/朝食込
  • 予約サイト: 一休
  • 予約した客室: スーペリアツイン - 27.8㎡
  • 宿泊した客室: スーペリアツイン - 27.8㎡
  • チェックイン/チェックアウト: 15:00〜/〜11:00

チェックイン

私はJALシティホテルやニッコーホテル、オークラホテルの会員制度であるOne Harmonyのメンバー会員です。

今回は、一休から予約したのですが、One Harmony会員であることを知らせていないにも関わらず、すでに紐付けされていました。(会員証を見せようとしたら、すでにナンバーをもらっていると言われました。)

日航ホテルやオークラでも公式予約以外の場合は、氏名や電話番号等でメンバーかどうかを確認していると聞きましたが、JALシティホテルでも確認されているようです。

ホテルJALシティ札幌 中島公園の大浴場や設備等に関しては下記リンク先にまとめてあります。こちらを参考にしてみてください。

エレベーターにセキュリティあり

エレベーターは全部で3基。13階建て(14階までのボタンがありますが、13階のボタンがないため13階建て)です。

このエレベーター、レセプションがある2階に必ず泊まります。ちょっと煩わしい感じる人も多いと思います。

レセプションがある2階まではセキュリティなしで行けますが、宿泊階のボタンを押すにはカードキーをセンサーにかざす必要があります。

メリット・良ポイント

エレベーターにセキュリティあり!

宿泊階

エレベーター前もナチュラルなテイストでありながら上品な印象。

JALシティホテルは宿泊特化型ホテルですが、個人的に普通のビジネスホテルというよりは高級ビジネスホテルという印象を持っています。ホテルJALシティ札幌 中島公園の内装などは、一般的なビジネスホテルと比較して全体的に品を感じるぐらい上質でした。

廊下の絨毯が雪の結晶で印象的。

ホテルJALシティ札幌 中島公園の「スーペリアツイン」を紹介!

今回宿泊したのは1417号室でスーペリアツイン、27.8㎡の客室です。

部屋の見取り図。

全体像を紹介

ベット周り

ベットは120cm幅が採用されています。フットスローやクッションもあります。

枕は2個あり、快適でした。

ベットとベットの間にベットサイドテーブル。

アクセサリーボックスがあるのはGood!他にはTV番組表などがあります。

USBポートx2口、コンセントが1口のほか、電気のコントロールパネル。コンセントが1口でUSBポートが2口というのは今の時代を反映している気がしますが、できればコンセントが2個ある方が使い勝手が良かったかなと思います。(USBケーブルが取り外せないタイプのACアダプタを使ってる人もいるため)

ナイトウェアはセパレートタイプ。

ナイトウェアの下には、ランドリーメニューやビニール袋。黒色のビニール袋は大浴場に行く時に活躍しました。また、コインランドリーはないので洗濯する場合はランドリーサービスを利用するしかありません。

下の引き出しにはセーフティボックス。

メリット・良ポイント

セーフティボックスを完備!

ベットはシモンズ。120cm幅なので広々。ピロートップないですが、硬さはちょうど良い感じでした。

ソファーやミニバーなど

窓側に大きなソファやミニバーなど。

チェスト部分にはネスプレッソや無料のミネラルウォーター、電気ケトルなど。

ネスプレッソは3種類の味が楽しめます。

後方にはコンセントが1口。

無料のミネラルウォーター。

メリット・良ポイント

無料のミネラルウォーターあり!

ソファーに座って充電したりできるように、チェストのサイドにコンセントx1口、有線LANポートがありました。

チェストの中には、冷蔵庫やコップなど。

ティーアメニティは紅茶のみ。緑茶などもあればよかったかなと感じます。

冷蔵庫は小さいですが、2Lのボトルを入れられるサイズ。

テレビ

テレビは43インチ。大浴場の混雑具合を確認したり、

YouTubeやAmazonプライムビデオを再生することが可能です。

クローゼットなど

通路幅は約1.1mあり、比較的ゆったりした広さでした。通路を挟んでウェットエリアの反対側に全身鏡。

クローゼット部分はハンガー4本、消臭スプレー、バゲージラック、靴べら、ブラシ、シューボリッシュなど。

クローゼットは思っていたよりも広さがあります(モデレートクイーンはかなり狭いですが、それよりも広い)。ハンガーが4本では足りない...(特に冬場)。

スリッパは使い捨てスリッパです。大浴場に行くのにこのスリッパを利用してもOKです。

ウェットエリア

扉は引き戸タイプ。

ウェットエリアは思っていたほど広くはなく、必要最低限の広さといったところでしょうか。

バスタオルは洗面台の下に。清掃は行き届いているし、洗面台横には化粧品などを置けるスペースが十分にあります。

フェイスタオルやドライヤー。ドライヤーは立てて置けるものでKOIZUMI製。風圧も良くてすぐに乾きます。

ハンドソープは花王のFIESTA。ハンドタオルもあります。

アメニティや拡大鏡、ティッシュ。ティッシュはウェットエリアにしか置いておらず、ベットルームにはありません。

シャンプー類はこのレベルのホテルとしては珍しく、小分けタイプが採用されています。100%ボタニカルでJALシティホテルオリジナルのものです。このアメニティ、個人的には非常に気に入っています。

その他は、カミソリ、ヘアブラシx2、ヘアゴム、綿棒とコットンのセットx2、歯ブラシx2、シャワーキャップ、ゼミドのトライアルキットのようなものがあります。ゼミドは、クレンジングミルク、ピーリングジェル、オールインワンクリーム、コンディショニングヘアバターがセットになっているもの。

トイレはウォシュレット付き、自動で流れるタイプでした。

ウォシュレットのコントローラー上にタオル掛け。

洗い場付きバスルーム

バスルームは洗い場付きタイプなので、かなり快適です。扉はスケルトン。

洗い場付きバスルームの広さは「1.4m x 1.6m」となっており、宿泊特化型ホテルの中では広めのバスルームです。ちなみにモデレートクイーンの客室は「1.2m x 1.6m」なので、スーペリアツインの方が広くなっています。

シャワーとは別に浴槽側に蛇口があるので、シャワーを利用しながらバスタブにお湯を張ることが可能です。

ただ、シャワー側にスパウト(蛇口)はなく、立った状態で利用すること(シャワーのみ)しかできません。そのため桶や椅子も置いてありません。

日本人なら、洗い場があれば椅子に座って体を洗いたい方が多いと思うので、残念だと感じる人も多いかもしれません。座って体を洗いたい人は、大浴場に行くのがベストでしょう。

椅子がないことが残念かもしれませんが、シャワーにはレインシャワーが完備されているのが高ポイント。海外ゲストには、かなり好評だと思います。

物置用ラックやタオル掛けはありますが、バスルームに鏡は設置されていませんでした。

浴槽のサイズは約120cm x 66cm x 47cm(縦幅 x 横幅 x 深さ)ぐらいで、モデレートクイーンの浴槽よりも若干大きめで浴槽の形も異なります。

シャワーはレインシャワーと通常のシャワーの2種類。レインシャワーは雨に打たれているような感覚で本当に気持ち良いです。

このシャワーシステムですが、混合栓部分なのでかなり高温になっているところがあり、かなり注意したほうがよさそうです。(GROHEのシャワーシステムはどれも高温になるこものが多い)

水圧ですが、通常のシャワー(手持ちの方のシャワー)で、不便はないですが、ほんの少し弱いかなと感じました。

メリット・良ポイント

  • 洗い場付きバスルームで快適!
  • レインシャワー完備!雨に打たれたような感覚で本当に気持ち良い!
残念ポイント

  • 手持ちシャワーの水圧が少し弱いかなと感じた
  • シャワー側の混合栓にスパウト(蛇口)はなく、立った状態で利用する(シャワー利用)を想定した作り
  • 椅子や桶、鏡はなし

良くも悪くも、洗い場の方に蛇口がなくシャワー利用が前提、レインシャワーありなど、海外仕様の洗い場付きバスルームという感じで、海外仕様なバスルームという印象で、日本人が好む感じではないかな..とも。

もし、椅子に座って体を洗いたい場合などはホテルの大浴場に行くのがベストでしょう。

景色

窓からの景色は、隣のホテル、イビススタイルズ札幌の眺め...

右側にはすすきの、大通方面の景色が少し見れました。

下側には立体駐車場の建物があります。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ホテルがかなり多く存在します。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。また、季節の変わり目は暑すぎたり、寒すぎたりすることも多いですし、部屋の方角によっては日が当たることで部屋が暑くなりすぎてるという経験が多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開閉で自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルが多いのです。

私は、札幌のホテルは冬場に部屋が暑すぎる事が多いので、チェックインして部屋に入るとすぐに窓を開けて温度を下げることが多いです。窓が開けられなかったり集中管理のホテルだと、蒸し風呂状態で冬なのに汗がダラダラ...、お風呂上がりに温度調整ができないのでまた汗が...なんてことも経験しました。

ということで、

空調で確認したいポイント

  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整、換気できるか)

が、ホテル選びでのポイントになる人も多いと思います。
では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

このホテルはダイキン製のエアコンで、個別調整可能タイプです。どの時期でも冷房・暖房の切り替えが可能になっており、部屋の温度を自由に設定できました。また、エアコンの効きも良かったです。

窓は開けれるタイプですが、取手部分が取り外されているため、個人で開けることはできません。

メリット・良ポイント

エアコンは個別調整可能!冷房、暖房など自由に変更可能でエアコンの効きも良い!

デメリット・残念ポイント

窓は開閉は不可なので、窓を開けての換気はできない

エアコンの効きがすごく良く、冬場でも冷房が使えます。また、お風呂上がりに部屋が暑くても、冷房にしてすぐに適温にすることができました。窓が開かないため換気はできませんが、エアコンの効きが良いため、窓を開けて部屋の温度を調整することはないと思います。

部屋の広さ、空きスペースは?

正直、27.8㎡の割には空きスペースが少ないような...という印象を受けました。ただ、全体的にゆとりある家具の配置で狭さや圧迫感は皆無です。

クローゼットエリアも比較的広いスペースがあり、70Lのスーツケースが横に置くことが可能でした。機内持ち込みサイズのスーツケースであれば、この場所で開くことも容易にできると思います(大きなスーツケースを開くのは無理)。

私は約70Lのスーツケースを通路部分で開きました。通路部分の幅は約1.1mあります。ここでスーツケースを広げると多少はやはり邪魔ですが、歩くスペースもギリギリ確保できるような感じでした。(ちなみに部屋タイプが一番安いモデレートクイーンの客室では通路部分にスーツケースを広げるとかなり邪魔になるぐらい通路が狭いです)

部屋の空きスペースや広さに関しては、大満足とまではいかないまでも問題ないと感じるレベルではないでしょうか。2人での宿泊でも寛げるぐらいの広さがあり、(通路にスーツケースを広げると少し邪魔ですが)空きスペースもほどほどにあると思います。

メリット・良ポイント

広さや空きスペースは大満足とまではいかないが、基本的に快適に過ごせる広さ!

Wi-Fi

Wi-Fiの速度はアップロード、ダウンロード共にどの時間帯でも快適レベルです。動画視聴、アプリの更新なども全く問題なく可能でした。

メリット・良ポイント

Wi-Fiはかなり高速!札幌のホテルの中でもトップクラスの速度で、何をしても快適レベルだった!

ホテルJALシティ札幌 中島公園の「スーペリアツイン」、評価レビューまとめ

ホテルJALシティ札幌 中島公園の「スーペリアツイン」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? メリットやデメリットをまとめてみました。

メリット・良ポイント

  • 部屋はゆとりある27.8㎡
  • 洗い場付きバスルーム、レインシャワー完備
  • ネスプレッソあり(カプセルは4個、3種類のコーヒー)
  • ミネラルウォーターの提供あり!
  • スリッパは使い捨てタイプ
  • エアコンは個別管理
  • セーフティボックスあり
デメリット・残念ポイント

  • デスクワークができるような机がない(ソファ+テーブルのみ)
  • ティッシュがウェットエリアにしかない
  • 洗い場付きバスルームに桶や椅子がない(立ったまま使うことを想定している)

洗い場付きバスルームがあることを筆頭にレインシャワーやミネラルウォーター、ネスプレッソの提供、オークグレーを基調としたナチュラルテイストでこだわりある客室は、宿泊特化型ホテルの中でもアッパーミドルホテル(高級ビジネスホテル)という印象で素晴らしく、個人的にはオススメできる部屋だと感じました。

モデレートクイーンの客室は狭さがネックとなり、あまりオススメはできない客室ですが、スーペリアツインは2人での利用でもゆっくり寛げる広さ、ゆとりがあります。

また、作り的にもデスクワークがないことからビジネスマン向けではなく観光メインかなという客室です。

少し残念かもと感じたのは、モデレートクイーン、モデレートツインとの差別化ポイントが「部屋の広さ」しかなく、アメニティなどは全て同じものが提供されています。部屋は広ければ広いほど快適性は上がるので問題ないかもしれませんが、モデレートとスーペリアで他にも差別化できるポイントがあったら良かったかもしれません。

スーペリアツインはシンプルながらもナチュラルな木目とオークグレーを基調としたデザインで、上質さや落ち着きがあり、ゆっくり寛げる空間、過不足ないアメニティ、洗い場付きバスルームなどどれをとっても快適に過ごせる環境が整っており、この周辺ではイチオシの客室だと感じました!

また、ホテルの施設も充実しており、大浴場や美味しい朝食など、総合的にオススメできますよ!

以上、ホテルJALシティ札幌 中島公園の「スーペリアツイン」のブログ的口コミ・レビュー評価でした!参考にしてみてください。

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

3

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2020 All Rights Reserved.