【スタンダードツイン】ソラリア西鉄ホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にあるソラリア西鉄ホテル札幌の「スタンダードツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

ソラリア西鉄ホテル札幌は2021年2月1日にオープンしました。オープンしてから宿泊特化型ホテルとはいえ、かなり評判がよく、筆者も宿泊してみてその理由が分かるぐらい大満足でした!

スタンダードツインルームの特徴は、洗い場付きのバスルーム、個室トイレ、上質な内装など。実際に宿泊してみると上質な空間がすごく心地よく、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)を眺めながらソファーで寛いで過ごせるのが良かったです。

今回は、ソラリア西鉄ホテル札幌の「スタンダードツイン」を詳細にレビューしてみました。また、ハリウッドツインとの違いに関してもレビューしています。ぜひ、参考にしてみてください!

目次

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を残しておきます。

今回の予約状況
  • 宿泊日: 2021年12月
  • 予約: 13,400円 / スタンダードツイン2名利用 / 素泊まり(サ・税込)
  • 料金: JTB
  • 予約した客室: スタンダードツイン – 26㎡
  • 宿泊した客室: スタンダードツイン – 26㎡

ソラリア西鉄ホテル札幌は高級宿泊特化型ホテルですが、料金はシティホテル並に設定されていることが多い印象で少し予算は高めです。それでもかなり満足度の高いホテルステイになりました。

チェックイン

宿泊特化型ホテルの割にはロビー、レセプション周りは高級感ある雰囲気です。観光などで宿泊するなら、気分が上がりますよね。

スタッフもかなり気の利いた方が多く、柔軟に対応してくださいました。札幌の宿泊特化型ホテルは(札幌という土地柄、多くの観光客が来るからか)他県と比べるとスタッフが柔軟に対応してくれるところが多いですが、対応はすばらしいと感じました。

エレベーター

エレベーターは全部で4基。

エレベーター内にキーカードをかざすセンサーがあり、ここにキーをかざさないと宿泊階のボタンは押せません。また自分の宿泊階以外のフロアのボタンは押せなくなっているので、セキュリティ面ではかなり安心できます。

エレベーターにセキュリティあり!

宿泊階

宿泊した5Fのエレベーターホールと通路。

ソラリア西鉄ホテル札幌の「スタンダードツイン」を紹介!

今回宿泊したのは5階にある525号室、スタンダードツインの客室です。26㎡の客室となります。

客室配置図。

カードキーを差し込むと電源がONになるタイプ。キーカードを抜いている(出かけている)時は、コンセントやエアコンは利用できます。エアコンは付けたままにできるので外から帰ってきた時に部屋が暖かい(涼しい)ままの状態を保つことができます。

入り口から撮影。右側には洗面台や洗い場付きバスルームの扉、左側には個室トイレの扉がありました。

スタンダードツインの全体像

内装はクッションのエメラルドグリーンや絨毯の緑系を基調としながらスタイリッシュで少し和のテイストもはいっているような感じで、宿泊特化型ホテルとしては高級感があります。

部屋の広さは26㎡で2人で利用してもゆとりある感じで寛いで過ごすことができます。

内装も素晴らしいですが、使い勝手もものすごく良い感じでした。窓の前にハンガーラックがあったり、ラックはものを置くのにちょうどよかったりと、本当に不満・デメリットが少ない客室です。

ベット周り

ベットサイドテーブルにはメモ帳と時計、電話。コンセントとUSBポートがあるので枕元での充電も問題なく可能です。

また、充電器が引き出しの中にあり、USBポートから充電できるタイプのケーブルが入っていました。

もう1つのベッドサイドにもコンセント、USBポートがあります。

枕は2個

ベットはシモンズの115cm幅のもの。ピロートップはなし。

最近オープンした札幌のホテルではベットにこだわりがあるホテルが多くありますが、ソラリア西鉄ホテル札幌は至って普通かなという印象。一般的に多くのホテルで採用されているベットという印象でした。(このシモンズのビューティーレストは寝心地がいいので全く問題ないですが。)

ソファーセットで寛げる!デスクはなし

ずっしりとしたソファーが2脚とテーブルがあるため、ここで寛いで過ごすことができました。

また、景色は北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)が見えるので観光で来ている人におすすめしたい客室です。

ただ、ソラリア西鉄ホテル札幌は全客室にデスクがありません。なので、ビジネス用途というよりやはり観光客向け。筆者はこのソファーセットでPCを広げていました。

冷蔵庫の横にコンセントがあり、ここからPCの充電が取れるので、デスクがなくても特に使い勝手が悪いとは感じませんでした。

クローゼットはむき出しタイプ

クローゼットは部屋にむき出しタイプですが、これも使いやすかったです。

ハンガーは全部で6本(写真には5本、あと1本は窓側のハンガーラックに)。靴べら、紙製靴磨き(シューポリッシャー、ブラシ、消臭スプレー。ラック下には荷物置きとして使えそうなスペース。

その下の引き出しにはセーフティボックスとナイトウェア(部屋着・パジャマ)。

セーフティボックスあり!

さらに下には使い捨てスリッパがありました。使い捨てスリッパは宿泊特化型ホテル(ビジホ)によくある普通のもの(ペラペラではない)。

大浴場があるホテルは共用スリッパを採用することが多いのですが、ここは使い捨てスリッパを採用しています。

スリッパは使い捨てタイプ!

テレビ周り

テレビ周りはシンプルで使い勝手がよかったです。

テレビは50インチと巨大サイズ。首振り機能はありません。ABEMAやネットフリックス、YouTubeなども見ることが可能。また、テレビ下の棚は小物を置けるようなスペースがあり、使い勝手はものすごく良かったです。

テレビ横にアルコール除菌シートが2枚用意されていました。テレビ下には、バゲージラック、加湿機能付き空気清浄機、大きめなゴミ箱は全て黒で統一。バゲージラックはスタイリッシュだし、一つ一つこだわりがあるのが垣間見えます。

ミニバー周り

テレビの横にはミニバーエリア。

ミネラルウォーターが2本用意されています。

ミネラルウォーターあり

ティーアメニティはドリップコーヒーと煎茶。15〜18時は2階のレストランが宿泊者専用ラウンジエリアとなり、ソフトドリンクなども用意されています。

札幌のホテルではドリップコーヒーが提供されているところが多くなってきていますが、やはりインスタントコーヒーとは異なり、美味しいコーヒーが飲めるのは嬉しいです。

ティーアメニティはドリップコーヒーを提供!煎茶もあり

ミニバー下の引き出しには折りたたみ鏡や小物入れ、ランドリーなど。冷蔵庫は2Lの水を入れることも可能です。

景色や窓

ソラリア西鉄ホテル札幌の特徴はなんと言ってもこの風景。ツインルーム、トリプルルームであれば、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)前の客室となり、部屋から北海道庁旧本庁舎を眺めることができます(ダブルルームは北海道庁旧本庁舎側ではないため、ツイン、トリプルが特におすすめ)。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)は修復工事中です。

今回は5階からの景色でしたが、冬場は葉っぱが枯れているため、北海道庁旧本庁舎の全体像を見ることができました。雪景色の北海道庁旧本庁舎は最高です。ただ、春夏秋ぐらいは葉っぱでほとんどの部分が隠れてしまいそうな….

景色は最高!北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)が眺められる!

通路

部屋の入り口部分には全身鏡と個室トイレ、洗面台、洗い場付きバスルームがあります。

個室トイレ

トイレの扉は引き戸タイプ。必要最低限の広さの個室トイレ。個室トイレということだけでもホテル滞在の快適度が上がりますが、トイレットペーパーはダブルを採用しており、更に快適度がアップ。

シャワートイレはTOTO製、トイレ内に小さな手洗い場があります。

洗面台エリア

洗面台やバスルームへの扉は引き戸タイプ。

ウェットエリア、洗面台前はそれほど広いスペースではないですが必要十分な感じでしょうか。

また洗面台エリアにハンガーやバスタオルが掛けられるフックが2つありました。2つあるというのがポイント高いですね。

洗面台。ハンドソープは花王のFIESTAシリーズ。

アメニティは木箱に。カミソリ、シェービングクリーム、シェービングアフターローション、シャワーキャップ、ブラシ、歯ブラシ、コットンセット、綿棒がはいっていました。

洗面台下にははフェイスタオル、バスタオルの他に、体をあ洗うシャワータオルの他、大浴場にタオルや着替えを持っていくのに便利はビニール袋、お風呂に入る時に便利な洋服入れのカゴも完備。素晴らしいですね。

バスタオルは厚みがあり質も良かったです。フェイスタオルは高級宿泊特化型ホテルでは厚みがあるものが多いですが、ここは普通という感じでした。バスタオルは厚みがあり良かったので、フェイスタオルに関しては大浴場で使うことも想定してあまり厚みのあるものを導入しなかったのかもしれません。

ドライヤーは洗面台の引き出しの中に。パナソニックのEH-NE5E。1.9㎥/分と風量も十分。

洗い場付きバスルーム

バスルームは洗い場付きバスルーム。洗い場があるだけで快適度がすごく上がります。ただ、ソラリア西鉄ホテル札幌には大浴場もあり、大浴場がかなり素晴らしいのでどっちを利用するかは本人次第。大浴場はあまり好きではないという人でも快適なバスルームがあるのは嬉しいですね。

バスルームは「1.6m x 1.2m」の広さで、洗い場付きバスルーム付きのホテルとしては標準的な広さ。広いところだと1.8m x 1.6mというところもありますし、個人的にはもう一回り広いとよいかなという印象もありました。ただ、大浴場もあるので、使わないという方も多いでしょう。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

バスタブはそれほど広くありません。約100cm x 60cm、深さ約50cmぐらいのもので、洗い場付きバスルームの中でも小さめの方かなという印象でした。

また、この洗い場付きバスルームは日本人向けというわけではないような作りです。まず、桶や椅子はありません。

桶や椅子がないのもこのシャワーが側の蛇口は座って利用するような高さではなく、立って利用するのを想定している高さに設置されています。

このあたりは大浴場があるため、気になる方は大浴場へ行くのがベストかなという印象でした。

シャワーモードは1種類。水圧はよくて快適です。

アメニティは共用ボトルで提供されていますが、ペリカン石鹸のPROVINSCIA (プロバンシア)シリーズ。高級ホテルなどでも採用されているものです。

札幌のホテルでPROVINSCIA (プロバンシア)シリーズのアメニティを利用しているのは、ソラリア西鉄ホテル札幌以外にホテルフォルツァ札幌駅前でも採用されています。

バスタブのお湯張りは自動停止できるタイプ。

洗い場付きバスルームがある!(大浴場もあり)

桶や椅子はなし。座って体を洗ったりするというより、(立ったまま)シャワー利用を想定した作りの洗い場付きバスルーム。バスタブは小さめ。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

このホテルのエアコンは個別調整できるタイプ。冬場であっても冷房、夏場であっても暖房をつけることが可能です。冬場は館内空調や日差しの影響で部屋が暑すぎる状態でしたが、冷房ですぐに部屋の温度を下げることができました。

冷暖房の効き具合も問題なしで快適です。

エアコンは個別管理タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能。

窓は残念ながら開けることができません。しかし、窓の横側が開いて外気を入れることができる構造になっており、こちらで外気を取り入れることが可能。

冬場に暑すぎると感じるぐらい空調を効かせているホテルがありますが、客室内で冷房をいれることができ部屋単位で適温に設定できるのが非常にポイント高いです。

窓は開けることができないが、外気の入れ替えが可能!

天井、ライト

天井高は約2.6m。天井はスポットライトが2つ、窓側のテーブル上にも1つ、あとは間接照明で天井を照らしています。全体的に雰囲気重視という印象で、夜は少し暗めかなという印象でした。

スペース

スタンダードツインの広さは26㎡。洗い場付きバスルームや個室トイレなどで面積を占めているためか、めちゃくちゃ広いという印象はありません。空きスペースも思っているより、あまりかなったというのが正直なところです。

しかし、クローゼット下部分には荷物を置けるスペースがあり、ここで約70Lのスーツケースは開く事ができました。

この他にもバゲージラックがあり、こちらにもバッグなどを置くことができるので、荷物置きのスペースは確保できる客室という印象です。

ベットの下にスーツケースを収納することはできません。

空きスペースはそれほどないと感じたが、荷物置きエリアやバゲージラックは設置されているので、荷物を置く場所には困らない!

ソラリア西鉄ホテル札幌「スタンダードツイン」まとめ

ソラリア西鉄ホテル札幌の「スタンダードツイン」をレビュー紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?メリット、デメリットをまとめてみました。

ソラリア西鉄ホテル札幌「スタンダードツイン」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 札幌にある高級宿泊特化型ホテルの中でも特に高級感を感じる内装
  • 使い勝手の良い客室
  • ツインルームは景色が最高!北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)が見えるため、観光での利用におすすめ
  • 洗い場付きバスルームあり
  • トイレは個室タイプ
  • 空調は個別調整可能。冷暖房の入れ替えや細かな温度調整が可能
  • セーフティボックスあり
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • 客室内にドリップコーヒーあり(ラウンジでもコーヒーが無料で飲める)
  • 窓は開けれないが、外気の入れ替えができる構造になっており、換気や温度調整も可能
デメリット
  • (強いて言えば)洗い場付きバスルームがもう少し広いとよかった。桶や椅子があり、座って体を洗えたりするバスルームだとなお良かった

札幌の高級宿泊特化型ホテルといえば、ホテルJALシティ札幌 中島公園三井ガーデンホテル札幌ウエスト京王プレリアホテル 札幌、クロスホテル札幌などがあります。どのホテルにもメリット・デメリットがありますが、ソラリア西鉄ホテル札幌の「スタンダートツイン」はちょうど良い広さ、部屋からの景色、部屋の使い勝手の良さなどがポイントかなと感じました。

正直言って、ものすごく快適で素晴らしい客室です。不満に感じるものがほぼありません。評判の良さも納得できるぐらい素晴らしい客室でした。

デメリットと感じる部分は特になく、強いて言えば、洗い場付きバスルームに桶や椅子があればよかったかなと思いますが、大浴場を利用する方がほとんどだと思うので特に問題ないかなと思います。

ここ数年でオープンした宿泊特化型ホテルは「ベットにこだわり」があるホテルが多くなっています。例えば、ザ ノット 札幌ではスランバーランドのピロートップ付き、Tマークシティホテル札幌大通ではシーリーのピロートップ付きなどで寝心地は宿泊特化型ホテルの中でもトップクラス。そのあたりと比べてしまうと、ソラリア西鉄ホテル札幌のベッドはワンランク下だなと感じました。(とは言っても、ソラリア西鉄ホテル札幌のシモンズのこのモデルは多くの宿泊特化型ホテルで採用されているモデルで、これでも十分寝心地はよいので比べなければ、不満はないでしょう)。

立地の良さ、大浴場あり、無料で開放しているラウンジスペースありと、総合的にもかなりおすすめなソラリア西鉄ホテル札幌。宿泊料金は宿泊特化型ホテルとしては高めの設定であまり値崩れしませんが、その分、客層も上品な印象ですし、満足度がかなり高い滞在になると思います。

個人的には下手にシティホテルのツインルームに宿泊するなら、ソラリア西鉄ホテル札幌「スタンダードツイン」にしておけば、間違いないと思うぐらいおすすめです!

以上、ソラリア西鉄ホテル札幌「スタンダードツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次