【3/22 10時から】じゃらん、北海道の全国旅行支援の4月以降延長分が発売!争奪戦の可能性大!

【ツインルーム】JRイン札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にあるJRイン札幌の「ツインルーム」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

JRイン札幌のツインルームの特徴は「洗い場付きバスルーム」があること。コスパが良く、立地もよく、部屋の広さも十分で、快適なステイとなりました!札幌にあるツインルームの中でも、かなり高評価で満足の滞在となりました。

目次

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)に旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

じゃらんのキャンペーン・セール、お得情報を見る

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

HOKKAIDO LOVE!割が2023年7月15日チェックアウトまで延長!概要やポイントなどをまとめてみました↓

4月以降のHOKKAIDO LOVE!割の販売状況

4月以降は7月15日チェックアウトまでとなっていますが、予算がなくなり次第終了となるため、なるべく早く予約しておきましょう。旅行代理店(OTA)でもぞくぞくと販売開始されていますが、すぐに売り切れ(予算上限達成)になっています。

じゃらんでは3月22日10時から販売開始予定!じゃらんでは争奪戦になる可能性大!

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

宿泊のみ

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

ツアー(ツアーの方がお得!)

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

札幌のおすすめ情報!

JRイン札幌の追加アメニティはフロント前に

乳液、化粧水、洗顔、クレンジング、コットン・綿棒、ヘアーターバン、ボディタオル

フロント前のスペースで追加アメニティを配布しています。化粧水などに加え、ボディタオル、ヘアーバンド、コットンなどがありました。

入浴剤(2種類)

また入浴剤もあります。客室内に基本的なアメニティは揃っていますが、追加アメニティがこれだけ充実しているのはよいと思います。

JRイン札幌は、エレベーターにセキュリティなし…

エレベーターは2基。全部で189室なので3基ぐらいあると快適かなと感じました。時間帯によっては混み合うかも…

残念ながら、エレベーターにセキュリティがありません。

エレベーターにセキュリティがないのがデメリット!

JRイン札幌の宿泊フロア

宿泊階のエレベーター前
通路

JRイン札幌のツインルームを紹介!

今回宿泊したのは1021号室の「ツインルーム」で、26㎡の客室になります。

キーカードをかざすと電源がONになるタイプ。

客室見取り図。1021号室は変則的な形をしていますね。また、ツインルームは各階に1部屋しかない模様で、両隣に客室はありません。エレベーターホール前ではありますが、両隣からの騒音で悩まされることはなさそうですね!

入り口から撮影

部屋に入ると、右側に全身鏡が付いたクローゼットの扉、正面にミニバー。ミニバーの左側がべットがあるメインエリアです。

全体像を紹介

客室は26㎡ですがメインエリアはそれほど広く感じません。

部屋は古ぼけた感じは受けませんが、若干、調度品などが傷んできているところがありました。清潔感はバッチリでした。

夜はこんな感じ。

べット周り

JRインは枕を掛け布団の下に置くベットメイキング。

枕は1つだけですが、枕コーナーから自由に持ってくることができます。1つだと低いと感じいる方や他の種類の枕を利用したい人にもバッチリですね。

べットはシモンズでした。ピロートップはありません。

べットとべットの真ん中にテーブル。メモ帳や電話など。残念なことに、べット周りにコンセントがありません...。

ベット周りにコンセントがない…枕元でスマホなどの充電はできない。

テレビ、デスク周り

デスク周りは使い勝手が良かったです。

TVは32インチ。もう少し大きなテレビだと嬉しいで。また、首振り機能があります。

デスク下には加湿機能付き空気清浄機。蛍光灯は色温度を変えれるもので使いやすかったです。

コンセントx2口と有線LAN。USBポートはありません。

引き出しの中には、折りたたみ式の鏡と充電器、ランドリーメニューなど。充電器はType-Cにも対応しています。

スマホの充電器が部屋に置いてある!

チェア。

窓側に1人用ソファとテーブル。

テーブル下にはコンセント(2口)あります。ベット周りにはコンセントはありませんが、部屋全体ではコンセントは問題なくあります。筆者はここで充電をしながら寝ました。

ミニバー

ミニバーはウェットエリアの入り口手前に。

アメニティはお茶のみです。フリードリンクなども提供していないので、ちょっと寂しい感じがします。

ティーアメニティはお茶のみ!コーヒーや紅茶はなし!

冷蔵庫はかなり小さいですが、2Lのペットボトルをいれることができます。

クローゼット

クローゼットの扉には全身鏡。

バゲージラック、使い捨てスリッパ、ハンガー6本、消臭スプレー、ズボンプレッサーなどが置いてあります。ビジネスホテルの割にはクローゼットが広いと感じました。また、上に棚もあるので物を沢山置いておけます。

スリッパは使い捨てスリッパ。

共用スリッパではなく、使い捨てスリッパあり!

ウェットエリア

では、ウェットエリアを紹介していきます。

ウェットエリアはかなり明るくて良かったです。また、清潔感もバッチリで気持ちよく過ごせました。

スペース的にはそれほど広くないですが、十分実用的な広さです。

洗面台の横にスペースがかなりあるので利用しやすかったです。

タオル類は、フェイスタオルとバスタオルのみ。ハンドタオルはありません。ドライヤーと各アメニティは歯ブラシ、カミソリ、くしのみ。シャワーキャップや乳液などはフロントでアメニティを取ってくる形になります。

トイレはウォシュレット(シャワートイレ)付き。

浴室は洗い場付きバスルームです。洗面台やトイレのエリアはかなり明るいのですが、バスルーム内はちょっと暗めでした(電球が切れかけてた?)。

洗い場付きなのでお風呂はかなり快適に利用できます。広さは「1.6m x 1.4m」。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

バスタブの大きさは約68cm x 120cm x 高さ54cm。

洗い場付きでも桶や椅子が置いてなかったり、鏡がないところもありますが、このホテルはバッチリでした。

椅子や桶、鏡、タオル掛けなどあり!

バスアメニティは備え付けタイプで、ポーラのエステロワイエ。

シャワーモードは1種類。水圧は問題なし!

風景

風景は全く何も見えず、隣のビル?が見えるだけでした。窓はここにしかないので、客室内はお昼でも少し暗い印象でした。

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間も快適に利用できました。全く問題ありません。

広さ、空きスペースは?

ツインルームは26㎡なので面積数で言えば、それなりに快適に利用できる広さですが、べットがあるメインエリアはそれほど広く感じませんでした。空きスペースとしてはスーツケースを広げられるスペースはありますが、広げたままだと「ちょっと邪魔かな….」という感じでした。

ただ、クローゼットが広いし、クローゼットを開けた状態で通路にまたがるようにスーツケースを広げると部屋の中はスッキリと使えるかなと感じました。

またべットの横にちょっとしたスペースがあるので、物を置いたりするにはよいかもしれません。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

エアコン天井のちょっとした隙間から出てくる

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

エアコンは個別空調となっており、冷暖房を自分で設定可能です。自分にあった温度に細かく調整することができます。

エアコンは個別管理。冷暖房は各部屋で設定できるため、自分に合った快適温度に!

窓は開けることはできません。

窓は開けることができない

天井

天井高は約2.6m。圧迫感などは感じませんでした。 天井にスポットライトが2個あります。

騒音などは?

JRイン札幌はJR函館本線の目の前にあるホテルですが、ツインルームは線路側と反対側の部屋になるため、電車の音などは聞こえませんでした。

JRイン札幌の「ツインルーム」宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューまとめ

JRイン札幌の「ツインルーム」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 洗い場付きバスルームで水回りが超快適!
  • 客室は26㎡と面積数は広め(ただ、それほど広いとは感じない)
  • 部屋全体に清潔感あり!水回りもキレイ
  • 個別に温度設定可能なエアコン
  • 使い捨てスリッパあり
  • 携帯電話の充電器が置いてある
デメリット
  • 26㎡の客室の割にはベッドがあるメインエリアがそんなに広くない
  • セキュリティボックスがない
  • 眺めはなし
  • 窓は開かない
  • ミネラルウォーターの提供はなし
  • ティーアメニティは緑茶のみ。コーヒー、紅茶は一切なし

JRイン札幌のツインルームの特徴はやはり「洗い場付きバスルーム」があること水回りはかなり快適なのでホテルステイの快適度がかなり上がります。それに加え26㎡と割と広めの客室なんで大きな不満がほぼありません。

ただ、26㎡の部屋でクローゼットや洗い場付き浴室で面積を多くとっているためか、ベットがあるメインエリアはあまり広いとは感じませんでした。とは言っても、それなりに快適に利用できるのであまり問題はありません。が、ソファが1脚しかないのはデメリットかな…。

2008年オープンのためか、若干、補修したり手入れをしたほうがよいのでは?と思う部分もありましたが、シンプルな客室はキレイに掃除されており、不快感や古臭さはほとんど感じません。

JRイン札幌の共通ポイント
  • 立地が良い
  • 朝食(軽食)無料
  • 枕バーがあり、自分好みの枕を選べる
  • フロント前に追加のアメニティがあり、化粧水や入浴剤などが置いてある
  • 漫画なども置いてある
  • エレベーターにセキュリティなし
  • ウェルカムドリンクやフリードリンクはなし
  • チェックアウトは10時

JRイン札幌の特徴は、「枕コーナー」があること。立地の良さであったり、ラウンジが使えたり、無料の朝食があったりと満足度は高いと思います。

札幌の宿泊特化型ホテルでも宿泊費が安くて、コストパフォーマンスが非常によい時が多く、総合的にはかなり満足度が高い宿泊特化ホテルだと思います。

特に「ツインルーム」はより快適で「洗い場付きバスルーム」を採用しているのが最大のメリットだと感じました。

以上、JRイン札幌「ツインルーム」の宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

HOKKAIDO LOVE!割が2023年7月15日チェックアウトまで延長!概要やポイントなどをまとめてみました↓

4月以降のHOKKAIDO LOVE!割の販売状況

4月以降は7月15日チェックアウトまでとなっていますが、予算がなくなり次第終了となるため、なるべく早く予約しておきましょう。旅行代理店(OTA)でもぞくぞくと販売開始されていますが、すぐに売り切れ(予算上限達成)になっています。

じゃらんでは3月22日10時から販売開始予定!じゃらんでは争奪戦になる可能性大!

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

宿泊のみ

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

ツアー(ツアーの方がお得!)

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

4月1日以降分が販売開始!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

楽天トラベル

楽天トラベルでは、多数のクーポンが配布されています。また、ポイントがアップするような施策も行われています。

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

国内線の航空券・ツアー情報
国際線の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次