【ツイン】Tマークシティホテル札幌大通の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるTマークシティホテル札幌大通の「ツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしていたいと思います!

このツインは「洗い場付きバスルーム「ピロートップ付きのベッドネスプレッソ完備などが特徴で、ものすごく快適です!ビジネスマン向けというより観光客向けの客室という感じで、リーズナブルに快適な環境を求めている方にピッタリな客室です。

予約サイトで料金を確認!
目次

Tマークシティホテル札幌大通にチェックイン

 フロント

珍しいことにカードキーと一緒にキーケースも。ケースに入ってる方が無くす心配が少なくてよいですね!(私はカードキーをポケットに入れておくことが多いのですが、スマホなどを取り出す時にいつも落とします…。)

Tマークシティホテル札幌大通は、エレベーターにセキュリティあり

エレベーターは全部で2基。全客室150室となっているので、多くもなく少なくもないエレベーターの数と言えそうです。

1階のエレベーター前にセキュリティ用のセンサーがあり、キーカードをかざすと上がるボタンが押せます。

エレベーターにセキュリティあり!

Tマークシティホテル札幌大通の宿泊フロア

エレベーター前はシンプルながら和のテイストも。通路は暗いですが、スポットライトで部屋番号が照らされていて雰囲気が良く、ビジネス客をメインとしているのではなく、観光客をメインとした宿泊特化型ホテルという印象です。

Tマークシティホテル札幌大通の「ツイン」を紹介!

1102号室

今回宿泊・紹介するのは「ツイン」の客室です。広さは22㎡となっています。

カードキーを差し込むと電源がONになるタイプ。カードキーを抜いても、入り口付近の電球や部屋のコンセント、USBポートが使えます。ただ、ベッドボードのコンセントだけ利用できませんでした。(ベッドボードのUSBポートは使えていました…謎仕様ですね..)

ツインの全体像

ツインは22㎡の客室です。普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)としてはかなり綺麗な印象でした。

ただ、ベッドがあるメインエリアはほとんど空きスペースがない印象で、2人での利用の場合は少し狭苦しいかも…と感じます。シングルユースであれば、問題ないでしょう。

予約サイトで料金を確認!

テーブルとソファ

窓側に長細いソファベンチと、大きめなテーブルが置いてあります。テーブルは位置を移動できるタイプ。

ソファベンチは少し固くて座り心地が良いとは言い難いかな…

PC作業ができるようなデスクはなく、このテーブルを利用することになるので、長時間のPC作業などは少し厳しいかもしれません。そういった意味でもビジネスマンよりも観光客向けという印象でした。

ソファベンチ周りのコンセントはミニバーのところと、テレビ周りにあるコンセントが利用できそうです。

ミニバー周り

ソファ横にミニバーがあります。

ミニバーには、ネスプレッソがあり、カプセルは4個。3種類の味があり、1種類はデカフェとなっていました。

コーヒーはネスプレッソ!美味しいコーヒーが飲める!

煎茶、コップなど
電気ケトル、ネスプレッソマシン

ネスプレッソ以外のティーアメニティは煎茶のみとなっています。

コンセント

ミニバー部分にコンセントは2口ありました。

冷蔵庫

テレビ周り

テレビ

テレビは40インチの壁掛けタイプ。首振り機能はありません。

テレビ下には横長で奥行きが少ないラック(棚)が2段になって設置されています。このラックの使い勝手が良くて便利でした。スマホや財布などちょっとしたものを置おくのに大活躍。

電話、メモ帳
ホテル案内、折りたたみ鏡、ティッシュ
コンセント

ラックの隅にコンセントが2口用意されています。充電などで利用するのに最適でした。

ベッド周り

ベッドはデュベスタイルのベッドメイキングで、113cm幅のベッドを採用。22㎡の客室に113cm幅のベッド2台とかなり圧迫感がありますが、その分、寝心地は良いです。

マットレスはシーリー
ビロートップあり!

ベッドのマットレスはシーリー社を採用。しかもなんとピロートップ付きのマットレスを採用しています。

国内の宿泊特化型ホテルのベッドとしては最上級だと感じます(国内の宿泊特化型ホテルで、ピロートップ付きベッドを採用しているホテルは少ない)。

競合となるビジネスホテルなどと比べても、やはり寝心地が良くワンランク上という印象。個人的に、1番のメリットはこのベッドだと思います。

シーリー社のベッドで、ピロートップ付き!寝心地良くて最高!

枕は2個。

ベッド間にコントロールパネルがあり、コンセントが1口、USBポートが1口、その他は電気スイッチ。コンセントなどの下には、スマホなどが置けるような小さな棚スペースがあります。ベッドサイドテーブルはありません。

ツインの客室ですが、コンセントとUSBポートが1口ずつしかないのは残念ポイント。ツインルームなので(2人で宿泊すると想定すると)、1口ずつしかないと困ってしまいます。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はワンピースタイプを採用しています。

予約サイトで料金を確認!

クローゼット

クローゼットは壁掛けスタイルで、ハンガーが4本、靴べら、ブラシ、シュープリッシュなど。鏡の裏側が棚になっており、消臭スプレーなどが置いていあります。

消臭スプレー
ランドリーメニュー

スリッパは使い捨てタイプを採用しています。

スリッパは使い捨てタイプを採用!

加湿機能付き空気清浄機

バゲージラックがないのですが、この小さな腰掛け椅子のようなものがありました。

入り口のスポットライトや足元ライトは自動で点灯

足元のライトや入り口のスポットライト、ウェットエリアのライトは、人の動きがあると自動的に点灯するタイプ。

センサーで設定を変えることも可能です。

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア(バスルーム)は開き戸タイプで、入り口に段差などはありません。

洗面台、真ん中にトイレ、洗い場付きバスルームとなっており、水回りは快適です。

ウェットエリアはスペース的にそれほど広くはないですが、必要十分な広さは確保できていると思います。コーナーツインの客室であれば、洗面台が独立しているので、このスペースにもう少しゆとりがあります。

洗面台

洗面台はそれほど広くないですが、普通に使い勝手はよいです。

アメニティ
アメニティ

アメニティはカミソリ、ヘアブラシ、歯ブラシ、綿棒、コットンx2、ボディータオルが各2セットずつ。

ドライヤー

ドライヤーはテスコムのTID190。風量は普通かちょっと弱めかなという印象。

トイレ

トイレはシャワートイレ(ウォッシュレット)付きで、暖房便座機能付き(ただ、最低温度に設定という感じで温かいというより冷たくないという感じでした)です。

少しびっくりするのが、ウェットエリアのライト。このライトは人感センサーで人の動きを感じると自動的に点灯するのですが、お風呂に入っていると自動的にこのライトが消灯してしまい、いきなり暗くなったのでびっくり…。

洗い場付きバスルーム

洗い場付きバスルームのドアは、すりガラスタイプです。

Tマークシティホテル札幌大通ではダブル以外の客室全てで洗い場付きバスルームが採用されています。

洗い場付きバスルームは、「1.6m x 1.2m」の広さで、宿泊特化型ホテルの洗い場付きバスルームとしては標準的な広さです。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

洗い場付きバスルームを完備!

桶や椅子、鏡などが揃っています。

桶や椅子、鏡などが揃っている!

浴槽は横幅が広いタイプで、最大サイズは約110x67x46cm(縦x横x深さ)。同じ時期ぐらいにオープンしたJALシティホテル札幌のモデレートクイーンも同じサイズのものを採用しています。

シャワーの蛇口とは別に浴槽にも蛇口があるので、シャワーを利用しながら浴槽にお湯を張ることが可能です。

シャンプー類のアメニティは共用ボトルでミキモトコスメティックスのものを採用。

シャワーは3パターン
水圧

シャワーは3種類のパターンがあるヘッドを採用。水圧は通常のシャワーモードだと普通かなという感じでしたが、マッサージモードにすると強さを感じます。水圧は問題なしと言えそうです。

シャワーの水圧も問題なし!

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は個別タイプで、冷暖房の切り替えや温度調整が可能です。

空調は個別調整可能なタイプ。温度調整、冷暖房の切り替えが可能で快適!

窓は開けれるため、換気や温度調整ができます。

窓を開けて換気や温度調整ができる

風景

特によい景色とかではないですが、今回は高層階だったため、目の前が開けていました。

天井、ライト

天井高はベッドのあるメインエリアで最大2.5m。窮屈感などは全く感じませんでした。

ベッドエリアの天井にスポットライトが2あり、1つはソファーの上にあり、テーブル用のライトとして設計されたと思われます。ベッドボード部分もライトで光ることもあり、全体的に暗すぎるという印象はありませんでした。

Wi-Fi

このホテルは有線LANポートがないため、Wi-Fiの接続の良さは重要ポインです。

Wi-Fiは混雑する時間帯に下り(ダウンロード)が遅くなる傾向にありました。PC作業などをしていると、少し遅いと感じるかなと思います。

部屋の広さ、空きスペースは?

ツインの客室は22㎡の広さ。宿泊特化型ホテルのツインルームとしては標準的な広さではないでしょうか。ただ、この22㎡の広さに洗い場付きバスルームを採用していることもあり、必然的にベッドがあるメインエリアは狭くなります。

入り口前や通路部分もそれほど広くないです。

空きスペースは少なく、テレビとベッドの間の通路は、人ひとり通るのがやっとぐらいです。

ハンガーラックの前などで、機内持ち込みサイズのスーツケースを開くとほとんど足の踏み場がないかなと感じます。

上記写真のバッグは、THE NORTH FACEのGlam Duffel 45というもので、このようなボストンバッグのようなものであれば問題ないでしょう。

ソファ前もそれほどスペースはない…

ただ、ソファ下には空きスペースがあり、スーツケースを開いた状態であれば、この下側に入れることができます。なので、大きなスーツケースなどがある場合はここにしか置けるスペースがないかな…という印象。しかもソファから飛び出してくると思うので、実質ソファの一部分は使えなくなるかな…。

と、個人的には大きなスーツケースがある場合は、ツインの部屋ではキツいかなという印象でした。

スーツケースを広げるのに苦労するぐらい、スペースが少ない

大きなスーツケースや荷物が多い場合はスーペリアツインがおすすめです。

Tマークシティホテル札幌大通のツインを評価、レビューまとめ

Tマークシティホテル札幌大通「ツイン」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • シーリーのベッド、ピロートップ付きで寝心地よし!
  • 洗い場付きバスルームを完備、水圧よし、椅子や桶もありで大満足!
  • ネスプレッソあり(カプセルは4個、3種類のコーヒー)
  • 空調は冷房暖房の切り替え、自由に温度設定も可能。効きもかなり良い!
  • 窓を開けることができるので、空気の入れ替えや温度調整がしやすい
  • スリッパは使い捨てタイプを採用
デメリット
  • スーツケースを広げるスペースは確保できるが、空きスペースはそれほどない
  • ミネラルウォーターの提供はなし
  • セキュリティボックス(セーフティボックス)がない
  • バゲージラックがない

Tマークシティホテル札幌大通の「ツイン」は、“ピロートップ付きベッド”、“洗い場付きバスルーム”、“ネスプレッソ”などで客室内はかなり快適です。

特にピロートップ付きで寝心地の良いシーリーのベッドがかなり良かったです。高級ビジネスホテルやアッパーミドルレンジクラスのビジネスホテル、シティホテルでもピロートップ付きのベッドを採用しているところは少ないため、かなりメリットだと感じました。

また、洗い場付きバスルーム、ネスプレッソ完備など、リーズナブルな料金を考慮すると、普通のビジホよりもかなり良い滞在となるのは間違いないでしょう。

ミネラルウォーターが無かったり、セーフテボックスがないなど、取るに足らないような細かなデメリットはあります。が、メリットの方が遥かに大きいです。

しかし、一番気になったのが「空きスペースの少なさ」。22㎡あるので、もう少し空きスペースに余裕があるかなと思っていましたが、思った以上に少なく、スーツケースを広げるのに苦労するレベル。

なおで、スーツケースが数個あったり、荷物が多い方にはスーペリアツイン(25㎡)、ジャパニーズスタイルツイン(30㎡)がオススメです。

この空きスペースの少なさゆえ、総合的な評価を下げていますが、それ以外は全体的に素晴らしく、特に観光などで戻ってきて寝るだけの部屋としておすすめ。洗い場付きバスルームに加え、ベッドが快適であれば、寝るだけの部屋としては最高です(ただ、個人的な推しはスーペリアツイン)。

以上、Tマークシティホテル札幌大通「ツイン」のブログ的口コミ・レビュー評価でした!参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次