【ヴィアインツイン】ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の「ヴィアインツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>ってどうなの?

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>は狸小路商店街沿いに2023年に新しくできたホテル。

悪天候でも狸小路商店街や地下道を通ってホテルまで来れるし、周りに飲食店も多く、立地が最高だよ!

それは便利ね!

ヴィアインツインの客室はどうなの?

洗い場付きバスルームで水回りは快適そのもの。また、新しいホテルということもあり、基本的に快適だよ!アイランドテーブルが特徴的かな!

この記事は「2024年1月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

予約サイトで料金を確認!
目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>のフロント・ロビー周り

フロント・レセプション

フロントには自動チェックイン・チェックアウトの機械があり、こちらで行います。

チェックインは15時から、チェックアウトは10時までとなっています。札幌はチェックアウトが11時のところが多いため、10時だと朝がバタバタするという方もいるかも(朝の1時間はかなり貴重です…)。

チェックアウトは10時まで

ロビースペース
ロビースペース

パブリックスペースなどの情報はこちらを参照してください。

アメニティはアメニティバーから必要なものを持っていくスタイル

アメニティはフロント前にあるアメニティバーから必要なものを持っていくスタイル。

歯ブラシ(平切、先細の2種類)

歯ブラシが平切、先細の2種類あるホテルは見たことがなかったです。2タイプから選べるのはよいと思います。

コットン、綿棒、シューシャイン、緑茶
紅茶2種類、ドリップコーヒー

アメニティの種類は至って普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)といった感じで必要最低限という感じでしょうか。ただ、ティーアメニティにドリップコーヒーがあるのがよかったです。

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>のエレベーターにはセキュリティあり

エレベーターは全部で3基。255室に対して3基(85室で1基の計算)なので、一般的な数と言えそうです。

エレベーターは14階まで。また、エレベーターにはセキュリティがあり、キーカードをセンサーにかざすと宿泊フロアのボタンが押せるようになる仕組みです。

エレベーターにセキュリティあり

煩わしいことに、宿泊フロアから1階に行く時や1階から宿泊フロアに行くときに必ず2階で一度停止します。

宿泊フロアから1階へ行くために1階のボタンを押すと、自動的に2階のボタンも点灯しました。2階にフロントがあるため、セキュリティ上、一旦2階で停止するようになっていると思いますが、非常にめんどくさい仕様です(1階以外にフロントがあるホテルはフロント階で一旦停止する仕様になっていることが多いです)。

フロント階で必ず一旦停止する…

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の宿泊フロア

エレベーター前
避難経路図

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の「ヴィアインツイン」を紹介

1202号室(ヴィアインツイン)

今回宿泊したのはヴィアインツインで23.5㎡の客室です。

カードキーをカードホルダーに入れると電気などが点灯するタイプ。抜いた状態でもコンセントやUSBポート、テレビ、空調は利用可能です。入り口上の自動点灯の電気以外は消えます。

客室配置図(避難経路図)

客室の多くは東西側の景色となりますが、今回宿泊したヴィアインツインは北側の景色が見える位置でした。

のぞき穴にはカバーあり
入り口から撮影

ヴィアインツインの全体像

ツインタイプは数タイプありますが、ヴィアインツインはアイランドテーブルを備えているツインルームで、23.5㎡の客室です。

内装は普通の宿泊特化型ホテルとなんら変わりない印象ですが、2023年オープンということで新しく気持ちよく過ごすことができます。

アイランドテーブル

客室は23.5㎡とヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の中でも広めなツインルームですが、それほど広いとは感じない空間でした。

今回はシングルユースだったので快適に利用できましたが、2人での宿泊だと多少窮屈感があるかもしれません。個人的にはモンワンランク上のファミリーツインになると圧倒的に広くなるので、そちらの方がよいかなと。

ベッド周り

ベッドはデュベスタイルを採用しています。

枕は1種類のみ

コンセントとUSBポートはベッドの両サイドにあります。また、2023年オープンのホテルということもあり、Type-CとType-Aに対応しています。Type-Cを持ち歩く方が増えてきていると思いますが、これは嬉しいですね!

ベッドはサータを採用。ピロートップはないですが、寝心地も問題なかったです。

ただ、ベッド幅は100cmと小さめ。客室の広さが23㎡のスーペリアツインでも110cm幅を採用しているのですが、こちらは100cmとより幅がないベッドになっています…。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)、ボディタオル、ビニール袋

大浴場に行くときに便利なビニール袋やボディタオル、ナイトウェア(部屋着・パジャマ)がベッドに置かれていました。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は色違いで2種類ありました(サイズ違いかなと思ったのですが、同じ模様です )。

アイランドテーブルが使いやすい!

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>で「ヴィアイン」という名称がつく客室にはこのアイランドテーブルが採用されています。

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>だけでなく、スーパーホテルや札幌で言えば、札幌ワシントンホテルプラザなどでも採用されているため、このホテルだけが特別という訳ではないですが、非常に使い勝手がよいです。

テーブルは大きくて使い勝手良好。他のホテルもこれを採用してほしいと思うぐらい。

コンセントとUSBポート

コンセントは2口、USBポートはこちらもType-CとType-Aがあります。

横並びで2人すわれるくらいの幅はありますが、椅子は動かすことが可能で、2人で利用できるようになっています。

ソファの反対側にはミニバーやセキュリティボックス(セーフティボックス)があります。

折りたたみ鏡やケトル、マグカップ、テュッシュ、ホテル案内、セキュリティボックス

ティーアメニティは客室内に全く置いてなく、フロント横にあるアメニティバーから持ってくるスタイルです。

冷蔵庫

テレビ周り

テレビ

テレビは50インチ。首振り機能はありません。Youtubeなどのストリーミングなどにも対応していました。

テレビ下にコンセントやUSBポート、HDMI端子があります。HDMI端子がしっかりと使えるのも高ポイント。

空気清浄機とバゲージラック

クローゼット

入り口方向

クローゼットはなく、ハンガーなどは壁掛けタイプ。ハンガーは全部で6本。

ハンガーラック部分はかなり長くて、好きな位置にハンガーを掛けられるのがかなりよかったです。冬場にハンガーラックが短すぎてダウンやコートを掛けるとパンパン状態になってしまうホテルがありますが、そんな心配は不要です。

スリッパ

スリッパは使い捨てタイプを採用。

スリッパは使い捨てタイプ]

入り口横にチェストがあり、物が置けるようなスペースになっています。約70Lのスーツケースもここに収納することができました。

ウェットエリア

ウェットエリア

ドアは段差がないタイプ。

ウェットエリア

ウェットエリアは広くもなく狭くもなくといったところ。

洗面台
フェイスタオル
バスタオル

今回ヴィアインツインをシングルユースで利用しましたが、タオル類などのアメニティは全て2セットありました。

ドライヤー

ドライヤーはパナソニックのEH-NH5Jを採用。風量はよかったです。

タオル掛け
トイレ

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで暖房便座機能あり。トイレットペーパーはシングル。

洗い場付きバスルーム

洗い場付きバスルーム

ヴィアインツインは洗い場付きバスルームです。大浴場もあるため、利用する方は少ないかもしれませんが、大浴場が嫌な方などには嬉しい仕様ですね。

広さは「1.6m x 1.2m」であまり広くはないですが、ユニットバスと比べると快適度がグッとあがります。

洗い場付きバスルームの広さを確認する

洗い場付きバスルームを完備

ただ、洗い場付きバスルームは必要最低限な感じで、椅子や桶はありません。

バスアメニティ

バスアメニティはヴィアインホテルオリジナルのもの。

シャワーの水圧

シャワーの水圧は普通に快適に利用できました。

風景

今回は12階の客室で、すすきの方面の景色でした。

右側にはココノ ススキノが見える

12階だったので見晴らしがよいですが、低層階だと目の前のビルビューとなってしまい景色がよいとはいえないでしょう。

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>はどちらかというと景色を楽しむホテルではありません。

Wi-Fi

Wi-Fiはどんな時間帯でも快適に利用できるレベルでした。

どの時間帯も非常に快適で文句なしでした。

Wi-Fiはどの時間帯でも快適に利用できた

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は個別空調となっており、冷暖房を自分で設定可能です。除湿や送風にもできます。適温に細かく調整ができるので快適な温度で過ごすことができます。

空調は個別管理。冷暖房は各部屋で設定できるので適温に設定すれば快適に!

また、キーカードを抜いても空調はONの状態のままにでき、外出から帰ってきても適温になっているのはよいところ。

窓を開けることが可能で、換気や温度調整が可能です。

窓が開けられる

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

ヴィアインツインは23.5㎡の客室ですが、あまり広くないことに加え、空きスペースも結構限定的です。

アイランドテーブル前に空きスペースがあります。

約70Lのスーツケース
約70Lのスーツケース

約70Lのスーツケースを通路に置くと少し狭すぎる印象。ただ、アイランドテーブルの手前側で広げれば問題なく通路も確保できます。

大きなスーツケース(70L)を広げるスペースは確保できた

70Lのスーツケースなら問題なかったのですが、100Lを超えるようなスーツケースだと手狭感を感じるかなという印象もあるので、大きすぎるスーツケースなどがある場合はファミリー(31㎡)の客室がおすすめです。

正直、客室内のレイアウトはいまいちで、窓前に空きスペースがあるのですが、この手前に柱があり、ベッドをまたがないと窓前に行けなかったりします。なんとなく使い勝手が悪く、この余分なスペースがもっとうまく使えたらよかったなと感じました。

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>「ヴィアインツイン」の評価レビューまとめ

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>「ヴィアインツイン」
総合評価
( 4 )
メリット
  • アイランドテーブルが使い勝手がよい
  • スーツケースを広げられるぐらいの空きスペースはある
  • 洗い場付きバスルームを完備
  • 空調は個別調整タイプ
  • 窓を開けられる
  • セキュリティボックス(セーフティボックス)あり
デメリット
  • レイアウトが少し微妙かも
  • 洗い場付きバスルームに桶や椅子はなし
  • ミネラルウォーターの提供はなし
ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>の共通ポイント
  • 立地は札幌のホテルでもトップクラスに良い。
  • 狸小路商店街に面しているため、雨風や雪の影響を受けずにホテルまでアクセス可能
  • 大浴場あり
  • 朝食が思った以上にクオリティ高め
  • エレベーターはフロントがある2階で必ず停止する
  • ウェルカムドリンクなどの提供なし
  • チェックアウトが10時まで

ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>「ヴィアインツイン」の全体的な評価としては、アイランドテーブルがあるのが一番のメリットかなと感じました。

その他の点は、普通の宿泊特化型ホテルという印象で、ミネラルウォーターやアメニティが必要最低限だったりしますが特に問題ないでしょう。

細かいことを言えば、ベッド幅が100cmと下位ランクのスーペリアツイン(23㎡)の110cmよりも幅が狭いこと、洗い場付きバスルームには桶や椅子がないこと、レイアウトがイマイチで無駄な空きスペースが勿体ないと感じたことなどが挙げられます。

23.5㎡の客室なので、大きなスーツケースも問題なく広げられるかなと思っていましたが、実際は広げられるにしても狭く感じると思います。窓側の空きスペースが無駄で、もう少しレイアウト・配置をしっかりと設計していたら、もっと有効活用できる空きスペースがあったと思います。その点が一番残念でした。

また、2人での宿泊だと意外と窮屈かなという印象も残りました。もうワンランク上の客室(ファミリー / 31㎡)になると一気に広くなるため、大きなスーツケースなどがある方はもうワンランク上の客室をおすすめします。

以上、ヴィアインプライム札幌大通 <鈴蘭の湯>「ヴィアインツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!

予約サイトで料金を確認!

検索用タグ:#ヴィアイン 札幌, #viainn sapporo

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次