トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

ベッセルホテルカンパーナすすきの宿泊記・ブログ的口コミレビュー!【スーペリアルーム】

投稿日:2019年7月9日 更新日:

今回は、北海道・札幌にあるベッセルホテルカンパーナすすきのの「スーペリアツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

大浴場などの設備やウェルカムドリンクの質の高さ、朝食の素晴らしさなど、満足度がかなり高いホテルで私もめちゃくちゃオススメするホテルです!

今回の記事ではベッセルホテルカンパーナすすきのの「スーペリアツイン」を詳しくレビューしていきます!
ぜひ、参考にしてみてください!

朝食や基本情報のレビューはこちら ↓

ベッセルホテルカンパーナすすきの宿泊記・ブログ的口コミレビュー

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を残しておきます。

  • 宿泊日: 2019年5月(プレオープン期間)
  • 予約: 8,400円(サ・税込)/ツイン1名利用/朝食込
  • 料金: 一休
  • 予約した客室: スーペリアルーム - 24㎡
  • 宿泊した客室: スーペリアルーム - 24㎡

宿泊したのは2019年5月のローシーズンです。宿泊したのはプレオープンの時だったのでかなり安く宿泊することができ、ツインを1名利用、朝食付きで8,400円でした。

平均的な価格帯としては、ビジネスホテルより若干高く、シティホテルより安いという印象で、時期にもよりますがコストパフォーマンスは非常に良いと思います。

レセプション周り

全体的に和の佇まいを取り入れた空間になっていますね。

レセプション。

部屋にあるアメニティは限られており、必要なものはここから取っていきます。

PCと観光案内など。

エレベーターは3機あります。

エレベーターはキーカードをタッチすることで、宿泊階が押せるようになるタイプ。

メリットセキュリティは問題なし!

今回宿泊したのは13階でした。13階のエレベーター前。

部屋割りはこの様になっています。全体的に和モダンといったテイストで、全てにおいてしっかりとデザインされたホテルです。ビジネスホテルでは文字のデザインやサインにこだわりがあるホテルが少ないですが、このホテルはしっかりとデザインされており、全体的にすばらしいです。

ただ、このオリジナル書体の数字のフォントがかなり見えにくいと感じました...。もう少し視認性の良いフォントを開発(選択)したほうが良かったのでは?と思います。また文字なども細かい明朝体系のものを使っているので、細かくて見えにくいと感じました。

サインやグラフィックは、SKG株式会社が手がけているとのことです。

廊下。

ベッセルホテルカンパーナすすきの「スーペリアルーム」を紹介!

今回宿泊したのは13階の「1306号室」。スーペリアルームというツインベットの部屋で24㎡となっています。

扉の部屋番号部分が上からライトが当たって照らさせており、数字部分に影ができて、部屋番号がめちゃくちゃ見にくい...と感じました。

カードキーの裏には部屋番号が入っています。

ホテル案内。

部屋の見取り図。

部屋の電気等はキーカードを差し込んでONにするタイプ。

入り口部分で靴を脱いでスリッパに履き替えます。

スーペリアルームの全体像

ベットは少し小上がりになった畳部分に置かれており、床に寝ているかのような感覚です。

24㎡の客室ですが、「24㎡の割にはスペースがないかな?」というのが第一印象でした。平米数で考えると少しスペースがない気もしますが、2人で利用するにはちょうどよい大きなの客室です。

客室は和モダンな空間で、海外ゲストが喜びそうな印象です。

ベット周り

ベットやテーブルは小上がり部分にあります。

畳部分はいぐさ素材ではなく、PVG素材のようなものでいぐさの良い匂いなどは感じられません。

テーブルと椅子が2脚。デスクはなくテーブルだけの客室なので、デスクライトなどもないため、ビジネス用途ではあまりオススメできない客室かなと思います。

テーブルの前に加湿機能付き空気清浄機があり、近くにはコンセントと有線LANの差込口などがあり、テーブルを利用する際にこのコンセントを使うように設計されているのだと思うのですが、若干、遠くて使い勝手がよいとはいえませんでした。延長コードなどを部屋に常備しておいたほうが良さそうな気がしました。

また、テーブル後ろのベッドボード上に、コンセントとUSB差込口があります。

こちらのコンセントなどは、エキストラベッドを入れた時に使えるように設計されているものだと思いますが、テーブル利用時にこちらのコンセントの方が利用しやすかったです。

ベットは幅120cmのものが2台。

2台あるベットの頭上にそれぞれこのコンセントとUSB差込口がありました。

枕は1つのみ。

照明のコントロールパネル。英語表記のみです。

ベッセルホテルカンパーナすすきののベットにはすべてエアウィーヴのマットレスが使われています。

上のマットレスにシーツを敷いて、ベットにはシーツをかけずにそのままむき出しの状態です。(ベッセルイン中島公園なども同じ)。毎回シーツ交換をする手間を考えるとこれが効率的なのかもしれませんが、見た目も良くないし...衛生面でも気になる人はいるのではないでしょうか。

ベットの上のエアウィーヴは高反発的な感じで、低反発素材を利用している私からすると、硬い感じがしましたが、ぐっすり眠ることができました。結構いい値段するエアウィーヴを体験できることは、メリットの1つかもしれません。

下のベットはシモンズのビューティーレストでした。

テレビ周り

テレビは40インチ。

壁掛けで首振り機能があるので、どの角度でも見やすいです。

テレビ下にコンセントとHDMI差込口があります。

テレビ下には、規約書や折りたたみ鏡、ケーブル袋など。

ケーブル袋の中には、有線LAN、携帯電話充電器が入っていました。

洗面台など

スーペリアルームは洗面台が独立タイプ。見ての通り、洗面台横のスペースがかなりあるためかなり使いやすかったです。

時計やメモ帳、ティッシュなど。コンセントは2口あります。

アメニティは、くし、カミソリ、綿棒、歯ブラシ。その他は1Fのレセプション前にあるアメニティ置き場から取ってくるシステムです。

タオルはフェイスタオルのみ。(ハンドタオルはなし。)

バリュミューダの湯沸かし器や緑茶とほうじ茶。

ナイトウェア、ビニール袋(大浴場に行く際に便利)、ドライヤー、足袋。

ドライヤーは風圧もよく問題なし。

館内移動用として下駄があるのですが、その際にはく用に足袋が置いてあり、和にこだわってるなと感じました。

この部屋で一番残念だったのが、冷蔵庫。かなり小さいです。中身は空です。

ベットボトルをここに入れるとドアが閉まりません....。

2Lのペットボトルは横に倒してギリギリです。

入り口、クローゼット

入り口部分にスリッパが置かれており、ここから先は靴を脱いでスリッパを利用するスタイル。公式サイトに「部屋の中では「靴を脱いで」素足でお過ごしいただけます。自宅のように床に座ってのんびりおくつろぎください。」と記載があるので、私は素足で過ごしていました。

また、洗面台の横には館内で利用できる下駄があります。

大浴場などに行く時、この下駄を利用しました。

入り口横にクローゼットスペースがあります。

クローゼットスペースには、バゲージラック、消臭液、ハンガー(合計6本)がありました。ハンガーラックの上にも台があるので物を置くことができます。

クローゼットの横に全身鏡があり、靴べらなどが置いてありました。

下駄の上の部分にハンガーが掛けられるようなフックがあり便利でした。

バスルームとトイレ

バスルームとトイレは至って普通で、ビジネスホテルと同じレベル。

しかし、約1.8m x 約1.2m x 高さ約2.04mの空間で普通のビジネスホテルのウェットエリア(バスエリア)よりも若干狭い空間になっていました。

洗面台が独立しているので「狭すぎて使いにくい!」ということはないですが、観光客をメインとした宿泊特化ホテルの中でもアッパークラスと考えると、もう少し広い空間の方が快適性が上がるのになと感じました。

トイレの上の棚には体を洗うウォッシュタオル、その上にはバスタオルがありました。バスタオルを掛けれるようなタオルフックもあり、細かいところで使い勝手が良いです。

バスタブは、約0.56m x 縦幅1.055m x 高さ0.48mの大きさで、ビジネスホテル並またはビジネスホテルよりも小さめの大きさです。

このホテルに泊まる人の大多数は大浴場を利用すると思うので、小さめの設計でも問題はなさそうです。

シャワーは1種類のみ。水圧は普通に快適に利用できるレベルでした。

シャンプー類は、ポーラのエステロワイエ。

天井

ちょっと変わってるなと思ったのが天井です。黒色で統一されています。天井までの高さは約2.5mとなっており、圧迫感などは特に感じません。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌にある一部のホテルでは、空調が一括管理されており、冬の時期に「部屋が暑すぎる」と感じることがあります。また、部屋の方角によっても日が当たるなどの理由で部屋が暑くなりすぎることもあります。また、季節の変わり目にもこの問題によく直面します。

暑すぎる時には冷房にしたり、窓を開けたりして自分に快適な温度に調整したいのですが、ホテル側で冷暖房が一括管理されてされているとどうすることもできません。そんな時は窓を開けれると良いのですが、窓が開けられないホテルもかなり多いのです。

私はこの「客室の温度調整」でかなり辛い経験をしてきました(笑)。暑さや寒さに耐えながら過ごすことになり快適性を失います。

なので、季節の変わり目の時期や冬場の宿泊には「空調が一括管理ではなく個別なのか?窓が開けられるのか?」をホテル選びでかなり重要なポイントとしています。

特に札幌の場合は「冬場に部屋が暑すぎる」ホテルが多いです。

エアコンは個別空調となっており、冷暖房を自分で設定可能です。ドライや送風にもできます。適温に細かく調整ができるので快適な温度で過ごすことができます。

窓も開けることができるので、換気も可能です。

メリットエアコンは個別管理。冷暖房は各部屋で設定できるので、適温に設定すれば快適に過ごせる!窓も開けられる!

風景

今回宿泊したのは13階で、札幌駅方面が見える部屋でした。

少し右側を見ると、観覧車などが見えます。

ただ、低層階になると目の前にある駐車場?しか見えない部屋になります。

部屋のスペースは?

この客室は24㎡のスーペリアルームですが、前述した通り、「24㎡の割にはスペースがそんなに無い印象」でした。というのも、独立した洗面台がメインエリアにあったりと、それなりにスペースを埋めているからだと思われます。

また、このクローゼットのようなものは予備の布団などが置いてあるようで、宿泊者が利用できるものではありません。大きなスーツケース1個分ぐらいのスペースを占めているので、これが無いともっと広く感じるのだろうなとも思いました。

24㎡の割にはちょっとスペースがないかなと思いますが、2人で利用するにはちょうどよいぐらいの広さで快適にすごせそうです。スーツケースを広げられるスペースはあります。

清潔感

清潔感に関しては、問題なくきれいに清掃されていました。

私の経験上、ベッセルホテルグループはどのホテルも一定基準以上の清潔感があります。安心して利用できるホテルグループなので、個人的にはかなりお気に入りのホテルグループです。

騒音は?

騒音は外からは全く聞こえないぐらい静かでした。また、両隣に宿泊者がいた模様ですが、ほとんど音は聞こえませんでした。

館内も非常に静かで過ごしやすかったです。

ベッセルホテルカンパーナすすきの「スーペリアルーム」まとめ

ベッセルホテルカンパーナすすきの「スーペリアルーム」をレビュー・紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

客室「スーペリアルーム」のメリットは下記の通り↓

スタンダードツインのメリット

  • 清潔感あり、清掃はバッチリ
  • 洗面台が独立型で利用しやすい
  • 個別に温度設定可能なエアコンで快適に過ごせる
  • コンセントが多い
  • エアウィーヴが体験できる!
  • VODが無料

「スーペリアルーム」のデメリット(あまりよくなかったところなど)は下記の通り↓

スタンダードツインのデメリット

  • バスルーム・トイレのエリアが狭い
  • セキュリティボックスがない
  • 共用スリッパしかない(使い捨てスリッパはない)

スーペリアルームの全体的な評価としては、和モダンな雰囲気も素敵な空間でした!バスルームが少し狭い感じがするのが残念ですが、それ以外は快適に利用できる客室という印象です。

ただ、正直なところ、客室だけの評価でいえば、新規ホテルが続々オープンしている札幌では飛び抜けて良いとは思えません。しかし、朝食や施設の設備(大浴場など)を含めた総合評価としては札幌でトップクラスで、個人的にはリピート確実といえるホテルでした。

以上、ベッセルホテルカンパーナすすきのの「スーペリアルーム」のブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

朝食や基本情報のレビューはこちら ↓

ベッセルホテルカンパーナすすきの宿泊記・ブログ的口コミレビュー

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.