【レジデンシャルツイン】東急ステイ札幌大通の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、札幌にある東急ステイ札幌大通の「レジデンシャルツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

東急ステイ札幌大通は2018年11月21日にグランドオープンしたホテル。

特徴としては、全客室に洗濯機や電子レンジが設置されていること。長期滞在にも便利ですが観光やビジネスの短期宿泊にもとても快適な環境で、札幌のホテルの中でも個人的に一押しできるホテルです。

また、長期滞在にも便利なキッチンを備え付けた客室があるのも特徴です。

この記事は「2022年11月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。写真は「2018年11月」に宿泊したものをベースにしています。

予約サイトで料金を確認!
目次

東急ステイ札幌大通のレセプション・ロビー周り

フロント

ホテル内は温かみあるオシャレな空間です。新規オープンしたホテルはどこもオシャレ感があるところが多いですが、東急ステイ 札幌大通も良い感じですね!

ロビースペース

ホテルの設備や無料のコーヒーなどの情報は下記を参照してください。

東急ステイ札幌大通のアメニティはアメニティバーから持っていくスタイル

アメニティバー

チェックインカウンターの横にアメニティが置いてあります。こちらから自分の欲しいものを取っていくスタイルです。

ヘアブラシ、ボディースポンジ、かみそり、綿棒、レディースセット(ヘアゴムなど)、シャワーキャップ、シェービングクリーム、緑茶、ほうじ茶、紅茶が置いてありました。

東急ステイ札幌大通のエレベーターにはセキュリティあり!

1階のエレベーター前。エレベータは2基。

エレベーターは1階〜13階まで。

エレベーター内にセキュリティがあり、キーカードをかざすと自分の宿泊階が自動で点灯します。また、宿泊階以外のフロアのボタンは押せなくなっているので、セキュリティはかなり万全で安心できる仕様となっています。

エレベーターにセキュリティあり!宿泊階以外のフロアには行けない仕様で、セキュリティがかなり高め

東急ステイ札幌大通の宿泊フロア

エレベーター前
通路

東急ステイ札幌大通の「レジデンシャルツイン」を紹介!

今回、紹介する「レジデンシャルツイン」は23㎡の客室です。802号室をベースに、レイアウト違いの1017号室も加えた紹介していきたいと思います。

客室見取り図(避難経路図)

下2桁が02番、17番の客室がスーペリアツインとなっています(その他にもあるかもしれませんが、個人ではこの2部屋しか知りません)。

下2桁が02番の客室は、コネクティングルームになる客室もあり、802号室はコネクティングルームになる客室でした。

カードホルダーにカードキーを挿すと電源などがONになるタイプ。キーを抜いた状態で、コンセントやUSBポート、空調は利用可能でした。

レジデンシャルツインの全体像(802号室)

802号室

ウッド調の落ち着いた客室でビジネスホテルらしからぬ空間。若者から年配の方まで老若男女に好まれるような印象です。

レジデンシャルツインの客室は23㎡。広くもなく狭くもなくという感じでしょうか。ただ、2人での利用だと窮屈だな…と感じる方もいるかも…。

空調下にコネクティング用の扉がありました。

レイアウト違いのレジデンシャルツイン(1017号室)

1017号室

1017号室はレイアウトが異なります。個人的にはこちらのレイアウトの方が客室が広く感じました。

テーブルセット前(テレビ下)に大きなチェストがあります。これが意外と使いやすかったです。

個人的には、断然こちらのレイアウトのレジデンシャルツインの方が好みです。使い勝手や空きスペースの確保は断然こちらの方がよいと感じます。

ミニキッチンがある!

レジデンシャルツインの特徴の1つとして、レジデンシャルという名なだけあって客室内にミニキッチンがあります。本当に“ミニ”という印象でしたが、長期滞在する方にはかなり便利だと思いました。

ミニキッチンがある!

キッチンの下に洗剤や鍋、皿、コップなどが収納されています。

冷蔵庫

仕切りを外せば2Lのペットボトルも立てたまま入れることが可能ですが、レジデンシャルの客室としては少し貧弱な印象の冷蔵庫でした。

スプーンやフォーク、コップ類。

鍋やまな板、洗剤など。包丁はフロントで貸出となっています(安全管理のためだと思われます)。

電子コンロもあるので、簡単な料理は可能です。

ミネラルウォーターの提供はありません。

ミネラルウォーターの提供はなし

ティーアメニティは全く設置されていません。1階にあるアメニティバーから持ってくるスタイルです。

1階にあるアメニティバー↓

アメニティバーに緑茶、ほうじ茶、紅茶

1階にコーヒーマシンも設置↓

コーヒーマシン(提供時間に制限あり)

テーブルセット

802号室

テーブルセットは椅子がしっかりと2脚あるため、2人での宿泊でも2人共座ることができます(椅子1脚しかないツインルームも多い)。

デスクはないので、このテーブルセットがデスク代わりになりますが、テーブル下にコンセントも配置されており不満なく作業ができました。

1017号室

レイアウト違いのレジデンシャルツインでは、テレビ前にテーブルがあります。テレビ下のチェストと合わせるような感じになっていてテーブルが拡張したような感覚で使えました。

また、テーブルは移動することが可能で、断然こちらのテーブルセットの方が使い勝手が良かったです。

ベッド周り

ベッド配置はハリウッドツインタイプ。ベッドメインキングはデュベスタイルです。

ベッドはSerta(サータ)の幅110cmを採用。

サイドテーブルの上にコンセント1口とUSBポート1口。

もう片方にもUSBポート、コンセントが1口ずつあります。

ナイトテーブルには時計、その下には折りたたみの鏡やホテル規約書、セーフティボックスがありました。

セーフティボックスが意外と小さい(13インチのノートPCは入らないぐらいの大きさ)点がちょっと残念かも…。

セーフティボックスあり!(ただし、小さめ)

折りたたみの鏡

テレビ周り

テレビは49インチ(だと思います)の大型サイズ。首振り機能はありません。

HDMI端子あり

HDMI端子が取り付けられるようになっているのでAmazon Fire TVなども利用可能です。

802号室

テレビ下には電話やメモ帳、小物入れなどがありました。また、こちらにコンセントが1口あります。

加湿機能付き空気清浄機
802号室

今回紹介している802号室はコネクティングルームになる客室で隣の客室に繋がる扉がありました。ちなみに下1桁が2の客室全てがコネクティングルームではない模様です。

クローゼットや洗濯機

客室入り口方向

左側にバスルーム(の扉)、全身鏡、洗濯機など。

東急ステイは客室内にドラム式洗濯機あり

ドラム式洗濯機を完備

東急ステイ札幌大通の最大の特徴は、全部屋に全自動洗濯機が完備。乾燥機機能もあるドラム式洗濯機です。

洗剤も完備

ジンギスカンなどを食べて臭くなってしまった服をサクッと洗えるのはよいですね。また、客室にいない間(キーカードを抜いた状態)でも洗濯機は動くので、出かけている間に洗濯を済ませることができます。

客室内に洗濯機あり!

電子レンジもあり!

洗濯機の上には電子レンジと湯沸かしポット。湯沸かし器はバルミューダでした。

客室内に電子レンジあり

クローゼット

ハンガーラック、消臭剤、バゲージラック、スリッパ&使い捨てスリッパ

スリッパは共用スリッパと使い捨てスリッパが用意されているのはよいところです。」

スリッパは共用スリッパと使い捨てスリッパの両方が置いてある!

景色

窓からの景色は隣の建物が見えるだけで、景色を楽しむことはできませんでした。

1017号室からの眺め
1017号室からの眺め

1017号室では目の前がホテルビュー(ラ・ジェント・ステイ札幌大通)ですが、左側の方を見ると景色が見えます。天気の確認は可能ですが、景色は期待しない方が良さそうです。

トイレは個室トイレ

個室トイレ

レジデンシャルツインの客室のメリットは、トイレが個室になっていることです。

東急ステイ札幌大通の客室の中で、トイレが個室なのは、レジデンシャルツイン、プレミアツインのみです。

トイレは個室タイプ!

札幌にはビジネスホテルでもトイレ、バスルームがセパレートタイプのホテルがありますが、やはりセパレートタイプの方が使い勝手が非常に良くてオススメです。

トイレも十分なスペースがあり手も洗えます。最近のマンションのようなトイレでした。

ウェットエリア(バスルーム)

洗面台とバスルーム

ウェットエリア(バスルーム)は普通のユニットバスタイプですが、トイレは独立した個室トイレになっているので、こちらにはありません。洗面台とバスタブのみがこちらにあります。

ウェットエリア(バスルーム)はユニットバスですがトイレがない分、十分なスペースがあります。広さ的には「1.7m x 1.3m」です。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

ハンドソープは変更

ハンドソープ&洗顔は花王のFIESTA(フィエスタ)シリーズ。 → POLAのシャワーブレイクシリーズに変更になっています。

アメニティは変更

バスアメニティはPOLAの「ESTHE ROYER(エステロワイエ)」を採用。→ POLAのシャワーブレイクシリーズに変更になっています。

POLAのシャワーブレイクシリーズ

シャワーの水圧は強めで非常に快適でした。

シャワーの水圧も問題なし!

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

調は一般家庭にあるタイプと同じもの。なので、自由に冷暖房を調整することが可能です。

空調は冷暖房を自由に設定できる個別タイプ!

また、窓を開けることが可能で換気や温度調整もしやすいです。

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

802号室の空きスペース

ベッドがあるメインエリアはそれほど広くはないですが、大きなスーツケースを広げることは可能です。

空きスペースも十分にあり

また、配置違いのレジデンシャルツインはもっと空きスペースがあるように感じました↓

1017号室の空きスペース

窓前(テーブル後ろ)に空きスペースがあります。また、テーブルを動かすことができるので、動かせば空きスペースは十分です。

約70Lのスーツケース

大きなスーツケースを広げられるぐらいのスペースは余裕で確保できました。

約70Lのスーツケースを広げても空きスペースは問題なくあります。個人的に下二桁が17号室のレイアウトの方が空きスペースが使いやすいと感じました。

Wi-Fi

Wi-Fiは混雑する時間帯は若干速度が落ちますが、それでも問題なく、全時間帯快適に利用することができました。

東急ステイ札幌大通「レジデンシャルツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビュー、評価レビューまとめ

東急ステイ札幌大通「レジデンシャルツイン」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 洗濯機、電子レンジが客室内に備え付け
  • ミニキッチンがあり、長期滞在も可能。調理道具も揃ってる
  • トイレは個室タイプ
  • 空調は個別調整可能なタイプ
  • 窓が開けられるので部屋の換気・温度調整がしやすい
  • 空きスペースも十分にあり
デメリット
  • ミネラルウォーターの提供はなし
東急ステイ札幌大通の共通ポイント
  • 大通、狸小路商店街に近く、利便性が高い
  • ロビースペースでドリップコーヒーの提供あり。朝早くから提供されているのも高ポイント
  • 大浴場はない
  • 無料で使えるラウンジなどはない
  • 朝食は普通のビジネスホテルレベルでおすすめしない

正直、東急ステイ 札幌大通の「レジデンシャルツイン」は文句なしで良かったです。札幌には宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)でも良いホテルが沢山ありますが、東急ステイ札幌大通のレジデンシャルツインはまたリピートしたいと思うほど良かったです。

東急ステイの共通の特徴ですが「客室内に洗濯機があること」。自分の好きな時に洗濯ができるのは本当に良かったです。さらに「電子レンジ」も客室内に設置されいてます。

また、レジデンシャルツインにはミニキッチン付き。ミニキッチンは長期滞在者には嬉しいですね。

レジデンシャルツインで一番良かったのは「トイレが個室タイプ」になっていること。それによって、バスルーム側は普通のユニットバスですが、トイレがないため広く感じました。

水回りは洗い場付きバスルームがある客室よりは劣りますが、個室トイレになっているだけで、普通のユニットバスと比べると、グッと快適になります。

正直、デメリットだなと思えるとこはなく、強いて言えば、洗い場付きバスルームではない点でしょうか。札幌では洗い場付きバスルームの客室がかなり増えてきたので、洗い場付きバスルームではない時点でデメリットと言えそうです。

札幌では「大浴場」や「温泉大浴場」があるホテル、「洗い場付きのバスルーム」を備えたホテルが多数あります。

なので、ユニットバスしかなかったりするホテルや客室はデメリットかも…。洗い場付きバスルームがある客室や大浴場があるホテルを選ぶとより快適なホテルステイになるでしょう。

客室の清潔感、シャワーの水圧など細かいところに関しても不満はなく、下手なシティホテル(古いなど)よりかなり良いと感じました。

立地もよいホテルなので、総合的に満足度が高い滞在となりました。「レジデンシャルツイン」はリピート確実と言えそうです!

以上、東急ステイ札幌大通「レジデンシャルツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次