【南館 サウスツイン】ホテルモントレエーデルホフ札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるホテルモントレエーデルホフ札幌「サウスツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

ホテルモントレエーデルホフ札幌では、2022年3月19日に南館が新規オープンしました。今まであった本館の隣に増築する形で新築された形です。それ故、南館の館内はどこもしこもピカピカ。今回はそんな南館の「サウスツイン」を紹介したいと思います。

増築された南館

この記事は「2022年12月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

予約サイトで料金を確認!
目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ホテルモントレエーデルホフ札幌のフロント、ロビー周り

レセプション・フロント

ホテルモントレエーデルホフ札幌のパブリックスペースエリアは豪華絢爛。貴族の洋館のような雰囲気で、一般的なホテルとは全く雰囲気がことなります。

本館は2000年に開業していますが、全く古臭さなどはなく、むしろこの雰囲気に圧倒されるぐらい素晴らしく気分を盛り上げてくれます。

ロビーラウンジ

ホテルモントレエーデルホフ札幌のアメニティバー → 客室内に設置に変更。一部はリクエスト製に

現在、アメニティの一部はフロント前にあるアメニティバーから持っていくスタイルになっています。 → 現在、追加アメニティとして置かれていたものは客室に設置されるようになりました。

ドリップコーヒーのパックや紅茶、紙コップ、化粧水などのセット
歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ

客室内にはボディータオル、コットンセット(コットン&綿棒)のみ設置されており、それ以外のアメニティはこちらから必要なものを持っていきます。

アメニティは客室内に設置するようになりましたが、一部アメニティはリクエストで客室まで持ってきてくれます。

ドリップコーヒーと紅茶
クレンジングや化粧水など

南館へ

南館方面

本館側から南館側へは長い通路で繋がっています。

南館入り口

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館のエレベーター

南館のエレベーターは2基。

エレベーター内にセキュリティありません。12階建ての建物です。

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館のセキュリティは宿泊フロアにあり!

宿泊フロアのエレベーターホール
]

宿泊フロアのエレベーターホールからフロアの通路に入る手間にセキュリティがあります。

カードキーをかざすと宿泊フロアへの扉が開く仕組みになっています。

宿泊フロアのエレベーターホールにセキュリティあり!

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館の宿泊フロア

南館通路

今回宿泊したのは12階。ナチュラルテイストで1階のパブリックスペースからかなり印象が異なります。

客室配置図

1フロアに10部屋しかありません。

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館の「サウスツイン」を詳細レビュー!

今回宿泊したのはサウスツインの客室で1203号室。広さは26㎡です。

キーカード
カードホルダー

カードキーホルダーにキーカードを入れると電源がONになるタイプの客室です。ビジネスホテルなどと同じ仕様です。

入り口から撮影

サウスツインの全体像

ナチュラルテイストな客室は1階のパブリックスペースや本館側のヨーロピアン調の内装とは印象が全然異なります。木陰の木漏れ日や、木立、大地等、「森・自然」をテーマにデザインされたとのこと。

広さは2人利用でちょうどよいと感じました。

テーブルセット

サウスツインにはテーブルセットがあります。このテーブルかなり大きくて使い勝手良好。またテーブルまわりのスペースにもゆとりがあり、狭苦しさは感じません。

サウスツインの客室にはデスクはありませんが、こちらのテーブルでPC作業もやりやすいと感じるぐらい大きなテーブルでテレワークなども快適にできると思います。また、テイクアウトして客室内で飲食するにもかなり使いやすいと思います。

ただ、その反面、椅子の高さとテーブルの高さがデスク作業がしやすい背丈になっているため、寛いで過ごすのにはあまり向いていない印象でした。

宿泊した時が冬でしたが、窓が結露した時に拭き取るバスタオルが置かれていました。この対応は嬉しいですね。

ズボンプレッサー

ミニバー周り

ミニバー
ミネラルウォーター

ミネラルウォーターの提供があります。今回、シングルユースでしたが2本セットされていました。

ミネラルウォーターの提供あり

コンセントは2口あり、必要十分です。

下にはティーアメニティや冷蔵庫

ティーアメニティは緑茶のみ。

ドリップコーヒーと紅茶

ドリップコーヒーと紅茶はリクエスト制でフロントに伝えると客室まで持ってきてくれます。

ドリップコーヒーや紅茶はリクエスト制ではなく、客室内に設置しておいてくれた方がいいかな…という印象はありました。

冷蔵庫

ベッド周り

ベッド
枕は2個
ベッド下

ベッド下は収納スペースとなっています。片方はエキストラベッドが収納されていますが、もう片方には何もないので、こちらの下にスーツケースなどを置いておけます。

ベッドした収納の案内
ナイトウェア

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は2サイズが用意されていました。また、セパレートタイプを採用しています。着心地もよくて快適でした。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプを採用

ナイトテーブルはなく、ベッドは可動可能タイプ。

ちょっとしたものが置けるスペースや電源コントローラーなど。

USBポートとコンセントが2口ずつあります。

また、ベッドボードの枕上にもものが置けるスペースがありました。

テレビ周り

テレビは50インチぐらいでしょうか。かなり大きいものでスマートTVに対応した4K対応モデルです。YouTubeやAbemaなどが楽しめます。また、キャスト機能もしっかりと対応していました。

リモコン

リモコンは袋に入っており衛生的です。

テレビでスパ(有料)の混雑具合が確認できます。

テレビボード横にUSBポートとコンセントが1口ずつ。

テレビ周りには小物が置けそうなスペースがあり、便利。

電話、ティッシュ、メモ帳など
加湿機能付き空気清浄機
バゲージラックやスツール

クローゼット

クローゼットエリア

クローゼットはテレビ横に設置されています。

広々としたハンガーラックですが、ハンガーが全部で4本しかありません。もう少し多いとよいかなと感じました。

スパに行くときに使えるスリッパやカゴ。

セキュリティボックス

セキュリティボックス を完備!

スリッパ

スリッパは使い捨てスリッパを採用

ランドリーメニューなど

ホテルモントレエーデルホフ札幌はシティホテルですが、南館が増設されたタイミングでコインランドリーも増設されています。詳しくはこちらを参照してください。

全身鏡
ドア

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア

ウェットエリアのドアは段差がないタイプ。

ウェットエリアは普通のユニットバスを採用。広さは「1.8m x 1.4m」と普通のビジネスホテルと変わりない広さ。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

正直なところ、シティホテル&新築ホテルなので、もう少しこだわってほしかったな…というのが本音。洗い場付きバスルームとか個室トイレを採用してくれたら…と感じました。

鏡は六角形
バスタオル、フェイスタオル
トイレ

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)で暖房便座機能ありです。

ドライヤー、ハンドタオル、ミラブルの説明書など

ドライヤーはパナソニック製。フェイスタオルだけでなく、ハンドタオルもありました。

洗面台
コットンセットとボディタオル

コットンセット(コットン&綿棒)とボディタオルのみ客室内に置かれていますが、その他のアメニティはフロント前にあるアメニティバーから好きなものを持ってくる仕組みになっています。 現在、アメニティは客室内に全て置かれて降り、歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、コットンセット、ボディタオルが置かれています。

アメニティバー

アメニティバーが1階のフロント前にあり、こちらに部屋に無いアメニティがあります。 → 現在、バスアメニティは客室内に設置されています。

クレンジングや化粧水など

リクエスト制でクレンジングや化粧水などのセットは、フロントに連絡すると客室まで持ってきてくれます。

ハンドソープ
バスタブ
バスアメニティ

バスアメニティはモントレの専用共有ボトルに入っていますが、花王のレアーナというシリーズでした。

モントレエーデルホフ札幌ではシャワーヘッドにウルトラファインバブル生成シャワーヘッド「ミラブル」を採用しています。一度、試してみたかった方には嬉しいですね!

ミラブルのシャワーはストレートとミストモードの2パターン。このミストモードがミラブルの真骨頂ですが、ミストモードにするとお湯が冷たく感じました(説明書にも冷たくなると記載あり)。

シャワーカーテンレールはUの字タイプ
タオル掛け

景色

今回はサウスツインの最上階である12階に宿泊しました。

目の前のビル…。景色は全くない客室だと思っておいたほうがよいでしょう。

下方向

景色を楽しみたいのであれば、本館の方がよさそうです。

空調(エアコン)は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は個別調整タイプかと思いきや、なんと一括管理タイプでした。冬場に宿泊した時は暖房から切り替えができず…。フロントにも確認しましたが、空調はフロアごとに一括管理となっているとのことでした。新築ホテルなので、当然個別調整可能タイプだろうと思っていたので予想外…

空調(エアコン)は一括管理タイプ

また、窓をあけることができません。

窓が開けられない。換気ができない。

空きスペースはある?大きなスーツケースは広げられるか?

サウスツインは26㎡の広さ。ツインルームとしてはちょうどよい広さです。

約70Lのスーツケースを置いても余裕がありそうです。

また、スーツケースはベッド下に収納可能。約70Lのスーツケースをそのまま収納できるぐらいベッドの高さがありました。

また、バゲージラックの上で広げると上記の写真のように、通路スペースも十分に確保できます。空きスペースに関しては問題ないでしょう。大きなスーツケースを持っている方にもおすすめできます。

空きスペースは十分!ベッド下にも空きスペースあり。大きなスーツケースを持っていても問題なし!

天井

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間帯でも快適に利用することができました。

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館「サウスツイン」の評価レビューまとめ

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館「サウスツイン」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • ちょうどよい広さ
  • 空きスペースはほどほどにあり、ベッド下にもスーツケースが置ける
  • シャワーヘッドにミラブルを採用
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • 大きなテーブルがいろいろな用途に使える
  • ナイトウェアはセパレートタイプ(着心地がよい)
  • ハンドタオルあり
デメリット
  • 空調は一括管理タイプ
  • 窓が開けられないため、換気ができない
  • ウェットエリアは普通のユニットバス
ホテルモントレエーデルホフ札幌の共通ポイント
  • ホテルの1階部分は豪華絢爛!
  • 朝食は種類の豊富さ、クオリティ共によい
  • 南館は2022年3月オープンできれい
  • スパ施設(大浴場)あり。ただし、有料。

ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館の「サウスツイン」は、思ったよりも普通のツインルームという印象。2022年オープンなのでまだまだ内装が新しいし、清掃もすばらしい事に加え、広さも2人利用でちょうど良いと感じました。

その一方、新築ホテルですが、空調が一括管理であったり、ウェットエリアは普通のユニットバス。「サウスツイン」をわざわざ選ぶ要素が少ないかなという気がしました。

メリットとしては、モントレグループではシャワーヘッドに「ミラブル」を採用していますが、ホテルモントレエーデルホフ札幌も採用しているホテルの1つ。高価なため一度は試してみたいという人には良いかもしれません(ただ、南館だけでなく、本館の方もミラブルを採用しているので、わざわざ南館に泊まる要素としては弱いかな…)。

正直なところ、思っていた以上に印象に残らない客室かな…と感じましたが、季節の変わり目など温度調整が自由に設定できないとつらい時期以外は普通に快適だと思います。

ツインルームであれば、JRイン札幌北2条は個室トイレに洗い場付きバスルームありで(無料の)大浴場もあります。JRイン 札幌駅南口はシャワブースのみですが、こちらにも大浴場があるので、ツインルームの快適度はこちらの方がよいかも…。また、リッチモンドホテル札幌駅前のツインルームは、ホテルモントレエーデルホフ札幌のサウスツインと部屋の広さやユニットバスを採用していることなど似ているところが多いですが、空調が個別調整だったり、コストパフォーマンスの良さでリッチモンドホテル札幌駅前の方がメリットがあると感じました。

と、正直、増築され新築オープンした客室としては、本当に普通かな….という感想しかでてきません。

ただ、ホテルモントレエーデルホフ札幌はスタッフや朝食の良さ、パブリックスペースの雰囲気などトータルで考慮すると非常におすすめできるホテルなので、そこら辺も含めると満足度は高いのかなと感じました。

以上、ホテルモントレエーデルホフ札幌 南館「サウスツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

検索用タグ:#モントレ #モントレー #エーデルホフ

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次