トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【モデレートツイン】ニューオータニイン札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:2020年4月9日 更新日:

今回は、北海道・札幌にあるニューオータニイン札幌「モデレートツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

ニューオータニイン札幌の記事一覧

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を記載しておきます。

  • 宿泊日: 2019年5月
  • 宿泊料金: 6,700円(サ・税込)/ツイン1名利用/朝食込
  • 予約サイト: 一休
  • 予約した客室: モデレートツイン - 24㎡
  • 宿泊した客室: モデレートツイン - 24㎡
  • チェックイン/チェックアウト: 14:00〜/〜11:00(2020年4月1日からチェックイン15:00〜)

チェックイン

今回はチェクインからちょっとした不信感が...キョドキョドした服のサイズが全くっていないスタッフで、一通り説明を受けるも朝食券を渡し忘れ。また色々と質問しても、キョドキョドした話し方で的を得た回答をせず...。

札幌のホテルの中でというより、今まで宿泊したホテルの中では最低レベルで、ニューオータニブランドのホテルでこれはひどすぎでは?と思うほど。格安ホテルのスタッフ並でびっくりというか不信感しかないとうか、まあ、服のサイズもあっていないのでバイトなんだろうとは思いましたが...

エレベーターにセキュリティはなし

エレベーターは3基。

エレベーターにセキュリティはありません。

デメリット・残念ポイント

エレベーターにセキュリティはなし

宿泊階

エレベーター前と廊下。

ニューオータニイン札幌のモデレートツインを紹介!

今回宿泊したのは、5階の506号室。モデレートツインで24㎡の客室です。

部屋見取り図。

電気はそのままでONになるタイプ(カードキーなどを差し込む必要はない)。

モデレートツインの全体像

部屋は2015年〜2017年ぐらいに順次リニューアルしており、モデレートフロアも多分2015年ぐらいに一部リニューアルしたものだと思われます(正確な時期は不明)。

赤、緑が取り入れられたカジュアルな印象で、良くも悪くも個人的なニューオータニのイメージとはかけ離れていました。(ニューオータニではなく、ニューオータニインだからというのもありますが)

個人的には思っていたよりも新しく感じられました。部屋の広さは24㎡ですが、ちょうどよいくらいの広さです。

ベット周り

べットの上ににクッション。枕は各1個。

べットとべットの間にベッドサイドテーブル。電話機やメモ帳、時計が置かれており、スペースはなし。あと福麦と書かれた麦穂がありました。

コンセントがないのか...と思ったら、ベットライトの下の部分にありました。左右についているため、全部で2口あります。ただ、最高400Wまでとなっています。

べットは左右で異なります。片方のべット下にはエクストラベッドが置いてあり、その分、べットの厚みが異なり、寝心地も異なります。

エキストラベッドがある方のベットの方がベットの厚みが薄いため、より固さを感じました。べットはサータ社のものを採用。

個人的にはエクストラベッドがある方では寝たくないな...と思いました。

デスク周り

デスク上には壁掛けで42インチのテレビ。首振り機能はなし。

テーブルの上にはライトや拡大鏡、ティッシュ、ホテル案内など。

テレビが邪魔をしてあまり奥行きがない感じでした。テーブルを広く使いたい人にはちょっと使いづらい印象。

テーブル下にはVODの機械がありました。

加湿機能付き空気清浄機。

テーブルとソファ。ソファーは1脚のみ。

ソファーの後ろにコンセントがあり、ソファーに座りながら充電等ができます。

ミニバー周り

ミニバーはクローゼットの横に。

ティーアメニティは緑茶とインスタントコーヒーが各2セットずつ。

冷蔵庫の中は空。また2Lのペットボトルは横に倒せば入れることはできますが、ペットボトル1本分ぐらいしか奥行きがないため、かなり小さく使い勝手は悪いです。

クローゼット

クローゼットは入り口の横に。

クローゼットにはスリッパ、ブラシ、靴べら、消臭スプレー、ハンガーなど。上の棚にはエクストラベッド用の枕や布団が置かれていました。正直、邪魔だし、清潔感もない気がします...。

スリッパはウォッシャブルタイプですが共用スリッパを採用。使い捨てスリッパよりも履き心地はよいですが、ウォッシャブルタイプだとしても衛生面で嫌だな...と感じる人も多そうです。

デメリット・残念ポイント

ウォッシャブルタイプだが共用スリッパ(使い捨てではない)。

ハンガーは全部で8本もあり多め。引き出しの中にはクリーニングメニューなど。このホテルにはコインランドリーもあります。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はワンピースタイプ。

ウェットエリア

ウェットエリアはクロゼットの向かいに。全身鏡もあります。

ウェットエリアは改装されておらず、古い状態のまま...。

広さは1.4m x 1.8mで普通のビジネスホテルと同じ広さ。

周りのホテルと比較しても

となっており、それらのホテルと比べて狭くなっています。が、ビジネスホテルの標準的な広さで、コンフォートホテル札幌すすきのなどと同じです。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きですが、暖房便座機能はなし。冬場は辛いです。

アメニティやドライヤー。

アメニティは剃刀、ボディスポンジ、歯ブラシ、綿棒が各2セット(2本)ありますが、シャワーキャップとブラシは1セットのみ。

ドライヤーはパナソニック製のEH-NE13でした。風量は弱めでした。

ウェットエリアの広さの割にはバスタブは大きめで約120cm x 60cm x 50cm(縦x横x高さ)です。

シャンプー類のアメニティは共用ボトル。シャワーカーテンレールは直線タイプで、シャワーを浴びている時、カーテンに当たりやすいです。

シャワーモードは3種類。水圧は非常に良くて気持ち良いです。

デメリット・残念ポイント

  • ウェットエリアはビジネスホテルと変わらない広さ
メリット・良ポイント

  • シャワーの水圧がよかった
  • ウェットエリアは狭い割にはバスタブが大きめ

札幌には「洗い場付きバスルーム」や「大浴場」があるホテル・客室が沢山あります。こちらを参考にしてみてください↓

エアコン

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ところかなり多いです。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開閉で自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがかなり多いです。特に古いホテルはこのような傾向があります。

ということで、

空調で確認したいポイント

  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整、換気できるか)

が、快適に滞在できるかどうかのポイントです。
では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

空調は一括管理タイプで、温度調整しかできず、冷暖房の切り替えはできません。

窓は開けることができるので、温度調整や換気が可能です。

デメリット・残念ポイント

  • 空調は一括管理タイプで、冷暖房の切り替えができない
メリット・良ポイント

  • 窓を開けることが可能

天井

天井高は約2.5mで圧迫感などは皆無です。

景色はリッチモンドホテル札幌駅前ビューでした。

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間帯もアップロード、ダウンロード共に快適レベル。

スペース

モデレートツインの客室は24㎡ですが、ちょうどよいぐらいの広さだと感じました。

機内持ち持ち込み可能なサイズのスーツケースだと余裕で広げることができます。足の踏み場が無くなりそうですが大きめのスーツケースでも開けたままにできそうです。

空気清浄機を少し動かせば、このエリアにスーツケースを開けられるスペースは確保できると思います。

ニューオータニイン札幌の「モデレートツイン」評価レビューまとめ

ニューオータニイン札幌の「モデレートツイン」を紹介・レビューしてきましたが、いかがでしたでしょうか?メリットやデメリットをまとめてみました↓

メリット・良ポイント

  • 清潔感あり、清掃が行き届いている
  • 適度な広さ、空きスペースがある
デメリット・残念ポイント

  • 普通のビジネスホテルとなんら変わりない...
  • 空調は一括管理タイプで冷暖房の切り替えはできない
  • デスクの奥行きがなく使いにくい(テレビが邪魔)
  • ミネラルウォーターの提供なし
  • セーフティボックスはない
  • バゲージラックなし

個人的な評価としては、正直なところ、普通のビジネスホテルとなんら変わらない客室という印象です。ニューオータニブランドが先行して良いイメージがつきまとうかもしれませんが、かなり普通のビジネスホテルという感じ。

客室のメインエリアは新しいし、部屋の広さも適度な広さがあります。が、ウェットエリアは改装されておらず古いまま&ビジネスホテルのような狭さ。まずまずの快適さはありますが、周辺にある宿泊特化ホテル、シティホテルの方がより快適だったというのが本音です。

ツインルームだけで周りのホテルと比較すると、リッチモンドホテル札幌駅前JRイン札幌駅南口ホテルモントレエーデルホフ札幌の方がオススメできます。特に、宿泊特化ホテルのリッチモンドホテル札幌駅前、JRイン札幌駅南口の方がかなり快適に過ごせます。

と言うことで、特別な事情がない限り、今後モデレートツインに泊まることはないかな...と感じました。

以上、ニューオータニイン札幌の「モデレートツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

ニューオータニイン札幌の記事一覧

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

3

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2020 All Rights Reserved.