【ツインルーム】ホテルWBFフォーステイ札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるホテルWBFフォーステイ札幌のツインルームに宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

この記事は「2020年8月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。

目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ホテルWBFフォーステイ札幌のロビー・フロント

ホテルに入るとすぐにフロントでした。規模の小さな宿泊特化型ホテルのような作りでパブリックスペースは殆どないと思ってよいでしょう。

ホテルWBFフォーステイ札幌のエレベーターにはセキュリティあり

1階のエレベーター前

エレベーターは全部で2基。

1階のエレベーター前にカードキーをタッチするセンサーがあり、こちらにカードキーをかざすとエレベーターのボタンが押せるようになります。

エレベーターにセキュリティあり

今回は8階でした

ホテルWBFフォーステイ札幌の宿泊フロア

エレベーター前
通路

ホテルWBFフォーステイ札幌の「ツインルーム」を紹介!

807号室

今回紹介するのはツインルームで17㎡の客室です。

客室配置図(避難経路図)
のぞき穴カバーなし
入り口から撮影

ツインルームの全体像

ツインルームは17㎡の客室ですが、17㎡の割には広く感じました。コンパクトにまとまったレイアウトがよいのかも。

開業が2019年12月ということもあり、内装はきれいで言う事なし。まだまだ新しい印象で、新築ホテルの特権です。それだけで気分よいですよね。

ベッド周り

ベッド

ベッドはデュベスタイル。

ベッドは110cm幅を採用。ピロートップはないですが、寝心地もよく、普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)としては上出来です。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は上下セパレートタイプを採用。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は上下セパレートタイプ

コンセント、USBポート

コンセントとUSBポートは2口ずつありました。

デスク、テレビ、ミニバー周り

テレビ

テレビは40インチサイズ。部屋の割には大きいサイズでした。

デスク

デスクはコンパクトさを優先のためか、デスク前の天板が斜めにカットされており、奥行きが少し短くなっています。

椅子
コンセント、有線LAN

コンセントはデスク周りに全部で2口、有線LANポートがありました。

デスク横にはメモ帳や優先LAN、電話、折りたたみ鏡など。

折りたたみ鏡
冷蔵庫やミニバー
ドライヤー

一番上の引き出しにはドライヤーが入っていました。パナソニックのEH-NE2Aで風量は1.3㎥/分と少し弱めでした。

ミニバーや電気ケトル
緑茶

ティーアメニティは緑茶のみ

こちらにはセキュリティボックスと冷蔵庫。

セキュリティボックスあり

冷蔵庫

冷蔵庫はかなり小さいタイプ。

宿泊した時期にはミネラルウォーターの提供がありませんでしたが、現在はミネラルウォーターの提供があります。

ミネラルウォーターの提供あり

加湿機能付き空気清浄機
バゲージラック

クローゼット

全身鏡
クローゼット
スリッパ

スリッパは使い捨てスリッパを採用しています。

使い捨てスリッパ

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア(バスルーム)の入り口は段差がないタイプ。

ウェットエリアは普通のユニットバスです。

ウェットエリアの広さは1.8m x 1.4m。17㎡と狭いツインルームなのでユニットバスのサイズがもっと狭いかと思っていましたが、意外と普通サイズでした。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで暖房便座機能あり。トイレットペーパーはシングルです。

アメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、コットンセット、綿棒。

洗面台

シャワーヘッドの固定は2箇所。

シャワーの水圧は良い方で快適でした。

シャワーの水圧よし!

バスタブ
バスアメニティ
シャワーカーテンはUの字タイプ

景色

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

ツインルームは17㎡なので宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)のツインルームでも狭い客室です。

ただ、思っている以上には空きスペースがある印象でした(めちゃくちゃあるという訳ではないですが)。

機内持ち込み可能なスーツケース

機内持ち込み可能なスーツケースは余裕で広げたままにできるぐらいの空きスペースがあります。もう少し大きなスーツケースでも問題なく広げたままにしておくことが可能です。

思った以上に空きスペースがあり、スーツケースも広げられる

ただ、やはり全体的には狭いツインルームという印象なので、2人で宿泊すると窮屈感はあると思います。また、ホテルで過ごすよりもほとんど観光やビジネスでホテル内で過ごさず、寝るだけに戻ってくるという方におすすめという印象でした。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は三菱製を採用。冷暖房を自由に入れ替え可能な個別調整タイプです。

空調は個別調整タイプ!

また、窓を開けることが可能です。空気の入れ替えや温度調整がしやすいです。

窓を開けて、空気の入れ替えが可能

Wi-Fiは快適か?遅くなりがちな時間帯も快適に利用できる?

Wi-Fiはどの時間帯も快適に利用することができました。

ホテルWBFフォーステイ札幌「ツインルーム」の評価レビューまとめ

ホテルWBFフォーステイ札幌「ツインルーム」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 思った以上に効率的なレイアウトで空きスペースが広く感じた
  • オープンして数年しか経過していないのでまだまだきれい
  • 空調は個別調整可能タイプで冷暖房を自由に切り替えられる
  • 使い捨てスリッパを採用
  • セキュリティボックスあり
  • ミネラルウォーターの提供あり
デメリット
  • 17㎡の割には広く感じたが、やはり全体的には狭く、寝るだけの客室といったところ

ツインルームはまだ築年数が浅いためきれいですが、これといった特徴のない普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)という印象です。

メリットとしてはまだ新しいこと。そして、空調や窓が開けれて、テレビが大型、寝心地のよいベッドなど、最新ホテルのトレンドをしっかり押さえているので、下手に古いホテルに宿泊するよりは快適なはずです。

デメリットは、「17㎡」と元々広くないこと。元々広さがないため、部屋で寛いで過ごすというよりも「寝るだけの部屋」といったところ。

ただ、広くはないですが、スーツケースを広げられるスペースはあるし、17㎡の割には広く感じましたのは予想外でした。

客室だけなら、他の最新ホテルのツインルームを選べばよいかなという感じでしたが、ホテルWBFフォーステイ札幌は客室ではなくラウンジサービスや立地に魅力があるホテル。客室で選ぶとホテルではなく、立地やアルコールが30分飲み放題のラウンジサービスなどを含めて検討するのがよいでしょう。

「新しいホテル」「寝るだけ」「アルコールが楽しめるラウンジ」というキーワードがぴったりと合う人にはおすすめできると思います。

ツインルームは「部屋は寝るだけだから狭くても問題ない」という方におすすめな客室でした。

以上、ホテルWBFフォーステイ札幌「ツインルーム」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次