【コンフォートダブル】東急ステイ札幌大通の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、札幌にある東急ステイ札幌大通の「コンフォートダブル」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

東急ステイ札幌大通は2018年11月21日にグランドオープンしたホテル。

特徴としては、全客室に洗濯機や電子レンジが設置されていること。長期滞在にも便利ですが観光やビジネスの短期宿泊にもとても快適な環境で、札幌のホテルの中でも個人的にイチオシなホテルです!

予約サイトで料金を確認!
目次

東急ステイ札幌大通のレセプション・ロビー周り

フロント

ホテル内は温かみあるオシャレな空間です。新規オープンしたホテルはどこもオシャレ感があるところが多いですが、東急ステイ 札幌大通も良い感じですね!

ロビースペース

ホテルの設備や無料のコーヒーなどの情報は下記を参照してください。

東急ステイ札幌大通のアメニティはアメニティバーから持っていくスタイル

アメニティバー

チェックインカウンターの横にアメニティが置いてあります。こちらから自分の欲しいものを取っていくスタイルです。

ヘアブラシ、ボディースポンジ、かみそり、綿棒、レディースセット(ヘアゴムなど)、シャワーキャップ、シェービングクリーム、緑茶、ほうじ茶、紅茶が置いてありました。

東急ステイ札幌大通のエレベーターにはセキュリティあり!

1階のエレベーター前。エレベータは2基。

エレベーターは1階〜13階まで。

エレベーター内にセキュリティがあり、キーカードをかざすと自分の宿泊階が自動で点灯します。また、宿泊階以外のフロアのボタンは押せなくなっているので、セキュリティはかなり万全で安心できる仕様となっています。

エレベーターにセキュリティあり!宿泊階以外のフロアには行けない仕様で、セキュリティがかなり高め

東急ステイ札幌大通の宿泊フロア

エレベーター前
通路

東急ステイ札幌大通の「コンフォートダブル」を紹介!

今回、紹介するのは「コンフォートダブル」で17㎡の客室です。コンフォートダブルの客室は2パターンあり、どちらも紹介したいと思いますが、416号室の写真をベースにして紹介していきます。

客室見取り図(避難経路図)

403〜411号室だと窓から景色が見渡せる部屋になっており、今回宿泊した416号室の景色は、隣の建物となっていました。

カードホルダーにカードキーを挿すと、電源などがONになるタイプ。キーを抜いた状態でもコンセントやUSBポート、空調は利用可能でした。

入り口から撮影

コンフォートダブルの全体像

416号室

2018年に新規オープンということもあって、まだまだ内装なども新しく感じ、宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)としては非常に快適に過ごせる印象です。

17㎡の客室ですが思っていたよりも広く感じました。 実際に利用してみてもすごく快適に過ごせて、1人での宿泊なら必要十分でした。

清潔感ある客室、ちょうどよい広さ、使いやすい机など札幌にあるシングルルーム(ダブルルーム)の中でもトップクラスで使い勝手がよい客室という印象です。

レイアウト違いのコンフォートダブル

901号室

コンフォートダブルの客室はレイアウト違いの客室があり、窓側にテーブルがある客室(416号室)かベッドがある客室(901号室)の2パターンあります。

個人的には、901号室のようなベッドが窓側にある客室の方が使い勝手が良かったです。大きな違いはないですが、空きスペースがこちらの方が使いやすい印象でした。

ベッド周り

ベッドはダブルの160cm幅を採用。デュベスタイルです。

サイドにはコンセントx1口とUSBポートx1口があります。

反対側のサイドテーブルには時計、ベッドボードにはUSBポートとコンセント。ベッド周りの電源確保は問題ないですね。

枕は2種類

枕は2種類用意されており、片面がストローで反対側が綿(羽毛)のものと綿(羽毛)だけのもの。

ナイトウェア(部屋着、パジャマ)は、ワンピースタイプ。

ベッドのマットレスははSerta(サータ)を採用。ピロートップなどはありませんが、寝心地も問題なくぐっすりと眠れました。

テーブル、テレビ、ティーアメニティなど

この客室には(PC作業用などの)デスクはありませんが、大きなテーブルがあり、ビジネスなどでの利用の場合でもPC作業がしやすい環境でした。

椅子の下(テーブルの下)には、コンセントが2口、有線LANポートがあるため、電源も確保でき、使い勝手も抜群によいです。

加湿機能付き空気清浄機と靴乾燥機

靴乾燥機があり、特に冬場などは雪で濡れてしまったりすることも多く、かなり重宝します。実際に雨で靴が濡れてしまった時にかなり助かりました。

靴乾燥機あり!

テレビ周り

テレビのカウンターは、ちょっとした物置として使い勝手抜群!

テレビは43インチ。壁掛けで首振り機能はありません。

HDMI端子

HDMI端子も利用できるようになっており、外部接続でテレビに映し出すことが可能です。

電話など
セキュリティボックスやグラスなど
セキュリティ ボックスは小さめ

セキュリティボックスは小さめです。

小さめだけどセキュリティボックスあり

グラスやカップなど

ティーアメニティは全く設置されていません。1階にあるアメニティバーから持ってくるスタイルです。

1階にあるアメニティバー↓

アメニティバーに緑茶、ほうじ茶、紅茶

1階にコーヒーマシンも設置↓

コーヒーマシン(提供時間に制限あり)
冷蔵庫

仕切りを外せば2Lのペットボトルも立てたまま入れることが可能でした。ミネラルウォーターの提供はありません。

ミネラルウォーターの提供はなし

クローゼットなど

通路側
クローゼットは壁掛けタイプ

クローゼットはなく、ハンガーなどは壁掛けタイプです。ハンガーは6本あるので必要十分な数が揃っています。

スリッパは使い捨てスリッパを採用。

スリッパは使い捨てを採用

宿泊時はコロナの影響で、使い捨てスリッパのみとなっていますが、通常は共用スリッパと使い捨てスリッパの両方が設置されています。

スリッパ
ズボンプレッサー

客室内にズボンプレッサーがありました。客室タイプによっては部屋内に設置されていないようです。コンフォートダブルには設置されていました(スーペリアツインルームにはなかった)。

客室内にズボンプレッサーあり

東急ステイの最大の特徴は「客室内に洗濯機が設置」されていること。いつでも好きな時に洗濯ができます。乾燥機への入れ替えもないドラム式洗濯機です。

客室内に洗濯機あり!

洗剤も完備

洗剤は共用ボトルタイプのものが置かれています(以前はフロントで個梱包タイプのものを配布していた)。

電子レンジ、電子ケトル

電子レンジも客室内にあるので部屋で食事をする際には非常に便利です。

客室内に電子レンジあり!

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア(バスルーム)は通常のユニットバスです。古いホテルではユニットバス入り口に段差があることが多いですが、こちらは段差がないタイプでした。

ユニットバス

築浅なホテルで採用されているユニットバスと変わりない印象。ユニットバスの広さは「1.8m x 1.4m」と、宿泊特化型ホテルとしては通常サイズというところでしょうか。狭くもなく広くもなくという感じです。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

札幌では「大浴場」や「温泉大浴場」があるホテル、「洗い場付きのバスルーム」を備えたホテルが多数あります。

なので、ユニットバスしかなかったりするホテルや客室はデメリットかも…。洗い場付きバスルームがある客室や大浴場があるホテルを選ぶとより快適なホテルステイになるでしょう。

トイレ
シャワートイレ(ウォッシュレット)付き

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)で、暖房便座機能もあります。トイレットペーパーはシングル。

タオル類
ドライヤー

コンフォートダブルに1人での宿泊しましたが、タオル類はすべて1組のみの用意となっていました。

フェイスタオルは結構ペラペラタイプで格安ホテルとまではいかないまでも、普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)の中でも質は下という印象でした。

洗面台

水の出が少し弱めな印象でした。客室内に設置してあるアメニティは歯ブラシのみ。その他はフロント横のアメニティバーから持ってくる形となります。

アメニティバー

アメニティはヘアブラシ、ボディースポンジ、かみそり、綿棒、レディースセット(ヘアゴムなど)、シャワーキャップ、シェービングクリーム、緑茶、ほうじ茶、紅茶があります。

ハンドソープはFIESTAでした。 → 現在、POLAのシャワーブレイクに変更になっています。

バスタブは約120cm x 56cm x 高さ45cmぐらい。すごく大きなバスタブということはなく、ユニットバスでは通常サイズというぐらいでしょうか。

バスアメニティは変更

シャンプーなどのアメニティはPOLAの「ESYHE ROYER」でした。 → POLAのシャワーブレイクに変更になっています。

POLAのシャワーブレイクに変更
シャワーヘッドの位置は2箇所のみの固定タイプ
シャワーカーテンのレールはUの字タイプ
モードは1種類のみ
水圧が少し弱めな印象…

今回宿泊した4Fのコンフォートダブルは水圧が少し弱めな印象でした。ただ、その後に宿泊した9Fのコンフォートダブルでは水圧は問題なく快適に利用できたので、水圧を調整したのか、宿泊階数で水圧が違うのか分かりません。

景色や窓

416号室の景色

景色は客室の向きによっても異なりますが、416号室側にある客室は基本的に景観なしと思った方がよいでしょう。 景色はラ・ジェント・ステイ札幌大通ビューでした。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

エアコンは個別タイプ

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は一般家庭にあるタイプと同じもの。なので、自由に冷暖房を調整することが可能です。

空調は冷暖房を自由に設定できる個別タイプ!

空調のリモコン

また、リモコンも家庭用エアコンと同じタイプで持ち運び可能なタイプ。どこにいても空調の調整がしやすいです(多くのホテルは壁に固定タイプ)。

窓も開けることが可能なので、客室の温度調整や空気の入れ替えもバッチリ。

窓を開けることができる!

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げることができる?

ダブルルームは17㎡の客室。1人での利用ならちょうどよい広さだと感じました。ただ、空きスペースはそれほど多くはなく、スーツケースなどの荷物が多いとちょっと手狭かもしれません。

機内持込可能サイズのスーツケース

機内持込可能サイズのスーツケースを横に倒すと、上記画像のような感じです。 スーツケースを広げたままの場合は若干狭いですが、足の踏み場がないというようなことはないと思います。(大きなスーツケースの場合は足の踏み場がないと思いますが…)

大きなスーツケースがある場合は他の客室タイプをおすすめします。

また、コンフォートダブルの客室はレイアウト違いの客室があります。今回紹介している416号室の客室では窓の前にテーブルがありますが、901号室のコンフォートダブルでは窓の前はベットになっている客室でした。

901号室のレイアウト

901号室のレイアウトだとベッドが窓側にあり、テーブルがウェットエリア(バスルーム)側にあります。そしてテーブル前の通路に大きな空きスペースがあります。

機内持ち込みサイズのスーツケース

機内持ち込みサイズのスーツケースをここで広げましたが、十分なスペースがありました。個人的に、このタイプのレイアウトの方が使いやすく、また、空きスペースが広く感じました。

東急ステイ 札幌大通「コンフォートダブル」の宿泊記・ブログ的口コミレビュー、評価レビューまとめ

東急ステイ 札幌大通「コンフォートダブル」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 洗濯機、電子レンジが客室内に備え付け
  • 17㎡でちょうどよい広さの客室だった
  • 空調は個別調整可能なタイプ
  • 窓が開けられるので部屋の換気・温度調整がしやすい
  • セキュリティーボックスあり
  • 使い捨てスリッパと共用スリッパの両方があった
デメリット
  • ウェットエリア(バスルーム)は普通のユニットバスタイプ
東急ステイ札幌大通の共通ポイント
  • 大通、狸小路商店街に近く、利便性が高い
  • ロビースペースでドリップコーヒーの提供あり。朝早くから提供されているのも高ポイント
  • 大浴場はない
  • 無料で使えるラウンジなどはない
  • 朝食は普通のビジネスホテルレベルでおすすめしない

東急ステイ 札幌大通の「コンフォートダブル」は文句なしに快適でした。まだ築浅ということもあり、客室内の内装もきれいですし、清掃も行き届いており、そして、洗濯機が客室内にあるという特徴があります。

正直、洗濯機がなくてもビジネスホテルとしては非常に快適に過ごせる環境でした。

大きなデメリットと感じるものは無かったのですが、強いて言えば、札幌には大浴場があったり、洗い場付きバスルームを備えている客室があったりと水回りがすごく快適なホテルが多いのも事実で、ユニットバスとなるだけでデメリットかもしれません。

札幌では「大浴場」や「温泉大浴場」があるホテル、「洗い場付きのバスルーム」を備えたホテルが多数あります。

なので、ユニットバスしかなかったりするホテルや客室はデメリットかも…。洗い場付きバスルームがある客室や大浴場があるホテルを選ぶとより快適なホテルステイになるでしょう。

ただ、それらと比べると特徴のベクトルが異なり、東急ステイは「洗濯機+電子レンジが客室内にあること」が最大の特徴なので、洗い場付きバスルームよりもこれを優先したい方が多いと思います。

また気になるポイントとしては、一部の客室で「ほぼ日が当たらない」「隣接するホテルビュー」となるため、これらが嫌な方は避けたほうがよいでしょう(ただ、札幌は窓があっても景色なしのホテルが多いです)。

札幌の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)は築浅で新しく、設備も揃っているところが多いですが、東急ステイ札幌大通「コンフォートダブル」も素晴らしい客室の1つだと思います。

個人的に札幌のホテルの中でもトップクラスの評価。ビジネスや観光など、どんな方にも使いやすい客室で、誰にでもおすすめしたい客室でした。

以上、東急ステイ 札幌大通「コンフォートダブル」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のおすすめ情報!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次