【スタンダードツイン】ビスポークホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

北海道・札幌にあるビスポークホテル札幌の「スタンダードツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

ビスポークホテル札幌は2021年4月に新規オープンしたホテル。壁に部屋番号が書いてあったりとデザインにこだわりのある若者向けの宿泊特化型ホテルです。

今回は、ビスポークホテル札幌の「スタンダードツイン」を詳細にレビューしてみました。ぜひ、参考にしてみてください!

この記事は「2021年12月」に宿泊した時の宿泊記・レビュー内容です。

目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

ビスポークホテル札幌にチェックイン

レセプション・フロント前

チェックインはタブレットで。また、バスアメニティは歯ブラシとボディスポンジだけ部屋に置かれていますが、それ以外はフロントからもらっていく形になります。

カミソリ、ブラシ、コットン&綿棒のセットがありました。

今回、1人での宿泊だったのですが、は2枚のキーカードをもらいました(何も言わずに2枚くれた)。

「なぜ2枚?」とかなり謎でしたが….1枚は客室内のキーカードホルダーに挿しっぱなしにして下さいということでしょうか?それともフロントスタッフの間違いかな?

ビスポークホテル札幌のエレベーターにはセキュリティあり

エレベーターは2基。全125室に対して2基なので平均的なエレベーターの数だと思います。ただ、エレベーターが来るのがかなり遅い時がありました。混み合う時間帯は余裕を見た方が良さそうです。

エレベーター内にタッチセンサーがあり、宿泊階以外は行くことができません。(ただ、ランドリーなどがある13階はキーカードをタッチしなくてもボタンが押せた)

エレベーターにセキュリティあり

ビスポークホテル札幌の宿フロア

エレベーター前

エレベーターがある手前に客室があり、こちらの客室だとエレベーター待ちで喋ったりする人がいるとうるさそうな印象です…。

通路
通路

ビスポークホテル札幌の「スタンダードツイン」の詳細レビュー!

今回宿泊したのは5階にある505号室、スタンダードツインの客室で20㎡となります。

客室配置図。今回のスタンダードツインの客室はコーナーキングダブルの隣でした。

入り口から撮影
通路は狭め

キーカードを差し込むと電気などが点灯するタイプ。キーカードを抜くと、USBポート、コンセント以外は使えません。エアコンも集中管理(個別で設定しているものがオフ)に切り替わります。

スタンダードツインの全体像

部屋はシンプルでスッキリしており、20㎡の割には広く感じました。内装もオシャレでいい感じですね。

シンプルでものが少ない客室な反面、加湿機能付き清浄機やデスクなどはありません。ソファが大きい割に(ソファベットにもなるタイプ)テーブルは小さいです。

ただ、物が少ないので、空きスペースも思ったよりもありました。20㎡でこれだけ空きスペースがあれば、大きなスーツケースも余裕そうです。

ベッド周り

ベッドは100cm幅を採用。それほど広くないツインルームで、100cm幅なので平均的なベッド幅だと思います。

枕は片面がストロー、もう片面が綿のタイプと羽毛の2種類。

ベッド間のベッドボードにUSBポートx2、コンセントx2があります。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は、セパレート(上下別)タイプでした。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)は、セパレートタイプ!

ベッドのマットレスはシモンズ製。ピロートップ付きで快適な硬さのマットレスです。

ここ最近は宿泊特化型ホテルでもピロートップ付きのベッドを採用するところが多くなってきましたが、ビスポークホテル札幌もその1つに加わりました。寝心地は良かったです。

ベッドはピロートップ付きで寝心地抜群!

窓際にテーブルとクッション、荷物が置けるスペースなど

窓際に座れる場所があります。リラックスして座るという感じではないですが、ここでちょっとしたものを食べたりするのには十分なスペースです。テーブルも大きくて使い勝手が良かったです。

テーブルは小さめ

ライト下にコンセントx2口、USBポートが1口あります。

テレビ

テレビ下にもコンセントx2口ありました。

通路方面を見ていきましょう。

デスクやミニバーなど

クローゼットはなく、ハンガーは壁掛けタイプ。

バゲージラック
使い捨てスリッパ

スリッパは使い捨てスリッパで通常のビジホと変わらないタイプ。

使い捨てスリッパを採用

ミニバー

ミニバーは客室入り口の横に。

ドリップコーヒー

ティーアメニティはドリップコーヒーのみです。

ドリップコーヒーあり!

電子ケトル

ラウンジにホットドリンク類が置いてあるので、コーヒー以外が飲みたい方はそちらから貰ってくる形です。

フリースペースラウンジには紅茶や煎茶などのフリードリンクあり

下側には冷蔵庫とセキュリティボックス。

冷蔵庫

冷蔵庫は仕切りを外せば2Lのペットボトルが入ります。

セキュリティボックス

セキュリティボックスはそれなりに大きさがありました。小物貴重品を入れるには十分な大きさです。

セキュリティボックスあり

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリアはほとんど段差がないタイプ。

ウェットエリアは普通のユニットバス。広さとしては1.8m x 1.4m。普通の宿泊特化型ホテルとして平均的な広さです。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
  • スマイルホテルプレミアム札幌すすきの(スタンダードツインルーム):1.6m x 1.2m
  • 札幌ワシントンホテルプラザ(シングル):1.6m x 1.2m
  • ウィンダムガーデン札幌大通(スタンダードツイン ):1.6m x 1.2m
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
  • マイステイズプレミア札幌パーク(スタンダードツイン / スーペリアツインハイフロア):2.0m x 1.4m
  • 札幌ビューホテル(モデレートフロア シングル/セミダブル):2.0m x 1.4m
  • リッチモンドホテル札幌駅前(ハリウッドツイン):1.8m x 1.6m
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

バスタオルの質は良かったです。フェイスタオルは宿泊特化型ホテルによくある厚みでペラペラではないですが厚みがあるタオルでも無いです。

ドライヤーはパナソニックのEH-NE18で風量は1.3㎥/分。

アメニティは歯ブラシとボディスポンジのみ。

フロントからもらってきたアメニティ

その他のものは、フロントからもらってくることになります。

トイレはシャワートイレ(ウォシュレット)。暖房便座機能付き。

バスタオル掛けはトイレの前に。

洗面台も使いやすい大きさ。ハンドソープはペリカン石鹸のプロバンシアシリーズ。

バスタブは楕円形のもので、約120 x 68 x 高さ50cmぐらいのもの。

ボディソープなどはオリジナル容器に入れらています。

水圧は通常シャワーで少し弱いと感じました。モードはミスト、通常、マッサージモードの3種類あり、マッサージモードで水圧はOKという感じ。

景色や窓

今回宿泊したのは5階。景色は全くありません。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

このホテルのエアコンは個別調整できるタイプ。冬場であっても冷房、夏場であっても暖房をつけることが可能です。

エアコンは個別管理タイプ。冷暖房の入れ替え、温度調整が可能。

窓は残念ながら取っ手がとりはずされており、開けることができません。

窓は開けることができない

天井、ライト

このホテルのいいところは、天井が高く、約2.8mぐらいあります。また、間接照明をうまく利用しており、オシャレ感ある雰囲気ですね。

スペース

スタンダードツインは20㎡の客室です。ただ、20㎡といっても思っていたよりも広く感じ、空きスペースもそれなりにあります。

約70Lのスーツケースを広げましたが余裕で広げられるスペースがあります。また、ソファの下にスーツケースが開いた状態で収納できるので、スペースを有効活用することができます。

空きスペースあり!20㎡の部屋だけど、他のホテルよりも空きスペースが多いと感じる!ソファ下にスーツケースを収納可能!

ビスポークホテル札幌のWi-Fiは快適だった

Wi-Fiに関しては、どの時間帯も十分なダウンロード速度、アップロード速度。21時台から速度が落ちましたが、それでもダウンロードで約50Mbps以上の速度なので、何をしても不満はありませんでした。

Wi-Fiは快適に使えた!

ビスポークホテル札幌で気になった点

このスタンダードツインで気になった点をいくつか上げておきます。

  • 加湿機能付き空気清浄機はない(貸し出しのみ)
  • テレビ側のベットは直接エアコンの風が当たる
  • ベットの頭上が窓で冷気がすごく入ってきて頭が寒い

加湿機能付き空気清浄機は設置なし

ここ最近はほとんどのホテルで加湿機能付き空気清浄機を設置していますが、ビスポークホテル札幌では設置されていません。加湿器などの貸し出しは行っていますので必要な方は借りてきましょう。

エアコンの風が当たる

この写真を見てもらえば分かるのですが、エアコンの風が左側のベットに直接当たります。

スイングする方向は調整することができますが、寝てる時に直接風が当たるような感じが嫌な方も多いはず。多くのホテルではなるべく当たらないような設計になっていることが多いのですが….

枕上に窓があり、冬場は冷気がすごい…

窓が枕上にあり、冬場は寝ていると冷気がすごいです…大雪が積もる日に宿泊していましたが、頭が寒かったです…

通常、窓下にベットがあるような作りのホテルは少ないというかほとんどないのですが、個人的に新規ホテルでこのようなレイアウトにしたのが謎でした。

ビスポークホテル札幌「スタンダードツイン」の評価レビューまとめ

ビスポークホテル札幌「スタンダードツイン」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 2021年4月オープンなので新しい
  • ナチュラルでモダンなオシャレ空間
  • ベットはシモンズ製でピロートップあり!寝心地も良い
  • 20㎡の部屋はスッキリしており、スーツケースなどを広げられるだけの空きスペースあり
  • 空調は個別調整可能タイプ。冷暖房の切り替えを自由にできる
  • セーフティボックスあり
  • ドリップコーヒーあり
  • ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプ
  • 天井が高い
デメリット
  • デスクはなし
  • アメニティは最低限
  • エアコンの風がベットに直接当たる
  • 枕上に窓があるため、冬場は寝ている時に冷気がすごい
  • 窓は開けることができない

スタンダードツインは20㎡の割には空きスペースがあること、天井が高いが最大のメリット。客室内は非常にシンプルでデスクはなく、ソファーとベットだけとシンプルなため、客室内は広く感じます。また、天井が高いことが部屋を広く見せているのかもしれません。

個人的には、メリットよりもデメリットの方が気になりました。

特に枕上の窓があるため、冬場は冷気で頭が寒かったのが一番のデメリット。夏場などは問題ないと思いますが、窓の下にベットを設置するレイアウトは他のホテルではあまり見かけません。また、このレイアウトのおかげでエアコンの風も直接当たるのが残念。

客室内に(テーブルはあるけど)デスクはありません。ただ、ラウンジスペースには大きなテーブルがあり、PC作業などは可能です。どちらかというとビジネス向けというよりか、観光客向けのホテルという印象の方が強いです。デスクがないので、ビジネスマンは宿泊する際によく考慮した方がよさそうです。

全体的なクオリティとしては、ビジネスホテルと変わりが無いと感じ、普通の宿泊特化型ホテルといったところでしょうか。スタッフなどはカジュアルな印象で若者向きのホテルという感じでした。

周辺のホテルで同じようなツインルームを比較すると、ザ ノット 札幌のスタンダードツインでしょうか。どちらにもメリット・デメリットがありますが、ビスポークホテル札幌のスタンダードツインは空きスペースがあるのがメリット。ザ ノット 札幌のスタンダードツインはベットの快適さ、立地の良さ、ミネラルウォーターを提供などがメリットです。

スーツケースや大きな荷物が多い人にはビスポークホテル札幌の「スタンダードツイン」はおすすめですが、デメリットも多いことを頭に入れておいた方が良いと感じましたし、ケースバイケースでどのホテルが良いか選択するのがベストです。

以上、ビスポークホテル札幌の「スタンダードツイン」の宿泊記・ブログ的口コミレビューでした!参考にしてみてください。

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

楽天トラベル

楽天トラベルでは、多数のクーポンが配布されています。また、ポイントがアップするような施策も行われています。

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

都道府県、地方、地域で開催されているキャンペーン

北海道・東北

関東

東海

北陸

関西

山陰

四国

九州・沖縄

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次