【スタンダードツイン】京王プレリアホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にある京王プレリアホテル札幌の「スタンダードツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

目次

京王プレリアホテル札幌にチェックイン

レセプションまわりは特別広いわけではないですが、天井が高く窓が大きくて開放感があり、上質な空間でビジネスホテルというよりは、デザインホテルというような印象が残りました。

パブリックスペースや施設(ファシリティ)などの詳細はこちらを参照してください。

京王プレリアホテル札幌は、エレベーターにセキュリティあり

1Fのエレベーター前

エレベーターは全部で4基。359室のホテル規模からして4基はちょうどよいのかなという印象です。

エレベーター内にセキュリティあり

エレベーターにはセキュリティがあり、キータッチにカードキーをかざすとボタンが押せるようになります。

自分が宿泊しているフロア階だけでなく、他のフロア階のボタンも押せるようになるので、セキュリティがすごく高いということはないですが、ないよりあった方が安心です。

エレベーターにセキュリティあり!

京王プレリアホテル札幌の宿泊フロア

宿泊フロアのエレベーター前
宿泊フロアの通路

宿泊した階のエレベーターホールや通路。床は雪の結晶?ぽいデザインで温かみのある雰囲気。

京王プレリアホテル 札幌の「スタンダードツイン」を紹介!

1123号室

今回宿泊・紹介するのは「スタンダードツイン」で20㎡の客室です。

部屋配置図(避難経路図)

電源はキーカードを差し込むと点灯するタイプ。rg/_

客室入り口から撮影

スタンダードツインの全体像

客室はナチュラルテイストでシンプルながらも上質な印象。

全体的に質感は普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)よりもワンランク上です。ホテル全体的に見ても高級宿泊特化型ホテル(高級ビジネスホテル)に値すると感じました。

写真を見ても分かると思いますが、20㎡の客室なので元々広くはないですが、それ以上に狭さを感じます。

2人で利用すると少し窮屈感を感じるかなという印象です。寛げる感じではなく「寝るだけの部屋」といった印象の方が強かったです。

照明は少し暗めで雰囲気重視といったところでしょうか。

デスクは使いやすい!

スタンダードツインの客室には窓面にデスクが設置されていますが、使い勝手が抜群でした!

デスク
デスク周り

この長いデスクはものを置いたり、PC作業をするにも非常に快適。かなり気に入りました。

ビジネス用の椅子ではないですが、座り心地がよく、PC作業なども快適でした。

ツインルームで椅子が1脚しかないホテルも多いですが、椅子の他にチェストがありました。できれば、もう少し寛げる椅子を置いてほしいですが、無いよりよいかなと思います。

テーブルの引き出しには、クリーニングメニューと折りたたみ鏡。

ライトとコンセントが1口、有線LANポート

テーブル左側には電話機やメモ帳など。ティッシュのケースがオシャレですが、このケースが実用性無さすぎて使いづらいです(ティッシュが取りづらいし、音がうるさい)。

電話機の横にもUSB差込口x1口、コンセントx1口
携帯電話の充電器

携帯電話の充電器が客室内にあります。

携帯の充電器あり!

無料のミネラルウォーターは2本置いてありました(ツインのシングルユースでしたが2本ありました)。

無料のミネラルウォーターあり!

コンセントx2口

また、テーブル端にもコンセントx2口がありました。

テーブル部分だけでコンセントが全部で4口、USB差込口が1口と、電源確保に苦労することはありません。コンセントが多いのは非常にポイントが高いです。

コンセントが多くて使いやすい!テーブル部分に4口もある!

テーブルの下には冷蔵庫やお茶セットなどがあります。

電気ケトルやコップなど
ティーアメニティはほうじ茶と煎茶のみ

コーヒーや紅茶は1階のラウンジスペースに置いてあるためか、客室内には煎茶とほうじ茶のみ。

京王プレリアホテル札幌には、宿泊者専用ラウンジがあります。コーヒーや紅茶、冷たいお茶などが置いてあります。

宿泊者専用ラウンジ(15:00〜23:00)

1階のラウンジスペースは15:00〜23:00の時間帯でしか営業しておらず、朝一でコーヒーが飲みたくても利用できません。

マグカップ
冷蔵庫

冷蔵庫の中は空。小さい冷蔵庫ですが、中の仕切りを動かせば2Lのペットボトルも入ります。

客室内にはセーフティボックス(セキュリティボックス)もしっかり完備されています。

セーフティボックス(セキュリティボックス)を完備

ベッド周り

ベッド幅は113cm。ベッド間にベットサイドテーブルがあります。

ベッドボードにUSB端子が2口、コンセントが2口があります。

枕は1個のみ

ベッドはシーリー社のものを採用。トップピローは付いていないものの、上部にクッション性があるタイプのベッドでした。

掛け布団のシーツの仕様が好みではなかった…

色々なビジネスホテルに宿泊していると、ホテルによってシーツの仕様やベッドメイクの違いがあることに気づきますが、札幌のビジネスホテルでもデュベスタイルのところがかなり多いです。

しかし、京王プレリアホテル札幌ではデュベスタイルのベッドメイキングをしているのはスーペリア以上の客室のみで、スタンダードツインやモデレートツインでは一昔前のベッドメイキングです。

掛け布団の仕様ですが、(スプレッドタイプというのかな?)羽毛布団を2枚のシーツでサンドしているだけです。アッパーシーツ(羽毛布団の上のシーツ)と下側のシーツでサンドしているだけなので、ファスナーで閉じたりするようなカバータイプではありません。

アッパーシーツを上に置いているだけ

ここ最近、特に築浅なホテルで高級宿泊特化型ホテルではデュベスタイルのベッドメイキングを採用しているところがほとんどなので、この仕様は残念でした…。

ベッドメイキングの仕様が残念だった…

テレビ周り

テレビ

テレビは40インチ。首振り機能はなし。またHDMI端子も利用できません(壁固定でHDMI端子を利用するのが困難)。

加湿機能付き空気清浄機

テレビ下にちょっとした長い台があるのですが、この台も時計や財布などの小物を置くのにちょうどよくてめちゃくちゃ使いやすい客室です。

客室の入り口横にクローゼット

では入り口付近を見ていきましょう。

全身鏡
ハンガーラック

クローゼットエリアは非常に狭いです。ここにはハンガーが4本。その他にも通路にフックがあり、ハンガーが2本あります。また、ここでダウンなどを掛けておくと、入り口のドアを開けた時にダウンが挟まったりすることがよくあり不便でした。ダウンなどが通路側のフックを利用することをおすすめします。

使い捨てタイプのスリッパ、消臭剤、バゲージラック、靴べらやブラシなどがあります。

通路の壁沿いもハンガーを掛けるところがあり、ハンガーは合わせて6本ありました。通路にハンガーが掛けられるのは使い勝手がよいです。

スリッパはビジネスホテルのペラペラタイプよりもちょっと厚めなもの。

スリッパは使い捨てタイプを採用。また普通のビジホよりも少し厚みがあるものを採用!

ウェットエリア(バスルーム)

ウェットエリア

バスルームは至って普通のユニットバスと言う感じです。まだ築浅なので新しい印象です。

ウェットエリアは「1.8m x 1.4m」の広さ。ビジネスホテルの標準的な大きさです。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

タイル類はフェイスタオルとバスタオルのみ。今回はシングルユースですが全て2枚ずつありました。

京王プレリアホテル札幌には大浴場がありますが、タオルは部屋から持っていくタイプ。大浴場にタオルは全くないため、シングルユースでタオルが2枚ずつ置いてあるのはよかったです。

洗面台

バスアメニティは備え付けタイプではなく、ミニボトルタイプ。ここ最近は共用ボトルタイプのものが増えてきている中、持ち帰り可能なミニボトルタイプは衛生面から好みの方も多いと思います。このバスアメニティは京王プレリアホテル独自のものでした。

アメニティ

その他のアメニティはヘアブラシ、歯ブラシ、カミソリ、シェービングジェル、綿棒、ヘアゴムとアメニティは充実しているというよりは少なめ。

また、何度も宿泊しているのですが、別の日程で宿泊した時はヘアゴムは置いてありませんでした…。

ドライヤー

ドライヤーはパナソニック製のEH-NE5Aというシリーズでした。風量は毎分1.9㎥/分です。

バスタブもビジネスホテル並の大きさで約0.574m x 1.194m x 0.43m(高さ)となっています。

シャワーの種類は1種類のみ。水圧は普通〜少し弱いという印象でした。水圧は大浴場の方が良く、大浴場を利用するのがよいでしょう。

シャワーの水圧がもう少し強いとよいかな…

風景

11Fからの眺めになりますが、マンションやホテルで視界が閉ざされている感じです。スタンダードツインは北側の景色でした。それなりに高層階ですが、やはりスタンダードフロアという感じでしょうか。

風景を楽しめる客室ではありませんね…。

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調はパナソニックを採用。個別調整可能なタイプで、冷暖房を自分で設定可能です。

空調はは個別で調整可能なタイプ

窓は開けることができるタイプですが、ハンドル部分が取り外されており、個人では開けることはできません。ただ、フロントなどに頼めば窓を開けてくれるかもしれません(確認しておらず)。

窓は開けられない

Wi-Fi

Wi-Fiはどの時間帯も非常に快適で、速度測定してもダウンロード、アップロード共に素晴らしい速度でした。混み合う時間帯の22時前後も快適でした。

Wi-Fiはかなり快適!

天井

天井までの高さは約2.5m。ホテルとしては標準的な高さでしょうか。天井周りに柱がありますが、特に圧迫感なども感じず気になりませんでした。

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

このスタンダードツインは20㎡なので、一般的な宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)のツインルームぐらいの広さです。

見ての通り、デスクとベッドの間にはあまり空きスペースがありません。

通路もスーツケースを広げられるような空きスペースは殆どありません。大きなスーツケースだとかなり広げるのに苦労するかな…という印象です。

通路でバゲージラックを広げると、横向き(カニ歩き)で歩かなくてはならないほどの狭さ。

どちらかというと、上記写真のところの方が空きスペースがありますが、ここでスーツケースを広げてしまうとかなり部屋が窮屈だと思います。

一番下の部屋タイプである「スタンダードツイン」は、20㎡の広さ。2人で利用すると若干の窮屈感があるかなという印象です。ただ、荷物が少なければ、若干の狭さは感じるものの問題ないかなと思いました。

スーツケースが何個もある場合や、荷物が多いとスタンダードツインはおすすめしません。

空きスペースはほとんどなし。大きなスーツケースなどは広げるのに苦労しそう…

スーツケースなど荷物が多い方は、23㎡のモデレートツインやスーペリアツインをおすすめします。

騒音は?

騒音は外からは全く聞こえないぐらい静かでした。また、両隣に宿泊者がいた模様ですが、ほとんど音は聞こえず(たまにハンガーがあたるような音はあったけど)。館内も非常に静かで、過ごしやすかったです。

京王プレリアホテル札幌「スタンダードツイン」評価レビュー、まとめ

京王プレリアホテル 札幌 「スタンダードツイン」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 内装、備品がビジホよりワンランク上な印象
  • 無料のミネラルウォーターあり
  • 空調は個別調整可能なタイプ
  • コンセントが多くて便利!
  • セキュリティボックスあり
  • 使い捨てスリッパを採用
デメリット
  • スタンダードツインは2人で利用すると若干の窮屈感を感じるかも。ゆっくりくつろいで過ごせる設備や空間が備わっているホテルですが、部屋の広さがないので寛げる空間ではないかも…
  • ベットメイキング(シーツの仕様)が好みではない人が多いと思われる
  • 窓は開けられず、自分で換気ができない

京王プレリアホテル札幌「スタンダードツイン」は全体的に普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)よりもワンランク上という感じで、調度品やアメニティなども過不足無く良かったです。

ただ、スタンダードツインは若干狭いと感じるでしょう。特に空きスペースが少ないため、スーツケースをどこで広げるかが問題です。もう少しゆとりある客室だとより良かったかなと思います。

また個人的にはデュベスタイルではないベットメイキングが残念ポイントでした。スタンダードツイン、モデレートツインは同じスタイルですが、スーペリア以上になるとデュベスタイルになり、客室のランクによってベッドメイキングスタイルが異なります。個人的にそんなところで差をつけなくても..とは思いますが…。

京王プレリアホテル 札幌は大浴場や朝食、ラウンジで無料ドリンクサービスなど、総合的にかなり良いホテル。個人的には客室の広さがもっとあれば、満足度がかなり高いと感じました。

似たようなランクや料金帯のホテルとしては、ソラリア西鉄ホテル 札幌スタンダードツインクロスホテル札幌ツインホテルフォルツァ札幌駅前ツイン京急 EXホテル 札幌ツインなどが比較検討するホテルでしょうか。個人的には、他のホテルの方が広さ的に余裕あったりするので他のホテルを選びがちです….

以上、京王プレリアホテル 札幌「スタンダードツイン」のブログ的口コミレビューでした!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次