【11/10 楽天トラベル、じゃらんで再販開始!】「HOKKAIDO LOVE!割」の詳しい最新情報・詳細はこちら

【スタンダードツイン】ANAクラウンプラザホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にあるANAクラウンプラザホテル札幌スタンダードツインに宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

目次

HOKKAIDO LOVE!割 が2022年10月11日より開始!

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

HOKKAIDO LOVE!割は2022年10月11日から販売開始中!

宿泊のみ

他クーポンと組み合わせで安く!

ポイント大量還元、即時利用可能で実質かなり安い

他クーポンと組み合わせで安く!

たまに激安なプランあり

ツアーの方がオススメかも…

JRや飛行機とのセットのツアーがおすすめ

ツアー(ツアーの方がお得!)

札幌のおすすめ情報!

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を記載しておきます。

  • 宿泊日: 2019年12月
  • 宿泊料金: 6,776円(サ・税込)/ツイン1名利用/朝食込
  • 予約サイト: 一休
  • 予約した客室: リフレッシュスタンダードツイン(7階~10階) – 21㎡
  • 宿泊した客室: リフレッシュスタンダードツイン(7階~10階) – 21㎡
  • チェックイン/チェックアウト: 15:00〜/〜11:00

チェックイン

レセプションは2Fに。流石シティホテル並の規模でレセプションも広々。スタッフも丁寧でスムーズ。

エレベーターにセキュリティあり

エレベーターは4基。

エレベーターはカードキーをタッチセンサーにかざすと自動的に宿泊階が点灯します。宿泊しているフロア以外は押せないので、かなりセキュリティレベルは高いホテルと言えます。

エレベーターにセキュリティがあるのはメリット!また、自分の宿泊している階しかボタンが押せないので、セキュリティはかなり高い!

宿泊階

ANAクラウンプラザホテル札幌の「スタンダードツイン」を紹介!

今回宿泊したのは921号室。リフレッシュスタンダードツインで21㎡の広さです。

部屋見取り図。

スタンダードツインの全体像

部屋の雰囲気はシンプルで男性が好みそうな色使いの客室。

ベットエリア

枕は2個。

べットはシモンズのビューティーレスト。

べットにはピロートップも付いており、寝心地は高級ホテルとまではいかなくても、かなり上々でした。

べット下にはエクストラ別途が収納されていました。(この狭い部屋にエキストラベッドを置くとかなり狭くなりそう…)

ナイトテーブルはベットとべットの間に。

コンセントとUSBポートが各1口ずつあります。

デスク、ミニバー周り

テレビは40インチ。

引き出しの中にはホテル案内など。

冷蔵庫の中には有料の飲み物。シティホテルの割にはミニバーの料金はそれほど高くない気も。

横には電気ケトルやティーアメニティなど。

ティーアメニティは、紅茶3種類、煎茶、インスタントコーヒー、カフェインレスコーヒーが2セットずつ。またその他にスリープアドバンテージというANAクラウンプラザの取り組みの一つで、夜用ほうじ茶、朝用ミント緑茶がテーブルの上にあります。

ティーアメニティはかなり充実していると感じました。

テーブルは奥行きがあまりなく、ノートPCを乗せるのが精一杯の奥行きしかありません。PC作業などをする人にはちょっと窮屈感があると感じます。

引き出しの中にはLANケーブルなど。

テーブルのコンセントが合計2口、USBポートは1口、有線LANポートが1口。

ソファーなど

ANAクラウンプラザの独自の取り組みで、オリジナル快眠プログラム「スリープ・アドバンテージ」というものがあり、アロマや枕の貸し出し、アイウォーマー、入浴剤、お茶などが提供されています。

朝用抹茶入ミント緑茶、夜用ほうじ玄米茶とアイウォーマー。アイウォーマーはあるとすごく快適でこれは嬉しいです。(入浴剤はウェットエリアに置いてあります)

クローゼット

クローゼットは入り口横に。

クローゼットには靴べら、ブラシ、使い捨てスリッパ、ナイトウェア、セーフティボックスなど。

ハンガーラックにはハンガーが全部で8本、消臭スプレー。

引き出しにはランドリーメニューやシューポリッシュ。下の引き出しにはセーフティボックス。

メリット・良ポイント

セーフティボックス完備!

ランドリーメニュー、ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はワンピースタイプ。

スリッパは、使い捨てのものが採用されています。

スリッパは使い捨て!

ウェットエリア

ウェットエリアのドア横に全身鏡。

ウェットエリアの広さは2.0m x 1.6m(縦x横)で、シティホテルのウェットエリアとしては少し狭いかもしれません。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

ウェットエリアは標準的なシティホテルの作り。

洗面台の横にはスペースがあり、小物を置いたりするにも便利。フェイスタオルの他にハンドタオルもあります。

ハンドソープではなく、石鹸が用意されており、全世界のクラウンプラザで共通で採用されているTHIS WORKSの石鹸。

アメニティは豊富。

スリープアドバンテージの入浴剤、ソーイングセットが1セット。ヘアブラシ、くし、歯ブラシ、シャワーキャップ、シェービングクリーム、サニタリーバック、マニュキュアセット、綿棒x2、剃刀、バニティキットが2セットずつ。

アメニティは豊富で流石IHGグループというところでしょうか。札幌のシティホテルはアメニティが少ないところが多く、ANAクラウンプラザ札幌のアメニティの豊富さが際立って感じました。

ドライヤーはパナソニック製のEH-NE16。風量は弱いかなという印象。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)、暖房便座機能付き。

バスタブの広さは約140cm x 60cm x 41cm(縦x横x深さ)。足を伸ばすことができる広さ。

シャワーモードは3種類。水圧は普通〜良い方。

シャンプー類のアメニティは、クラウンプラザ共通のTHIS WORKSではなく、DHCのオリーブゴールドシリーズ。

シャワーカーテンはUの字タイプ。

札幌には「洗い場付きバスルーム」や「大浴場」があるホテル・客室が沢山あります。こちらを参考にしてみてください↓

景色

今回は9階からの景色なので、それほどよいものではありませんでした。(高層階になると景色はなかなかよい)

天井

エアコン

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ところかなり多いです。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開閉で自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがかなり多いです。特に古いホテルはこのような傾向があります。

ということで、

空調で確認したいポイント
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整、換気できるか)

が、快適に滞在できるかどうかのポイントです。
では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

空調は一括管理タイプで、温度調整しかできず、冷暖房の切り替えはできません。

また、窓を開けることはできないので換気などもできません。

空調は一括管理タイプで、冷暖房の切り替えができない

窓を開けることができない

スペース

リフレッシュスタンダードツインは21㎡の客室。べットのあるメインエリアは思った以上に狭いというのが正直なところで、シティホテルとしてはちょっと残念かなという印象。

個人的には35㎡のリフレッシュラージツインをオススメ。

Wi-Fi

Wi-Fiはアップロード、ダウンロード共に問題ない速度。

防音や騒音

今回の客室は一部リニュアールされていますが、建物自体は古いためか、防音対策はほとんどされていないように感じました。隣の部屋の物音や通路からの音はそれなりに聞こえると感じました。

ANAクラウンプラザホテル札幌の「スタンダードツイン」評価レビューまとめ

ANAクラウンプラザホテル札幌の「スタンダードツイン」を紹介・レビューしてきましたが、いかがでしたでしょうか?メリットやデメリットをまとめてみました↓

メリット・良ポイント
  • アメニティが豊富
  • べットはピロートップ付きで寝心地もよし
  • セーフティボックスあり
  • スリッパは使い捨てスリッパ
  • 清潔感あり、清掃が行き届いている
デメリット・残念ポイント
  • 部屋が狭い、空きスペースが少ない
  • 空調は一括管理タイプで冷暖房の切り替えはできない
  • ミネラルウォーターの提供なし
  • バゲージラックなし

個人的な評価としては、部屋がシティホテルの割には狭いと感じたことが一番のデメリットですが、それ以外は快適でアメニティが豊富なのが最大のメリット。また、リニューアルした歳にべットも新品にいれかえているためか、シモンズのピロートップ付きで寝心地が良いのがポイント。

部屋が広くないこと、空きスペースが少ないため、寛いで過ごすにはあまり向いてないのが残念。

ツインルームだけで周りのホテルと比較すると、リッチモンドホテル札幌駅前JRイン札幌駅南口ホテルモントレエーデルホフ札幌の方が部屋が広いです。ただ、アメニティの豊富さやべットに関してはANAクラウンプラザ札幌の方がよく、どの宿泊先を選ぶかは個人的に好み次第かなと思います。

個人的にもう少し部屋が広ければよかったなというのが正直なところです。

以上、ANAクラウンプラザ札幌の「スタンダードツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

余談

HOKKAIDO LOVE!割 が2022年10月11日より開始!

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

HOKKAIDO LOVE!割は2022年10月11日から販売開始中!

宿泊のみ

他クーポンと組み合わせで安く!

ポイント大量還元、即時利用可能で実質かなり安い

他クーポンと組み合わせで安く!

たまに激安なプランあり

ツアーの方がオススメかも…

JRや飛行機とのセットのツアーがおすすめ

ツアー(ツアーの方がお得!)

札幌のおすすめ情報!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次