【モデレートツイン】三井ガーデンホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にある三井ガーデンホテル札幌の「モデレートツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

この記事は「2019年11月」に宿泊した時の宿泊記・レビュー内容です。

目次

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を記載しておきます。

今回の予約状況
  • 宿泊日: 2019年11月
  • 宿泊料金: 13,420円(サ・税込)/ツイン2名利用/朝食込
  • 予約サイト: JTB
  • 予約した客室: モデレートツイン(旧名称:スタンダードツイン) – 23㎡
  • 宿泊した客室: モデレートツイン(旧名称:スタンダードツイン) – 23㎡
  • チェックイン/チェックアウト: 14:00〜/〜11:00

チェックイン〜客室まで

チェックインは非常にスムーズ。スタッフも非常に対応が良かったです。

エレベーター周り

エレベーターは全部で3基。

エレベーターはタッチセンサーにキーカードをかざすとボタンが押せる仕組み。基本的にセキュリティは問題ないですが、宿泊階以外の階のボタンも押せる仕様です。

エレベーターにセキュリティあり!

宿泊階

今回は14階の客室でした。14階のエレベーターホール前や廊下。シンプルでワイン色のドアが印象的でスタイリッシュ。

三井ガーデンホテル札幌の「モデレートツイン(旧名称:スタンダードツイン)」を紹介

客室は1401号室。モデレートツイン(23㎡)の角部屋でした。

客室の見取り図

キーカードを差し込むと電源がONになるタイプ。キーカードを抜いた状態でもエアコン、コンセント、テレビは付いたままです。消えるのはライトのみ。

入り口から撮影

メインルームの全体像

客室はスタイリッシュで和モダンな印象でした。オープンしてからもうすでにかなりの年月(2010年6月2日オープン)が過ぎていますが、古めかしさはほとんど感じません。

客室はお昼でも少し暗めな感じでした。(特に低層階は向かいがビルなので光が入りにくいと思います)

部屋は23㎡ですが、ワークデスク、ワークチェアがないためか、ゆとりある空間で寛いで過ごすことができました。2人で利用していてちょうどよい広さだなと感じました。

ベット周り

ベットは120cm幅を採用。枕は1つのみ。三井ガーデンホテルズ オリジナル快眠枕です。

ベットとベットの間にサイドテーブルがあり、電話やメモ帳などがあります。

コンセントがないと思ったのですが、ベットボードの上にコンセントがあり、小物置きにもなっていました。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプを採用しています。

ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はセパレートタイプ

ベットはサータのものを採用しています。ピロートップはありませんが寝心地もよく快適でした!

テレビ周り

テレビ周りには、バゲージラック、加湿機能付き空気清浄機、時計、ゴミ箱などがあります。テレビは32インチ。この部屋にしては小さいかなという印象です。

また、テレビは固定式で首振り機能などはありません。HDMI端子を使うこともできません。

座り心地がよいソファーと使い勝手抜群のテーブル

ソファーは2人掛けソファですが、3人は座れるサイズ。座り心地もよく快適でした。ただ、ソファだけではなくベッドもそうですが、高さが低くめな設定となっています。年配層や子供にも配慮されている印象ですが、若い方にはちょっと低いかなと感じるかも…

テーブルの上にはホテル案内やティッシュ、折りたたみ鏡、アンケートなど。

このテーブルが非常に使いやすく、テーブルの天板が回転するタイプでした。ただ、デスクワークをする時はソファに座ってすることになるので若干やりにくい印象です。

テーブルにはコンセントなどはないですが、ソファー横にコンセント2口、有線LANがあるので、電源確保で困ることはなさそうです。

ミニバー

ソファーの横にミニバーエリアがあります。

湯沸かし器や煎茶、ダージリン、インスタントコーヒーなど。

ここにもコンセントがあります。

引き出すと棚として利用でき、かなり便利でした。

引き出しには、有線LANケーブル(2022年10月の一番日が浅い宿泊時にはなかった)やクリーニング表など。三井ガーデンホテル札幌にはコインランドリーはないので、洗濯をしたい場合はクリーニングに出すしかありません。

一番下には冷蔵庫。2022年10月の一番日が浅い宿泊時には、缶のミネラルウォーターが2本ありました(1人で宿泊で2本)。

クローゼット周り

クローゼットは入り口ドア横にあります。スリッパは共用スリッパ(ウォッシャブルタイプ)、セキュリティボックス、消臭スプレー、ブラシ、靴べらなど。

上部にハンガーラック、ハンガーは全部で6本、戸棚があります。冬場などはダウンなどかさばるものがあるので、ハンガーラックがこのスペースだけではかなり狭いと感じますが….

通路部分にハンガーが掛けられるフックがあり、こちらにダウンやジャケットを掛けて置きました。かなり使い勝手がよいですし、こういった細かいところがしっかりしているホテルは素敵ですね。

通路部分に全身鏡があります。

ウェットエリアはユニットタイプだけど広い

ウェットエリアの入り口は段差がないタイプ。

ウェットエリアはビジネスホテルで主流のユニットバスタイプ。

ウェットエリアの広さは通常のビジネスホテルよりも大きめの「2.0m x 1.6m」で、ビジネスホテルとしては広くて使いやすく、ユニットタイプとしてはかなり良かったです。また、ウェットエリアの天井高は2.2mとユニットバスtとしては高さがあり、全く狭苦しい印象はありません。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
  • センチュリーロイヤルホテル(スタイリッシュデラックスツイン):2.0m x 1.5m
  • センチュリーロイヤルホテル(スタイリッシュキング / スタイリッシュラージツイン):2.0m x 1.6m
  • ANAクラウンプラザホテル札幌(スタンダードツイン):2.0m x 1.6m
  • 三井ガーデンホテル札幌(モデレートツイン):2.0m x 1.6m
  • 三井ガーデンホテル札幌ウエスト(モデレートツイン/スーペリアツイン):2.0m x 1.6m
  • ホテル ローヤルステイサッポロ(デラックスツイン):2.0m x 1.6m
  • 札幌プリンスホテル(スタンダードツイン / スーペリアツイン): 2.2m x 1.4m
  • 京王プラザホテル札幌(スーペリアラージツイン):1.9m x 1.6m
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン/ラージダブル/エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い

トイレはウォシュレット付きですが古めのタイプ。自動では流れません。トイレットペーパーはシングル。

バスタオルとフェイスタオル
バスタオル掛け

ドライヤー、体を洗うタオル、各アメニティ。

アメニティは、カミソリx2、ヘアブラシx2、綿棒x4、歯ブラシx2、シャワーキャップx2、コットンとヘアゴムのセットx2、袋(大浴場に行くとき用?)x2がありました。

2022年10月に宿泊した時は、アメニティは1階のアメニティバーから必要なものを取ってくる形式に変更になっていました。

洗面器は丸形、洗顔・手洗いフォームはFIESTAシリーズ(花王)。

バスタブはビジネスホテルのものとしては大きく、約1.4m x 0.6m x 0.42(高さ)mで、175cmある管理人でも足を伸ばして入ることができました。

バスアメニティは花王のREANAシリーズ。

シャワーモードは3種類
通常モードで弱め

この客室で一番残念だったのは水圧。正直、水圧に関しては通常モードで少し弱いと感じました。大浴場を利用する方が快適だと感じました。

景色

三井ガーデンホテル札幌は、周りがビルに囲まれているのであまり景色を期待できません。

1401号室からは、センチュリーロイヤルホテルや大丸が見えました。

カーテンはこんな感じになっていました。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

エアコンは個別調整可能タイプで、部屋の温度を自由に設定できました。また、エアコンの効きもなかなか良かったです。

エアコンは個別調整可能なタイプ!冷暖房を切替可能!

更に窓を開けることが可能です。

窓も開けることが可能!

天井高

メインエリアの天井高は約2.5m。圧迫感など全く感じませんでした。

部屋の広さ、スペースは?

今回、スタンダードツイン23㎡の客室を2人で利用しました。広さに関してはちょうどよい広さという印象です。

23㎡という大きさはホテルによっては狭く感じるところもありますが、三井ガーデンホテル札幌のスタンダードツインは、比較的余裕があり、圧迫感など感じずに過ごすことができました。

空きスペースもそれなりにあり、スーツケースを広げられるぐらいのスペースは確保できます。

ノースフェイスのBCダッフルL(70×40cm)を持っていきましたが、余裕で置くことができます。

大きなスーツケースでも(若干邪魔にはなるかなという印象はありますが)開けるスペースは、確保できるでしょう。

三井ガーデンホテル札幌の「モデレートツイン」、評価レビューまとめ

三井ガーデンホテル札幌のモデレートツインを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

三井ガーデンホテル札幌「モデレートツイン」
総合評価
( 4 )
メリット
  • オープンから10年近く経過しているが古さをあまり感じないスタイリッシュな和モダンな客室
  • 客室は23㎡だけど、それ以上に広く感じた。空きスペースも十分
  • 座り心地のよい大型ソファ、使い勝手のよいテーブルがある
  • セキュリティボックスあり
  • ナイトウェア(パジャマ・部屋着)はセパレートタイプ
  • エアコンは個別管理で冷暖房の切り替え可能
  • 窓が開けられる(換気可能)
デメリット
  • シャワーの水圧が弱い
  • (ビジネスマンが必要な)デスク、ワークチェアはない

客室に関しては、ほぼ満点と言いたいぐらい快適な空間でした。使い勝手の良さ、部屋の広さ、ゆっくり寛げるソファなど、宿泊特化型ホテルのツインルームの中でかなり高評価です。

ただ、残念ポイントとしてシャワーの水圧が弱いこと…。これ以外はバスルームは若干古さを感じるものの「完璧」と言っても過言じゃないかなと思います。大浴場があるホテルなので、バスルームのシャワーは使用しないから水圧は気にならない方も多いかなとは思いますが、大浴場の水圧も良いとは言えず….

総評としては、モデレートツインは使いやすい客室で観光客にはおすすめです。三井ガーデンホテルは高級ビジネスホテルなだけあって、普通のビジネスホテルよりもワンランク上の印象でした。どの口コミを見てもかなり高評価。それも納得できる客室でした!

ただ、個人的には隣にできた三井ガーデンホテル札幌ウエストの方が新しくて好みです。

以上、三井ガーデンホテル札幌「モデレートツイン」のブログ的口コミ・レビュー評価でした!ぜひ、参考にしてみてください。

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次