【スタイリッシュデラックスツイン】センチュリーロイヤルホテルの宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

今回は、北海道・札幌にあるセンチュリーロイヤルホテル「スタイリッシュキング」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

追記:センチュリーロイヤルホテルは2024年5月末で閉館となります。

目次

HOKKAIDO LOVE!割 (全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

チェックイン

客室の鍵はカードキーではなく、物理キーでした。

センチュリーロイヤルホテルは、エレベーターにセキュリティなし

2F エレベーター前

エレベーターは全部で4基。

エレベーターにはセキュリティは全くないため、宿泊者以外も宿泊フロアに行くことができてしまいます。また、客室内にはセキュリティボックスもないのでセキュリティはほぼなしと考えてよいでしょう…

エレベーターなどにセキュリティはない

センチュリーロイヤルホテルの宿泊フロア

16F エレベーター前

今回宿泊したのはスタイリッシュフロアの階になります。エレベーター前や廊下は比較的新しい印象でした。

センチュリーロイヤルホテルの「スタイリッシュデラックスツイン」を紹介!

ドア

今回宿泊したのはスタイリッシュフロアにあるスタイリッシュデラックスツイン(34.4㎡)の1601号室です。

部屋見取り図

客室は落ち着いたブラウンを基調とした内装です。リニューアルしてからそれなりに年数が経過していますが、改装しているところは思っていたよりも綺麗です。ただ、改装していない部分もあります。

客室は34.4㎡とのことで十分ゆとりあるスペースでした。この客室は3人まで宿泊できますが、2人での宿泊ならゆとりがあり、3人での宿泊だとちょうどよいぐらいの広さかなという印象でした。

ソファセット

ソファセット

ソファセットは2人掛けと1人掛けが配置されています。

ベッド周り

ベッドはフランスベッドを採用。ベッド幅は110cmです。この部屋ならもう一回り大きなサイズのベッドを導入してもよかったのでは?と感じます。

ベッドにピロートップはないですが、寝心地は特に悪いということもなく可もなく不可もなく。ここ最近は宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)でもベッドにこだわりがあって良いものを導入しているホテルと比べると見劣りします。

枕は各2個(1つは掛け布団の下にある)

タオル類はすべてベッドの上に置かれていました。バスタオル、フェイスタオルに加え、ハンドはタオルもあります。ナイトウェア(部屋着・パジャマ)はワンピースタイプです。

ナイトテーブル

ナイトテーブルはツインベッド間に配置。

コンセントは全部で2口ありました。USBポートはありません。

テレビ周り

テレビは32インチを採用。スタイリッシュデラックスツインは34.4㎡の客室なので、客室の広さからするとかなり小さい印象です。テレビに首振り機能はありませんが、軽いで持ち上げて向きを変えることが可能です。

HDMI端子も利用できます。

テレビまわりにコンセントもあるので、AmazonのFire TV stickなどの映像出力機器も使えます。

加湿機能付き空気清浄機
ズボンプレッサー

デスク

デスクまわりは特執するものは特にありません。

デスク上に沢山ものがありますが片付ければ、テーブルもそれなりの広さがあるので使い勝手は良いです。

椅子
引き出しにはランドリーメニューなど

ミニバー、クローゼットなど

全身鏡
ミニバー、クローゼット
ミニバー

ティーアメニティは煎茶とネスプレッソのカプセルが各2個ずつ。

冷蔵庫

冷蔵庫の中に水が冷やされていました。

ミネラルウォーターの提供あり

クローゼット

クローゼット

スリッパは共用スリッパと使い捨てスリッパの両方が用意されています。

使い捨てスリッパあり!

バゲージラック

化粧台、ウェットエリア

化粧台やウェットリア
化粧台
ドライヤー

ドライヤーはパナソニックのEH-NA28。

ウェットエリアの入り口

ウェットエリアの入り口は横幅が狭い…(どの部屋でも狭い…)

ウェットエリア

ウェットエリアは「2.0m x 1.5m」と下位カテゴリーの客室よりも狭い…(スタイリッシュキング、スタイリッシュラージツインは2.0m x 1.6m)

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン/ラージダブル/エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い
洗面台
アメニティ

アメニティはかなり充実しています。ボディタオル、ボディスポンジ、入浴剤、コットンセット(ヘアゴム、コットン、綿棒)、歯ブラシ、ドクターシーラボの洗顔料などがあります。

ヘアブラシやカミソリはホテル2階のフロント前にあるアメニティバーから持っていくるスタイルになっています。

洗面台の下には、着替えを置いたりすると便利なワゴンがあります。

バスタオル掛け
タオル掛け

ハンドソープは、FIESTAシリーズを採用しています。

センチュリーロイヤルホテルの特徴の一つは、ウェットエリアに液晶テレビが設置されていること。お風呂に浸かりながらのんびりと過ごすためにでしょうか。

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付き。

ウェットエリアは2.0m x 1.5mとスタイリッシュラージツインやスタイリッシュキングよりも狭い分、バスタブも少し小さいタイプとなっていました。

シャンプー類のアメニティは共用ボトルでクラシエのZIRAシリーズ。

シャワーモードは固定ヘッドシャワーも合わせて4種類。水圧はすごく良いとは感じませんが悪いこともなく、普通という印象。

天井

空調(エアコン)

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。札幌に限らず、冬場の寒さが厳しい地域はこのようなことがよくありますね。

また、寒暖の差が激しい季節の変わり目は要注意ですし、方角によっては日が当たることで暑くなりすぎると言うことが多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房の設定が一括管理(集中管理)だったり、部屋の窓を開けて温度調整したりできないホテルがあります。

筆者は札幌以外のホテルの時にはあまり気にしていないですが、札幌(北海道)のホテルに宿泊するときは必ず最初にチェックします。それぐらい気をつけないと、部屋が暑すぎて寝れない….風呂上がりが暑すぎてすでに汗をかく…なんて状況になってしまいます。

快適に過ごすために、エアコン空調の確認したいポイント!
  • 空調は、一括管理(集中管理)か個別調整可能なタイプのどっち?
  • 個別調整の場合、いつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(冬場に窓を開けて温度調整できるか?いつでも換気ができるか?)

では、この客室はどうなのか確認していきましょう。

空調は一括管理です。冷暖房の切り替えはできません。

空調は一括管理で冷暖房の切り替えができない

また、窓を開けることはできません。

窓を開けることができない

景色

窓は大きく、窓前には荷物が置けるぐらいのスペースがあります。下位カテゴリーのスタイリッシュラージツイン(29.3㎡)よりの倍ぐらいある窓です。

左側の景色
右側の景色

右側はセンチュリーロイヤルホテルの建物で遮られています。

夜景

空きスペースは?

スタイリッシュデラックスツインは34.4㎡の広さです。空きスペースも十分にあり、2人での宿泊であれば余裕ある空きスペースがあるでしょう。

約70Lのスーツケースも余裕で広げられるスペースがあります。ただ、スペース的に部屋の真ん中ぐらいしか空いてないため、部屋のど真ん中でスーツケースを広げました….。それでも足の踏み場も余裕であるため、荷物が多くても問題ないでしょう。

Wi-Fi

混雑する時間帯は速度が遅くなりがちでした。

また、全時間帯、大容量のアップロードやダウンロードなどは制限しているような印象で全体的にもあまりよいとは言えず…テレワークなどでの利用には向いていないと感じました。

YouTubeなどの動画再生でもちょこちょこと止まることが多かったです。

Wi-Fiは快適に使えるとは言い難い…

センチュリーロイヤルホテル「スタイリッシュデラックスツイン」の評価レビューまとめ

センチュリーロイヤルホテルの「スタイリッシュデラックスツイン」
総合評価
( 4 )
メリット
  • 2人利用でゆとりある広さ。空きスペースも十分
  • アメニティが豊富!
  • 化粧台スペースがあり便利
  • スリッパは共用タイプと使い捨てタイプを完備
  • ミネラルウォーターの提供あり
  • ネスプレッソのコーヒーマシンあり!
デメリット
  • 空調は一括管理で、冷暖房の切り替えができない
  • 改装されている所と、されていない所の差が激しい…
  • セーフティボックスなし
  • 窓を開けることができない(温度調整、換気ができない)

センチュリーロイヤルホテルの「スタイリッシュデラックスツイン」は、客室の広さやアメニティの豊富さなどは素晴らしいと思います。また、センチュリーロイヤルホテルは駅近で立地が最高であることに加え、朝食がすばらしすぎるので候補になるでしょう。

ただ、デメリットもあります。客室のデメリットというよりは、センチュリーロイヤルホテルの全体に言えることですが、「空調」と「セキュリティ」がデメリットです。

空調は一括管理で冷暖房の切り替えができません。窓も開けれないので温度調整はやりにくいホテルといえます。

メリットとしては、スタイリッシュデラックスツインはゆっくり過ごすことのできる広さが最大の特徴。スタイリッシュラージツイン(29.3㎡)でもそこそこ広いですが、やはりデラックスツイン(34.4㎡)の方がゆとりがあり、こちらの方が過ごしやすいです。

また、ホテル全体に言えることですが、アメニティの豊富さやミネラルウォーターの提供など、細かなポイントもしっかりと押さえています。

総合評価としては、客室だけを見ると広さが一番の特徴で、広いために多くの方が快適だと感じるでしょう。ただし、空調や窓があけられないことで季節の変わり目などは快適さを損なう可能性があります。この点はよく理解しておいたほうがよいでしょう。

個人的にセンチュリーロイヤルホテルは「朝食のために泊まりたいホテル」なので客室は二の次ですが、センチュリーロイヤルホテルの中ではスタイリッシュデラックスツインは高評価。ただ、他のホテルと客室だけを比較すると他のホテルでもいいかな..という印象でした。

以上、センチュリーロイヤルホテル「スタイリッシュデラックスツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!参考にしてみてください。

HOKKAIDO LOVE!割(全国旅行支援)

2022年10月11日よりHOKKAIDO LOVE!割が開始!概要やポイントなどをまとめてみました。

HOKKAIDO LOVE!割が販売中!

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンや格安情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

じゃらん

じゃらんでは、お得になるクーポンを多数配布またはキャンペーンを実施しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次