【ファミリーツイン】クインテッサホテル札幌すすきのの宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、北海道・札幌にあるクインテッサホテル札幌すすきのの「ファミリーツイン」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミレビューをしたいと思います!

この記事は「2022年9月」「2020年8月」に宿泊した時の内容を反映した宿泊記・評価レビュー、ブログ的口コミです。写真は「2020年8月」に宿泊した時のものをベースにしています。

目次

札幌のホテルおすすめ・ピックアップ記事

札幌のホテルおすすめ情報を見る

キャンペーン・セール情報

札幌(北海道)旅行を検討している人は要チェック!クーポンやポイント還元のキャンペーンで、実質かなり安くなります。ぜひキャンペーン情報を知っておきましょう!

「楽天トラベル」のキャンペーン・セールお得情報を見る
「じゃらん」のキャンペーン・セール、お得情報を見る

クインテッサホテル札幌すすきののフロント・ロビー周り

クインテッサホテル札幌すすきのの1階部分は普通の宿泊特化型ホテル(ビジネスホテル)という感じで必要最低限レベルのスペース。ロビースペースなどはほぼなく、長ソファが1脚ぐらいしかありません。

フロントの対応は可もなく、不可もなく。シティホテルレベルとは程遠いですが、普通の宿泊特化型ホテルなのでこんなもんだよねと感じるレベルでした。

パブリックスペースなどは下記にまとめてあるので、こちらを参照してください。

クインテッサホテル札幌すすきののエレベーターはセキュリティあり

エレベーターは全部で3基。155室に対して3基なので52室で1基の計算。エレベーター数は十分と言えそうです。

タッチセンサーあり
セキュリティも問題なし

エレベーター内にタッチセンサーがあり、こちらにキーカードをかざすとボタンが押せるようになります。

エレベーターにセキュリティあり!

クインテッサホテル札幌すすきのの宿泊フロア

エレベーター前

エレベーター前に客室があるタイプです。エレベーター前で騒がしい方々がいると目の前の客室の方はかなりうるさいと感じると思います。

通路

クインテッサホテル札幌すすきのの「ファミリーツイン」を紹介!

404号室

今回紹介するのは、ファミリーツインで23㎡の客室です。クインテッサホテル札幌すすきのは同じタイプの客室でも形状が違ったり、配置されている家具類が異なったりするので、一例としてご覧ください。

客室配置図(避難経路図)
のぞき穴にはカバーあり

カードキーをカードホルダーに入れると電気などがオンになるタイプ。

入り口から撮影

ファミリーツインの全体像

ファミリーツインは23㎡の客室。広さは2人での宿泊で狭くもなく広くもなくちょうどよいぐらいの広さだなと感じました。

また新しいホテルということで内装は新しいです(ただ、3回ぐらい宿泊していますが、毎回清掃不備があった…)。

ソファとテーブル

テレビ、デスク周り

テレビ周りはテレビボード?で囲まれています。

テレビ右側には折りたたみ式のデスクがありました。

デスクにはコンセントが1口あります。

テレビ

テレビはかなり大きくて50インチぐらいあるかな?という印象でした。首振り機能、HDMI端子は利用できません。

テレビ下にリモコンやホテル案内など。

バゲージラック
加湿機能付き空気清浄機あり

ベッド周り

ベッドは110cm幅を採用。

ボックスタイプのベッドメイキングです。個人的にはデュベスタイルの方が好みです。

ベッドのマットレスはシモンズを採用。ただ、左右でマットレスの厚みが異なります。厚みがない方のマットレスの方には下にエキストラベッドが収納されている関係上、厚みがないマットレスを採用しています。

こういった厚みがないマットレスは寝心地が悪かったりするのですが、シモンズということだけあってか、差はそれほど感じませんでした。どちらも寝心地良好です。

ナイトテーブル
USBポート
コンセント

ヘッドボード部分にUSBポートが2口、コンセントが2口あります。

クローゼットはなく、壁掛けタイプ

入り口方向
壁掛けタイプ

ハンガーも全部で8本あり、2人での宿泊なら必要十分です。

靴べらやブラシなど
スリッパ

スリッパは使い捨てタイプを採用しています。

スリッパは使い捨てタイプ

全身鏡

ミニバー

ミニバー
ドライヤー、電気ケトル
ドライヤー

ドライヤーはTESCOMのTID190を採用。

コンセント
コップや折りたたみ鏡、ランドリーメニューなど

現在、ティーアメニティは1階のエレベーター横にあるアメニティバーから持ってくるスタイルに変更になっています。また、コロナ禍では紙コップが用意されていましたが、現在は陶器のコップに変更になっています。

冷蔵庫

引き出しが出た状態で誰かがドアを開けると引き出しが引っかかるのですが、これはこの設計でよかったのか…

ウェットエリア

ウェットエリア

ウェットエリア(バスルーム)の入り口は段差がないタイプ。

白い蛍光灯で清潔感がある印象でした。

ウェットエリアの広さは1.8m x 1.4mとなっており、一般的な宿泊特化型ホテルと変わりない印象です。

ウェットエリア(バスルーム)の広さを確認する
激狭
  • アベストホテル札幌(シングル):1.6m x 1.1m
  • ANA ホリデイ・イン 札幌(スーペリアダブル):1.6m x 1.1m
普通のビジホより狭い
普通のビジホの広さよりもちょっと狭い
普通のビジホの広さ
普通のビジホより少し広い
少し広い
広い
かなり広い
  • ロイトン札幌(ツイン / ラージダブル / エクシードツイン): 2.4m x 1.6m
  • プレミアホテル-TSUBAKI-札幌:大きさ不明。札幌でNo.1ではと思うぐらい広い
トイレ

トイレはウォッシュレット(シャワートイレ)付きで暖房便座機能あり。

今回シングルユースでしたが、タオルなどはすべて2セットありました。

洗面台
バスタブ
シャワー

シャワーヘッドは可動式を採用しているので、誰でも簡単に位置調整ができます。

バスアメニティ
カーテンレールはUの字タイプ

空調は一括管理?それとも個別調整可能タイプ?換気はできる?

札幌のホテル選びで、意外と最重要ポイントとなるのが「空調」や「窓が開けられるかどうか」ということ。

札幌のホテルでは冬の時期に「客室が暑すぎる」と感じるホテルが多くあります。特にシティホテルや高級宿泊特化型ホテルなど宿泊料金が高いホテルはこのような傾向があります。

また、一番注意したいのは寒暖の差が激しい「季節の変わり目」。季節の変わり目に宿泊予定の方は本当に要注意で快適なホテルステイが一気に不快になる可能性が大です。空調が一括管理で自分好みに変更できず、暑すぎ(寒すぎ)で、かなり不快な思いを札幌のホテルで何度もしています。さらに、窓の方角によっては日が当たることで暑くなりすぎるということも多々あります。

このような時、冷暖房や窓の開け閉めで自分の快適な温度に調整したいのですが、空調が一括管理(集中管理)だったり、窓が開けれないホテルが多くあります。

筆者は札幌(特に北海道)のホテルに宿泊する時のホテル選びでは、必ず最初にチェックするぐらいです。それぐらい気をつけないと、客室が暑すぎて寝れない…。お風呂上がりが暑すぎて、すぐに汗をかく…なんて状況に…。何度もそのような経験をしているからこそ、絶対にホテル選びの時には気をつけてほしいポイントです。

ポイントとして、以下の事を確認してホテル選びをしています↓

快適に過ごすために確認したい空調ポイント!
  • 空調は「一括管理(集中管理)」それとも「個別調整可能タイプ」のどっちか?
  • 個別調整可能タイプはいつの時期でも冷房・暖房の切り替え、温度調整が可能か?
  • 窓が開けられるのか?(客室の換気や温度調整はしやすいか)

では、どうなのか確認していきたいと思います。

空調は冷暖房を自由に切替可能な個別調整可能なタイプ。

空調は個別調整可能なタイプ!

また、窓も開けられるため温度調整や換気も可能です。

風景

4階からの景色

ファミリーツインからの景色は、すすきの市場ビューでした。

7階からの景色

ファミリーツインは4階と7階に宿泊したことがありますが、どちらかといえば高層階の方が景色はよくなりそうです(ただ、13階ぐらいにならないと前のビルより向こう側が見えないような印象ですが…)。

空きスペースはどれくらい?スーツケースは広げられる?

空きスペースは思ったほど広くないですが、機内持ち込みサイズのスーツケースは余裕で広げることができました。

約70Lぐらいのスーツケースでも問題ないと思いますが、かなり大型のスーツケースになると、通路を完全に埋めきってしまいそうな印象でした。

他のファミリーツインは通路側に空きスペースあり

ファミリーツインはレイアウト違いの客室があり、今回紹介している下2桁が04の客室と03の客室では若干違いがあります。03の方は通路に空きスペースが多く、大きなスーツケースも楽々広げることができます。個人的には荷物が多い場合下2桁が03の方が良いと感じました。

Wi-Fiは快適か?遅くなりがちな時間帯も快適に利用できる?

Wi-Fiは快適な速度で特に問題なく利用できました。

レイアウト違いの客室も紹介

703号室

今まで404号室の写真で紹介してきましたが、703号室にも宿泊したことがあり、こちらはレイアウトが少し異なります。ファミリーツインは客室によってレイアウト違いがあり、個人的には下2桁が03号室の方が好みでした。

下2桁が03の方には窓側に柱があります。その分、テーブルセットのスペースが狭くなっています。

テーブルセットがある窓側が狭くなっていますが、入り口付近の通路部分が下2桁が04の部屋よりもかなり広いスペースがあります。

下2桁が03号室の通路

見ての通り、通路幅が広く大きなスーツケースがあっても余裕で広げられるぐらいの空きスペース。観光で大きなスーツケースなどを持ってきている方にはこちらの方が使い勝手が良いと感じました。

下2桁が03号室のウェットエリア

下2桁が03号室のウェットエリア(バスルーム)は入り口から正面にトイレなどがあるタイプでした。

清掃レベルの低さが目立った…

あまりこういったことを言いたくはないのですが、個人的にクインテッサホテル札幌すすきのは清掃レベルが他の宿泊特化型ホテルよりも低いと感じます(クインテッサホテル札幌すすきのだけでなく、クインテッサホテル全体で他のチェーンホテルと比べて清掃レベルは低いと感じる)。

今まで何度か宿泊していますが、毎回清掃不備があり、1回はあまりにも酷いため、客室変更までしてもらいました。

クインテッサホテルは、清掃管理会社をグループ会社にもつ企業なのでかなり残念ですし、正直、このレベルなら常宿ニシタクはないと感じました。

鏡野汚れ
誰かのボディタオルがそのまま
ベッド下にゴミが落ちたまま
枕カバーが…

正直、この枕カバー、これだけ目立つ汚れが付いていて気づかないワケがないのですが…。清掃レベルではこれは洗濯してあるからOKという判断なのでしょう。

正直、気持ち悪いし、これがOKなホテルには泊まりたくないと感じました。

手垢など
シミが目立つ
シミが目立つ

コーヒーなどを溢したシミがそのままです…。新しいホテルだけにかなり目立ちました。

と紹介してきましたが、新しいホテルなので一見きれいに見えますが、ところどころで清掃不足だなと感じる部分がありました。複数回宿泊して毎回そう思うので、清掃レベルは低いとしか言いようがなく、正直、他人におすすめしないホテルです。

クインテッサホテル札幌すすきの「ファミリーツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューまとめ

クインテッサホテル札幌すすきのの「ファミリーツイン」
総合評価
( 2.5 )
メリット
  • ほどよい広さの客室
  • 空調は個別管理タイプ
  • 窓が開けられる
  • 使い捨てスリッパを採用
デメリット
  • デスクが折りたたみ式で、椅子はチェストのみで使いにくい
  • ミネラルウォーターの提供なし
  • セキュリティボックス(セーフティーボックス)なし

クインテッサホテル札幌すすきの「ファミリーツイン」は良くも悪くも普通の宿泊特化型(ビジネスホテル)という印象の客室でした。

正直、特にここがよいというような特徴がないため、評価しづらい…というのが本音。新しいホテルということもあり、概ね快適に過ごせる環境ではあるものの「この客室じゃないと駄目!」というものがないかな…といった感じです。

周辺ホテルで言えば、ホテルネッツ札幌レンブラントスタイル札幌では、3点独立型の水回りが特徴的でこれらのホテルの方が快適度は上でした。

そして、個人的には何度か宿泊して毎回清掃不足な部分がかなり目立ったので、これがしっかりとしない限りおすすめはなしないホテルだなと感じました。

裏を返すと、清掃がしっかりできていれば、大きな特徴はないけれど新しいホテルで、コスパが良い料金設定の時も多く、悪くはないと思います。

以上、クインテッサホテル札幌すすきの「ファミリーツイン」の宿泊記・ブログ的口コミ、評価レビューでした!ぜひ、参考にしてみてください。

札幌のおすすめ情報!

ホテルをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

各旅行予約サイトのキャンペーンやクーポン情報を記載しています。参考にして、お得に旅行を楽しみましょう!

おすすめキャンペーン・クーポン

飛行機・ツアーをなるべく安く!クーポンやセールのお得情報!

「国内線」の航空券・ツアー情報
「国際線」の航空券・ツアー情報
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次