【朝食】からくさホテル札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、からくさホテル札幌「朝食」をブログ的口コミ・評価レビューをしていきたいと思います!

からくさホテル札幌の朝食会場が2024年1月28日にリニューアルされ「すしどんぶり」となりました。

ランチタイムはSNS投稿で500円になる海鮮丼(2024年4月現在)が好評のようですが、果たして朝食はどうなのか、詳しくレポートしていきたいと思います!

この記事は「2024年4月」時点の朝食内容となります。日替わりメニューや内容変更がある可能性もあるので参考程度としてください。

予約サイトで料金を確認!
目次

からくさホテル札幌の朝食 基本情報

からくさホテル札幌の朝食 基本情報
  • 朝食会場:ホテル1階「すしどんぶり」
  • 朝食料金:2,200円
  • 朝食時間:6:30~10:00(L.O 9:45)
  • 種類:ビュッフェ形式

※記載内容は「2024年4月」時点のものです。全て税込。

予約サイトで料金を確認!
朝食券タイプ

からくさホテル札幌の朝食を紹介!

朝食会場
ビュッフェ台

一品料理など

醤油ザンギ、日替わりメニュー ひとくちイカフライ

醤油ザンギは「札幌ザンギ本舗」が監修したもの。

朝食会場の「すしどんぶり」を運営がする企業が”札幌ザンギ本舗”と同じ「風土グループ」ということで、監修しているみたいですね。

食べる前から期待値が高かったですが、実際に食べてみてもこのザンギ はかなり美味しかったです!ザンギ好きには堪らないと思います。

明太子パスタ
ロースハム、ポークウインナー
ミニオムレツ、紅鮭
納豆
マカロニサラダ、オニオンスライス、ミックスビーンズ
コーン、ミニトマト、モッツァレラチーズ
サニーレタス、キャベツの千切り、ブロッコリー
ドレッシングが4種類、クルトン
帆立の味噌汁、トッピング
玉子とコーンのスープ
うどん
パン4種類、ポーションジャムやマーガリン

パンは4種類あるのはよいのですが、バターではなくマーガリンを採用しているところはビジホって感じの印象ですね…。

トースター
和惣菜6種類
だし巻き卵、キムチ
焼売、餃子、肉まん
スープカレー

スープカレーは「トッピングの野菜とかなしか…」と思ったら、スープカレーの中に野菜やチキンがゴロゴロと入っていました。このスープカレー、思った以上に美味しくてびっくり!おすすめの一品です。

スープカレーが具材たっぷりで美味しかった!

ななつぼし ブレンド米

ご飯は道産のななつぼしのブレンド米 でした。 札幌の多くの 朝食会場はブレンド米をあまり使ってないので、 逆に珍しい印象…

酢飯はないので、 セルフ海鮮丼を作る時はこの白米で作ることになります。

おかゆ、海苔のおかゆ

目玉は海鮮!

海鮮ネタ (いくら醤油漬け、まぐろ、イカ刺し、サーモンのたたき、道産 たこ刺し、甘海老)

からくさホテル札幌の朝食で目玉となるのが「海鮮」です!

今回利用した時には6種類のネタが用意されており、「いくら醤油漬け」「まぐろ」「イカ刺し」「サーモンのたたき」「道産 たこ刺し」「甘海老」がありました。

これでセルフ海鮮丼を作ることができますが、トッピングや酢飯などはないため、本格的なセルフ海鮮丼というよりは簡易的なものという感じです。

朝食会場が「すしどんぶり」というランチなどに海鮮丼などを提供する店舗なので、ネタもそれなりに良い印象でしたが、まぐろが冷凍焼けしていました…。(冷凍焼けしていなかったらかなり美味しそうだった)

いくらはかけ放題

いくらも食べ放題なのが良いところ(以前はコロナの影響で小分けタイプでの 提供)。品質も朝食で提供するものとしては問題なく、美味しかったです。

デザート、フルーツ

ケーキなどは7種類と種類豊富

ケーキは種類豊富。業務用ですが、デザートがこれだけあるのはすごい良いと感じました。

フルーツ3種類

また、フルーツも3種類用意されており、これも良いと思います。

ヨーグルト、グレープフルーツゼリー
玄米フレーク、フルグラ

ドリンク

牛乳、カツゲン
ソフトドリンク、氷、水
コーヒーマシン、持ち帰り用コップあり
メニューはマイルドとダークコーヒー、アメリカンなど
紅茶と煎茶

朝食を実食!セルフ海鮮丼ができるのが良い!

からくさホテル札幌の朝食は、普通のビジホ朝食だなと思うようなものが多いですが、セルフ海鮮丼やスープカレーなどの美味しいと感じるものも半数ぐらいありました。

多数は業務用かなという印象のほうが強くありましたが、思った以上によいものもありました。

大雑把に言えば、ビジホ以上シティホテル以下という印象ですが、2,200円でいくらが食べ放題のセルフ海鮮丼が作れて、フルーツなどもしっかり揃っていることを考慮すると、妥当な朝食という印象です。

料理は普通のビジホ朝食と変わりないと感じるものもあれば、スープカレーやザンギは美味しいと感じました。

いくら丼

朝から“いくら”が食べ放題なのが嬉しいポイント!今回は、贅沢にもセルフ「いくら丼」でいくら盛り沢山にしてみました。

甘エビやサーモンのたたき

甘エビやサーモンのたたきなどの海鮮の質も悪くはない(朝食ビュッフェででてくるレベルとしては満足できる)印象です。

スープカレー

海鮮丼もおすすめですが、スープカレーも目玉の1つと思えるぐらい美味しかったです。野菜やチキンがゴロゴロと入っており、食べごたえがありました。

帆立の味噌汁
醤油ザンギ(右上)

また、帆立の味噌汁や札幌ザンギ本舗監修の醤油ザンギなどは北海道らしいものもあります。ザンギは札幌ザンギ本舗監修ということもあり、すごく美味しかった(ビールが飲みたくなる味!)です。

フルーツやデザート

フルーツやデザートも種類豊富。正直なところ、もう少しデザートの種類を減らしてでも、惣菜の品数が増えた方が嬉しいかなとは感じました。

からくさホテル札幌の朝食まとめ、評価は?

からくさホテル札幌の朝食
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • セルフ海鮮丼が作れる!いくらは盛り放題!
  • 海鮮ネタは6種類あり!
  • スープカレーやザンギが美味しかった!北海道らしいものも多少あり
デメリット
  • 種類はそれほど多くはない
  • 目玉と感じるもの以外は普通のビジホレベル

からくさホテル札幌の朝食会場がすしどんぶりにリニューアルされましたが、朝食は以前とあまり変わらない印象でした。

からくさホテル札幌の目玉は海鮮ネタがありセルフ海鮮丼が作れること。特にその中でもいくらの醤油漬けが食べ放題なのが満足度を底上げしてくれます。朝から海鮮を食べたい方には良い選択だと思います。

また、北海道らしいメニューとして、ザンギやスープカレーなどがあり、これらが美味しいのが良かったです。

札幌のホテル朝食 一覧リスト

最終更新日:2024年5月3日

朝食料金(宿泊者)が「無料〜1,299円」のホテル

※全て税込

朝食料金(宿泊者)が「1,300円〜1,999円」のホテル

※全て税込

朝食料金(宿泊者)が「2,000円〜2,499円」のホテル一覧を見る

※全て税込

朝食料金(宿泊者)が「2,500円〜」のホテル一覧を見る

※全て税込

札幌のホテル朝食が2,200円の料金帯はかなり激戦区となっており、クオリティがシティホテルと何ら変わらない京王プレリアホテル 札幌や、海鮮ネタを含めて種類豊富でかなり美味しいものが多いホテルエミシア札幌など、特徴強めなものが揃います。

他のホテルと比較してみると、上記ホテルなどがかなりレベルが高く、手の込んだ料理を提供しているので、圧倒的に満足度は上記ホテルの方が良いです。

からくさホテル札幌は、セルフ海鮮丼が作れて「いくら」が食べ放題であるのが最大の特徴ですが、同じような特徴のベッセルイン札幌中島公園と比べると、全体的にベッセルイン札幌中島公園の方が、しっかりと作り込まれている料理が多い印象です。ただ、海鮮のネタ自体の質は、からくさホテル札幌の方が若干良いのでは?とは感じました。

と言うことで、からくさホテル札幌の朝食がめちゃくちゃオススメとは言い難いですが、セルフ海鮮が作れて、特にいくらが食べれたら満足という方には良い選択だと思います。

個人的にも、ビジホの朝食でもそれなりの質の海鮮ネタが揃っていると一気に満足度が高くなるので、海鮮好きにはよいと思います。\

個人的に、宿泊する時は朝食付きにするかなという印象でした。上述した通り、普通のビジホの朝食って感じのものが多いですが、そこに、いくらの食べ放題ができ、セフル海鮮丼が作れるため、それなりに満足度が高かったです。

プチ情報ですが、この朝食会場のすしどんぶりは11時30分からランチメニューを展開しており、海鮮丼の数種類がSNS投稿すると数量限定で500円で食べられます。かなりコスパが良いので、朝食抜きにして、こちらを狙ってみるのもよいと思います。

以上、からくさホテル札幌の朝食の朝食に関してのブログ的口コミ、評判・評価レビューでした!参考にしてみてください。

予約サイトで料金を確認!

札幌のホテル朝食をランキング形式で紹介しています。

実際に食べてレビュー・ランキング化しているので、こちらも参考にしてみてください↓

朝から「いくらのかけ放題・食べ放題」が楽しめるホテルはこちら↓

札幌のホテル朝食レビュー記事リスト↓

札幌のおすすめ情報!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次