トラベルハック!

LCC、マイル・マイレージ情報などをお届けします!

ホテル宿泊記・レビュー 日本 札幌

【ツインルームA】プレミアホテル-TSUBAKI-札幌の宿泊記、ブログ的口コミ・評価レビュー!

投稿日:2019年8月10日 更新日:

今回は、北海道・札幌にあるプレミアホテル-TSUBAKI-札幌の「ツインルームA」に宿泊してきたので、宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューをしてみたいと思います。

このホテルの特徴は最も狭い客室で36㎡となっており、どの客室もゆったりとした作りになっていることです。また、シティホテルですが宿泊特化型ホテルと(時期にもよりますが)それほど変わらない料金なのでコストパフォーマンスがよいのも特徴の一つです。

今回は、40㎡ある「ツインルームA」に宿泊しました。では、評価レビューしていきたいと思います!

プレミアホテル-TSUBAKI-札幌の宿泊記・ブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

今回の予約状況

参考までに今回の予約状況を記載しておきます。

  • 宿泊日: 2019年5月
  • 宿泊料金: 10,500円(サ・税込)/ツイン1名利用/朝食込
  • 予約サイト: Yahoo!トラベル
  • 予約した客室: ツインルームB - 36㎡
  • 宿泊した客室: ツインルームA - 40㎡

宿泊したのは2019年5月のローシーズンです。そのため安く宿泊できました。またツインルームBを予約していたのですが、部屋でちょっとしたトラブルがあり途中から部屋替えがあり、アップグレードした部屋を用意してくれました。

チェックイン〜客室まで

札幌駅前からホテル専用のシャトルバスでホテルに着くとスタッフが待ち受けており、チェックインカウンターまで案内してくれました。スタッフの対応は人によりけりな部分もありましたが、基本的にシティホテルであることを再認識させてくれるぐらい対応がよく、しっかりと教育されている感じを受けました。

また、部屋までスタッフが案内してくれ客室内を簡単に説明してくれます。

エレベーターにセキュリティはなく、誰でも宿泊階に行くことができます。この点は残念ポイント。

デメリットセキュリティはなく、宿泊階に誰でも入ることができる

エレベーターは全部で4基。サルバドール・ダリの絵画などが飾ってあります。通路など、所々で「クラシックなホテルというよりも、古さが目立つホテルだな...」と感じました...。

プレミアホテル-TSUBAKI-札幌のツインルームAを紹介!

今回宿泊したのは、ツインルームBの1014号室。40㎡の客室です。

メインエリア全体像

全体的に古さを感じる客室ですが、広さは流石に40㎡あるだけあってゆったりとした感じです。寛いで過ごせるだけの空間、スーツケースを広げても全く問題ないだけの広さがあります。

人によってはクラシックなホテルと感じるかもしれませんが、個人的には、中国の片田舎にある一昔前のホテル?と感じるような印象で、古さは否めません。クラシックというより古いという印象の方が強かったです。札幌では次から次へと新しいホテルが建つので、リニューアルしないと厳しいのでは?と感じました。

その反面、清潔感はバッチリでした。綺麗に保たれているので、古さは感じますが快適に過ごすことができました。

更に客室は40㎡とかなり広いので、ゆったりと寛いで過ごせることが更に快適性を上げてくれました。

ベット周り

ベットにはフットスロー(ベットライナー)はありませんがクッションがありました。(クッションが沢山あるとシティホテル感を感じるのは私だけ?)

枕は2個。

ベットはフランスベットで約1.3m幅のセミダブル?ダブルサイズ?でした。シティホテルで1.2m幅のセミダブルが置いてあるのが一般的な気がしますが、1.3m幅は初めての体験でした。ピロートップありません。

日本仕様のAタイプのコンセントが2口とコントロールパネル。電気のON/OFFだけでなく、エアコンのコントロールもこちらにあります。

加湿機能付き空気清浄機。ツインルームB(36㎡)の客室にはありませんでした。

デスクまわり

デスクにはホテル案内やレストランの案内などが置いてあります。

良かったのはアクセサリーボックス。使い勝手が非常に良かったです。また、コンセントAタイプx2口とUSBポートが3口あるので、充電で不便な思いをすることはありませんでした。こういうところは流石シティホテルで気が利くホテルだなという印象です。

テレビ、ミニバーなど

テレビやミニバーなどは大きなチェストに収められています。

扉などを全て閉めたところ。

クローゼット

隣のチェストはクローゼットになっています。

消臭スプレーやハンガー、体重計、ランドリーメニューやセキュリティボックス、靴べらやブラシなど。

札幌のホテルにはセキュリティボックスが設置されているところは少ないですが、このホテルにはありました。

メリットセキュリティボックスあり!

スリッパは使い捨てタイプです。このスリッパがかなりふかふかで履き心地が良く、シティホテルでもここまで質の良い使い捨てスリッパを置いているところはそうありません(質がよい共用スリッパのシティホテルは沢山ありますが)。ちょっとしたことですが、こういったものが滞在の質・快適さを上げてくれます。

メリットスリッパはふわふわで上質な使い捨てタイプ。シティホテルでもこのクオリティのスリッパは嬉しい!

通路部分は広い!

入り口の方はスペースに余裕がある広さ。

バゲージラックもここに。

ウェットエリア

ウェットエリアは通路部分に。

ウェットエリアは、シティホテルらしい作りでビジネスホテルのようなユニットバスタイプではありません。広さも十分でゆとりある作りが嬉しいです。

洗面台を中心に右側にバスタブ、左側にトイレと独立したシャワーブースがあります。

古くさい感じはありますが、しっかりと清掃されており清潔感があってよかったです。

アメニティはコットンx2、ヘアブラシx2、カミソリx1、綿棒x2、歯ブラシx2、シャワーキャップx1、ボディタオルx2があります。またアメニティと一緒にハンドタオルが置いてありました。

そしてこのホテルで良いなと思ったのが、シャンプー類のアメニティ。シャンプー類は小分けボトルタイプでNatura Bisse(ナチュラビセ)というシリーズのものでした。匂いはオレンジ&タングリンで柑橘系です。

札幌にある他のシティホテルはシャンプー類をポンプ式の共用ボトルで提供しているところが多く、「なんとなく嫌だな...」と思っていたのでこれは嬉しかったです。

ドライヤーはTESCOM TID305。また、水道水の案内が置いてありました。

トイレはウォシュレット付き。

独立したシャワーブースがあります。このシャワーブース、ドアを閉める時にゆっくりと閉めないと「ドーン」とかなり響きます。かなりびっくりしました...。

シャワーのモードは3種類。水圧も十分で快適です。

洗面台を挟んでシャワーブースの反対側にバスタブがあるので、シャワーブース⇔バスタブの移動で床が濡れてしまいます。ただ、バスタブにもシャワーが付いているので使い勝手はよかったです。

個人的には入浴剤もあれば、完璧だなと思いました。

風景

1014号室は、豊平川方面の客室でした。

なかなか良い眺めです。川を眺めながらのんびり過ごすホテルステイもいいかもしれませんね。

Wi-Fi

個人的に一番ダメだったのはWi-Fi。繋がりが悪すぎました。この部屋だけかもしれませんが、とにかく途中で切れまくりでストレスが溜まるレベルでした。

Wi-Fiの速度は繋がってもそれほど速くはありません。

部屋の温度調整(エアコンと窓)

札幌のホテルでは冬の時期に「部屋が暑すぎる」ことが多々あります。また、部屋の方角によっては日が当たるなどの理由で、部屋が暑くなりすぎることもあります。またまた、季節の変わり目は冷暖房の設定が難しいため、暑すぎる・寒すぎるということが多々あります。

このような時に冷暖房を入れたり、窓を開けたりして、自分に快適な温度に調整したいのですが、冷暖房が一括管理でどうすることもできなかったり、窓が開けられないホテルが多いのです。

なので、季節の変わり目の時期や冬場の宿泊に

  • 空調が一括管理ではなく個別なのか?
  • 窓が開けられるのか?

という点が、ホテル選びで重要ポイントの1つになります。では、このホテルではどうなのか確認していきましょう。

エアコンは一括管理になっています。古いホテルの宿命というか...

エアコンのコントロールはベッドサイドテーブルの電球のON/OFFなどと一緒にあります。また、ウェットエリア入り口横にサーモセットというスイッチがあり、SUMMERかWINTERを切り替えるようです。正直、これが何を切り替えているのか分かりません...

また宿泊した時は5月だったのですが、部屋に日が当たる&猛暑日だったこともあり部屋がかなり暑かったのでエアコンをMAXに設定したのですが、全然涼しくなりませんでした。エアコンの効きはかなり悪いと感じました。これも古いホテルの宿命ですね...。

窓と窓の間にあるサッシ部分を開けることが可能なので換気などは可能です。

デメリットエアコンは一括管理で効きがかなり悪い!ただ、窓を開けることは可能。

天井

天井高は約2.7m。圧迫感などは全く感じません。

余裕のあるスペース

ツインルームAは40㎡なのでかなり広く、寛いで過ごすことのできる空間です。床スペースは大きなチェストやソファーセットなどがあるので、広大なスペースが空いているというわけではないですが、スーツケースを広げたままでも全く気にならないぐらいのスペースはありました。

写っているのは、機内持ち込み用サイズのスーツケースだが、客室入り口部分でも広げられるぐらいのスペースあり。

個人的に、ツインルームA(だけでなくこのホテルの全客室に言えることですが)の最大の特徴は、宿泊特化型ホテルと変わらない料金で広い客室に泊まれることだと思います。荷物の多い人などにはピッタリです。

騒音などは?音が気になるホテル

これも古いホテルの宿命かもしれませんが、全体的に音が気になるホテルでした。

外からの音や周りの騒がしさは全くありませんでしたが、隣の人の声が聞こえたり、排水音が聞こえたり、他の客室のドアを閉める音が聞こえたり...

まず、隣の声が聞こえたのは窓があいていたからかもしれませんが、ソファーに座って寛いでいたら、年配の男性と女声(共に日本人)が喋っている内容がわかるぐらい聞こえてきました。中華系の海外ゲストが大声で喋っているというわけではありません(苦笑)。

また、配管からの排水音?もかなり聞こえました。特にひどいと感じたのは他の客室のドアを閉める音。ビジネスホテルなどでもよく響くところがありますが、今まで泊まってきたホテルの中でもここまでひどいと感じたホテルはありませんでした。

と、全体的に音に関しては、かなり気になるところがあるホテルだという印象です。

デメリットドアを閉める音、配管からの音、隣の部屋からの話し声など、全体的に音が気になった...

プレミアホテル-TSUBAKI-札幌の「ツインルームA」評価レビューまとめ

プレミアホテル-TSUBAKI-札幌の「ツインルームA」を紹介・レビューしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

「ツインルームA」のメリットや良かったところなどをまとめてみました↓

ツインルームAンのメリット・良ポイント

  • 部屋は40㎡。広く開放感あり!
  • スーツケースを余裕で広げられる!
  • 部屋全体に清潔感あり!水回りもキレイ
  • ベットは約130cm幅と大きい
  • ゆっくりと寛げるソファセットもあり(ツインルームBにはない)
  • 履き心地の良いふわふわの使い捨てスリッパ
  • 窓を開けることができる
  • セキュリティボックスあり

「デラックスツイン」のデメリットや残念ポイント、あまりよくなかったところなどは下記の通り↓

デラックスツインのデメリット・残念ポイント

  • 部屋の古さを感じる
  • エアコンは一括管理タイプ、効きが悪い
  • 全体的に音(騒音)が気になる
  • Wi-Fiが途中で途切れたりする。使い物にならないレベル
  • ミネラルウォーターの提供はなし

ツインルームA(というよりプレミアホテル-TSUBAKI-札幌)の最大の特徴はやはり広さです。古さは否めないですが清潔感ある広い客室は快適そのもの。ゆっくり寛げるし、スーツケースを広げるの困ることはありません。

その反面、エアコンの効きが悪いことや配管の音やドアを締める音など、至るところで古いホテルだなという印象を受けました。

全体的には良いホテルという印象ですが、札幌は新しいホテルが次から次へと建設されている中、「古いホテルにわざわざ泊まる意味は...」と感じるかもしれません。また、立地は観光やビジネスには不向きな場所です。その分、コストパフォーマンスが良く広い客室に泊まれるのは魅力と感じる人はいると思います。

次回もこのツインルームAに泊まるか?と問われると、個人的にはちょっと微妙なところ...。一番ネックなのが騒音関連。配管の音やドアの音などで睡眠を邪魔されたくないのが本音です。また、エアコンが一括管理、WiFiの繋がりの悪さ(この部屋だけかも)などもマイナスポイント。それ以外は素晴らしく快適なのでこの辺りが問題ないなら宿泊する価値がありそうです。

広い部屋でのんびりと過ごしたい方や荷物が多い方にはぴったりな客室と言えそうです。(ただ、客室でそれ以外のメリットはないかも...)

以上、プレミアホテル-TSUBAKI-札幌「ツインルームA」の宿泊記・ブログ的口コミ・評価レビューでした!

プレミアホテル-TSUBAKI-札幌の宿泊記・ブログ的口コミ・レビュー評価記事一覧↓

おすすめ記事

1

今回は、プライオリティ・パス(PRIORITY PASS)が無料で発行できるクレジットカードをまとめてみたいと思います。 また、無制限にラウンジに入れる「プレステージ会員」を取得できるクレジットカード ...

2

ミニストップでは、電子マネー「WAON」(ワオン)で税金を支払うことが可能です。これを利用して、JALマイルを貯める方法をまとめてみました。 この方法は、JALカード(クレジットカード)が必須な方法な ...

3

私事なのですが、2017年はJALのJGC修行を行なっており、運賃やFOP単価、マイル、旅程などを一覧にしてみました。 11月に解脱し、12月にはJGC会員となりました!今後、修行する方の参考になれば ...

4

この記事では、AIRSIM(エアシム)についてメリット・デメリットなどを交えて詳細なレビューをしてみたいと思います!非常に便利なAIRSIM。海外出張の多い方、旅行によく行く方などには必須です! 実際 ...

-ホテル宿泊記・レビュー, 日本, 札幌
-,

Copyright© トラベルハック! , 2019 All Rights Reserved.